竹田氏        現行の皇室典範には、女性の皇族は、皇族以外の男性と結婚をすると民間人になるという規定がある(第12条「皇族女子は、天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる」)。 政府は、これを改正し、女性皇族が結婚した後も皇族に留まることを可能にする 「女性宮家(みやけ)」 の創設を視野に、2月にも有識者からのヒアリングを始める。        現在の天皇陛下の孫世代で皇位を継ぐことができるのは秋篠宮家の悠仁親王のみで、将来、悠仁親王が天皇に即位する際には、その他の宮家が断絶してしまうことが問題になっている。 2012年1月20日の 「ニコ生×Voice」 では、「激論!どうなる?! 日本の皇室」 と題して議論がおこなわれ、自身、旧皇族・竹田家出身である作家の竹田恒泰氏は、女性宮家の創設には反対する一方、戦後にGHQの指令によって皇籍離脱となった ”旧皇族の皇籍復帰” と ”旧皇族との養子縁組” の2つの解決策を 「両方走らせて摸索すればいい」 と語った。            ■ 新聞社・通信社の世論調査 6割超が「女性宮家」に賛成        現在、皇位を継ぐことができる男系男子は、天皇陛下の次の世代には皇太子と秋篠宮文仁親王がいるが、孫の世代では秋篠宮家の悠仁親王のみ。 現状のままであれば、悠仁親王が天皇に即位する際には宮家が一つのみになってしまい、皇族の減少防止が課題となっている。      この解決策の一つとされる 「女性宮家」 の創設については、来月にも政府が有識者ヒアリングを開始する予定。 読売新聞の世論調査(昨年12月)では、この女性宮家の創設について賛成派が64%、時事通信の世論調査(今年1月)では71.5%、共同通信の世論調査(今年1月)でも6割以上が賛成と、いずれも反対派を上回った。 これに対し竹田氏は、女性宮家とは 「一言で言うと 『民間から婿を取る』 という話」 であると解説。 もしも 「皇族が民間の男子を婿に取っていいか?」 と質問すれば、上記の世論調査は異なる結果となっただろうと指摘した。          ■ 戦後、皇籍離脱になった「旧皇族の活用」        そこで別の解決策として「旧皇族の活用」も考えられる。 竹田氏によると、具体的には (1)旧皇族の皇籍復帰か、(2)現皇族が旧皇族から養子を取ることを認めることが挙げられる。 この背景には、戦後の1947年にGHQの方針により、14あった宮家のうち11宮家が皇籍離脱となった歴史があり、竹田氏自身もその旧宮家の子孫だ。 竹田氏は皇籍復帰について、政治的発言を繰り返していることなどを理由に自身は 「不適切」 であると語ったが、他にも数人いるとされる男系の未婚男性を 「活用」 することで、伝統的な皇位継承を維持することに価値があると説いた。        これらを実現する手順として、竹田氏は、      
「(旧皇族の皇籍)復帰であれば、時限立法でしょう。 もちろん皇室典範は、皇族の範囲を規定している条文を変えなくてはいけない。 また予算法案を先に通さないといけないので、けっこう面倒」
      とする一方で、      
「旧皇族から養子を取るのであれば、皇室典範の第9条(養子の禁止規定)に但し書きをつけければいいだけですから、非常に早い。 『但し、昭和22年に皇籍を離れた11宮家のうちの男系の男子の中から養子を取ることができる』と。 『皇室会議の議を経る』 という条件を付けるべきでしょうけど」
      と比較的早く実現できる方法にも踏み込み、これら異なる2つを「両方走らせて模索すればいい」と提案した。 (getnews.jp)        ◇関連サイト  ・[ニコニコ生放送] 「旧皇族の活用」実際の手順部分から視聴 – 会員登録が必要  http://live.nicovideo.jp/watch/lv77717497?po=news&ref=news#1:17:50                   ツイートこの記事をつぶやく
          MARKETS-FOREX        日本の31年ぶり貿易赤字を材料に、ヘッジファンド勢が円売りを仕掛けた。 円安を好感し日経平均.N225も3カ月ぶりに8900円台を一時回復。 潤沢な所得収支があることから早期に経常赤字にまで転落することはないとして円債市場に動揺は走っていないが、日本の貿易構造が変化している可能性もあるという。        アメリカ・アップルの好調な決算は、世界市場における日本企業の存在感低下を示すとの指摘もあった。          <短期的には貿易赤字は縮小見通し>        「日本の貿易収支の赤字化をネタに、きのうからファンド勢が大騒ぎしている」 (本邦金融機関)──。 