「どの点で日本市場は閉鎖的なのか」
         TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に関連して米国政府が自動車の市場開放を求めたことに、日本自動車工業会の志賀俊之会長が反論したことは記憶に新しい。 日本の自動車に対する輸入関税はゼロ、一見すると非関税障壁はまったくないように見えるが、自動車の構造に関わる日本の規制が国際基準と食い違い、日本市場に参入できないケースがある。 「ない」 と言われる非関税障壁が、実は存在するのだ。          ガス自動車の燃料容器の問題がそれだ。 日本でガス自動車と言えば、タクシー車両を中心に50年近く使われているLPG(石化ガス)自動車と低公害車として近年登場したCNG(圧縮天然ガス)自動車がある。          日本ではどちらも主に業務用に使われており、一般の自動車ユーザーからは距離がある存在となる。 あまり関心を呼ぶこともないのだが、米国商工会議所や米国自動車部品工業会は2004年から毎年、CNG自動車の燃料タンクに関する規制緩和要望を日本政府に出し続けている。          自動車に関して国と国とをまたがる通行を支障のないようにするため、国連欧州委員会(UN/ECE)の車両構造基準についての多国間協定が1958年に締結された。 簡略するとECE協定、正式には「車両並びに車両への取り付けまたは車両における使用可能な装置および部品に関わる統一的な技術上の要件並びにこれらの要件に基づき行われる認定の相互承認のための条件に関する協定」と呼ぶ。            日本もこの協定を受け入れているのだが、CNG自動車の構造に関しては、国内法規の整備が進まず宙に浮いている。 このため米国部品メーカーが日本にCNG自動車用の燃料容器を売り込もうとしても手続きが複雑で成果につながらない。          LPG自動車についても同様な指摘がある。 高性能なLPG自動車を欧州から輸入しようとすると、本来なら欧州で承認されている構造で、日本でも通行可能なはずなのだが、検査すら受け付けてもらえなかったりするのだ。        ガス自動車のこうしたトラブルの原因は、自動車の構造基準は国土交通省、一方、ガス自動車の燃料容器は経済産業省が所管する 「高圧ガス保安法」 で規制されるという国内規制の二重構造にある。          ガス自動車の燃料容器は自動車の構造装置であるのだが、日本ではプロパンガスのボンベなどと同じ扱いを受ける。 ECE協定に基づき承認されていても、高圧ガス保安法に基づく再検査が必要になるし、高圧ガス保安法で基準が定められていないものについては検査不能としてはねられ、日本へ輸入することはできない。          1960年代の前半、日本のタクシー事業者がLPG自動車を多用し始めたとき、容器交換によるガス漏れ事故が多発した。 安全を確保するため、国土交通省の前身である運輸省は、経済産業省の前身である通商産業省が所管し、容器検査を規定していた高圧保安法をガス自動車の燃料容器にも引用することにし、自動車の構造を規定する「道路運送車両の保安基準」に書き込んだ。        これが1963年以降、50年近く継続されてきたのだが、TPPへの参加、市場開放を目前にどうにかしなければならなくなってきた。          日本市場の開放ばかりではない。 中国、韓国もECE規則を認め、2011年にCNG自動車、LPG自動車に関する協定を受け入れた。 現状で日本は、TPPへの参加どころか、アジアの統一市場からも取り残されようとしている。 とくに中国は自動車保有が伸び続ける有望市場で、エネルギー安全保障の観点から自動車用燃料の多角化に前向きだ。 日本国内の規制緩和が遅れていることで、本来、輸出できるはずのガス自動車の部品が輸出できなくなることすら考えられる。          同時にガス容器の安全基準の現局である経済産業省では原子力安全・保安院の解体が、福島原発事故の後始末との関連で目の前に迫っている。 市場開放と態勢整備の交渉が水面下で始まりだしている。  (j-cast.com)                ツイートこの記事をつぶやく
