先日、新しいラーメン屋が出来るらしい。と、書きましたが、その店舗の名前が分かりました。       111216_115517        濃厚とんこつラーメン 横濱家系 『ザ・鷹山』。       お店の前のチラシをもらってくると                   111216_170735        「12月19日 開店  いざ 神田」 って武将が出陣をイメージさせるチラシ。      鷹山って言うくらいだから “上杉鷹山” のことを経営者か尊敬するのか出身が同郷の山形・米沢の出身か?         鷹山と言えば有名な言葉 「なせばなる なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」 が有名で、藩の赤字財政(今に換算すると150~200億円)を質素倹約をして黒字に変えた藩主。    話しがそれました。        濃厚とんこつ醤油ラーメン 650円が12月19日(月)・20日(火)の2日間が開店記念価格300円。        21日以降も使えるクーポン券 『餃子5個サービス券』 来年3月まで。が付いています。 これの方が、次の客を呼ぶ方法としてはイイね!      来週の月曜日食べてみるかな!?        ツイートこの記事をつぶやく
     神田駅の西口を歩いていると 「宜しくお願いします」 という掛け声とともにチラシを配布していました。        なんだ!って思いもらってみると                  111216_170540        “野獣のように喰らえッッ!” ってコピーという大げさなコピー。        本日、12:00~神田西口に 『すた丼』 屋がオープンしたようです。       本日と明日の2日間限定で通常600円の 「すた丼」 「生姜丼」 の2品が100円で食べれるようです。      裏の蘊蓄を読むと 「すた丼とは、複数の合わせ醤油に厳選したニンニクを溶かした唯一無二の秘伝のタレを、本場北イタリアのホエー豚と絡めて強力な炎で一気に仕上げた圧倒的なボリュームを誇る伝説の一杯」。        へぇぇぇ・・・ それが、2日間限定で100円か!!          でもこのチラシ貰ったのが夕方の5時を過ぎた時間だから今日は無理で明日はお休みだから100円で 「すた丼」 は食べそうにもありません。        来週行ってみるか!?       ツイートこの記事をつぶやく
       厚生労働省の調査で、牛の肝臓(レバー)の内部から食中毒の原因となる腸管出血性大腸菌 「O157」 が検出されたことが、2011年12月15日分かった。 これにより、これまで飲食店に 「自粛」 を求めていた牛の生レバーの提供がいよいよ 「禁止」 になる可能性が出てきた。            厚労省は、ことし4月に起きた焼き肉チェーン店の 「ユッケ集団食中毒事件」 を受けて生レバーの安全性について検討してきたが、8月から9月にかけて全国の食肉衛生検査所で約150頭の牛について調査したところ、2頭の牛の肝臓の内部からO157が見つかった。 同省は、20日の審議会で結果を報告し、生レバーの提供を禁止するかどうかを検討するという。          これまで、牛の肝臓内部にカンビロバクターが存在することは分かっており、腸管出血性大腸菌による食中毒も報告されていたが、それは腸に存在する菌が解体時などに肝臓の表面に付着したものと考えられていた。 肝臓内部からO157が検出されたのはこれが初めてだ。          ことし7月から厚労省は、食中毒のリスクを考え飲食店に対し生レバーの提供自粛要請を出してきた。 しかしながら、行政指導には罰則はないため 「レバ刺し」 をメニューにかかげる店はまだまだ多く、「レバ刺し名物店」 は今回の報道に戸惑いを隠せない。          「レバ刺し」 が人気の東京都内の料理店では、自粛要請を踏まえたうえで厚労省の平成13年版のガイドラインを順守し生のレバーを提供している。 特に 「ユッケ事件」 以降はガイドラインに加え独自の衛生管理にも気をつかっているという。          同店では、今回の発表を受け 「まだどうなるか分かりませんが」 と前置きしながらも、「お客様からの要望が多いのでギリギリまでやっていきたい」と話す。 15日夕方の時点でまだ問い合わせ等はないというが、「レバ刺し」 が看板メニューな だけに 「もし禁止になったら、本当に困ります」 と、頭を抱えていた。            一方、大手焼き肉チェーンの 「安楽亭」 は、「ユッケ集団食中毒事件」 のすぐ後に全店舗で肉の生食提供を中止した。 そのため 「今回の報道の影響はないと考えています」 とのことだった。 今後も生食の提供を再開する予定はないという。 (j-cast.com)          (;゚д゚)ェ. . . . . . . 遂に、「レバー刺し」も禁止になるか!!  ということは今食べておかないと近いうちに食べれなくなる可能性があるということだな。                ツイートこの記事をつぶやく
