今年の風邪は例年より症状が長引く傾向があるという。          風邪をこじらせると、危ないのが 「脱水症状」 だ。 ところが調査会社マイボイスコム(東京・千代田区)の調べによると、その場合の水分補給の方法について、多くの人が間違った認識を持っていることが明らかになった。                    脱水症状   脱水症状のとき水だけを飲むと症状が悪化することを知らなかった人、全体の58.5%。        調査は2011年に 「風邪」 「ノロウイルスなどの感染性胃腸炎」 「インフルエンザ」 などにかかった経験のある大人と、小学生以下の子どもがかかった親、それぞれ300人を対象に2011年12月16日~19日にかけて行われた。          これによると大人、子どもを持つ親ともに風邪をひいた場合は7割近くが 「水分をいつもより多く摂取する」。 飲み物は 「水」 「お茶」 「スポーツ飲料」 が中心で、特に大人では水・お茶がそれぞれ67%、68%で上位を占めた。          しかし風邪による脱水症状、特に口の中や口の周りの粘膜が乾燥するタイプの場合、水だけを飲んでは体内の塩分や電解質などが薄まりかえって悪化につながる。 この事実は全体の58.5%が知らず、重要さと裏腹な 「水分補給」 への認識の低さが浮き彫りになった。          そんな中、一般より意識が高い傾向があったのが、子を持つ母親だ。 風邪が脱水症状を引き起こすことを90.0%が理解し、また水分・電解質補給に適した 「経口補水液」 の認知度も46.7%で全体平均より10ポイント以上高い。 利用経験者も比較的多く、17.4%だった。 (j-cast.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
      不安コントロール        スピリチュアルな情報を得ても、鍛錬を積んでも、日常生活を送るうちに自然発生してしまう感情 「不安」。        不安という感情は、1度生まれると新たな不安がそこから生まれて、勝手に膨大になっていくものです。 この感情のコントロールができないと、次第に強い不安感に長期間悩まされることになり、あげく不眠や動悸などの身体症状を引き起こすことも。 これがいわゆる「不安病」 と言われるものです。        この不安に対して、先日放映されたNHK 『ためしてガッテン』 では、こんな衝撃的に簡単な対処法を紹介していました。        『不眠ストレス緊張撃退 1日15分!脳の簡単トレ』。        同番組によると、上記のように不安感情が暴走するメカニズムには、脳の「背内側前頭前野(はいないそくぜんとうぜんや)」と呼ばれる部分が鍵を握っているのだとか。この背内側前頭前野は、人や他人の心を客観的に見る機能を持っている場所なのだそうです。        そして驚くことに、研究の結果、長年 「座禅」 などの瞑想を続けた人の脳は、通常の人に比べ、この背内側前頭前野などが分厚くなっているということが明らかになってきたとのこと!          つまり、瞑想などを行うことで神経細胞が増え、この部分が司る「客観視する」能力が強化された……ということですね。        ということは、座禅や瞑想は 「心に効く」 ということが科学的にも明かになりつつあるということですよね。      が、しかし、私などがそうなのですが、平常心や客観視を養うために座禅や瞑想をしようとすればするほど、雑念が湧いてきて、あげくの果てには不安そのものがちらつき、結局うまくいかなかったりするんですよねえ……。          でも、この「不安をちゃんと見つめる」行為が実はもっとも重要なこと、とも同番組。 そして、誰でも簡単にこの背内側前頭前野を鍛えることができる1日10〜15分程度のエクササイズが紹介されました (詳細は『ためしてガッテン』公式サイトでご確認を!)          それでも 「どうしても不安から抜け出せない」 ……そんな時には 「このおまじないが効果的」 と、ある言葉を紹介していました。          例えば 「自分はなんてダメな人間なんだろうか」 とか 「このまま恋人ができないまま一生を終えるのかな」 という不安が沸き上がってきた場合。         その不安をいったん思い浮かべ、次の言葉を追加するのです。      
「……と、思った」      
 「自分はなんてダメな人間なんだろうか、と、思った」 「このまま恋人ができないまま一生を終えるのかな、と、思った」。 そう心の中でつぶやいてみるといいとのこと。        ……と、思った、と付け加えるだけで 「この件についてはちゃんと客観視しているよ」 と脳に刷り込んむ……というわけですね。 これは超がつくほど簡単。        私も番組放送直後より、このエクササイズを毎日実践中。 相変わらず不安は生まれますが、実践4日目くらいから 「不安が勝手に暴走して膨大になる」 ことはなくなりました!(笑)          なんというか……「考えてもしかたがない、か」と思考のシフトチェンジに成功しています。 これは、結構すごいです。          みなさんもぜひ、この簡単トレーニングにトライして、客観視脳を鍛えてみてください。 暴走しがちな不安が、いい具合に 「どうでもよく」 なりますよ! (getnews.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
