世界には様々な 「珍税」 ともいえるものが多いが、その中にはどうも、人間の欲求につけこんだものが少なくない。        イタリアでは、2008年、財政赤字解消の切り札として、ポルノ映画、DVD、雑誌の販売になどに25%課税する 「ポルノ税」 を導入した。 イタリアのポルノ産業の総売り上げが約10億~11億ユーロ(約1060億~1166億円)にも上ることから、25%の課税は大きな歳入となる。        もっとも、このポルノ税は、日本とも無縁とは言い切れない。 2011年2月、『ニューズウィーク』(電子版)で、ポルノ産業1人あたりの国別売り上げ(2006年基準)が発表されたが、日本は1人あたり156.75ドルの売り上げで、韓国(同526.76ドル)に次いで世界2位となっている。 もしかすると、世界一の財政赤字国の日本が、イタリアの成功にならってポルノ税を導入するかもしれない。 (news-postseven.com)          それにつけても韓国の1人当たり526.76ドルって凄い数字でダントツじゃん!!              税収って言えば自転車を取り締まって罰金を取りなさいよ! この日本橋界隈も歩道を自転車が疾走しているし危ないんだよ!!  ホントに(*`д´)          どじょう野田は、消費税を財務相主導で上げることしか考えないし、今朝のワオドショーで演説の一節 『ネバー ネバー ネバー』 なんて言っていましたが伝わって来ないよ。 これだって、官僚が書いた原稿を読んでいたんじゃないの!?       ツイートこの記事をつぶやく
                 セックスライフ        1948年に女性向けに出された 『You and Your Sex Life.』 という本。        海外サイト 『the gloss』 でコラムニストが紹介している、この古典的なセックス指南本は、セックスに関する様々なことが幅広く書かれています。 なかにはセックスに関する間違った知識を正してくれる項目も。        正直なところ、これまで老若男女問わず、セックスに関する教育はきちんとなされていないのが現状です。 最近の若者たちの多くは本書に書かれていることよりも、オープンな考え方を持ち、自分たちの性について理解しているとも思えない、とコラムニストは嘆いています。        残念なことに、本当に子どもだけではなく良い年の大人でも、自身の性を大切に扱わず、間違ったことをしたり、時には危険なことをしたりしています。 たとえば漂白剤を飲めばエイズは防げるなど、といったおかしなことを平気で信じて行動に移しているというのですから、確かに呆れてしまうのも分かるかも……。        こちらのセックス指南本をすべて真面目に読めとは言いません。 かなり長い本であるためです。 女性はオーガズムに達する努力をすべきであるということ。 パートナーの男性が頑張るのと同時に女性も頑張ろう、ということなどが書かれています。 要点を一部抜粋してみましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか。        ・自分が女性であることを忘れず、ゆったりとした優雅な動きをすること    ・クライマックスすらもゆっくりと入ること    ・頭の先から爪先、大事なゾーンまでキレイにしておくこと    ・淋病は男女共にだらしない肉体関係を結ぶことでうつるので、確固とした合意の上で清潔な性交渉をすること    ・結婚に向けて話を進めているのであれば、結婚生活のイロハを両親や先生など上の人からすぐにでも教えてもらうこと    ・悩んだときは、最も的確なアドバイスをくれる医者を訪ねるようにすること    ・特にキレイにしなくてはならない身体のパーツは、口周り(息)、脇の下、デリケートゾーン、足、女性器の内側    ・女性器や膀胱を傷付けてしまう危険なマスタベーションもあります    ・既婚女性の場合、オーガズムをマスターベーションに頼るのではなく、自分の欲求を満たしてくれるまでに夫を鍛えること    ・パートナーとのセックスでオーガズムに達することができないと諦めるのではなく、お互いが努力することで良いセックスができると理解すること    ・満足のいくセックスをするときに女性は、妻であり母であるという役割を封じ込める必要がある        いかがだったでしょうか。 セックスは男性任せにするのではなく、お互いで作っていくべきものだということが分かる良い本ですね。  (youpouch.com)          こういうネタ、御徒町の帝王A社のE氏が好きなんだよな~~         今でいうなら宗美玄(ソン・ミヒョン)さんが書いた 『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』 に似ているのかもしれない!?                   ツイートこの記事をつぶやく