海外市場で火が付いた円売りは、東京時間になっても続き、ドル/円、ユーロ/円とも約1カ月ぶりの高値に上昇。 前日の米株はさえなかったが、日本株は円安を好感し自動車や電機など主力輸出株を中心に買いが先行した。        ただ円売りは仕掛け的な動きが主体で、マーケットは比較的落ち着いている。株高もショートカバーが中心で、市場では「輸出株や金融株に海外勢の買いが先行したが、寄り後は動きが鈍っている。 日経平均の8800円台半ばでは先物にヘッジ売りなども出て、上値が圧迫されている。 ギリシャ債務協議やユーロ圏の国債大量償還などを控えて何が出るか分からず、悪材料に備えようという動きのようだ」(大手証券エクイティ部)との声も出ていた。        財政赤字をファイナンスする 「原資」 が枯渇するのではないかとの懸念を材料に、日本国債は売りだというポジショントークも聞かれたが、円債市場は落ち着いており、前場の円債先物は小幅高、10年最長期国債利回り(長期金利)も小幅低下した。 日本は世界一の対外債権を有し、毎月、所得収支は安定して1兆円近い黒字となっていることから、多少の貿易赤字となっても経常収支は黒字を維持できている。        タイ洪水など被害を受けたサプライチェーンの回復などが進めば輸出は回復し、原発が一部でも再稼働すればエネルギー輸入額も減少して貿易赤字は解消に向かうと見方は多い。みずほ証券チーフマーケットエコノミストの上野泰也氏は 「輸出は供給態勢のたて直し、新興国主導の海外経済の成長持続、日本企業の努力もあり、今年の秋以降のイメージで輸出は前年比でプラスに戻ると考えている。 輸入は原発の稼働の問題という大きな事があるが、部分的に再稼働するとみている」 とし、貿易黒字に戻る流れにあると指摘している。        12月の輸出は欧州連合(EU)向けが12.7%と大きく落ち込んだが、1月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)速報値は、総合、製造業、サービスの3指数がそろって前月から上昇し、市場予想も上回るなど欧州景気は持ち直しの気配も見せている。 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのメルシュ・ルクセンブルク中央銀行総裁は24日、欧州経済は今年に入り拡大基調に戻ったようだとの認識を示した。          また白川方明日銀総裁は24日、金融政策決定会合後の記者会見で、日本の貿易赤字について 「この傾向が2010年代半ばを展望して、定着するとはみていない。 足元の要因は一時的な要因と考えている」 と述べている。            <世界市場でさえない日本企業>        しかしながら、日本の貿易の見通しが暗くなっていることは否めない。 足元は欧州経済が持ち直しているが、ソブリン問題という 「爆弾」 を抱えたままでは低成長を余儀なくされる。 世界銀行は24日、欧州経済について、差し迫ったリセッション(景気後退)が緩やかにとどまっても、強い回復を遂げる可能性はほとんどなく、先行きも成長は弱いとの見通しを示した。 欧州の成長は、2030年まで制御可能な水準に減少しないとみられる債務によって圧迫されるという。輸出の回復予想は期待感込みだ。        円高が一服しているとはいえ水準は対ドルで78円前後、対ユーロで101円前後と企業の想定レートぎりぎり。 企業向け電力料金は引き上げられ、法人税引き下げもおぼつかない。 「企業は海外に出ていかざるを得ず、空洞化が進めば日本の輸出力は低下し、貿易収支も悪化する」 (三菱UFJモルガン・スタンレー証券・投資情報部長の藤戸則弘氏)という。      また世界市場で、日本企業の存在感が低下していることも懸念要因だ。 米アップルの 「アイフォーン(iPhone)」 や 「アイパッド(iPad)」 は10─12月期に販売が倍増。 売上高、利益とも過去最高を記録した。 「何とか対抗できているのはサムスン電子ぐらいで、モバイル端末の世界市場で日本企業の存在感は極めて薄い」 (国内証券)。 数少ない成長分野での劣勢──。 日本株のパフォーマンスが悪いのは、日本代表企業の魅力が低下しているためだとの指摘はマーケットで少なくない。          ハイブリッド車や電気自動車技術ではまだ日本メーカーに優位性があるものの、「北米カー・オブ・ザ・イヤー」 に韓国・現代自動車のコンパクトカー 「エラントラ」 が選ばれるなど、品質などの差は着実に縮まっている。            <エネルギー価格高止まりのおそれも>        輸入額が減少するかも不透明だ。 原発再稼働のめどはたっておらず、エネルギー価格も高止まりしている。 