癌の原因          21世紀になっても、日本人の死因のトップはガンです。      ひと言にガンと言っても原因や症状もさまざまですが、イギリスの研究でガン患者の原因の40%以上は、生活スタイルによるものだということがわかったようです。        イギリスのガン患者の調査結果であることから、必ずしも日本と同様であるかはわかりませんが、先進国の傾向としては参考になると思われます。        ガンは一般に遺伝の影響や運の要素も大きいと思われていますが、実際には40%までが生活習慣によるものであると、英医学誌 “British Journal of Cancer” に発表されました。        それによると、イギリスでは生活スタイルによって発症するガン患者が毎年13万4千人ほどおり、そのうち10万人が喫煙、食事、アルコール、肥満が大いに関係しているとのことです。        また、25人に1人は化学物質やアスベストなどに密接に関わる職業から発症するガンだそうです。        ただし、もちろん全てが生活スタイルからくるガンではなく、例えば膀胱ガンなどは生活スタイルとはほとんど関連がないようです。        ライフスタイルとガンについての関係では、喫煙と肺ガンなどは取りざたされることが多いため良く知られていることですが、その他の生活スタイルとガンについては一般に理解が薄いものが多いようです。        例えば食道ガンの2分の1は果物や野菜不足が原因となっており、5分の1はアルコールが原因です。 また、胃ガンの5分の1は塩分の取りすぎからくると報告されています。 喉頭ガンや口内のガンについては、ほぼ全てがライフスタイルの選択によるとの結果が出たようです。          ガンのリスク要因は男女で若干異なりますが、男女とも喫煙が第1位です。        その他、男性は食事の偏りや仕事によるものが問題となっており、女性は肥満や感染がガンの大きなリスクとなっています。         ガンと生活スタイル01 男性         ガンと生活スタイル02 女性          食事の偏りでは、野菜・果物の不足のほかに、肉の食べすぎ、繊維質の不足、塩分の取りすぎなどがあります。        生活環境はイギリスと日本で違うことから、必ずしも同じことが当てはまるとは限りませんが、一般に思われている以上にガンのリスクはライフスタイルと関係が深いようです。          健康のために、ぜひ生活を仕方を見直してみてはいかがでしょうか!? (labaq.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       レコチョクは1月20日、ユーザー投票による 「恋人と聴きたい冬うたランキング2012」 を発表した。        カラ        このランキングは携帯サイト 「レコチョク 音楽情報」 で投票された1,895票を集計・まとめたもの。 その結果、最も支持を集めたのは、KARAの 『ウィンターマジック』 でした。        投票の理由としては、        「歌詞の一つ一つが心の中に染み込んでくる。 好きな人に気持ちを伝えるならこの曲が一番」(13歳・女性)        「ずっと一緒にいてほしいという自分から口には出せない気持ちも、この歌でなら伝わる気がします」(15歳・女性)        「歌詞も可愛いし共感できるから、一緒に聴いて想いが伝わったらいいな」(14歳・女性)          など、大切な人を想う女性の気持ちをストレートに歌った歌詞に、10代女子を中心に多くの支持が集まった。          2位は2011年11月23日に発売されたEXILEの38thシングル 『あなたへ』 がランクイン。 こちらは 「冬にぴったりの素敵なラブバラードだから、好きな人と聞けばきっとお互い素直な気持ちになれると思う」(15歳・女性)、「ATSUSHIとTAKAHIROの甘い歌声に癒されること間違いなし!お互いを想うラブソング」(17歳・女性)など、冬の街を舞台にした切ないラブソングに多くの支持が集まっている。        皆さんが恋人と聴きたい “冬うた” はどんな曲?    ☆恋人と聴きたい冬うたランキング2012  ベスト5は、    1位「ウィンターマジック」KARA    2位 「あなたへ」 EXILE    3位 「スノースマイル」 BUMP OF CHICKEN    4位 「Dear…」 西野 カナ        5位 「フユラブ」 Juliet       です。      ※「レコチョク 音楽情報」では10位まで公開中  (http://recochoku.com/news/touhyou/ ※モバイルのみ)。                ツイートこの記事をつぶやく
