カラオケは歌う人の素が垣間見られるイベントだけに、女性のちょっとした仕草を見て、「カワイイ子だな」 と感じる男性も多いようです。 そこで今回は、『スゴレン』 男性読者へのアンケートをもとに 「カラオケで男性をキュンとさせるカワイイ歌い方」 をご紹介します。          【1】 上を向いて胸元に手を当てながら歌う。    「緊張した感じがかわいく見える」 (10代男性)など、自分を落ち着かせるように胸に手を当て、上を向く女の子の姿を見ると、男性は見守りたくなるようです。 歌いだしに軽く呼吸を整えたりすると、より緊張感を演出できるでしょう。        【2】 ゆったりと体でリズムをとるように歌う。    「ちょっと子供っぽくてカワイイ」(30代男性)など、リズミカルに音にのるというよりは、お遊戯っぽい感じがオトコ心を刺激するようです。うなずくように頭でリズムをとるのも同様の印象を与えるでしょう。        【3】 マイクを両手で握り締めながら歌う。    「女の子らしく見える」 (20代男性)という意見が多く、男性の思う 「カワイイ女の子像」 にハマる仕草のようです。手首をくるっと曲げるように握りしめるなど、丸みを意識するとかわいさはさらにアップするでしょう。        【4】 フレーズに合わせて小さく振りを付けながら歌う。    「楽しんでる雰囲気が伝わっていいと思う」 (30代男性)など、人差し指でリズムをとるくらいの振りが、男性に、はしゃいでいる印象を与えるようです。 ただし、アーティストの振りを完コピするレベルまでいくと、男性が引いてしまう恐れがあるでしょう。          【5】 歌詞を間違えないように画面をじっと見つめながら歌う。    「歌い慣れない感じがカワイイ」 (20代男性)など、慣れないカラオケを一生懸命歌う女の子に、男性は 「萌え」 に近い感情を抱くようです。 恥ずかしくてもマイクを拒否せず、あえてチャレンジしたほうが男性受けはいいでしょう。        【6】 曲の合間に笑顔で周囲の反応をうかがう。    「照れてる姿にグッときます」(20代男性)など、曲の間奏部分で間が持たず、照れ笑いを浮かべる様子が男性の心をつかむようです。 困った笑顔を向けられた男性は、「俺、頼られてる?」 とまんざらでもない気持ちになるかもしれません。      【7】靴を脱いでソファーの上に乗り、はしゃいで歌う    「無邪気に見えていいと思う」 (20代男性)など、女の子が元気いっぱいに楽しむ姿を好む男性も多いようです。 みんなが盛り上がっているときは、一緒になって騒いだほうが好感を持って受け入れられるでしょう。        【8】 歌いながらちょっと不安そうに小首をかしげる。    「応援したくなります」 (10代男性)など、メロディや音程に不安を感じながら歌う様子を見て 「守りたい!」 と思う男性は少なくないようです。 ただし、そこそこ歌えているのに、「こんなもんじゃないんだけどな」 といった調子で小首をかしげる姿は不評を買いやすいので注意しましょう。        【9】 曲に集中して真剣に歌う。    「一生懸命なら下手でもかまわない」 (30代男性)など、言い訳や小細工をせずにまっすぐ歌うことで、男性が好感を抱くことも多いようです。 好きな歌を心を込めて歌うという、基本的なスタイルこそ印象を良くする近道なのかもしれません。      ほかにも 「カラオケで男性をキュンとさせるカワイイ歌い方」 はあるでしょうか。 皆さんのご意見をお待ちしております。  (girls.livedoor.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
          年取った        世代間のギャップはいつの時代にもあるものですが、歳をとったと感じるのは若い世代と話をして気づくことも多いものです。        ある質問を受けて、歳をとったと実感したという、あるモノをご紹介します。                       フィルムケース              「どうしてこんな小さなタッパーを机の上に置いているの?」        投稿していたのは学校の先生で、これを机の上に置いていたら、生徒からこう尋ねられたとのことです。        だいたいどのくらいの年齢から、これを見てもピンとこないのでしょうか……。        読者の中にも、きっとこれが何かわからない人もいると思うので説明すると、スチール写真のフィルムを入れておく容器です。        デジタル機器の進歩は目まぐるしいだけに、年配とまでは行かなくても世代間のギャップは、たくさん生まれているようです。        その他、世代格差を感じさせる質問として、いくつか紹介されていたものは以下のとおり。        どうして自分のPCのHDDは ”A” とか ”B” がないのに、”C” から始まってるんだろう?    (パソコンにフロッピーディスクドライブが2台あった時代の名残)    ・この「保存アイコン」って何?      保存アイコン    ・「巻き戻す」ってどういう意味?        言われてみると、Windows7になっても保存アイコンはフロッピーディスクのままです。        