       スウェーデンの観光当局が、保有するツイッターアカウント(sweden)を市民に週替わりで提供し、自由に投稿してもらうというユニークな取り組みを昨年12月から始めた。        「世界で最も民主的なツイッターアカウント」 と称されるこの取り組みには、これまで女性司祭や広告会社幹部、牧羊業者などが登場し、非常に高い人気を得ている。 現在のフォロワーは約2万人だが、過去5週間で2倍以上に増えたという。        スウェーデン公式観光サイト 「VisitSweden」 のソーシャルメディア責任者トミー・ソレン氏は、この企画の目的は観光推進というよりも、金髪女性やミートボールなどをイメージされがちなの同国の長期的なブランド作りにあると説明。         「インターネットと透明性の時代に信頼を得たければ、管理を解いて市民に権限を持たせなければいけない」 と話した。            同アカウントのフォロワーは世界各地に広がり、投稿される話題も移民、音楽、食べ物、お酒、宗教、狩猟など多岐にわたっている。        今週担当しているのは、ハンナという名前の32歳の女性トラックドライバー。 同性愛者でもあるという彼女は、「いつもやっているように、自分の人生について書く。 主に、心配したり、おもしろいと思うものに出会ったとき、私の考えを表現したい」 と記している。 (reuters.com)             ツイートこの記事をつぶやく
       女子の皆さん、最近の曲だけじゃなくて昔の名曲も聴いてますか? 最近の曲を聴くにあたり、かつての名曲を知ってるのと知ってないのとでは大違い! 違った角度から聴くことができ、より感性が豊かになるはず。 また、音楽知識の豊富な男性と会話するときにだって重宝するから、女子にとっては最低限は抑えておきたい一般教養ともいえるのです。        さて、90年代は音楽シーンにおいて、ブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラ、スパイスガールズなど、多くの素晴らしいアーティストが出てきた素晴らしい時代です。        ただ、80年代の音楽にも、90年代と同じくらい素敵なものが存在するのです。海外サイト『College Candy』が、2012年になった今もなお名曲として名高い、80年代にリリースされヒットした曲をまとめています。すべてダウンロードしておきたいものばかりのでチェック!            1、Livin’ on a Player(BON JOVI)    「BON JOVI」 が86年に発表した名曲です。 中学時代にダンスの授業で聴いた覚えがある人もいるかも知れません。 それほど定番の曲です。お互い貧しいながらも頑張って生きるカップルを歌った曲で、女の子ウケも抜群だったことで有名です。          2、Don’t Stop Believin’(Journey)    人気が復活した80年代のバンドといえば 「Journey」 でしょう。 2010年2月に始まった海外ドラマ 「GLEE」 の第1回目の放送で歌われていました。 何度聴いても力強い声で、歌詞を口ずさみたくなること確実。          3、In the Air Tonight(Phil Collins)    自然に歌ってしまったり、「この歌詞知ってる」と言いたくなる有名な曲の1つだと思います。 映画、CM、大学のフットボールの試合などでもよく流れる曲です。          4、(I’ve Had) The Time of My Life(Patrick Swayze/Jennifer Grey)    映画界に残るダンスシーンが有名な 『Dirty Dancing』 内で使われた曲で、数々の賞を受賞しました。映画を観た後はこの曲のトリコになること確実。          5、Don’t You (Forget About Me)    中学を卒業して高校に入ったときに聴いた曲。 中学時代のことは忘れたくても、この曲のことは忘れたくないくらい、素晴らしい曲でした。          6、Thriller(Michael Jackson)    Michael Jacksonが歌った数々の名曲の中でも、特にこれは世代、人種、性別を超えた最高の曲です。 ご存知の通り、ダンスもかなりカッコいい。          7、Total Eclipse of the Heart(Bonnie Tyler)    83年に大ヒットしたBonnie Tylerの曲です。 原題を訳すと 「心の皆既日食」、邦題は「愛のかげり」 とかなり上品。          8、Like a Virgin(Madonna)    数多くのMadonnaの曲の中でも、聴く者に衝撃を与えるほどの名曲。 2000年代になって、ブリトニー・スピアーズと一緒にこの曲を歌いました。 2人のキスシーンを入れて作られたPVは話題に。          9、Girls Just Wanna Have Fun(Cyndl Lauper)    Cyndl Lauperがソロ歌手として最初に出したシングル曲です。 