デジタル        満員電車や歩く道のり。 荷物が重いと大変です。ちょっとカバンが軽くなるだけで、身のこなしが違ってきます。 デキるビジネスマンなら常にスマートでありたいものですよね。 それなら皆さん、荷物を“デジタル化”しちゃいませんか?        KDDIは、インターネットで全国の20~40代の男性会社員400人を対象に、2011年12月2日~14日に実施した 『かばんの中身に関する調査』 をもとに、荷物をデジタル化する “荷デジ化” を呼びかけています。       デジタル1        『KDDI My5.』 の調査結果によると、89.3%のビジネスマンが 「かばんを軽くしたい」 と回答。 「通勤を手ぶらでできたらいいと思いますか?」 という質問には、「すでに手ぶらで通勤(8.0%)」 「今はしていないが、ぜひしたい(23.3%)」 「今はしていないができればしたい(38.0%)」 と、手ぶら通勤を夢見ている人は、69.3%にものぼりました。         しかし、夢の「手ぶら通勤」をするにはハードルが高い。        「かばんを重くしていると思うものは何ですか。」 という質問に挙げられたのは、「財布・定期(24.7%)」 「仕事でつかう書類(23.4%)」 「携帯(18.1%)」「手帳(14.6%)」 「本(ビジネス書)(10.4%)」、「本(小説など)(10.4%)」。      お財布や携帯はもちろん、重要なデータが書き込まれた手帳や、自分磨きのための本、スムーズな仕事に必須な書類など、デキるビジネスマンほど “必要なもの” が多いようです。       デジタル2           さぁ、どうやって整理して荷物を減らしましょうか。 どれもこれも家や会社に置きっぱなしというわけにはいきませんよね。 そこで、KDDIがおススメするのはスマートフォンの活用です。         au調査5        同調査によると、デキるビジネスマンの48%はスマートフォンを持っています。 スマートフォンには様々なアプリケーションがいっぱい。 手帳なら本物のシステム手帳さながらのアプリや便利なスケジュール機能のついたものなど、自分の用途にあったものを選べます。 これなら、どんなに予定やメモをつめこんでも重さは変わりません。        電子書籍ならビジネス書から小説まで、手軽にダウンロードして勉強も息抜きもできますよね。 仕事で使う書類をいつでもどこでも確認できるアプリや、スカッとストレス解消できるようなゲームもあり、多くのことがスマートフォン一台で済ませられるではありませんか。        スマートフォンに限らずとも、ICカードを活用すればお財布の中の重たい小銭やカード類ともおさらば。 液晶にそのまま書いて保存できちゃう電子メモ帳なら、筆記用具のムダも省けます。 どんどんデジタル化すれば、かばんの中身が見違えちゃうこと間違いなし!          2011年には地デジ化が完了しました。 アナログだったものがどんどんデジタル化している時代です。 2012年は “荷デジ化” して、身軽なビジネスライフを送りましょう!      ※調査データは『KDDI My5』調べ。 (getnews.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
       先日、『マイウェイ』 の試写会に出かけてきました。                      DSC_1308        この日はもの凄い長蛇の列でした。 その長蛇の列には訳があって上映の前にこの 『マイウェイ』 の監督のカン・ジュギュ氏とちょっとだけ出演したKARAのニコルだっけ?の舞台挨拶行われました。        たどたどしい日本語で挨拶していましたが、KARAのニコルが可愛いかったね!!        入場するとき彼女はメガネを掛けてスッタフのジャンバーを着てパンフを配っていたそうです。  何人かは直接パンフを受け取った方がいたようです。          それでかな・・・ 満席でした。                  DSC_1325                 この作品戦争の悲劇と日本軍が朝鮮半島でどれだけ酷いことをしたか理解したし、この物語が真実を基につくられてなんて信じられないような物語でした。        オダギリジョーとチャン・ドンゴンの熱演が光っていたね!! 最後のシーンに隣の席の女性は涙を流していました。           この 「マイウェイ」 は1月14日(土曜日)全国ロードショーです。          ツイートこの記事をつぶやく
