ミクシー笠原社長        ソーシャル・ネットワーキングサービス 「ミクシィ」 を展開する株式会社ミクシィの笠原健治社長と 「Twitter」 の日本国内での展開を担うTwitter Japan株式会社の近藤正晃ジェームス日本代表が2011年11月30日午後、東京・渋谷のミクシィ本社で共同記者会見を開き、今後双方のサービスで連携をより強化していくことを発表しました。        笠原社長は会見で、「ソーシャルアプリからのツイート投稿」 「相互フォロー同士の友達申請」 といった新機能を実装予定であることを説明。 その上で、こうした施策により 「アクティブユーザー数(定期的なサイト訪問・利用者数)は増えていくと思う」 と期待を込めた。            一方、一部メディアでは、ミクシィへのサイト訪問者が約半数に 「激減」 したと報じられた。 これは、ニールセン・ネットレイティングス株式会社が11月18日に発表した 「最新SNS利用動向レポート」 上にある、訪問者数の推移を表したグラフに基づいた内容とされている。 ミクシィは25日、これら発表や報道内容が 「誤解を与える解釈」 だとして反論し、ネットレイティングス社側に公式説明を求めていた。 これに対して、ネットレイティングス社は28日、グラフを ”更新” した上で、ミクシィのサイト訪問者は 「堅調な推移」 とする再発表をしていた。        一連のやりとりやネットレイティングス社の再発表について、笠原社長は会見で、      
「ニールセン・ネットレイティングス社には、弊社が懸念している点についてしっかりと返事をしてもらえたと思う」      
と述べ、ネットレイティングス社の対応を評価した。        また、この日に発表された 「ソーシャルアプリからのツイート投稿」 「相互フォロワー同士の友達申請」 といったミクシィとTwitterとのサービス連携強化が、こうした堅調な訪問者の推移に今後どういった影響を与えるのかといった予測について、        
「今後のTwitterとの連携機能で、Twitterからミクシィへ、ミクシィからTwitterへといった相互でのコミュニケーション量はいい形で増えることを想定している。 アクティブユーザー数(定期的なサイト訪問・利用者数)は増えていくと思う」        
と話し、訪問者の増加に期待を寄せていた。 (getnews.jp)                   ツイートこの記事をつぶやく
       こちとらが感謝祭で苦手な料理に忙殺されている間に、日本では3.9G周波数オークション(700/900MHz)が 「仕分け」 で復活したらしい。 日本人らしくww、周回遅れでこの話に反応しておく。       政策仕分けで葬られた「電波社会主義」 市場原理を導入しないと通信インフラがパンクする        震災復興財源問題もあり、いよいよ背に腹は代えられない民主党が、周波数に目をつけたということではないかと思う。 それでも本当に実現するのかどうか、私には今だに信じられないが(どうせ今騒いでも実現は10年後だと思っていたので)、ちょっとこれまでと流れが変わってきたらしい。        原住民のたくさんいる貴重な周波数帯なので原住民が立ち退きを拒否するとか、免許料の負担がユーザーに転嫁されるとか、なぜ総務省が抵抗するとか、いろいろと議論があったわけだが、かなりの部分が公になって、「テクニカル」 に解決できる見通しが出てきているのではないかと思う。       「電波使用料が総務省のヘソクリになっている件」       「立ち退き料を逆オークションする件」          そして最後、今は結局 「ソフトバンクが死ぬか生きるか」 の問題に煮詰まってきていると思う。          周波数オークションの最大の問題は、「新規参入を排除してしまう」ことだ。 逆のように思えるだろうが、オープンのように見えて、実は 「札束で殴りあう」 仕組みなので、プレーンにやったらカネのあるところが勝つに決まっている。 カネのないベンチャーは無理。 新規参入が可能なのは、カネのある 「異業種大手」 か、または 「外資」 というのが通り相場だ。 米国の1990年代のPCS(デジタル携帯)では 「異業種」 (当時は携帯事業を持っていない長距離通信事業者などが数多くあったので、資金力のある 「通信事業者」 の新規参入ということが可能だった)、2000年代初頭の欧州では 「外資」 (1998年ITUによる世界的通信自由化の流れで、汎欧州事業に向け最大のチャンスだったため、欧州内での外資相互参入がヒートアップ、これを機に大手4社が全欧州をほぼカバーする寡占体制ができた)の参入で盛り上がったわけだ。 