その時代に女性の社会的地位が高まってきたことを賞賛する良い歌です。          10、Never Gonna Give You Up(Rick Astley)    87年にリリースされ、世界的大ヒットとなった曲。 Rick Astleyといえば 「Rick-rolled」 という言葉も有名です。 これは社会現象にもなりましたが、海外版2ちゃんねるともいえる4-ch.netにユーザが 「Never Gonna Give You Up」 のリンクを、釣り動画として貼り付けたことから始まりました。          1度は耳にしたことがある、という曲も多かったのではないかと思います。 最新の曲を聴くのも楽しいですが、改めて古き良き名曲を味わうのも、新鮮な発見があってオススメですよ。 (youpouch.com)                  ツイートこの記事をつぶやく
      渡邉美樹        政治についてコメントをすることや教育者としても知られる、ワタミ株式会社創業者で実業家の 『渡邉美樹』 さん。          彼は以前自身のブログで、「生活保護は現物支給にするべき」 とのコメントをし、Twitterなどで多くのネットユーザーたちの話題となった。        また、渡邉さん自身もTwitterをしているのだが、そこで議員たちへの報酬についても的確な突っ込みをし、今回も多くの人々からの支持を得ているようだ。              その発言については、以下の通り。        「議員給与削減 5割カットを希望します。 震災財源の為に歳費を一部カットするも10月からは、満額に戻す無神経さ お金が要らない人こそ政治家になるべき 5割カットが嫌なら辞めればいい」 (Twitterより引用)            確かに消費税や法人税の増税を検討している割に、高額な議員報酬についてはすぐに元通りにするとは虫が良すぎるだろう。 数字については賛否あると思われるが、国民だけが痛い思いをし政治家たちの懐はホクホクのままというのはなかなか納得しづらいところである。          この意見に対し、Twitterユーザーたちからは 「無給でしてもらいたいぐらいですよね。」 や 「全く持って同感です。 私欲がなく、義のある善良な人に政治をして欲しい。」 など、賛同の声があがっているようだ。  (rocketnews24.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
       今日は何食べようか!? って神田西口商店街をブラブラしていると(o’ω’o)?なんだ!! 行列が出来ているじゃない!!                 120118_120406        近寄ってみると17日、18日限定でお寿司が半額の貼り紙を発見しました。  この行列を発見したのが12時過ぎだから1時半頃に行ってみようかな??            この行列を横目に会社に戻ると又々並んでいるお店                 120118_120521        「神田ラーメン わいず」 相変わらず人気があるね!!       ここの 『海苔ラーメン』 がお勧めだね!!         ツイートこの記事をつぶやく
        孫正義政府批判        孫社長は、      「会社も政府も同じ。 赤字の時は、徹底した無駄な経費削減を真っ先に断行すべき。収入以上に使ってはならない。」 と、つぶやいた。      このつぶやきに対して、大阪市橋下市長は、      「日本の統治機構を一から作り直すしかありません。 今の統治機構では無駄削減は無理です。 道州制、首相公選制。 孫さんのお力が必要です。橋下」      「大阪府では 「収入の範囲で予算を組む」 という財政基本条例を成立させましたが、維新の会以外は皆反対。 統治機構を一から作り直すしかありません。 道州制です。 橋下」 と、つぶやいたのだ。          孫社長のつぶやきに対しては、下記のコメントが寄せられている。    「孫さんが言うかwww」    「会社と地方自治体、ということならば、ある程度理解できますがね。政府を同列に扱うのはいただけません。」    「仕分けじゃなくて、必要であっても優先順位をつけてコストカットしていくのが当たり前ですよね。」    「全くその通りです!」    「まり増税反対と!」    「我が家では家計に置き換えてました月給40万で借金して毎月80万遣ったらヤバいです。 家や車等の資産売ってもローンは残るし数年で首吊らなきゃいけないですよね。」    「私も肝に命じます」    「無駄な経費と先行投資は別ものという理解ですがいかがでしょうか。」    「孫さん。 その自虐ギャグは笑えません。 」    「この考え方は危うい。会社の経費と社会維持の費用は別モノ。 そこを同じものとして考えるのはダメ。」    「株発行して資金集めをしないのか~。 勉強になる」    「国会議員と公務員数を大幅に減らさなければ、消費税増税には応じられない」    「1兆7000億円もの巨額の借金でボーダフォンを買収し、今だに返済を続けている経営者が自身の事を棚に上げてこんなことを吹聴しても説得力はまるで無い。」    「はぁ?SBも借入しとるだろ!そもそも政治と会社は全く別の理念で運営するもの。 君がインフラを顧客満足を無駄と判断し経営して来た事ははっきりしてるけどな。」      「国と企業は違います。 企業に通貨発行はできますか?」      様々な意見が寄せられている。 (itlifehack.jp)          言っていることは正論だが・・ 説得力に欠けるような気がする!?                ツイートこの記事をつぶやく