       友人Tちゃんから 『J・エドガー』 の試写会のチケット頂きました。                   120120_093906        この作品は、クリント・イーストウッドとレオナルド・ディカプリオがタッグを組んでFBI初代長官を描いた作品です。        この作品は楽しみです!!       ツイートこの記事をつぶやく
         JT8064214-ITALY-SP-INVESTIGATE        関係筋によると、イタリアの財務警察は19日、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)のミラノ事務所を家宅捜索した。        イタリアの捜査当局は、S&Pが昨年5─7月に発表した報告書について、情報を違法に使用し、市場を操作したとの疑いで調査を進めており、捜索はこの一環とみられる。        S&Pは電子メールで送信した声明で「われわれの独立した格付けに対するこれら一連の捜査に非常に驚いている」とし、「(当局の)訴えに根拠はなく、S&Pおよび同社アナリストの行動や評判を擁護していく」 と述べた。          S&Pは前週、イタリアを含むユーロ圏9カ国の格付けを引き下げている。 (reuters.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       日本のリーダーにふさわしいのは、橋下徹大阪市長が21.4%でトップだったと、産経新聞社とFNNが2012年1月16日、14、15両日に行った世論調査の結果を明らかにしました。          それによると、国会議員、自治体首長で、橋下大阪市長に続く2位は、石原慎太郎東京都知事で9.6%を占めた。 3位が8.3%の岡田克也副総理、4位が6.2%の前原誠司民主党政調会長で、野田佳彦首相は3.6%の9位だった。 (j-cast.com)                      ツイートこの記事をつぶやく
                    橋下氏        大阪市で早期退職制度を使った3月末の退職者が、何と昨年比で倍増することになった。 橋下徹市長(42)は当選時から、民意無視の職員に対し 「去ってもらう」 と強気で、さらに4月から人件費カットを行うと宣言。 ぬるま湯体質に慣れきった一部職員が “恐怖政治” から逃れることを決意したようだ。      同市は18日、割り増し退職金が加算される早期退職制度を使った3月末の退職職員数について、市全体で昨年度より319人増の650人にのぼると発表した。        早期退職者で最も多かったのは橋下氏が 「給与水準を民間並みに」 と方針を示した市交通局の217人。 各区役所が125人、こども青年局が45人で続いた。      やはり目立つのは交通局だ。 早期退職者217人は昨年同期比の実に18倍。 同局は当初、経営改善策として4月に職員54人を赤字部門のバスから黒字部門の地下鉄に配置転換する方針を決めていた。 しかし、「このままではバス運行などに支障が出かねない」 (交通局)と、配置転換を中止にした。      影響は交通局にとどまらない。 退職者は定年退職の696人を合わせれば1346人に達する。 「市民サービスに影響を与えないよう、配置の見直しや委託化など態勢を整えたい」 (市人事課)と大わらわだ。      大阪市の人件費は年間約2400億円にのぼる。 橋下氏は昨年11月の当選直後から 「民意を無視する職員は大阪市役所から去ってもらう」 と、早々に“宣戦布告”。 就任後には給与や人員減などによる人件費2割カットを目標に掲げた。      早期退職制度は退職金が最大2割増しとなるだけに、居心地が悪くなる前に逃げるが勝ち-との判断が働いたのか!? (zakzak.co.jp)          退職者は、民間の厳しさを思い知ればいいんじゃない!?  橋下さんには頑張って欲しい!!                     ツイートこの記事をつぶやく
