宮崎あおい        離婚騒動で渦中の女優・宮崎あおいと俳優・高岡蒼佑(蒼甫から改名)。 離婚の原因は、7月末に高岡が自身のツイッターで韓流コンテンツに傾倒するフジテレビを批判したことなどがあげられているため、先日、高岡はワイドショーの取材に対し 「まだ成立はしていないが年内に終わると思う」 と言い切り、「一番は自分が妻を大事にしてあげなかったこと」 と語っていた。      これまでの報道では、宮崎にまったく落ち度のない印象だったが、ここに来て驚愕のスクープが飛び込んできた。 発売中の 「週刊文春」 (文藝春秋)が宮崎とV6・岡田准一の不倫疑惑を報じたのだ。      同誌に証言したのは高岡の知人で高岡が所属する芸能プロの元社員。 それによると、宮崎が高岡に離婚を切り出したのはツイッター騒動から間もない7月末。 11月上旬に都内の中華料理店で話しあったが、宮崎は高岡に 「私たち親友になれるよ」 と言葉をかけ、事実上この話し合いで離婚が決定。 この話し合いから1週間後に高岡の自宅に離婚届が郵送されてきたという。      しかし、8月以降、宮崎とわずか2回しか会えず、なかなか連絡も取れなかったため、高岡はそのまま引き下がる気がなく、自身の名義で契約している携帯電話の明細を確認。      すると、ある特定の相手と宮崎が電話やメールをしており、その番号にかけると電話に出た男が話し合いに応じたため、今月6日に都内の会員制バーで会うとなんと岡田。 岡田は不倫疑惑を否定したものの、岡田の携帯を確認すると中には不倫温泉旅行を伺わせるようなメールも。 怒りの収まらない高岡が問い詰め、朝まで話し合いを続ける中、岡田は 「芸能界を引退します」 とまで言ったという。      「岡田は2人の結婚式に出席していた。 宮崎とは映画 『陰日向に咲く』 で初共演し、来年公開の映画 『天地明察』 では夫婦役で二回目の共演をするが、岡田が所属するジャニーズもこの報道が事実なら、見過ごすわけにはいかないだろう」 (芸能記者)      27日早朝の時点で宮崎、岡田双方の事務所は静観する構えのようだが、この報道が離婚成立にどう影響を与えるかが注目される。 (npn.co.jp)             ツイートこの記事をつぶやく
    有吉弘行        かつて、お笑いコンビ 『猿岩石』 として一世を風靡した有吉弘行さん(37歳)。 彼の家に放火すると犯行予告を書き込みした人物が問題視されていたが、書き込みしてから 「事の重大さ」 に気がついたのか、謝罪の言葉をTwitterに掲載している。       有吉        この人物は 「有吉さんの家分かったんで今から放火しまーす。 着火ごびょーまえ!」 や 「竜兵さんの指令です」 とTwitterに書き込みをし、危険を感じた有吉さんが 「警察関係者の方。 あとはお任せします」 と書き込み。 そして大炎上となった。 その後、自分がやってしまった許されない行為に対して恐ろしくなったのか、その人物は以下のように謝罪している。              ・放火予告した人物の謝罪文を一部要約して引用    「Twitter内で有吉弘行さんに放火予告をし、多大な迷惑をかけましたことを深くお詫び申し上げます」    「放火する気は本当にありませんでした。 ただのいたずら心で有名になりたいと思った自分の身勝手な行動がこういう結果をまねいたと深く反省しております。 今回、有吉弘行さん、警察、学校、友達、その他の方々に迷惑をかけたことを深くお詫び申し上げます」    「警察の方には厳重注意をうけました。 深く反省しております」    「からかうこと自体が間違っていました。 深く反省しております」    「本当にみなさんには迷惑をかけました」    「大変なことをしたと思っております。 自分の考えの甘さに自分で失望しております」    「Twitterをやめて逃げるのはダメだと自分で思ったのでやめることはありません。 みなさまに迷惑をかけて申し訳ございませんでした」    「そのようなことは今後二度としません」    「多大な迷惑をかけたことを深くお詫び申し上げます」    「もう二度とこのような挑発行為はいたしません。 深く反省しております」    「もう二度しないと誓います」        多くの人たちから叱られたようで、かなり反省しているようだ。 しかし、放火予告は非常に恐ろしいものであり、重罪になりえるものである。 はたして警察から注意を受けただけで許されるのか、そのあたりに注目している人が多くいるようだ。 (rocketnews24.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
       メジャーリーグ行きを決めるプロ野球選手が続出するなか、野球解説者の江夏豊さん(63)がツイッターで辛らつな言葉を投げかけている。       「メジャーでの失敗は、選手として『カス』になったということ」 と断じ、メジャーに挑戦することに対する覚悟を求めており、メジャーから日本球界に戻って来てしまうケースを批判している。            2011年秋の日本球界は、青木宣親選手(ヤクルト)、ダルビッシュ有投手(日本ハム)、中島裕之選手(西武)、岩隈久志投手(楽天)、和田毅投手(ソフトバンク)、川崎宗則選手(同)など、メジャーリーグ挑戦を表明する選手が続出している。          江夏さんは、このような状況に対して思うところがあるようで、2011年12月25日夕方、