        ドコモ花粉ライブ        NTTドコモが”花粉”のリアルタイム情報配信サービス 『ドコモ花粉ライブ』 の提供を16日より開始しました。        「ドコモ花粉ライブ」 は、NTTドコモが全国3,000箇所(年度末までに4,000箇所へ拡大予定)に設置した花粉センサーからのデータを基に花粉の飛散情報を10分間隔かつ10km圏ごとに表示するサービスで、パソコン向けサイトとAndroidアプリを通じて提供されています。 パソコン向けサイトでは花粉対策に関するコラムやグッズの情報提供も行われています。        Androidアプリでは全国3,000拠点の花粉情報を地図で確認できます。 花粉の飛散状況に応じて色が変化するピンをタップすると、その拠点の1時間あたりの花粉飛散量をグラフで確認できます。 アプリには大小2種類のウィジェットが含まれており、現在位置付近、あるいはお気に入り保存した 「マイスポット」 の花粉状況をホーム画面上から確認することもできます。 (getnews.jp)          アプリを利用するには無料の会員登録が必要です。       ツイートこの記事をつぶやく
            ベクミル        食品に含まれる放射線量を測定することができる放射能測定器レンタルスペース 「ベクミル」 が昨年10月、千葉県柏市にオープンした。 市民が気軽に放射線量を測定できる店舗として、開店時は15台ものテレビカメラが並ぶほど、大々的にマスコミに報道された。 12月には上野店もオープン。 人々が放射能に怯えるご時世、開店から3カ月を経てさぞ儲かっているんだろう……と思いきや、意外にも 「全然儲かっていません。 赤字です」 と語るのは代表の高松素弘氏。 「当店で使用しているドイツ製の放射能測定機器は1台300万円。 現在のところ3,000検体あまりを調査していますが、1検体の価格は測定機器によって980円と3980円の2種類です。 正直、まだまだ人件費が捻出できるくらいですね……」          ■ 放射能測定は行政が行うべき      放射能の測定にはおよそ数万円の費用がかかる検査機関も多くある。 放射能測定の価格破壊ともいえるこの料金設定が、そもそも赤字の原因だった。        「ほぼボランティアのつもりで運営しているので、利益はあまり考えていません。 そもそも、火事場で儲けるようなことは、あまり人として好ましくないと思っています」      高松氏は柏市でIT系企業を営んでいる。 もともと原子力に精通していたわけでも、市民活動家として熱心に社会運動に関わっていたわけでもなかった。 震災前は、一介の経営者だった。        「震災に直面し、小さい子どもがいるので、『家族を守らなくては』 という思いから、直後にAmazonでガイガーカウンターを購入したんです。 計測してみると、異常に高い値を示しました。 3月15日のことです。 そこで、検出数値をUSTREAMで中継したら、世界中の人がこのチャンネルを視聴していて驚きました」        もう一台のガイガーカウンターを駆使して、市内のあらゆる場所を測定しはじめた高松氏。 しばらくすると、その関心は外部被曝だけでなく、内部被曝にも移行した。 そこで、車を買い換えるための貯金を崩し、放射能測定器を購入。 片っ端から食品のセシウム含有量を計測したという。 この知見を活かし、自身の経営するシステム会社の向かいにオープンしたのがベクミルだ。        意外にも、店舗を開設すると当初見込んでいた小さい子ども連れの母親ではなく、高齢者の利用が断トツで多かった。        「お客さんの平均年齢は60歳くらいですね。 柏という土地柄か、家庭菜園でつくった野菜や、土を測定される方が多いんです。 『孫に食べさせたい』 といって、米や野菜などを持ち込んでくるんです。 セシウムが検出されずにほっと胸を撫で下ろす人もいますし、もちろんそうではない人もいます」        しかし 「本来ならばこういったサービスは行政が行うべきだと思います。 こういった店舗があることがおかしいんです」 と憤りを隠せない高松氏。        「昨年6月に、市民団体から柏市でも放射線量測定器を購入してほしいという請願が出されていたものの、認められませんでした。 そもそも議員の誰も、シーベルトとベクレルの違いすら知りません。 放射能測定器を導入するという意味が分からなかったんだと思います」        このような状況から、あくまで行政が動き出すまでの 「過渡期」 のサービスとしてベクミルを開店。        「対応が後手に回る行政を批判しているだけでは、内部被曝から子どもを守ることはできません。 