      ノマ        「佐々木」、「久々」、「時々」 など、繰り返し発音する言葉に用いられる漢字の「々」。         これを単体で表示する場合、皆さんはどのようにしているだろうか?       実はこの文字、単体でもひらがなから変換可能なのである。 その方法は次の通りだ。        ■ 「々」を単体で変換し表示する方法      ・ 「おなじ」と入力 → 々    ・ 「くりかえし」と入力 → 々    ・ 「どう」と入力 → 々        どれを入力しても、「々」 は出てくる。 文字数が短いので 「どう」 と入力した方が良いかもしれない。        この文字は、同の字点(どうのじてん)と呼ばれるもので、繰り返しの表記を省略するために用いられているものだ。 これからは 「どう」、「おなじ」 または 「くりかえし」 と入力して変換すると、多少時間の短縮に役立つだろう!?  (rocketnews24.com)          以前に携帯で入力では 『々』 の文字をバラバラにすると 『ノ』 と 『マ』 になるから 『ノマ』 と入力するとこの 「々」 になりますと紹介したことがありますが、PCはこの方法が便利のようです。         ツイートこの記事をつぶやく
     タニタ(東京・板橋区)は2012年1月11日、千代田区丸の内に新業態のレストラン 「丸の内タニタ食堂」 をオープンした。          カジュアルダイニングを展開するきちり(大阪市)と業務提携して準備を進めてきたもので、タニタ社員食堂のコンセプトを忠実に再現したヘルシーなメニューを取り揃えているほか、業務用の体組成計を備えたカウンセリングルームを設け、常駐する管理栄養士などがアドバイスする無料サービスも行う。          営業時間は11時から15時まで、土日祝日は休業。メニューは日替わり定食(800円)、週替わり定食(900円)などを提供する。  (j-cast.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
       「食べログ」 を運営しているカカクコムや 「アメーバブログ」 のサイバーエージェント、オンラインゲームなどのGREEやDeNA、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)のミクシィといったインターネット企業の株価が急落している。          背景には、年明けから 「やらせ」 発覚とネットで話題になっている 「ステマ」、ステルス・マーケティングがあるとみられる。 ネット銘柄は外国人投資家を中心に 「成長株」 とみられていて、2011年は株式市場をけん引してきただけに、市場全体への影響も懸念される。                     タベログ        年明けの2012年1月4日、カカクコムが運営する飲食店の 「クチコミ」 サイト 「食べログ」 で、作為的に飲食店に好意的なクチコミを投稿したり、ランキングを上位に押し上げたりする 「やらせ業者」 に、人気ランキングが操作されている事例があったことが発覚した。          食べログの月間利用者数は3200万人以上(11年11月時点)と、利用者も多いことから、影響力は大きい。 やらせによる 「印象操作」 によって、利用者が公正な判断を下すことができなくなれば、サイトそのものの信用力も、収益力も落ちることが懸念される。 こうしたことが、株価にも影響した形だ。          1月4日に2850円あったカカクコムの株価は、翌5日には2769円、6日には2624円に下落。 11日の終値は前日比104円高の2725円だったが、4日と比べると4.4%下落した。              一方、自身の正体を隠したり偽ったりして、隠れて宣伝・PRをすることをいう 「ステマ」、ステルス・マーケティングは、米国などで広告代理店が利用していたPR手法だ。        年末から年明けにかけて、アニメ制作会社が2ちゃんねるのまとめサイトのアフィリエイトURLをそのまま使用し、販売しているDVDがアマゾンドットコムで紹介されたことが、いわゆる 「ステマ」 ではないかという疑惑が持ち上がった。          制作会社は 「担当者のミス」 と説明したが、ネットでは 「それだけで説明がつきにくい」 などと疑いの目でみている。          それもあって、「ステマ」 が1月4日のグーグル検索の急上昇ワードで、なんと1位になった。              ネット上での 「やらせ疑惑」 はこれまでも少なからずある。2007年頃から、有名タレントの公式ブログやファッション雑誌のカリスマ読者モデルのブログなどで、あからさまなPRが行われるようになったが、それを宣伝・PRとわかっている読者がいる半面、知らない読者もいて、結果的に 「やらせ」 のようにみえるわけだ。          