      「メジャーリーグに挑戦する選手が、今年は特に多いけど、とりあえずワシの感想をつぶやいとくよ」
      と切り出した。      
「『夢』だったメジャーリーグ、と言って代理人を通じて、入団交渉するのは、決して悪くないと思うけど、もし失敗した場合だな、『日本のプロ野球に戻ればいいや!』なんて甘い考えがある選手は、やめた方がいいな」
      と、メジャー挑戦には退路を断つ覚悟が必要だと力説。            その上で、      
「骨をうずめるつもりでいかにゃ。第一日本のプロ野球、そんなに甘くないよ。メジャーでの失敗は、選手として『カス』になったということを、自覚せんといかんな」      
と、メジャーでの失敗が致命傷になりかねないと指摘した。            なお、この「カス」という言葉は、単純に 「カス」 と罵倒する意図だと思われるが、メジャーで燃え尽きて 「燃えかす」 になってしまうことを指している可能性もないことはない。          一度はメジャーリーグで活躍したものの、最近日本球界に復帰した選手の例としては、松井稼頭央選手(西武→メッツ→ロッキーズ→アストロズ→楽天)や城島健司選手(ソフトバンク→マリナーズ→阪神)が知られているが、両選手とも帰国後は不調が続いている。           その上で江夏さんは、      
「日本NPBが3年間は、復帰できないなんていうルールを作ったら、簡単にいく気になるやつが、少なくなるかもな」      
 と、メジャー挑戦へのハードルを挙げるべきだと提言している。 なお、江夏さんは西武を退団した1984年にメジャー挑戦を表明。 36歳での挑戦は異例なだけに注目を集めたが、結局はメジャー入りできずに引退している。            江夏さん以外にも、プロ野球選手のメジャー挑戦に批判的な論客として知られるのが、野村克也さんだ。野村さんは、12月上旬に放送されたTBSのスポーツニュースで、      
「球団にもお世話になって(いるにもかかわらず)、一人で活躍したような気になって、勝手に日本を捨てて、メジャーに行っちゃう」        
と、ダルビッシュ投手らを批判している。  (j-cast.com)              ツイートこの記事をつぶやく
                    メニエール病        どんなに相性のいいカップルでも、長年連れ添っていると付き合い始めのような情熱は失われていくもの。 そうして徐々にセックスレスになっていくケースはよくみられるが、今年で結婚10年目を迎えた相田さん夫妻(仮名)も、ちょっと前まではそんな夫婦だったという。      「結婚して3年目くらいのとき、セックスの回数が減ったんです。 原因は妻との関係性がだらけてきたのと、僕の過労。 多忙で性欲が沸かなかったんですね。 そうするうちに倒れてしまって、医者からはメニエール病と診断されました」。         メニエール病はめまいや耳鳴りを伴う内耳の疾患で、過度のストレスから発症するケースがあるそうだ。      医者から処方された薬を飲むも一向に回復しなかった相田さん。 「ふと、セックスしていないから調子が悪いのかなと思ったんですよ。 多忙のあまり、セックスもオナニーもしていなかった。 そこで試しにオナニーをしてみたら、ちょっとだけ調子が良くなったんです」      それから相田さんは妻とのセックスに励むようになった。 「俺は今日、AV男優なんだと思い込むようにしたんです。 するとだんだん性欲が復活してきて、やれるようになった。 そのうちセックスが楽しくなってきて、回数も復活。 するといつの間にかメニエール病が治ったんです!」        相田さんはセックスしなくなるとお互い慈しみがなくなる、ともいう。 「トイレで倒れたとき、妻に1時間も放置されたんです。 トイレの床から妻を見上げて 『ああ、セックスしないから、こんな扱いをされるんだなあ』 と思いましたね」。         そんな妻との関係も今ではすっかり良好になり、出会ったころのようなラブラブに戻ったんだとか。 夫婦関係にも自分の体調にも大きな影響を与えるセックスの力を侮ってはいけないのだ。  (nikkan-spa.jp)          この話ホントかね!?                    ツイートこの記事をつぶやく