日米欧がそろって超金融緩和を続けており、「ECBのLTRO(長期流動性供給オペ)やFRBのQE3(量的緩和第3弾)の過剰流動性がコモディティ市場に再び流れ込んだら、エネルギー輸入額の上昇で貿易赤字圧力がかかりつづけるおそれがある」 (国内証券)という。        米連邦準備理事会(FRB)は今回の会合で初めて、フェデラルファンド(FF)金利の推移および利上げ開始時期に関するFOMC参加者の見通しを公表する。 マーケットでは2014年まで事実上のゼロ金利政策を維持する見通しを示唆するとみられている。 インフレ目標の導入やQE3を示唆するような発言があるか市場は注目している。        内需拡大を伴わない貿易赤字で円安・株高が進行したとしても、日本経済にとってはネガティブな面も多い。     持続的なリスクオン材料とできるかには疑問が残るとみられている。 (reuters.com)          今の日本の政治家や官僚は自分の役得しか考えないからな~  政治家は次の選挙に当選することしか考えないし、官僚何もか考えていないと言ったら怒られるかもしれないが・・ そんなもんだよ!!         ツイートこの記事をつぶやく
       人気俳優であり、最近は趣味の料理がピックアップされることの多い速水もこみち。 兄の影響と 「モテたくて」 幼い頃から料理を始めたその腕はなかなかのもの。 ドラマなどの撮影現場にて共演者に手作り料理を振る舞い、高評価を得た事から、ついには2010年に料理本を出版、最近はテレビで腕前を披露する機会も増えてきている。      特に注目を集めているのは、朝の情報番組 『ZIP!』 (日本テレビ系列)での料理コーナー 『moco’sキッチン』。 視聴者から寄せられるリクエストに彼が応えながら、様々な料理を作るというもの。 3分間の料理コーナーながら、毎回一万通以上のリクエストメールが届いたり、番組中で披露された料理のレシピ本がベストセラーになるなど、お茶の間の人気は非常に高い。      しかし、主に見ているのが普段から料理をする奥様方だからだろうか。 彼の料理には首を傾げる箇所も少なからずあるようで、ネットなどでは奥様方の疑問の声も多数寄せられているのだ。          例えば、下ごしらえや調理法そのものが雑に見える、との指摘がある。 野菜は基本ざく切りや乱切り、そばのゆで汁をそのまま出汁に使うなど、の点だ。 また、「 “ひとつまみ” の量が多かったり、塩こしょうをかけすぎている気がする。 それでいて 『今日はアンチョビを使うので塩は控えめに』 と…」 や 「オリーブオイルで炒め、かけて焼いて、更に仕上げにオリーブオイルをかけるのは…」 という、「油や塩が多めで体に悪そう」 という指摘も。      更には、リクエストを聞いてから料理を作るはずなのに、「リクエストに応えてくれない」 という指摘も。 例えば 「パンを使った料理で」 というリクエストに 「でも今日は別の食材を使いたい」 と言ってしまう、「ヘルシーな料理」 というリクエストで、料理を蒸す “前” にごま油をたっぷり投入してしまう。    確かに、これらを見ていくと、今までの料理番組の観点からは大きく外れているため、色々と指摘が出てきても致し方ない点もあるのかもしれない。 しかし、よく見てみると彼の料理は全て典型的な 「男の料理」 だと言うことが解る。 実際、視聴者の中には彼の料理番組を、一種のコントめいた物として楽しみながら見ている人も多いようだ。    面白くて、なおかつ美味しい料理も知ることが出来る、もこみちの料理番組はまさに一石二鳥と言えるのかもしれない!? (npn.co.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
      スプーニング        重なったスプーンのように同じ向きで体を重ね合うことを、英語でスプーニグ “spooning” と言います。        密着度が高いので相手のぬくもりをより感じることが出来たり、精神的に愛情が増したように思えたりと、恋人同士がやってみたい結び付き方のひとつではあります。          さて、恋人同士ではないのですが 「これは究極のスプーニングだ」 とうらやましがられていた画像がありましたので、ご紹介します。                   スプーニング1 完璧なまでの密着具合。        ふたりとも安心しきってぐっすりと寝ています。 赤ちゃんの上にそえられた猫の腕に愛情を感じますね。 自分もこんな風にスプーニングをしたいと思わずにはいられません。        海外サイトには 『きっとこの猫はこんなことを考えている』 と、以下の様なコメントが寄せられていました。      「にゃお~、暖かい!これをくれてありがとう、もう赤ちゃんは返さない」      「Youtubeに出すための、赤ちゃんのポーズを構成中」        大人がこれをしようと思えば巨大な猫が必要ですが(…それを虎と呼ぶことになるかもしれませんが)、この構図はうらやましい限りです。 (labaq.com)       ツイートこの記事をつぶやく