一方日本では、ベンチャーであるイーモバイルやアイピーモバイルなどにタダで電波をあげることで新規参入させた。      しかし、実際には免許をとってもその後の設備建設はどっちにしてもカネがかかる。 そもそも、携帯事業は 「お金持ちのゲーム」 なのだ。 上記のような特殊な事情でもない限り、ある程度は 「出来レース」 というのが悲しい現実だ。*1        米国でもその後は大幅な新規参入はなくなり、2007年の米国700MHzでは久々の異業種オオモノ、グーグルがちょっかいを出したために話題を集めたが、結局は自分の言い分を通すだけの価格までつり上がったところで脱落。 (果たしてそのとき、ベライゾンと密約があったのか阿吽の呼吸だったのかは謎。)        そして、スマホによる 「データ・ツナミ」 が襲う中、キャリアにとっては 「売り上げはあまり増えないのに設備投資負担ばかりが増える」 というのが、先進国キャリアの共通の悩み、という時代になった。 上位レイヤーではキラキラした端末やゲームが跋扈する中、通信のレイヤーでは皮肉なことに、設備効率のいい古い周波数帯(800MHz)も、固定ブロードバンドも、IPバックホールも持っているincumbent(既存事業者)のほうが圧倒的有利になっている。        日本だけではない。 どこも同じだ。 後発事業者は本当に苦しい。 アメリカでも、3位(スプリント←異業種参入組)・4位(Tモバイル←外資参入組)が存亡の危機にある。 日本でも、後発のソフトバンクがどうしても苦しい。 ソフトバンクがオークションに徹底抗戦しているのも、これでますますカネを使わされる、という危機感からだ。        一方で、ユーザーの利便という点から見て、「第三のキャリア」 という選択肢は、おそらくどうしても必要だろうと思う。 でもそれは、「オークションの可否」 ではなく、「競争政策」 という別の問題だ。        世界中のキャリアが悩んでいる問題なので、私一個人で画期的な解決策など考えつくはずがない。 (アメリカでも、AT&TとTモバイルの統合が 「競争政策問題」 で阻止されそうな形勢だが、統合してもしなくても、どこか一つは潰れそうで、一体どうすればいいのか私にも全くわからない。)        ともかく、日本のオークションに関しては、「第三の選択肢を残す」 こと自体はおそらく多くの人が賛成することだと思うので、(その第三がソフトバンクかイーモバかUQかはわからないが)第三の選択肢を残すためのオークション設計をする(一社で保有できる周波数の上限を決めるとか、なんらかの特別参加枠を設けるとか)か、それとも個別にソフトバンクを救済するための仕組みか、何がいいかわからないが、とにかく別問題として考えるべきと思う。 そもそも、オークションをやらなくても、900MHzに投資する資金力がソフトバンクやイーモバにあるのかという話もあり、携帯事業がますます 「大金持ちのゲーム」 になりつつあること自体が問題なのだ。        私がオークションという入れ物の仕組みにこだわるのは、先々、画期的な技術が出てきて情勢が大きく変わるときに、今の仕組みでは迅速に対応できないと思うからだ。 その入れ物の中にどんなものを入れるかは分けて考えたほうがいいと思う。          *1:中国資本がはいってくるゾという話もあるようだが、成長が見込めず、いろいろと難しい日本市場にわざわざゼロから参入したい奇特な外資が、今の状況下で存在するのか、私にはたいへん疑問だ。         世界中のキャリアが悩んでいる問題なので、私一個人で画期的な解決策など考えつくはずがない。 (アメリカでも、AT&TとTモバイルの統合が 「競争政策問題」 で阻止されそうな形勢だが、統合してもしなくても、どこか一つは潰れそうで、一体どうすればいいのか私にも全くわからない。)        ともかく、日本のオークションに関しては、「第三の選択肢を残す」 こと自体はおそらく多くの人が賛成することだと思うので、(その第三がソフトバンクかイーモバかUQかはわからないが)第三の選択肢を残すためのオークション設計をする(一社で保有できる周波数の上限を決めるとか、なんらかの特別参加枠を設けるとか)か、それとも個別にソフトバンクを救済するための仕組みか、何がいいかわからないが、とにかく別問題として考えるべきと思う。 