       「想定外」 とは、国語辞書には 「事前に予想した範囲を越えていること」 などとある。        堀江貴文氏がかつて反対の 「想定内」 というフレーズをよく使った。 26日に畑村洋太郎・東大名誉教授が改めて定義していたので、紹介したい。        「人間は行動する前に、その範囲を決めなければなりません。 外側については考えなくなります。 外側の領域が想定外です。 存在自身を気付かなくなっています。 想定外の事象が起こった時に初めて、その存在に気づくのです」        「人間は行動する前に、その範囲を決めなければなりません。 外側については考えなくなります。 外側の領域が想定外です。 存在自身を気付かなくなっています。 想定外の事象が起こった時に初めて、その存在に気づくのです」      「東京電力福島原子力​発電所における事故調査・検証​委員会」の委員長が畑村氏である。 26日に中間報告が行われたのだが、その記者会見の席で、「想定外」 を上記のように定義したのだ。      想定外かと言えば、どうなのか? 平安時代に起きた貞観地震によって、宮城、福島が大きな津波に飲まれたことは歴史研究の中ですでに明らかにされていた。      「想定外」 という意味はどこまでを範囲とするのかで、想定内と想定外は違う。 実態は本当に主観的な意味でしかない。 もちろん、この事故に限って言うならば、仮に想定外だと認定したとしても、当事者たちは結果責任を免れないことは言うまでもない。 (yucasee.jp)                ツイートこの記事をつぶやく
     吉野家ホールディングスは2011年12月26日、同社の子会社である牛丼チェーン店吉野家において、同社が12月8日から全国発売を開始した新商品 「焼味豚丼 十勝仕立て」 の販売累計食数が300万食を突破したと発表しました。                    豚丼        「焼味豚丼 十勝仕立て」 は、北海道の郷土料理の一つ 「豚丼」 をモチーフにしたもの。 北海道の道東・十勝地方では、古くから豚肉を甘辛いタレで ”焼き上げた” 豚丼が郷土料理として親しまれている。 今商品 「焼味豚丼 十勝仕立て」 では、コクのある本醸造の北海道しょうゆと、すっきりした江戸前しょうゆをベースにし、甘味と辛味のバランスのとれたタレを使って焼き上げ、香ばしさとうまさが特徴の 「十勝風」 な豚丼として仕上げられている。      今回累計300万食の突破が伝えられたが、これは1日あたり約17万食の販売となる。        2010年秋に発売した、吉野家創業111周年記念の新商品「牛鍋丼」におけるセールス、27日間で1000万食(1日約37万食)にははるかに及ばないものの、十分以上の健闘結果といえる。 今後当サイトで定期的にお伝えしている「牛丼御三家」の営業成績において、吉野家の値をどこまで底上げできるのか、気になるところだ。  (garbagenews.net)       ツイートこの記事をつぶやく
                     工藤公康        現役引退を表明した工藤公康氏(48)が、25日のTBS 「サンデーモーニング年末スペシャル」 に出演。 ソフトバンクから巨人にフリーエージェント(FA)移籍した杉内俊哉投手(31)の “涙の記者会見” に言及し、球団フロントを批判したことに 「エールの喝」 を入れた。    自らもソフトバンクの前身・ダイエーから巨人へFA移籍した経験があるだけに、愛ある一言となるのだろう。 だが 「」 が必要なのは、横浜DeNAの新監督をドタキャンされた工藤氏だ。 関係者の間で、破談の新説がささやかれている。      これまでは 「ヘッドコーチに元広島監督の達川(光男)氏を招へいしようとした工藤氏とOBの山下(大輔)氏を考えていた高田繁GMとの対立」 が有力だった。 ところが、球界関係者が仰天情報を明かす。      「工藤が選手としての年俸も要求したというのだから、開いた口がふさがらない」      工藤氏は昨季終了後、古巣の西武から戦力外通告された。 その後も現役引退を表明しないまま評論活動を続け、DeNA監督の最有力候補に名前が挙がってからも、現役に未練をみせていた。      投手兼任の監督は2リーグ分立後、阪神・村山実監督しかいない。 工藤氏は横浜移籍1年目の07年こそ7勝6敗だったが、08年0勝2敗、09年2勝3敗。 そして西武に復帰した昨年は0勝2敗に終わっている。 もし、来年現役なら1年間のブランクもある。 現役投手としての年俸を支払う球団などないだろう。      前出の球界関係者が「監督を白紙撤回されても自業自得」と憤慨するのも納得だ。      「信頼関係を築けなかったので交渉を打ち切った」 という高田GM。 その裏で、本当に選手兼任料の要求があったのだとしたら、破談も仕方ない。 結局、工藤氏は破談後にブログで現役引退を発表している。      一方、代わって誕生した中畑清新監督は、あの手この手のパフォーマンスで12球団一の露出度。 「DeNAはもう元を取った」 という球界OBまでいる。 対して、新説通りなら舌禍で監督の座を失った工藤氏。野球人生はどこで明暗を分けるかわからない。(zakzak.co.jp)                    ツイートこの記事をつぶやく