                  広東省アップル      今月13日、中国大陸でもiPhone4Sが販売開始を迎えた。 販売日当日には国内5カ所のアップルストアには、夜を徹しての長蛇の列が作られ、客と警官隊が衝突する騒ぎも見られた。 また、転売業者による買い占めが相次いだため、アップルストアでは販売を無期限停止する措置をとらざるを得ない事態となり、北京の店舗では怒った客が生卵を投げつける一幕もあった。        中国大陸でもまさに旋風を巻き起こしているアップルだが、一方では頭の痛い問題に直面している。        アップルは、iPadの商標権を主張する広東省深セン市のIT企業 「唯冠グループ」 と訴訟合戦を展開してきた。 しかし昨年12月、深セン市の地方裁判所で出された判決は、アップル側の主張を退けるものであった。          本家本元が商標を横取りされるケースは、『クレヨンしんちゃん』 をはじめ中国では枚挙にいとまがないが、iPadの場合、その人気の高さゆえ、これまでに類を見ない大きな弊害が出始めているという。        「深セン市にある広東省最大の電気街、華強北路にはアップル製品の山寨(パクリ製 品)が以前から溢れていましたが、見かけはiPadのもろパクリでも、『lPad iRad』 といったように、商標は微妙に変えられていたんです。 これはパクリ王国といわれる中国であっても、商標法違反に対しては取り締まりが意外と厳しかったから。 『iPad』 のロゴが書かれてある商品も中にはありましたが、店頭ではその部分に黒いシールが張られ、隠されていたんです。 ところがアップル敗訴の判決以降、iPadと堂々と書かれた商品が並んでいる。 iPadの商標の帰属が確定していない現在なら、摘発されることもないと踏んでのことでしょう」 (現地在住ライター)        ちなみに唯冠グループは、商標を無断で使用されたことに対する損害賠償として、100億元(約 1,250億円)をアップルに請求する考えを示しており、アップルはiPadを改名せざるを得ない可能性も、現実味を帯び始めている。 (cyzo.com)         この国とのビジネスは一筋縄ではいかないということだな!?                   ツイートこの記事をつぶやく
       マグニチュード’7級の首都直下型地震が4年以内に約70%の確率で起きる。 そんな試算を東大地震研究所の研究チームがまとめていたことがわかった。 政府はこれまでM7級の大地震は30年以内に70%程度の確率で発生すると発表していた。 なぜ食い違うのか。 「フカホリ」 コーナーで取り上げた。          「取材してみて、本当に意外な事実に突き当りました」 とアナウンサーの笠井信輔が興奮気味に話す。 東大地震研の酒井慎一准教授によると、「もともと地震は小さい地震は数が多くて、大きい地震は(発生)数が少ない。 それはいつも一定です。 昨年(2011年)3月11日以降、小さい地震が増えたことから類推すると、大きな地震も増えるのではないか」 という。 1昨年9月11日から昨年3月10日までの半年間に首都圏で起きた地震は47回だったが、震災から昨年9月までの半年間には343回に急増した。 こうした地震活動の活発化を考慮して試算すると、「4年以内に約70%の確率」 になるという。            震源の場所と深さにもよるが、M7級の地震が発生すれば、浅いところで震度7、深いところで5強とか6弱の地震となる。 内閣府のシミュレーションによると、M7.3の地震が起きた場合、死者1万1000人、全壊・焼失85万棟、経済被害112兆円と想定される。 実際に起きれば大変な事態だ。          笠井 「地震に対する備えがどうなっているのかという話の中で、酒井先生はどうしていまごろこれが話題になるのかと言いました。 実は、この試算は昨年の9月に公表していたのです。 それから4か月まったく話題にならなかった。 政府が何か大きなアクションを起こしたとも聞いていない。 昨日(2012年1月23日)の読売新聞が書いて初めて話題になった」 と、これまで反応がなかったのが不満のようだ。          コメンテーターの竹田圭吾(国際ジャーナリスト)は 「4年以内も30年以内も、明日あるかもしれないという点では変わらない。 問題はこれから防災計画をどう進めるかだ。 いま大騒ぎしてもしょうがないような気がする」 と冷静な受け止め方だったが、笠井は 「ただ、政府は何らかの見解を語っていく必要があるのではないか」 となお納得いかない様子だった。 (j-cast.com)          今の政府じゃ危機管理能力ないから学者が騒いでもどうしょうもないんじゃない!?  大阪維新の会の代表の橋下徹大阪市長の掲げている 『大阪都構想』 早く実現して都市機能を半分でも大阪に移して災害があっても大丈夫な日本をいち早く造って欲しいのもでです。               ツイートこの記事をつぶやく