                  ダルビッシュ        ポスティングシステム(入札制度)での米メジャー移籍を目指すダルビッシュ有(25=日本ハム)への入札が、12月15日(現地時間14日)に締め切られ、MLB(メジャーリーグ機構)は少なくとも1球団が入札に参加したことを明らかにした。 米メディアによると、入札に加わったのは5、6球団とみられ、その最高額がNPB(日本野球機構)を通じ、日本ハムに伝えられた。      国内メディアはメジャー移籍に向け前進とこぞって報道しているが、ダルビッシュが本当にメジャーに行くかどうかはこれからだ。 まず、ダルビッシュと日本ハムが入札金額を受け入れるかどうか。 目安となっているのは、06年末にレッドソックス入りした松坂大輔の例だ。 松坂は同球団が約5111万ドル(当時約60億円※注)で落札、契約は6年総額5200万ドル(当時約61億円※注)だった。      松坂と同等もしくはそれ以上との評価もされているダルビッシュにとっては、松坂の落札額を超えているかどうかもポイントとなる。 落札額は本人の懐には入らないが、ダルビッシュのプライドを満たす額かどうかが重要。 松坂より落札額が大きく下回るようなら、ダルビッシュ自身が拒否する可能性もある。 それは日本ハムにとっても同様で、絶対的エースを放出するのに見合う落札額でなければ受諾はできないだろう。 米国も日本と同じく不景気で、メジャー各球団の財政状況も必ずしもいいとはいえない。 ましてや、高額で落札され、大型契約を交わした松坂が近年低迷していることや、阪神からポスティングで高額落札されヤンキースに移籍した井川慶の失敗例などで、各球団は日本人投手に巨額の資金を投じることに慎重になっているともいわれている。      日本ハムは21日午前7時(米東部時間20日午後5時)までに回答しなければならないが、受諾した場合、その先にさらなる関門が待ち受ける。30日間の独占交渉期間で、契約がまとまるかどうかだ。 一説によると、ダルビッシュの希望額は年俸2000万ドル(約15億6000万円)とも伝えられており、あくまでも強気だ。松坂の年俸は変動制だが、年平均だと900万ドルにも満たない。 松坂より倍以上の条件を、ルーキーとなるダルビッシュに落札球団が出すのかどうかは疑問。      仮に落札球団の提示年俸が1000万ドルだとすれば、円高の影響で約7億8000万円にしかならない。 ダルビッシュの今季年俸は5億円(推定)だが、日本ハムは残留した場合、7億円超の金額を用意するともいわれており、メジャー移籍による金銭的メリットはない。          スポーツジャーナリストのA氏は 「落札額を受諾しても、本当に年俸2000万ドルを要求すれば、交渉が難航するのは確実です。 従って、交渉がまとまらず、日本ハムに残留する可能性もあるとみています」 と語る。      入札球団があったダルビッシュだが、メジャー移籍実現となると、まだまだ険しい道のりが待っているようだ。  (npn.co.jp)          松坂は、メジャー球団にしてみれば大きな投資をしたが、故障はするは今や只のデブになっているからな!?  投資で失敗したくないから松坂を超えることはないだろう!!と思うけど・・・ 。                ツイートこの記事をつぶやく
      フェラーリ599後継        ランボルギーニやマクラーレンといったスーパーカーブランドが “アベンタドール” や “MP4-12C” といった高性能スポーツカーに相次いで軽量・高剛性なカーボンボディを採用したことから、それらをライバルとするフェラーリも、599の後継車にカーボンを採用すると見られていた。      しかしながら、どうやら599後継車へのカーボンの採用は見送られたらしい。 『WORLD CAR FANS』 (http://www.worldcarfans.com/) が報じている。          記事によると、フェラーリは599の後継モデルにカーボンボディを採用することを一度は検討したものの、アルミを採用した場合と比べ、それほど大きなアドバンテージがないことからカーボンの採用を見送ったという。 カーボン採用により得られる軽量化の効果が、コストに見合わないというのだ。        