       中国の短文投稿サイト 「微博」 などで4日、北朝鮮で軍事クーデターが起きたとの書き込みが広がった。      しかし、北朝鮮の首都平壌にあるホテルの従業員は共同通信の電話取材に 「何も起きていない」 と否定。        RPによると、国営朝鮮中央テレビも放送を続けており異変はないという。 中国のネット上では4日 「数時間前にクーデターが起きた」 「金正恩と国営テレビが何者かの統制下に置かれた」 などの書き込みが広がった。 (kyodo.co.jp)            先日朝のTV番組でロシアの最高権威を有する国策研究機関 「世界経済・国際関係研究所(IMEMO)」 が、最近発行した特別報告書で北朝鮮の崩壊を既定事実化し、韓国主導の韓半島(朝鮮半島)統一がロシアの国益に有利になるとの結論を下していたことが確認されて紹介されていました。      その報告書には、北朝鮮の状況について 「崩壊の勢いが加速している。 本報告書が展望する時期(2011‐30年)の後半には、韓半島は統一に至らないまでも、統一過程の実質的段階に差し掛かり、最終的に北朝鮮は現在のような形では存在しないだろう」 との見通しを示している。 20年代には事実上北朝鮮は存在しない。       統一されると韓国のGDPが現在の2.3倍?になると紹介されていたような記憶しています。         どうなんだろう? この韓国主動の統一って中国が默っていないだろうと思ううが・・ 。 なんだか実現しなささそうだけど統一したら日本はどう対処するんだろうか?                 ツイートこの記事をつぶやく
      実写        みなさま、上の写真をご覧ください。 海外サイト 『illusion.scene360』 に掲載されていたフランスのアーティストPhilippe Ramette氏と、彼の協力者でありカメラマンのMarc Domage氏によって撮影されたこの写真は、まるでシュールレアリスムの絵のような構図が非常に印象的です。        一見100%合成と思われるこの写真、驚くべきことに画像加工は一切なされていません。 編集ソフトさえあればどんな画像でも作れてしまう今、敢えて人力で不可思議な世界を表現し続けるRamette氏とDomage氏。 あくまでも実際に作り出した風景にこだわる彼らは、一体どのようにして、これらの作品を作り上げてきたのでしょうか。        それではひとつずつ検証してみましょう。 例えば、上に提示した1枚の写真。 これは、『異次元から出現してきたかのように海に浮くバルコニーから、男が遠くの風景を眺めている』 という、なんともシュールな作品です。        この作品はなんと、海に本物のバルコニーを浮かべて、その柵にモデルの男性が必死にしがみ付いている状態を撮影したもの。 ということはこの時、男性は腕だけで自分の全体重を支えていたことになります。 涼しい顔をしていますが、実は腕がめちゃくちゃプルプルしていたのかもしれません。         実写1        次に、木の幹に垂直に立っている男性の写真はどうでしょう。 これももちろん人力で撮影されたものであり、モデルの男性は実際に、木に垂直に取りつけた命綱ともいえる金具に横になって乗っかっているのです。 このようなモデルさんたちの見えない努力を思うと、なんだか涙ぐましい気持ちになってしまうのは、私だけでしょうか。        「この写真はどんなふうにして撮影したのかな?」 などと想像を巡らせながら観賞するのも良し、シュールで幻想的な世界を素直に楽しむのも良し。 あなたの好きな見方で、力技を駆使した作品の数々を、じっくりとご堪能ください。 (youpouch.com)              どのようにしているか? 種明かしをすると     実写2             △撮影時は、このような道具を使って体を支えているのです。     実写3                   △そしてこんなふうに撮っていたのです。         ツイートこの記事をつぶやく