あくまで過渡期のサービスなので、行政による測定環境がしっかりと整う時期が来れば現在の営業スタイルは終わりになるかもしれません」          ■ セシウムも ”忘年” された?        ものは試しにと、筆者の住む江東区の水道水と新潟産の米を持ち込んで測定したところ、放射性セシウムの値は0.0Bq。 日常的に放射線を意識しながら生活を送っているわけではないものの、検査の結果、安全が証明されると、やはり気持ちはほっとする。        「当店としてはお客様が持ち込まれた食品の放射線量を公表することはありません。 どの食品がヤバイというためのサービスではなく、あくまでも、市民に安心してもらうためのサービスなんです」        しかし、昨年末あたりから店舗にはある変化が見られているという。        「クリスマス前から、だんだん利用客が減少して、年をまたぐとそれまでの4割程度の客数になっています。 セシウムも忘年会とともに忘れ去られてしまったようですね……」        もちろん、年をまたいだところでセシウムの危険性が消えるわけではない。        今年1月からは、高松氏は個人的に食品の放射線量測定データベース 「ベクまる」 (http://bq-maru.com/)を公表。 こちらは、閲覧者からのリクエストに応じて、全国流通している加工食品を無料で測定、その検査結果をHP上で公開するというサービスだ。        なぜそこまでする必要があるのか。 高松氏のその使命感の理由とはいったい何なのか?                     ベクミル代表        「自分でもよく分からないんですが、きっと震災で目覚めてしまったんじゃないでしょうか(笑)。 まあ、赤字にならない程度にやっていければと思っていたんですが、営業スタイルを変えていかないと赤字で終わりそうですね」        言葉とは裏腹に、高松氏の表情はどこか晴れやかだ。        原発事故から10カ月。 ようやく消費者庁が放射能測定器の150台導入を行い、各自治体で無料検査ができるようになった。 そのおかげで、千葉県我孫子市や茨城県取手市では無料で測定が可能となったものの、機器が一台しか導入されていないことから予約待ちの状況が続いているという。 柏市でもようやく導入の検討が本格化されてきたものの、放射能という新しい問題に対して、行政の対応はやはり後手に回るばかりだという。 「過渡期」 のサービス、ベクミルがその役割を終えるのには、まだまだ時間がかかるだろう。 (cyzo.com)        ●ベクミル  ドイツ製の機器を使用した放射能測定器レンタルスペース。 利用者が自身の手で機器を操作し、食品や土壌などの放射性セシウム含有量を計測することができる。 2011年10月、千葉県柏市にオープンしたのに続き、12月には上野にも2号店をオープン。 料金は、機器によって、1検体980円と3980円の2種類。  <http://bq-center.com/bqmil/>                   ツイートこの記事をつぶやく
       マックねずみ        米国マクドナルドが販売するハンバーガーのバンズの袋に、生きたねずみが入り込んでいる映像が海外で衝撃を与えている。 映像は米国のFOXニュースが伝えたもので、YouTubeには 『Mouse Running In A Bag of Big Mac Buns』 のタイトルで1月16日に掲載された。        映像をみると、透明なビニールがかかっているビッグマック用のバンズの間を、黒いねずみが1匹ちょろちょろと走り回っているのが確認できる。 カメラは黒いねずみを撮影しようとするが、非常にすばしっこく、なかなかその姿をとらえることができない。        報道によると、映像はマクドナルドのフィラデルフィア店で撮影されたものだという。 この店で働くカリマー・ディマイオ(Karruim Demaio)氏が昨年11月、店の倉庫から変な音が聞こえてきたので確認すると、ビッグマック用バンズの袋の中にねずみが入り込んでいたのだという。        しかも驚くのは、バンズの袋にねずみが混入しただけではない。 店のマネージャーはこのねずみを袋から取り出すと、なんとねずみが走っていたバンズを使ってハンバーガーを作るよう店員に指示したのだ。 カルイン・デマイオ氏はこれを問題視し、証拠の映像をFOXニュースに提供。 さらに調理室の床に落ちたパンもほこりを払って使っていたことなど、店の不衛生さについても暴露した。          一方、問題が指摘されているこのマクドナルドは、バンズへのねずみ混入問題について否認し、店のオーナーは現在調査中だと説明した。        米国での出来事だが、このように消費者の 「食の安全」 など全く考えていない店があるかと思うと、なんだかぞっとしてしまう。 (getnews.jp)        衝撃的な映像はこちらから     http://www.youtube.com/watch?v=a1xUNuOgmYg         “オウェ・・ ” って感じだ!! 日本でなくて良かったね!?                  ツイートこの記事をつぶやく
Page 10 of 21« First...«89101112»20...Last »