また、おそらくはF620と名付けられるそのニューモデルは、同じFRレイアウトを採るフェラーリFFとプラットフォームを共有する可能性もあり、そうした合理化を求めた結果がカーボン見送りの理由となったようである。        一方、F620に積まれるエンジンはFFと同じ6.3リッターV12をベースとするものの、さらなる高出力化が図られ、マックスパワーは710psに達すると言われている。        はたして噂の真相はいかに? 599の後継モデルは2012年3月のジュネーブショーで発表される見込みだ。  (asahi.com)        710馬力か!?  こんな車操れないね!!        先日、アウディの試乗会で 『R8』 の500馬力を運転しましたが私の能力じゃせいぜい500馬力が限界かな・・・ 。       ツイートこの記事をつぶやく
       街は華やかなイルミネーションに彩られ、ショーウィンドウはプレゼント用のアイテムの数々で賑やかに。 来週末に迫った本番に向け、世間のクリスマスムードは高まりを見せているが、独身・彼氏ナシの女性たちはこの日をどのように考えているのだろうか。         オルニチン研究会は首都圏在住、20代~40代の独身・彼氏ナシの女性618人を対象に、「クリスマスの過ごし方」 に関する調査を実施しました。                 クリスマスイブ        11月末に発表された国立社会保障・人口問題研究所の 「出生動向基本調査」 では、“異性の交際相手を持たない未婚の割合が、女性も半数近く” と過去最高を更新するなど、独身・彼氏ナシの女性も増えている昨今。 さらに半数弱は交際を望んでいないとの結果も出ているが、今回の調査では、そうした女性たちがクリスマスをどう捉え、過ごそうとしているのかを探る内容だ。    まず、対象の女性たちに 「彼氏がいないこと/できないことについてストレスが溜まるのはどのイベントか」 を質問。 すると、1位は 「クリスマス」 (45.5%)で、ほぼ2人に1人がストレスを感じていることがわかった。 そのストレス度は2位の 「自分の誕生日」 (25.1%)と比較すると、約1.8倍に達している。        次に、「クリスマス(イヴ)にデートをしたいか」 についてたずねたところ、約75%が 「デートしたい」 と回答した。 年齢別では 「20才~24才」 (85.4%) 、「25才~29才」 (84.3%) 、「30才~34才」 (77.9%)となり、若ければ若いほど 「デートしたい」 という気持ちが強いようだ。      続けて 「クリスマス前に 『誰と過ごすのか』 『彼氏はできるか』 などのストレスを感じることはあるか」 とたずねた。 その結果、最もストレスを感じている年代は “20代前半 独身・彼氏ナシ女性” で、64.1%が 「ある」 と回答している。      では、もしクリスマス(イヴ)当日にデートをしない場合には、どのように過ごすのだろうか。そこで一つの選択肢として 「女子会をしたいと思うか」 とたずねたところ、69.0%が 「したい」 と答えた。      また、「デートではなく、女子会やほかの予定を入れるかどうかを決めるデッドライン」 についても質問。 すると、トップはクリスマスイヴの 「1週間前」 (66.3%)で、これに 「2週間前」 (15.8%)、「3週間前」 (8.5%)、「3週間前以上」 (9.3%)と続き、平均は  「8.83日前」 となりました。  (narinari.com)      男子諸君、女子をクリスマスイブにデートに誘うには今日は8日前だからギリギリ!!       誘え!!  女子は誘いを待っている(●-`ω-)b ZO!!       ツイートこの記事をつぶやく
      次期SL        メルセデス・ベンツSLの次期モデルの写真がリークした。         海外の自動車メディア『WORLD CAR FANS』 (http://www.worldcarfans.com/) が掲載している。        写真のモデルは、メルセデス・ベンツSLクラスの2013年モデル、すなわちフルモデルチェンジ後の6代目SLだ。        フロントまわりのデザインは、今年フルモデルチェンジした “SLK” に共通するもの。 アップライトなラジエターグリルとフェンダーまで回り込んだヘッドライトが特徴だ。        次期モデルではアルミニウムを多用することで大幅な軽量化が図られ、現行モデルより約140kgも軽くなるという。また燃費は約20%改善されるようである。 (asahi.com)       ツイートこの記事をつぶやく