年配の世代だと、いまだに複製をダビングと呼んだり、ゲーム機をファミコンと呼んでいたりしますが、いつしか自分が歳をとったときにも、若い世代から同じような目で見られるのでしょうね!?  (labaq.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       webマーケティングのノイズ(本社:東京都練馬区)の調査によると、インターネットで購入したことがある商品は、「書籍・本・雑誌」 が 86%で圧倒的 1 位で、約 90% のユーザーがインターネット経由で書籍類を購入していることが分かった。        一方、インターネットで購入することが便利であろう水やお米などの重たい食料品については、「食料品(お米)」 が 19.9%だった。 これは、「お米以外の食料品」 が 62.1%となった結果にに対して数字は低いことが分かる。 また、お米以外に、水等の大型ペットボトルを含めて 「重い物」 をネット通販で購入しているユーザーはあまり多くないことが分かった。      また、化粧品が50.8%となった。これは、インターネット限定のキャンペーンやネット上のク チコミを見てその場で購入を決定するなどの要因がある模様。 さらに、ネット通販で購入して、実店舗で買うよりも便利だと感じ、その後は主にネット通販を利用 しているものとしては、「コンタクトレンズ」 が 1 位(53.8%)となり、次いで 「ペット用品」 (31.5% ) 「書籍・本・雑誌」 (28.2%)の順となった。        コンタクトレンズは店頭購買よりも豊富な種類やディスカウント、さらに安心できる情報があるということが背景にある模様。      ネット購入は、店舗に行くことなく商品を購入できるが、しっかりした情報や多い種類、お得な価格など販売側の工夫が要されるようだ。 (sakurafinancialnews.com)          ツイートこの記事をつぶやく
     マクドナルドは12月26日から、延べ1,000万人に “もれなく” 無料券もしくはクーポン券が当たる 「福めくり」 キャンペーンを開始する。 実施エリアは全国のマクドナルド店舗(一部店舗除く)で、期間は対象商品のパッケージに貼付された「福めくり」がなくなるまで。       福めくり        今回の 「福めくり」 キャンペーンは、単品もしくはセットで 「ビッグマック」 「マックフライポテトLサイズ」 を購入した1,000万人に、無料券やクーポン券をプレゼントする企画。 当たる商品は、2012年1月から販売開始の期間限定商品 「Big America」 や、「ハンバーガー」 「ジューシーチキンセレクト」 などの人気定番商品だ。      2010年にお年玉キャンペーンとして初めて実施した 「福めくり」 は、今回が3回目の実施となる。 (narinari.com)        ☆無料券&クーポン券の内容  A賞 「Big America」 (単品)1個無料券    B賞 「ハンバーガー」 無料券/「ジューシーチキンセレクト」 1本無料券    C賞 「Big America」 (単品)390円クーポン(通常400円~420円)       「マックフライポテト」Sサイズ(単品)100円クーポン(通常190円~210円)        「プレミアムローストコーヒー」Sサイズ 50円クーポン(通常140円)      ※「Big America」 もしくは 「ジューシーチキンセレクト」 非販売店舗では、下記の代替商品となる(大分、熊本県など「BigAmerica」非販売エリアを含む)。    ・「Big America」(単品)1個無料券…ビッグマックを無料提供    ・「Big America」(単品)390円クーポン…ビッグマックを240円で提供    ・「ジューシーチキンセレクト」1本無料券…ポテトSサイズを無料提供        ツイートこの記事をつぶやく
       米国の映画情報サイト 「TC Candler」 が、毎年恒例の 「2011 世界で最も美しい顔100人」 ランキングを発表しました。          1990年にスタートした同ランキングは今年で22回目。 世界の女優、歌手、モデルなどを対象とし、「顔の美学的な完成度」 を基準に評価している。      栄えある1位に輝いたのは、映画 「ハリーポッター」 でハーマイオニーを演じる英女優エマ・ワトソン。 続く2位にはハリウッド女優カメリア・ベルがランクインした。        昨年度33位の人気モデル佐々木希は、71位に順位を落としたものの日本人の最上位をキープ。 韓国女優ソン・ヘギョがアジア圏最上位の5位、コ・アラが12位、人気K-POPガールズグループ少女時代のジェシカが45位と、韓国勢の健闘も目立っている。      そして注目は、雑誌 「AneCan」 で活躍する人気モデル蛯原友里の初トップ100入り(92位)。 自らを客観視し、そのかわいさ、美しさを磨き上げていくプロ意識が評価されたようだ。      昨年度は佐々木希が日本人唯一の選出で話題となったが、今年新たに加わった蛯原友里も、来年度よりランキング常連となることを期待したい。 (mdpr.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
