第2次韓流ブームで賑わうコリアンタウン・新大久保。 “ヨン様” ことペ・ヨンジュン(39才)が 『冬のソナタ』 で火をつけた第1次ブーム(2004年)と比較しても、ここ数年の人気ぶりはすさまじい。        JR新大久保駅の1日平均乗車人数は、ブーム前の2001年に比べ、約4000人増(2010年)。 駅から徒歩1分にある韓流デパート・K-PLAZAには、週末ともなると1日6000~7000人が訪れる。        新店舗も続々とオープンし、もはや “新大久保バブル” といっても過言ではない状況だ。 ある食材店の韓国人オーナーは 「出店を決意して1か月で店をオープンしました。 でも、商品を仕入れても仕入れても、売り切れる。 このタイミングで正解でした」 と語る。        「1か月行かないだけで、2~3軒はお店が変わっている。昨日も新築工事をしているところが2軒ありました」 (韓流ファン・37才女性)        「資金不足でも見切り発車でオープンしてしまうのか、オーナーが1年で2~3人変わることも珍しくない。 でもどうやら新大久保に店を出すと、韓国に戻ったとき “ハク” がつくらしいんですよ」 (地元の不動産)        と、“韓流” に連なる店は、小売りや飲食などの業種にかかわらず、どこもめまぐるしいばかりの繁盛ぶりだ。          『歴史と人物でわかる華麗なる朝鮮王朝』 (角川学芸出版刊)の著者で元韓国日報記者の佐野良一さんはこう語る。        「韓国から東京でひと儲けしたい連中がどんどんやってくる。チャンスと思うとすぐ飛びつくフットワークの軽さは韓国人の特性でしょう。いま、新大久保には飲食店だけで250軒以上あると思います。2年前に監修した 『コリアンタウンガイド』 は増刷ごとの修正が大変です。 それほど街の新陳代謝がすごいんです」  (news-postseven.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       漫画家・タレントのやくみつるが、昨年より 「編み込み式増毛」 をはじめていたことを、先月27日の 『まんがタイムオリジナル』 (芳文社)の連載作品で明らかにした。      実は、やくみつるの 『増毛疑惑』 はかなり以前から話題になっていた。 11月に放送された 『ミヤネ屋』 ではトレードマークである帽子を脱いで出演。 フサフサの黒髪姿を、唐突に見せた、やくみつるに視聴者は動揺を隠せなかったという。      もともと、やくみつるは自分の漫画作品でも 「髪が薄い」 「ハゲてきている」 と自虐的に描く事もあり、自身の髪の毛に対しコンプレックスは無いと思われていた。 しかし 『まんがタイムオリジナル』 に描かれていた、描写を見る限り、実際はかなり悩んでいたようで 「これからは露天風呂にも入れるぞ!」 と大喜びのやくが登場していた。        このやくみつるの突然の「増毛」は芸能界でもかなりの動揺がおこっていたという。        『クイズタイムショック』 のスペシャルで、やくと共演してしまった品川は 「最初はしゃべり出したとき、笑っていいのかわからなかったです。 ドキドキしちゃった」 と番組中かたり、伊集院光はラジオで 「やくさんは芸能人じゃなくて文化人だし、(増毛に)突っ込んでいいのかわからなくて非常に困っている」 とぼやいていた。      やくのメインフィールドである、漫画作品で自ら 「増毛である」 と告白したことから、今後は晴れて、他の人間も、やくの「増毛」をネタにできると予想される。      しかし、漫画で確認する限り、やくは 「編み込み式増毛」 をあくまで 「増毛」 として捉えているようだ。 形式的に 「編み込み式」 はまぎれの無い 「カ●ラ」 なのだが…芸人たちに再び動揺が走っている!? (npn.co.jp)                     ツイートこの記事をつぶやく
       橋下徹大阪市長が、退職金を629万円へ減額する方針を明らかにした。 すでに3953万円(1万円未満切り捨て、以下同)だった退職金を半額にする条例案を提出、成立させていたが、今回さらに68%を減額させたい考えだ。          関連条例が可決されれば、元々の3953万円を84%カットする計算になる。 ところで、市長の退職金は、ほかの政令指定都市ではいくらなのだろうか。 中には、特例的に 「ゼロ」 の自治体もある。                      橋下退職金        さらなる減額方針は、橋下市長が2012年2月1日、報道陣に語った。 