                     ソフトバンク        産業能率大学は15日、企業経営者が2011年の最も優れた経営トップを投票で決める 「今年の社長」 に、2年連続でソフトバンクの孫正義社長が選ばれたと発表しました。        昨年4位だった米アップルの前最高経営責任者、スティーブ・ジョブズ氏が2位に浮上。 ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は昨年の2位から3位に後退した。 (kyodo.co.jp)        孫正義氏は、今年は注目されたからな!  東日本大震災では100億円の義援金を送り、電力不足を補うためにクリーンなメガソラー発電を提唱したり、先にはソフトバンクホークスが日本一になったしな!!       選ばれて当然だろう。                    ツイートこの記事をつぶやく
              浴びるビタミンC        毎日ビタミンサプリメントを愛用している記者に、驚きのニュースが飛び込んできた。 なんと、空気を吸うだけで、ビタミンCを摂取できる “浴びるサプリメント” が誕生したというのだ        株式会社アンティバックジャパンといえば、空気洗浄機 『マジックボール (MAGIC BALL)』 が有名である。 インフルエンザウイルスが99.96%以上除去されるという試験結果が出ているほどの優れものだ。 有名タレントが自身の結婚式で引き出物に選ぶなど、芸能人の愛用者も多い。 また、インテリアオブジェとしての存在感も抜群で、インテリアショップにも多数置かれている人気商品である。 インテリアに興味がある人なら一度は目にしたことがあるのではないだろうか。 現在では、多くの類似品が出回っているが、実は元祖はこの会社なのだ。        常に “本物の商品” を追求している株式会社アンティバックジャパンが、次に製作したのは、浴びるだけでビタミンCを補給できるという 『ビタミンシャワー(Vitamin Shower)』 (http://antibac2k.net/)。 誕生のきっかけは、CEOである上野真弓氏の、「自然に質のよい空気を吸収して、ビタミンCも摂取できたら…」 という誰も思いつかなかった斬新なアイディアからだった。        上野氏は、シンガポールにあるアンティバックラボラトリーズのCEOダニエル氏に、呼吸をするだけで、ビタミンCが吸収できる製品の開発について相談を持ちかけた。 最初は 「不可能だ」 と言っていたダニエル氏だが、食物に含まれるビタミンCにより近い組成を持つ 『ニューボーンビタミンC』 を研究している会社がアメリカにあることを思い出した。 その話を聞くと、上野氏はすぐにアメリカにある化粧品原料開発・製造会社グロウ社に出向いた。 そこで、ビタミンCを液体にし、空気中にミストを放出させ、身体に吸収させる商品を作りたいと新製品の開発を持ちかけたのだ。思い立ったらすぐ実行するという上野氏の行動力に驚かされる。        しかし、理想を現実にすることは容易ではなかった。 今までになかったアイディアについて、グロウ社からは、「発想はおもしろい」 と興味は抱かれたものの、ニューボーンビタミンCを液体にする開発については 「無理」 とはっきりNGを出されてしまったのだ。        それでも上野氏は、周囲からの 「不可能」 と開発に否定的な意見にも負けなかった。 日本に帰国後も 「必ず商品化する!」 という強い決意の元、試行錯誤を繰り返していたのだ。 そんな中、グロウ社とダニエル氏が密かに研究を続けていたとの連絡を受けた。 なんと、空中に放出され、皮膚や呼吸から吸収できる独自のニューボーンビタミンCを作ることに成功したというのだ。 上野氏の熱意が、多くの人の心を動かし、不可能を可能にしたのである。       ビタミンシャワー        その後、イギリスの研究機関で試験が行われ、空気中に放出されたニューボーンビタミンCが身体に吸収できるという確実な裏付けを取ることができた。 そして、両社共同開発の元、肌や鼓膜、呼吸器官などあらゆるところからビタミンCを吸収できる浴びるサプリメント『ビタミンシャワー』 が製作されたのである。        サプリメントやドリンクを愛用している記者だが、浴びるビタミンとは想像もつかなかった。 空気を吸っているうちに、自然とビタミンCを吸収できるとは、なんとも革新的ではないだろうか。 サプリメントの常識を覆す 『ビタミンシャワー』 で、より健康な日々を過ごしていこうではないか。  (techinsight.jp)          これイイかも!?  価格次第で売れるかも!?         ツイートこの記事をつぶやく