       1月も後半に入り、引き続き厳しい寒さが続く中で 「早く暖かくならないかなぁ」 なんてついつぶやいてしまいがちな今日この頃。 しかし、春の訪れに憂鬱さを感じ、さらには恐れている人もいるのでは? そう、春の到来は言わずもがな、花粉症の季節の到来なのだ。 花粉症とは、多種多様な花粉が体内に入ることで体が拒否反応を起こす、いわばアレルギーの一種。 花粉症患者を苦しめる、鼻水、くしゃみ、せき、目の炎症などの症状は、体のアレルギー反応によって起きているのだ。          ■女性ならではの花粉症患者の悩みとは      先日、花粉症に関して興味深いアンケート調査が行われたので、ここに紹介したい。      ▼あなたは 「花粉症」 の症状で苦労したことはありますか?    という質問には、なんと20代~30代女性の9割以上が 「ある」 と回答。      さらに、      ▼ 「花粉症」 の症状で経験したことは?(複数回答可)      という設問では、20代女性の上位が 「睡眠不足で集中力がなくなる」 (77.8%)、「公共の場で鼻水・くしゃみが止まらず恥ずかしい」 (55.6%)、「鼻の下が赤くなって痛くなる」 (44.4%)となり、30代女性では 「鼻の下が赤くなって痛くなる」 (63.2%)、「涙が止まらず、化粧が落ちてしまう」 (23.7%)といったような、女性ならではの悩みも見受けられた。      ポカポカ陽気が訪れるこれからの季節、花粉が過ぎ去るまで鼻の下を赤くしたまま過ごすなんてもったいない! そこで、有効な事前対策を紹介しよう。          ■ 事前対策で症状を緩和できるサプリメントという選択        大量の花粉が飛散するからには、当然ながらしっかりと対策を行うことが重要。 とはいえ “花粉症対策” とひと言でいっても、こだわりのマスクや完全防備のゴーグル、さらには花粉を体内に入れないための鼻用軟膏などさまざまで、症状を抑える薬なども多く販売されている。 それらの薬はステロイドや抗ヒスタミン剤などが一般的だが、実はこれ、症状を 「抑える」 のであって根本的治療にはならないのだ。 さらには、眠気やのどの渇きといった副作用も出てしまうのである。      花粉症の対策について、2010年度に日本農芸化学会でとても興味深い研究結果の発表が行われた。 それは 「ビフィズス菌と3種の天然植物エキス(甜茶、シソの実、グァバ葉)の配合が、ステロイド剤にも匹敵するほどの効果が期待できる」 というもの。 花粉症の事前対策としては、医薬品や病院での治療といった手間のかかるイメージがあるが、この結果によれば、日常的に天然エキスを配合したサプリメントを摂取することで、症状をある程度緩和させることも可能であるということだ。        ▼ 花粉症の事前対策をしていますか?    という問いに 「している」 と回答した30代女性はわずか38.1%、20代女性ではさらに低い33.3%という数値であった。さらに、        ▼ 「花粉症対策として」 どのような食べ物・飲み物を試しましたか?    という問いには、20代女性では 「ヨーグルト」 がなんと100%! 続いて 「甜茶」 (60%)という結果に。 30代女性では 「甜茶」 73.1%でトップ、続いて 「ヨーグルト」 が65.4%と続いている。      そこでオススメするのが 「大正ビオデイ」 というサプリメント。 前述の学会で発表された4つの成分、ビフィズス菌と甜茶、シソの実、グァバ葉の天然エキスが一度に摂れるという優れものである。 これら全て食品に分類されるため、副作用を気にせず飲める。 さらには継続的に摂り続けることで、アレルギー体質の改善も期待できるという。 症状を抑えるのではなく、花粉に対してアレルギーを起こさない体にする。 そうすれば、長年悩まされたアレルギー性鼻炎ともサヨナラとなるのである。 かしこい対策として、試してみる価値はありそうだ。  (dokujo.jp)           大正製薬 『ビオデイ』 の詳細はこちらから。          私も、花粉症に悩まされているから早速飲んでみよう!!         ツイートこの記事をつぶやく