                    メディカル天気予報      節電の季節だと言っても、どこに行っても暖房が嬉しい季節。 でも、女性にとってはお肌の乾燥は心配です……。      いつもより、お肌の管理をしっかりしないと、春になった頃が恐ろしい。      でも、毎年雑誌やインターネットでいろいろ調べてお手入れをしようとしても、それが中々続かなくて困るんですよね。     今年は、せっかくスマートフォンを手に入れたので、アプリなど活用してみようと思います。          そこで、選んだのが 「ドクターシーラボ」 が運営するアプリ、「メディカル天気予報」 です!        ドクターシーラは、 「皮膚の専門家が作ったメディカルコスメスキンケア」 というだけあって、長年親しまれている化粧品です。 保湿ゲルは、私も10年以上前から使用しています。      そのドクターシーラボが提案する 「使うほどにキレイになる美肌アプリ」。 iPhoneとAndroid両方に対応している無料アプリです。      これは天気予報アプリなのですが、ただのお天気アプリではありません。 女性には嬉しい美肌に役立つお天気アプリなのです!      早速、ダウンロードして、日替わりで診断できる 「美肌予報」 をチェック!      UVと、乾燥と、ベタつきを5段階で表示。 この診断は、日本全国1800地点の天気から診断してくれるようです。      細かい住所がわからなくても、GPS機能が使えるので安心です。 もちろん、本格的に天気予報もチェックできるので、旅行でも安心ですね。      化粧品や保湿ケアで乾燥を撃退したいものの、それだけではちょっと心配。 そんなあなたには、「美肌レシピ」 がオススメです。 毎日日替わりで、その日の 「美肌レシピ」 紹介してくれます。 ちなみに、バックナンバーも見れて、ジャンル・レシピ・食材から美肌レシピがお好みでも選べます。      ……と言っても、やっぱり化粧品もしっかり使って対策を! それなら、「お得情報」 をチェックしましょう。 その時最適なドクターシーラボの商品を紹介。 キャンペーンでお得に商品がゲットできます。      こういうアプリを毎日少し見るだけで、お肌に対する意識がちょっとアップするかも。      ちなみに 「今日は何の日?」 のページには、その日が何の日であるかを紹介。 何気なく過ごしてる毎日だけど、実はいろいろ日付によって、設定されている記念日があるんです。      天気とお肌が密接な関係にあるのは、何の不思議もないですね! お肌ケアの効率をアップさせて、ウルウルお肌を手に入れましょう。  (getnews.jp)          この無料アプリ『メディカル天気予報』は女性の強い味方になりそうですね!!       ツイートこの記事をつぶやく
      コロッセオ        約2千年前に建てられた古代ローマの巨大円形競技場コロッセオが、崩壊の危機に直面している。 財政再建で文化予算が減る中、高級ブランドが修復費用を出すと表明したが 「商売に使われる」 と批判が出た。 契約に独占禁止法違反の疑いがあるとして、会計検査院も調査を始めた。 計画が進まぬ中、崩落は続く。        コロッセオはローマの象徴として年に約600万人の観光客を引きつける。 だが大気汚染で汚れ、石組みの崩落も起きるなど、傷みがひどくなっている。 真下を走る地下鉄の振動の影響も指摘され、早急な修復作業が必要とされてきた。      ベルルスコーニ前政権が文化予算を減らす中、手を差しのべたのが、文化活動の支援に積極的な同国の高級靴ブランド 「TOD’S(トッズ)」 グループだ。 2010年末、修復費用の約2500万ユーロ(24億5千万円)を全額負担すると表明した。        デッラ・バッレ会長は 「商業利用するつもりはない」 と表明したが、ロイター通信などによると、契約にはトッズがコロッセオの画像を15年間、商業利用できる権利が含まれていた。これに消費者団体などがかみついた。  (asahi.com)          イタリアのベネチアも水没の危機だしな~~  コロッセオも崩壊する前にイタリアへ行ってみようかな!?                  ツイートこの記事をつぶやく