そもそも、オークションをやらなくても、900MHzに投資する資金力がソフトバンクやイーモバにあるのかという話もあり、携帯事業がますます 「大金持ちのゲーム」 になりつつあること自体が問題なのだ。        私がオークションという入れ物の仕組みにこだわるのは、先々、画期的な技術が出てきて情勢が大きく変わるときに、今の仕組みでは迅速に対応できないと思うからだ。 その入れ物の中にどんなものを入れるかは分けて考えたほうがいいと思う。        *1:中国資本がはいってくるゾという話もあるようだが、成長が見込めず、いろいろと難しい日本市場にわざわざゼロから参入したい奇特な外資が、今の状況下で存在するのか、私にはたいへん疑問だ。  (渡辺美和さん blogos.comより)         ツイートこの記事をつぶやく
          アイフォンドコモ発売        NTTドコモが来年の夏にもiPhoneとiPadを国内販売することで米アップルと合意したと、日経ビジネスのオンライン版が報じた。      NTTドコモは、すでにLTE対応のスマートフォンを発表しているが、来年中(秋)にもLTEサービス “Xi” 搭載のiPhoneを販売するとしている。      KDDIがiPhoneを発売してからは、その通信速度や通信環境が購入者の注目点のひとつにもなっていた。 今回の報道は、業界ばかりでなくユーザーの動きにも影響を与えそうだ。  (rbbtoday.com)            これは、ソフトバンクにとっては大きな打撃になりそう!!        ツイートこの記事をつぶやく
       大卒予定者の就職活動には疑問を感じていた。 かくいう自分も20年前には一度 「シューカツ(当時そんな言葉はなかった)」 しているのだが、茶番だという思いしか残らなかった。 逆に企業サイドの採用方法にも疑問ばかりである。 なぜ、大卒新卒を年に1度だけ採用するのか。 もうバブルがはじけて20年になるというのに。      そんな中、ユニクロが新しい採用を打ち出した。 もうご存知の方も多いと思うが、大学1年生から採用するという。 個人的にはそのメリットがほとんど分からないが、これまでの大卒一括採用に風穴をあけるという意味では、大いに評価できるのではないか。 他方、疑問も数多く残る。 まず、大学1年生で良いなら、なぜ高卒採用にしないかという点である。 ユニクロ信者は、「4年間ユニクロで教育されることに意味がある」 というが、それなら高卒で採用して4年間教育しても同じであろう。        先日、ブロゴスにその疑問点を上手くまとめられたブログが掲載されたのでご紹介したい。      http://blogos.com/article/25405/      以下に引用する。          それはさておき、大学1年すなわち高校を卒業してすぐの段階で採用を決めることも想定されているわけです。 だったら高卒を雇っても同じではないかと思うところですが、そうならないところに学歴差別という慣行にしがみつくユニクロの保守性が表れていると言えます。 何でも 「卒業と同時に店長にするといったコースが想定される」 とのことで、要するに大学で勉強する必要はない、ユニクロで丁稚奉公していればいい、だけど大卒でなければ駄目だと、そうユニクロは主張しているのです。 いかにも代わり映えのしない、典型的な日本企業と言ったところですね。 柳井会長の頭の固さ、古さがうかがわれます。      そもそも 「一括採用だと、同じような人ばかりになる」 というのがおかしい、同じような人ばかりが集まるのは、同じような人しか採用してこなかった会社側の問題でしょう。 同じような人ばかりでは嫌なら、手始めにコミュニケーション能力の低い人でも採用してみればいいのです。 採用基準が偏っている、同じような人しか選ばれないような基準のまま、単に採用時期を前倒しにしたところで会社側が期待しているような青い鳥が飛んでくるはずがありません。 結局のところ満たされるであろうものは、将来の就職を餌にして大卒(候補)者を自店舗で扱き使ってやろうという雇用側の思惑だけです。      一般に、成熟した社会ほど将来が決まる時期は遅いと言えます。 逆に未熟な社会ほど児童労働が横行したり、産まれたときから属する階級が決まっていたりするものです。 社会が成長するにつれ高等教育が実質的に義務教育化して就労開始年齢も遅くなる、自分が選べる進路の数も増えていくのが当然であって、大半は未成年であろう大学1年の内から将来の仕事を決めなければならないとしたら、それは貧しい社会というものでしょう。 