最近も、あるタレントが紹介した商品を、ほとんど同じような文章で複数のタレントが一斉に公開して話題となったし、ツイッターでも 「ステマ」 の手法を使った宣伝活動が活発になり、多数のフォロワーを持つ有名人がキーワードをつぶやくことによって対価を得ることを暴露している。          そんなことから、SNSなどのクチコミ情報やブログでの情報への信頼が薄れており、ネット企業の株価もそれを反映しているようだ。          「アメーバブログ」 を運営するサイバーエージェントの株価は、1月4日に25万4100円だったが、1月11日には前日比7300円安の23万1500円と8.9%下落した。          携帯オンラインゲーム銘柄で、芸能人ブログを運営するGREEも4日の2648円から13.8%も下落して、11日は前日比117円安の2282円だった。       「モバゲー」 のDeNAは11日に年初来安値を記録、前日比128円安の1899円で引けた。 4日と比べて17.1%も下落している。          SNS大手のミクシィも11日は前日比8100円安の20万5000円に下げ、4日と比べて11.3%も下落した。 (j-cast.com)                   ツイートこの記事をつぶやく
      日本式名前        韓国のインターネット上で、自分の名前を日本式の名前に変換する遊びが流行っている。 韓国人の名前といえば、「キム」 「パク」 「イ」 「チョ」 といった姓に、男なら 「ジュウォン」 「ジュンソ」 「ジョンイル」、女なら 「ソヒョン」 「ヨナ」 「ジユン」 などといった名前が組み合わされて出来るのだが、音からして日本人の名前とは全く似つかないものだ。 では、どうやって日本式に変換するのだろうか。        実は、月(1月〜12月)と日(1日〜31日)にそれぞれ日本語の名前が付けられた表があり、そこに自分の誕生日を当てはめていくのだ。 1月2日生まれなら、1月は 「月の」、2日は 「天使」 なので合わせて 「月の天使」 さんとなる。 なんとも簡単。        「月の天使」 や 「天の宝」 なんてまるで漫画に出てきそうな名前で、現実世界にそういった名前の日本人は存在しないのではないだろうか。 だが、韓国のネット上では現実にありそうかどうかは問題ではなく、「なんとなく日本っぽい感じ」 がウケているようだ。        下に 「日本式名付け表」 を紹介するので、自分の誕生日を当てはめてみよう。          <月>      1月:月の      2月:愛の      3月:空の      4月:水の      5月:花の      6月:宇宙の      7月:太陽の      8月:星の      9月:森の      10月:影の      11月:天の      12月:雪の          <日>      1日:かけら      2日:てんし      3日:なみだ      4日:あかし(証)      5日:ゆめ      6日:こころ      7日:しずく      8日:ようせい(妖精)      9日:おんがく      10日:ひかり      11日:さめ(鮫)      12日:けっしょう      13日:ささやき      14日:おつげ      15日:おまじない      16日:いつわり      17日:いのり      18日:ねこ      19日:みちしるべ  20日:くま(熊)  21日:ほごしゃ(保護者)  22日:まほう  23日:たから  24日:たましい  25日:ようかい(妖怪)  26日:バナナ  27日:おおかみ  28日:つばさ  29日:おみやげ(プレゼント)  30日:かいとう(怪盗)  31日:もうそう(妄想)        スピリチュアルな雰囲気を持つ名前が多いかと思いきや、中には 「バナナ」 や 「鮫」 といったものまであり、組み合わせによっては不思議な名前が出来上がりそうだ。 もちろん韓国のネット上にはこの流行に不快感を示す人もいて、「歴史をちょっと考えろよ!」 「創氏改名で苦痛を受けた祖先に申し訳ないと思わないのか?」 といったコメントもある。        ちなみに、韓国の李明博大統領は12月19日生まれなので 「雪のみちしるべ」 氏に、北朝鮮の新指導者となった金正恩(キム・ジョンウン)氏は1月8日生まれなので 「月の妖精」 氏となったぞ。 ペンネームとして使っても面白いかもしれない。  (getnews.jp)          ちなみの私は 『水の夢』  エ━━━(;゚д゚)━━━・・ワッケ!<(´゚д゚`)> ワッカ!ラン!                  ツイートこの記事をつぶやく