大阪府の松井一郎知事が、府の審議会の答申を受け、規定では4100万円超の退職金を85%カットし、629万円に減額する条例案を提出することを受けたものだ。          橋下市長は、府民代表の知事より大阪市長の方が退職金が高いことは 「あり得ない」 として、知事の退職金額に合わせる形で再度の減額に踏み切る考えを示した。 府知事時代の橋下氏は、自身の任期に限定して退職金を規定額の半額にしていた。 今は規定額に戻っている形だ。          政令指定都市では、市長の退職金(4年の任期を満了した場合の1期分)はいくらなのか。 総務省の2011年4月1日現在調べの数字によると、規定額で最多は大阪市の4430万円だ。          大阪市は、橋下市長誕生の直前の11年秋に11%減額し、先の 「3953万円」 にしたばかりだった。          規定額では次に、名古屋市の4224万円、神戸市の4196万円などが続くが、実際には、名古屋市の河村たかし市長は、特例条例を可決させ、「ゼロ(不支給)」 としている。          11年4月1日時点で、特例として 「ゼロ」 になっている市は、堺市など4市ある。 ほかに、特例的に規定額の半額にしているところも千葉市など2市。 もっとも、現在では、公約で 「1期目の退職金は受け取らない」 とした市長が2期目に入り、元の規定額に戻ったところもある。              規定額と 「ゼロなどの特例条例を計算に入れた額」 のそれぞれの指定都市平均(11年4月1日現在、19市)は、規定額平均が3493万円で、「特例」 額平均は2649万円だ。          橋下市長がめざす 「629万円」 は、「ゼロ」 を別にすれば際だって低い金額ということになる。            ちなみに東京都知事の場合は4302万円で、総理大臣が仮に4年(以上5年未満)務めた場合の退職金は約524万だ。          退職金 「ゼロ」 派の河村・名古屋市長は、退職金について2009年の市長選期間中、 「会社に勤めて4年で退職金くれと言ったらどうなると思う? たわけかと言われとるよ」 と何度も強調していた。          一方、前横浜市長の中田宏氏は、近著「政治家の殺し方」の中で、「退職金叩き」 について、慎重な見方を示している。 「一見、溜飲が下がるだろうが」 としつつ、民間から優秀な人材が首長など政治の世界に入る妨げになりかねないとの視点から、給与や退職金は 「トータルで考える」 必要があると主張している。              橋下氏の退職金減額方針のニュースについて、ツイッター上をみてみると、
    「今までの市長はこんなに貰ってたんか!」   「(増税議論の前に)まず自分の身を削る事ができるのは評価できる」
      などと、概ね好評なようだ。 (j-cast.com)             ツイートこの記事をつぶやく
                   ワンピース綾部        いまや、テレビで見ない日はないほどノリにノッているお笑いコンビ・ピースの綾部祐二。 イケメン芸人の部類に入る一方で、自ら 「熟女好き」 を公言し、自虐的なネタで笑いを取ることも多い。        「MCもできるし、場の空気も読める。制作サイドとしては重宝しています」 とはテレビ関係者。 当然、女性人気もうなぎ登りだが、意外な裏の顔もあるのだという。        バラエティ関係者は 「テレビで言っている熟女好きは、まったくのデタラメ。普通に若い女の子が好きですよ。 それもエロい子(笑)。 常時5人以上キープがいるみたいで、仕事が深夜に及んだ日でも帰宅後、女性に電話して家に呼びつけることもあるそうです」 と明かす。            “熟女好き” 発言はテレビ用のネタのようだが、一方でこのところ盛んにイジられている “天狗ネタ” の真偽は――。        「聞いてもいないのに女にモテた話を得意げに話し出したり、月給が跳ね上がったことを自慢する。 “リアル天狗” になったと評判で、快く思っていない芸人仲間もいますね」 (男性放送作家)        実は、そのことは綾部本人も気付いており 「最近よく天狗ネタでイジられているが、大半は親しい仲間内での “予定調和”。 ところが、中には綾部の天狗ぶりを本当に快く思っておらず、本気で潰しにいっている芸人もいる。 空気の読める綾部はそれを察知していて、本番後に1人で落ち込んでいることも多い」 (お笑い関係者)という。        キャリアは関係なく、売れれば勝ち組のお笑い界。 だが、逆にそれが綾部を追い込んでいるのかもしれない。 (cyzo.com)                 ツイートこの記事をつぶやく