       先頃の国税庁の調べによると、10月中に各地の国税局などで受けた認定NPO法人に関する相談件数は135件で、制度発足時からの累計相談件数が1万件を突破したことが明らかになった。 これは認定NPO法人制度と寄付税制が6月に法改正されたことを受けてのものだが、この改正は被災地などで活動するNPOをサポートする一方で、不正の温床となっている悪質なNPOを助長する可能性も孕んでいる。     NPO法人      NPOとは 「特定非営利活動法人」 のことで、通常のNPOと 「認定NPO」 の2種類がある。 両者の最大の違いは、寄付に関する税制。 企業や個人が認定NPOに寄付する場合、寄付控除が認められている。 そのため寄付が認定NPOに集中しやすいので、認定NPOは通常のNPOよりも資金調達が容易になるというメリットがある。 だが、通常のNPOが申請書類に不備がない限り監督官庁に認証されるのに対して、認定NPOは条件面や手続き面など認証のためのハードルがこれまで非常に高かった。 今回の法改正は認定NPOの基準を緩和し、その活動を促進しようというのが狙いだ。        とはいえ、世の中には必ずしも善良なNPOばかりが存在するわけではない。 脱税やマネーロンダリングのトンネルとして暴力団のフロントNPOが設立されたり、最近では生活保護費をピンハネしたりするような貧困ビジネスに手を染める悪徳NPOも現実には存在するのだ。 「オレがNPOをやっているのは、行政にうまく取り入りさえすれば働かなくても食っていけるからなんだよ」 と、代表のS氏が運営するNPOもそんな悪質な団体の1つだ。        関東の某都市で活動するS氏のNPOの事業は、その大半が地方自治体などの行政絡みの案件である。 自治体のポータルサイトや地域SNSの運営管理、自治体のパンフレットや冊子、ポスターの制作、自治体が主催するイベントの企画や事務局業務など……といった具合だ。          「NPOの活動範囲というのは社会に貢献できる分野に限られているんだけど、ウチは活動分野を 『まちづくり』 と銘打っているんで、地域に関わることなら何でもできるってわけ。 そもそも、自治体絡みの仕事で地域に関わらないものなんてないわけだからさ。 あと、引きこもりの若者の自立支援なんてのもやっているね。 まあ、ニートの若い奴を事務所で預かっているだけなんだけど、それだけでお役所から自立支援絡みの仕事が入ってくるんだよ(笑)」 (S氏)        まさに多岐にわたる仕事ぶりだが、雑居ビルの1室にある事務所で常勤なのは、S氏の他には彼の愛人である20代の事務職の女性のみ。 その他の理事はすべて外部の者たちで、NPOを設立するための半ば名義貸しに近い状態。 事務職の女性にしても日頃は電話番をする程度。 こうした陣容で、どのようにして業務をこなしているのだろうか。        「そんなもん、業者に丸投げに決まっている。 オレは役所との打ち合わせとか会議で、何となく全体を仕切っているような雰囲気でただしゃべるだけ(笑)。 何の専門知識も技術もないわけだから、自分じゃ実務なんてできないし、そもそもやる気もない。 自分が働かないで儲けるのがNPOの醍醐味なんだからさ(笑)」 (同)        実は、S氏のNPOが自治体から請け負う仕事には 「ある特徴」 がある。 それは、どの案件も価格が100万円を超えないということだ。 通常、自治体など公共団体が民間業者と結ぶ契約では公平を期すために競争入札が行われるが、小額価格の場合は 「随意契約」 といって入札を行わずに自治体が任意で業者と契約を結ぶことが可能なのだ。 都道府県やS氏のNPOが活動する政令指定都市では、価格が100万円以下の案件であれば随意契約を結ぶことができる。 S氏が自治体から請け負う仕事もこうした随意契約によるものだが、随意契約は自治体側の担当者の裁量に任されるため、行政と民間業者との癒着を生みやすいという側面もある。          「『官民協働』 なんてカッコつけてるけど、もう癒着も癒着(笑)。 役所がオレのNPOに仕事を回すのは年間予算を消化したいからなんだよ。 年度末が近づくと、役所も自分たちの部署に割り当てられた予算を消化しきれずに、半端な金額が残ってしまいそうなときがある。 でも、それを使い切らないと、次年度の予算編成で余った分をカットされるわけさ。 そこで、役所はパンフレットだのチラシだのどうでもいい仕事をでっち上げてオレのところに発注してくる。 そして、仕事を請け負ったオレは突貫工事で年度内に仕事を仕上げるというわけ。 仕事のクォリティ? そんなもん、適当に決まってるじゃん。 予算を消化するためだけの仕事なんだから、誰も質なんて気にしないって(笑)」(同)        NPOを予算消化のための調整弁として利用する役所との癒着で多くの仕事を請け負っているとはいえ、100万円以下と価格が小額なだけに業者に仕事を丸投げしていては、S氏の手元にはいくらもカネが残らないのではないか。 