                   島田紳助        1月4日、吉本興業創業100周年プロジェクト会見が大阪・難波のスイスホテル南海大阪で開かれた。 話題となったのはプロジェクトよりも、同社代表取締役社長・大崎洋氏の発言だ。        大崎氏が昨年引退した島田紳助について 「私たちは彼の才能を惜しんでおります。 社会の皆様、ファンの皆様の理解を得て、いつの日か吉本興業に戻ってきて欲しい。 これは、全社員、全タレントの願いです」 とマスコミの前で語ったのだ。          紳助と暴力団の関係は紛れもない事実であり、暴力団排除条例が施行された今、業界最大手のトップが彼の復帰を推進するかのような発言をしたことは衝撃的である。      紳助の復帰に関しては、明石家さんまがテレビやラジオであえて紳助の名前を出したり、彼を擁護するような発言をしていた。かつての盟友だからこその擁護発言だと思われていたが、大崎氏の発言を踏まえれば、紳助復帰は吉本興業全体の総意といえそうだ。    とはいえ、引退会見で 「絶対にない」 と断言していた暴力団幹部とのツーショット写真が後に発覚するなど、平然とウソをついていた紳助のイメージは限りなく悪い。 復帰に際して暴力団との関係を完全に断ったと言ったところで、信用する者もいないだろう。 紳助の抜けた穴も、すでに中堅芸人が埋めてしまっているのだから、どうしても彼が必要だとは思えない。        にもかかわらず、なぜ吉本は紳助の復帰を進めようとしているのか。        「引退にしても復帰にしても、キーマンとなっているのは中田カウスです。 紳助と暴力団の関係が明らかになった時、大崎社長は謹慎処分を考えていましたが、カウスの強い勧めによって引退を勧告することにしました。 カウスと紳助の仲は険悪でしたから、吉本から追い出そうとしたのでしょう。 しかし、紳助の引退が大騒動になった後、ある有力な暴力団関係者がカウスに 『吉本が今まで世話になった紳助だけを切るのは筋違いだ』 と詰め寄った。 それから、カウスは紳助に対する態度を急激に軟化させ、大崎社長に彼の復帰を進めるように助言したようです。 吉本としては、紳助は芸人としてだけでなく、経済界の大物や暴力団関係者とのパイプ役としても重要ですから、復帰は歓迎なのでしょう」 (芸能関係者)      暴力団との交際によって引退した紳助が、暴力団関係者の口添えによって復帰するとすれば、深すぎる芸能界の闇にあきれてしまうところだが……。 (menscyzo.com)              一方、産経新聞よると、        紳助さんの復帰を望む大崎社長の意思表示を、市民はどう受け止めたのか。 インターネットアンケートをはじめ、東京、大阪の吉本ゆかりの街などで声を聞いたが、復帰に否定的な意見が圧倒的に多かった。(サンケイスポーツ)        大崎社長の紳助さん復帰熱望発言を受けて、サンケイスポーツはインターネットサイト 「サンスポコム」 で緊急アンケートを実施。 9割近くが復帰に 「反対」 を突きつけた。        午後6時から1時間受け付け、177件の回答が寄せられた。 内訳は 「反対」 が157件(88・7%)、「賛成」 は19件(10・7%)、「どちらでもない」 が1件となった。          反対の主な理由は 「暴力団との交際は絶対に許されない」 「こんなに簡単に復帰できるのなら引退とは言わない」 「今の政治家と一緒。 言葉の責任は重い」 など。       一方、賛成派は 「すでに社会的にケジメをつけた」 「もともと法律違反はしてない」 「紳助さんがいないとテレビが面白くない」 などとコメントした。        ■川崎市・パート主婦(44)      「ようやく報道が落ち着いたところでまた復帰して世間を騒がせると、以前のように活躍するのは逆に難しくなるのでは。 個人的には才能のある司会者なので、また番組を見たい気はするが、世間的には早すぎる復帰に見える」          ■東京都・男性会社員(39)      「紳助さんに変わる存在はいないと思うので、ぜひ戻ってきてほしい。 他の芸人が引き継いだ番組を見ても、しっくりこないし、復帰するなら早い、遅いは気にすることはない」          ■東京都杉並区・IT関連会社OL(28)      「紳助さんの才能はすごいけど、(大崎社長は)芸能界全体のことを考えて発言してほしい。これで復帰したら何でも芸能界ってアリと思ってしまう」          ■東京都品川区・不動産関連会社社員(45)      「紳助さんの大ファンとしては、(大崎社長は)ファンの気持ちを代弁してくれた感じがしてうれしい。 個人的には今、紳助さんは謹慎期間だと思っていて、時期が来たら復帰してほしい」          ■大阪市北区・自営業者(51)      「別に今さらどうでもいいけど、吉本がコンプライアンス(法令順守)とか言うてたんは何やったん?」          ■大阪市浪速区・OL(31)      「社長さんが会見で言いはったことで、逆に復帰が遠のいたような気がする」(sankei.jp.msn.com)          結果的には稼ぐる人間が欲しいということじゃないの!?                ツイートこの記事をつぶやく