       暮れも押し迫るこの時期、そろそろお正月休みの計画を立て始める頃ではないでしょうか。      初詣やバーゲンめぐりの後に訪れることが多いのはやはり ”映画” ですよね。     そこで今回は、街で男女300人に 「お正月休みに友達や恋人と見に行きたい映画は?」 というアンケートを実施し、その結果が明らかとなった(MONOget調べ)。      ◆「お正月休みに友達や恋人と見に行きたい映画」BEST3    3位 : 瑛太さん主演のハードボイルドな 「ワイルド7」    2位 : 親子の絆とロボットアクション 「リアル・スティール」    1位 : ハラハラドキドキが止まらない 「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」      やっぱり、1位はトム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ第4作。      シリーズ最新作は、ロシアのクレムリンで発生した爆破事件から幕を開ける。 その容疑がIMF(極秘スパイ組織・不可能作戦班)のイーサン・ハントと彼のチームにかけられ、米大統領は政府に火の粉がかかることを避けるため、ゴースト・プロトコル(=架空任務)を発令。 イーサンチームは登録を抹消され、国や組織の保護を失ったまま、クレムリン爆破の黒幕を追い、さらなる核テロを未然に防ぐというミッションの遂行を余儀なくされるという、まさに一瞬たりとも見逃せないスピーディーな展開。      友達と観ても間違いなく楽しめる作品だけど、これから付き合い始めのカップルには特にオススメです。      アクション映画なら、ハラハラ、ドキドキを共有することで男女が親密になれるといわれている 「吊り橋効果」 が期待でき、彼との恋も急接近できる可能性大。      しかもネット上で口コミをチェックしてみると 「文句なく面白かった」、「思わず『パーフェクト!』と叫びたくなる!」 など絶賛の声が多数寄せられていました。      映画を観ると視野も広がり、なんと言ってもリフレッシュできるのも魅力ですね。      それでは、みなさんよいお年をお迎えください。以上、トレンドリサーチャーのまどかでした。 (mdpr.jp)      ◆無料で映画招待券をGET    映画館も今やレディースデイ等を設定して安く映画を観れるようになっていますが、それ以外にも 「MONOget!」 のように無料で映画に招待してもらえるサイトもあります。    【関連リンク】    無料で映画招待券をGET「MONOget!」                    ツイートこの記事をつぶやく
       「Yahoo!きっず」 が2011年に子どもたちの間で流行った言葉やドラマなどを発表した。      流行語では男子ではBerryz工房・嗣永桃子の 「ゆるしてニャン」 が1位となり、女子でも3位に入った。 順位は異なれどそれぞれ上位3位には 「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」 (あやまんJAPAN)、「マル・マル・モリ・モリ!」 (薫と友樹、たまにムック。)がランクインする結果になった。      投票総数では 「ゆるしてニャン」 が1位で子どもたちの子どもたちの間では今年最も流行った言葉ということになる。             子供流行語        好きなドラマ部門では男女ともにベスト3位に 「マルモのおきて」 がランクイン。 好きな歌では男女ともに 「マル・マル・モリ・モリ!」 (薫と友樹、たまにムック。)が1位となった。      また、好きな芸能人ランキングでもそれぞれ鈴木福と芦田愛菜が1位を獲得しており、子どもたちにとって 「マルモリ」 人気の高さを伺える年となった。      確かに今年はどこの保育園・幼稚園の運動会でもマルモリダンスがプログラムに組み込まれ、盆踊りでもマルモリを踊る子どもが続出した。 流行語のランキングは大人のものとは大きく異なり、独自性の高さが現れた。 (mamapicks.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
      グランドチェロキー        800馬力で0-100km/h加速が3.1秒、価格は1800万円。 誰でもスーパーカーの話だと思うはずだ。 ところが、今回ご紹介するこのスペックを持った車は2シーターのロードスターではなく、ジープだ。
 この車はアメリカのチューナー、ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング(HPE)が手がけた最新型 「ヘネシーHPE800ツインターボ」 で、ジープ 「グランドチェロキーSRT8」 をベースにしている。 グランドチェロキーSRT8に搭載されている6.4リッターヘミV8エンジンを7.0リッターにボアアップし、さらに2基のターボチャージャーを追加。 さらに、ローダウンしたスポーツサスペンションや15.1インチのブレンボ製ブレーキが採用され、フロント周りにはカーボンファイバーのスプリッターが取り付けられている。
 販売予定数はわずか24台。 このジープで世界中を走り回ったとしても、同じ車に出会う可能性はほとんど無さそうだ。 (autoblog.com)
 
 限定24台だけど800馬力のジープには乗りたくないな?!  ロードスターならちょっと魅力を感じるが・・・ 。
   
 
ツイートこの記事をつぶやく
Page 4 of 23« First...«23456»1020...Last »