むしろ自由な大学時代を通して、玉石混淆の体験を積み重ねることでこそ多様性のある人材が産まれるはず、その代わりに学生を特定企業でのアルバイトに縛り付けるとしたら社畜の量産にしかつながらないのは言うまでもないことです。 まぁ、それは採用側にとって狙い通りのなのかも知れません。 並の社畜ではなく、筋金入りの社畜を選別したいのでしょうから。      とのことである。          社畜云々は過激な表現だが、この筆者の意見にはおおむね賛同である。 大卒者に対して 「一括採用だと、同じような人ばかりになる」というのがおかしい点は特に同意である。 それは企業サイドの問題であり、今まで 「同じような人ばかり採用してきた」 ということに過ぎない。 例えば、大手有名私立大学では、同学年に何千人、何万人と在籍する。 この何千人、何万人が全員同じような人であるはずがない。 その何千人中の何人が同じ企業の採用試験を受けるのかわからないが、企業サイドが同じような人ばかりを選んでいるのである。      そしてこの筆者が慧眼だと思うのは、ユニクロが高卒採用でなく、大学1年生採用にしたのは、一見するとリベラルだがその根底には通常の企業以上に学歴信仰があるとした点である。 高卒者と大学1年生の能力、学力はほぼ同じである。 同じ能力なのに大学1年生を採用するということは、●●高校卒という肩書よりも、4年後○○大学卒という肩書を持つスタッフを集めたかったのではないかと見られても仕方がない。    ただ、何度も繰り返すが、大卒一括採用と異なる動きを見せた点だけは評価したいが、 「ユニクロだから」 とすべてを賛美するのはいただけない。 評価できる点とそうでない点を同列に論じないと、贔屓の引き倒しに終わってしまう。  (livedoor.com)      ようするにユニクロに都合の良い人材を育てたいということでしょう!  軍隊式に 「売り上げろよ」 との命令に必死こいて売り上げあげる店長候補が欲しいだけだろう!         ツイートこの記事をつぶやく
       女子学生へのセクハラ行為を理由に、勤務先の大学を懲戒解雇された柔道男子の五輪金メダリスト・内柴正人が、問題発覚後初めて公式ブログを更新した。     内柴ブログ        「どうもお騒がせしています。 内柴です」 から始まる11月30日付けのエントリー 「こんにちわ。」 では、まず、「大学をクビになりました」 と報告。 そして 「僕は旅に出ました。 と言ってもいろいろと準備しております」 と状況を報告している。      具体的な “準備” の中身については触れていないが、「そんな準備、対応を僕が出来るわけでもなくいろんな方々が動いてくれています」 とのこと。 一部報道では内柴はセクハラ行為を認めておらず、大学側を名誉棄損や不当解雇で訴える準備をしていると伝えられているため、この “準備” は弁護士との話を進めていることを指している可能性もありそうだ。      そして 「まずはそんなみなさんにお詫びと感謝をしたいと思います。 すいません。 ありがとう」 とつづり、最後は 「そんなわけでしばらくは留守にします。 息子は学校、妻は患者の来ない整骨院があります。 マスコミ関係者のみなさん。 よろしくお願いいたします」 との言葉でエントリーを締めくくった。          内柴は1978年生まれの33歳。 2004年のアテネ五輪・柔道男子66kg級、2008年の北京五輪・柔道男子66kg級で金メダルを獲得し、2010年10月に現役を引退した。 引退後は出身地である熊本県に戻り、九州看護福祉大学女子柔道部のコーチを経て今年1月に同大学客員教授に就任。 9月に女子柔道部の合宿先ホテルで未成年学生と飲酒した上で、セクハラ行為に及んだとして、11月29日付けで懲戒解雇された。 (narinari.com)      ツイートこの記事をつぶやく
      殺人ウイルス          毎年にように新しいインフルエンザが猛威をふるっていますが、オランダの研究者によって、極めて危険なインフルエンザ・ウイルスが作成されたと発表されました。        なんと世界の人口を半分に減らしてしてしまう、致命的なウイルスだとのことです。