               経験人数        男性が気になる女性に経験人数を聞いたところ、あまりの多さにドン引きしてしまった、なんて話をよく聞きますよね。 そういった話を耳にすると、「女性の方が経験人数は多いものなの?」 と気になってしまいませんか?        いえいえ、実はそんなことはありません。 なんとこの度、男性の方が経験人数は多く、女性の2倍だという調査結果が発表されたのです。          アイルランドの女性向けニュースサイトIndependent Womenから、経験人数の男女差についてお送りいたします。          イギリスで行われた健康調査によって、女性が肉体関係を持つのは生涯で5人未満なのに対し、男性は平均10人との肉体関係を持つことが今回の調査で明らかになりました。        しかも、生涯でたったひとりの人としか関係を持たない人の割合は男性の17%に対し、女性は4人にひとり(25%)になるとのこと。        つまり、かつて 「30人以上の女性とは寝ていない」 と公言したイギリスの副首総ニック・クレッグは、平均的な男性3人分以上の ”働き” をしたと言えるのです。        NHS情報センターにより発表された資料によると、女性が10人程度の異性と関係を持った割合が13%に留まるのに対し、27%もの男性が2桁以上の女性と関係を持ったことがあるとか。          やっぱり男性の方が経験人数は多いものなのですね!          また、同レポートでは16歳以下で初体験を済ませる少女たちが増え続けているという傾向も併せて報告しています。        例えば、16歳から24歳の男女で見てみると、(法的に性交・結婚できる)承諾年齢である16歳未満で初体験を済ませてしまう割合は、男性が5人にひとりなのに対し、女性は4人にひとりであるとのこと。        こちらの数値は女性の方が若干勝っていますね。 しかし、これを55歳から69歳の範囲で見てみるとその数値はグッと下がり、16歳未満での初体験は男性が15%、女性が4%となるそうです。        ちなみに若者の10人にひとりは、今までに10人以上の関係を持ったことがあるが、16歳から24歳の女性の1/4と男性の1/3は、未だ経験がないのだとか。        そして今回の健康調査によって、成人の肥満度は1993年からの調査以来最高を記録していて、男性の16%と女性の17%が肺炎と診断されたことも併せて報告されています。            いかがでしたか? 日本で調査をするとまた違う結果になると思いますが、海外だと男性の方が初体験も早く、経験人数も多いなんて驚きです。 (men-joy.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
        孫正義意見        「孫さんは東電の料金値上げについてどう思われますか?」 とのTwitter読者の発言に対して、孫社長は 「少なくとも地域独占でなければ簡単に値上げは実践出来ないでしょう。発電と送電の分離と電力小売自由化は必須。」 と、つぶやいた。          このつぶやきに対して、下記のコメントが寄せられている。      「小山貴弓 原発即時停止~♪」      「ちゃんと考える企業は今度こそ東電から安いPPSに切替実施するでしょう!」      「原油価格は落ち着きを見せているのに何故ここで値上げなのかよくわからないですね!!実体が見えてこないんですよね電力会社は…原発が止まる今社員をどうするかの決断も聞こえてこないですし…数字を出して欲しいですよ」      「経済界からの原発再稼働圧力を更に強めるために企業向けの値上げなのかな…、と感じたりもします。 東電に物申せない社会がやるせないですね…。」      「必須なのはわかるけど、ずっといってんのにまったく聞こうとしない( ̄ー ̄)」      「ソフトバンクは年内にパケ放題が無くなるって噂を聞いたんですけどホントですか?(。+・`ω・´)b」      「福島の住めない土地買い上げて巨大ソーラーパネル作る案どうですか?」      「少なくとも地域独占でなければ簡単に値上げは実践出来ないでしょう。発電と送電の分離と電力小売自由化は必須。」      「来年から簡単に値上げ出来るじゃん、全量買取の費用は全て使用者の負担!」      「その通りだと思う。 原発はコストが安いなんて嘘。早く解体するべき。」      「ならば、他社を貶してまで競争原理の象徴である電波オークションに猛反対し、総務省に直談判して潰したのは何故?言動が伴わないペテン師の矛盾ここに有り。」      「むしろマスク代を払ってほしいぐらいです。」      「同意。 ですので固定価格全量買取はやめましょう。 両立しない。」      「エネルギー問題に関しては、決っして国民負担を口にしないのが非常に残念です。」      「東電をもっと絞るとしても火力発電と無意味な除染事業のコストは無視できませんが 」      「そうか!敵がいないから “値上げ” と最初から言えるんだ。 “じゃあ買わない!” って、言わせねーよ ってことですね。」      「そして、本業のアクセス分離を早急に」      「同意! 電気の「大政奉還・廃藩置県」ぜよー。」      様々な意見が寄せられている。  (itlifehack.jp)                    ツイートこの記事をつぶやく