だが、そこにも利益を出すための「秘密」がある。それがインターンの存在だ。        「業者に丸投げといってもいわゆるプロにではなくて、マスコミ志望やIT企業志望の大学生とかをインターンとしてノーギャラで使うんだよ。 交通費も支給しないんで、実際は彼らにとっては赤字なんだけど、ウチで働くことが経験につながって就活に有利に働くと思っているから、タダでも喜んでやってくれるよ。 質が問われるわけではないから、学生レベルのスキルで十分なんだよね。おかげで、こっちは丸儲けというわけさ(笑)」 (同)        「非営利」 ということで誤解されやすいのだが、一定の条件を満たせばNPOも収益事業を行うことは可能だし、関係者はそこから給与を得ることもできる。 ただ、儲かった剰余金は次の事業のために活用されなければならず、関係者で山分けすることが許されていないだけだ。 だが、S氏自身はNPOから一切の給与を得ていない。 正確には、「得ていないことになっている」 と言ったほうがいいだろうか。        「どうやって生活しているのかって? そんなもん、NPOの経費で処理しているに決まってるじゃないか。 自宅マンションの家賃も食費も愛人との遊興費もすべて経費で賄っている。 おかげで決算処理が大変だって、いつもアイツ(愛人)には叱られてる(苦笑)。 外部の理事やインターンたちは、無報酬だと言うと尊敬の眼差しでオレのことを見るんだけど、じゃあ、なんでオレはこうやって生活できてるんだって思うんだけどね。 『無報酬』 なんていう美辞麗句は、ああいう善良な連中の空っぽの頭には美しく響くんだろうな(笑)。 このNPOはオレの財布のようなものだよ」 (同)        NPOのような公共性の強い団体はその活動に関してさぞかし監督官庁によるチェックが厳しいのだろうと思われがちだが、実際には監督官庁に決算書類などを年に1度提出するのみで、活動の実態が精査されるようなことはまずないと言っていい。 つまり、ほぼノーチェックなのだ。 いったんNPOを設立してしまえばあとはやりたい放題というわけで、ここに不正の温床が存在する。        「行政との癒着・随意契約・インターンはNPOで儲けるための 『三種の神器』 だね」 とうそぶくS氏の団体のように行政に寄生する悪質なNPOは少なからず存在する。 今回の法改正による認定NPOの基準緩和は、こうした悪徳NPOにも公的なお墨付きを与えかねないということを肝に銘じておくべきだろう。  (cyzo.com)                     ツイートこの記事をつぶやく
      アメブロ        サイバーエージェントが運営するAmebaサービス(Amebaブログ、Amebaピグ等)が12月24日(土)21時31分頃、第三者による不正アクセスを受け、サービス利用者のAmebaIDが退会状態(ログイン出来ない)になる状況が発生しています。         Amebaを利用するユーザーの声をツイッターなどで調べると、22~23時頃からこの症状が発生し始めたようです。 問題なく使用が出来るユーザーもいるようですが、それでもかなり大規模な障害になっているのは間違いありません。 具体的にはどのような不正アクセスを受けたのかは不明です。
 Amebaブログと言えば多くの芸能人利用し、今回はその芸能人ブログにも影響が出ているようです。 データ損失などの被害はないとAmebaスタッフブログ(http://ameblo.jp/staff/)で報告がおこなわれていますが、復旧にはまだ時間がかかりそうです。 (getnews.jp)
   
 
 
 
 
    
            ツイートこの記事をつぶやく
           スペイン宝くじ        16~24歳の失業率が45%と、不況にあえぐスペインですが、人口2000人の小さな村が、世界一の宝くじに村ごと当選したという幸運がありました。        村でグループ購入した1800枚が全てが当選、1枚につき40万ユーロ(約4000万円)、村全体で720億円という前代未聞の大当たりを果たしたそうです。        スペインでは、クリスマスの季節になるとエル・ゴルド “El Gordo” (太っ腹の意味)と言う宝くじが売りに出されるのですが、総額25億ユーロ(約2500億円)と言う文字通りビッグな当選金額になるそうです。        そして国中が色めき立つ中、発表された1等の当選番号は 「58268」。        スペイン北東部の人口2000人ほどの小さな村で、グループ購入した1800枚が的中したのだから、村を上げてのどんちゃん騒ぎとなったようです。        盛り上がってる様子は以下のニュース映像をどうぞ。     Lotería navideña cambia la vida de un pueblo agricultor – YouTube        総額720億円が当たったらそれは大騒ぎだよ!!  人口2000人として計算して一人当たりにすれば3,600万円で4家族だったら1億4400万円か!!         分配で喧嘩にならないことだけ祈るよ!!                           ツイートこの記事をつぶやく