       あまりに危険のため、バイオテロリズムの研究者たちや専門家たちの間で、このウイルスのレシピ(作成方法)を公表すべきかどうか、激しい議論となっています。        ウイルスは遺伝子の組み換えにより作られた鳥インフルエンザ(H5N1)の一種で、非常に感染しやすいそうです。        開発したのはオランダ・ロッテルダムのメディカルセンターのロン・フォウチャー教授。 9月にマルタで行われたインフルエンザ・カンファレンスで発表されました。        もともと鳥インフルエンザは10年前にアジアで発症が確認され、人間への感染は600未満とそれほど多くはありませんでした。      ところが今回作り上げられたものは、人に極めて感染しやすく、感染した患者の50%が死に至るとのこと。      実験にはフェレットが利用されましたが、感染したフェレットのそばにいるフェレットも病気になっていったそうです。        公表に反対するバイオテロリズムの専門家トーマス・イングルスビー氏によると、「科学者が致命的なウイルスをさらに致命的で感染しやすくすることは非常に問題であるとし、さらにそれを公表することによって他者がコピーできることも非常に問題である」 と伝えています。        反面、自然にインフルエンザが変異を起こすようなケースもあり、似たものが登場したときに、リスクを回避しやすくなるといったメリットもあげられているようです。        参照:オランダ研究者による変異型H5N1インフルエンザウイルス作成に関する報道集            海外掲示板の反応をご紹介します。      ・マダガスカル島へ引っ越すときが来た。    ・人類終わったな。    ・月に行くときがきた。    ・人口の半分って、どの半分だよ。    ・ひどい言い方かもしれないが、たぶん貧困な半分だと思う。    ・俺ら50%側だよな。    ・よし、ちょっと正気を取り戻そうぜ。        1.  これは鳥インフルの変異体で、作られたものであるから自然界でこの変異が起こったときには解毒剤を作れるということである。 単に鳥インフルを人間に感染させやすくしたということだ。      2.  これは確かに危険だが、ラボでは一般のテロリストが届かぬようなところで作られているし、現在のところ、テロリストは炭疽菌のような他のものを使うほうが便利である。      3.  オランダの研究者が公表したがっているが、妨害しているのはアメリカの防衛局だ。ということはすでに研究結果が出ているということだ。      4. 上記の2、3をまとめると、科学的な書類公開の議論がなぜ行われているかがわかる。 これは武器になりえる可能性があると米国軍が考えているので、誰か別の者(アメリカ人以外)が解毒剤を作れるかどうかは彼らには興味はない。          ちなみにこの内容は、オランダの新聞に先週インタビュー記事として載っていたものだ。    ・おいおい、これを知った動物愛護のやつらがそのラボへ侵入していって、実験に使われているサルでも逃がしたら、地獄の始まりだ。28日後に会おう。    ・ちょっと怖いのは、何十年かすればテクノロジーが発展して、こういうのを自家製で作れるようになるということだ。カスタムメイドの生物体に、カスタムメイドのDNAだ。        議論の中でも、ここまでリスクの大きいウイルスは最初から作るべきではなかったといった意見も出ているようです。          人間を一番殺すのは、やはり人間なんてことにならないよう願いたいものです。(labaq.com)        
ツイートこの記事をつぶやく
     
 宮崎県庁本館の正面玄関にあった東国原英夫前知事の等身大パネルが、同県のシンボルキャラクター 「みやざき犬(けん)」 のパネルに置き換えられた。 これで、県庁の玄関から前知事ゆかりの展示物が完全に消えた。       みやざき犬        前知事のパネルは就任直後の2007年4月に設置された。 近くに置かれた前知事の人形と共に観光客に人気で、おでこを触ると縁起が良いと、うわさが広まり、頭部の色があせた。        だが、前知事は今年1月に退任し、4月の都知事選に出て落選した。 宮崎県政は新体制に 「徐々にシフト」 (県幹部)。 8月に人形が庁舎外に移され、パネルも後進の 「みやざき犬 」に取って代わられ倉庫へ。 県観光推進課は 「前知事のパネルは、希望があれば貸すことや譲ることを考えている」 と説明している。  (asahi.com)       
ツイートこの記事をつぶやく
Page 23 of 23« First...10«1920212223