         忘れっぽい        物忘れが激しいとか、せっかく勉強しても端から忘れていくなんて悩みはありませんか。      そんな忘れっぽい人に朗報です。      実は忘れてしまうということは、心を健康な状態を保つための大事なプロセスであるとのことです。        20世紀前半に、ソロモン・シェレシェフスキーと言う記憶の天才として知られた人がいました。        ソロモン・シェレシェフスキー – Wikipedia        どんな風にしてその特異な能力を身につけたのかはわかりませんが、彼の記憶の完璧さは異常と思われるほど、どんなものでも覚えていたようです。        たった一度聞いただけで、どんな長いスピーチでも一語一句正確に再現してみせ、どんな複雑な数学の公式も、外国語の一節でも、50の数字からなる表であっても、全く意味のない音節であっても記憶することができたのです。        さらにそれらの内容を何年経っても思い出すことが出来たと、心理学者のルリヤ氏が発表しています。        しかし年々増えていく膨大な記憶の量に、シェレシェフスキー氏は徐々に混乱をきたしてくるようになったのです。 記憶するときには各単語にイメージがあり、思い出すときは単語のイメージを引っ張り出すのですが、それぞれが衝突し始めるようになりました。        結果としてカオスな状態に陥り、最後には決断を下すことさえ出来なくなったことから、とにかく忘れようと努力をしたそうです。        その後、忘却には精神の安定を図る役割のあることが、いろんな研究からわかってきました。      心の平常心を保つために忘れるということが必要であり、それを理由に飲酒したり、ドラッグにのめりこんだりすることもあるようです。            アインシュタインの言葉には、こんな言葉があります。        「もし本に書かれていることなら、記憶する必要はない」        本だけでなく、現在は検索すれば多くの情報が閲覧できる時代になり、覚えていないと不便なことは少なくなっています。        「忘れる」 という技術は健康に良いようですので、物覚えが悪いなんて人は、むしろポジティブにとらえて良いのかもしれません。        もちろん、忘れっぽくなることを症例しているわけではないですが、なぜか大事なことほど忘れ、余計なことほど覚えているものですよね。 (labaq.com)            でも、痴呆症になっちゃなマズイな~~!?              ツイートこの記事をつぶやく
       箱根駅伝で総合優勝を飾り、大会MVPにも選ばれた東洋大学のエース柏原竜二の発言がツイッターで話題になっている。      柏原は1月4日放送の日本テレビ 「PON!」 に出演した際、「AKBのなかで好きな人は居ますか」 と聞かれ、篠田麻里子の目の前で 「あまりAKBに興味がなくて…」 と答えてしまったのだ。        篠田は今回の箱根駅伝の観戦に行ったことも番組内で明かしていたにも関わらず、柏原は社交辞令に付き合わず素直に回答したため、生放送である同番組の雰囲気は一瞬凍り付いたようにも見えた。        ツイッターでは 「すごい」 「よくやった!柏原」 など、自分を貫いた柏原への賞賛の声が多数寄せられているが、一方で 「AKBに失礼じゃないか?」 など批判も目立つ。         また、「声優の花澤香菜のファンとして有名なためAKBに興味がないのも仕方ない」 と、柏原の好みを無視して質問した番組側のリサーチ不足を指摘する声も一部に見られました。 (livedoor.com)          これは番組担当ディレクターの安易なAKBと柏原を出演させれば視聴率取れるだろうという考え方だからこんなことになちゃうんだよな!?                    ツイートこの記事をつぶやく
       飲食店の人気ランキングサイト 「食べログ」 が、好意的な口コミ投稿の掲載や順位の上昇を請け負う見返りに飲食店から金を受け取る 「やらせ業者」 にランキングを操作されている事例があることが4日、運営会社のカカクコム(東京)や飲食店関係者への取材で分かった。        カカクコムは現時点でやらせ業者、39社を特定しており、田中実社長は 「今後は不正業者の業務停止を求めて提訴するなど断固とした措置をとりたい」 としている。 (kyodo.co.jp)        やっぱりな!!       『食べログ』で紹介されているお店ってなんでこのお店が美味しいという評価なのか疑いたくなるところがあったから納得だよ!!  「お金になればルールなんてどうでも」という考え方だとネットの世界って信用されないよな!!       ツイートこの記事をつぶやく