タレントで前宮崎県知事の東国原英夫さん(54)がブログで、毒のない可食性のフグ肝があると発言した。 フグ食中毒になった美女と店で一緒だったと報じられたのを受けたものだが、そんなフグ肝があるのか。          東京・銀座の高級フグ店 「ふぐ福治」 で食中毒が発生した問題は、思わぬ展開になった。夕刊紙や週刊誌が次々に、同伴していたのは東国原英夫さんだったと報じたのだ。                     東国原        それらの報道によると、東国原さんはジョギング中にナンパした都内在住の女性(35)を誘い、2人で2011年11月10日夜に 「ふぐ福治」 を訪れた。 この店は、ミシュランガイドで3年連続2つ星を獲得したことで知られ、東国原さんは常連客の1人だった。          店内で、東国原さんは 「いつもの出してあげて」 などと、すりつぶしたトラフグの肝臓をポン酢に溶かした 「肝ポン酢」 を裏メニューから注文した。 「フグの毒で口をピリピリさせて酒を飲むのが通」 などと言って味わったといい、女性にも勧める仕草を示したという。 東国原さん本人はさほど異変はなかったというが、女性は店を出てから唇のしびれや頭痛などフグ毒特有の症状を示した。 帰宅後に救急車で運ばれて入院し、翌11日になってようやく退院した。         病院からの通報で都中央区保健所が動き、店を14日から1週間の営業停止処分にした。 保健所では29日になって食品衛生法違反などの罪で警視庁築地署に店を刑事告発し、12月2日には店主のフグ調理師免許を取り消す事態にまでなっている。          一方、東国原さんはブログで、夕刊紙や週刊誌からの質問への回答を明かして、事情を説明した。 そこでは、店から 「肝ポン酢」 があると説明されて注文するようになり、「毒性のない可食性」 と認識していたとした。 「九州の宮崎・大分では毒性のないふぐ肝が提供されることが多々あります」 という。 そのうえで、「これほどの一流店が、可食部以外のものを、しかも徐毒もせず提供するとは思ってもいませんでした」 と断罪している。            さらに、東国原英夫さんは、「肝ポン酢」 を注文したことをはっきり否定しなかったが、「何度も頼んできた」 ことは否定した。 店が普段は 「肝ポン酢」 を出してないということも疑問視し、これが事実なら 「大変遺憾」 だとしている。            東国原さんが明かした可食性のフグ肝があるかについて、都中央区保健所の生活衛生課長は、明確に否定した。      
「確かに、プランクトンやバクテリアなどの影響を排除して無毒のフグが作れるという説はあるようですが、フグの肝臓は、食品衛生法上、食べられないものに入っています。 フグの種類に関係なく、全国どこであっても、フグ肝が食べられるということは、まったくありえません。フグ毒で呼吸困難になって死ぬこともあり、症状は摂取量や体格などにより違いますが、食べて大丈夫な人はいないと思います」      
   東国原さんが知事をしていた宮崎県の衛生管理課でも、また大分県の食品安全衛生課でも同様の見方をした。 可食性のフグ肝はないといい、店で出していたら違法だというのだ。              宮崎県で獲れる毒性が低いシロサバフグについては、2007年12月13日放送の 「いきなり!黄金伝説」 でその肝臓料理が紹介され、厚労省がテレビ朝日を不適切だとして指導したことがある。 東国原さんの知事在任中であったため、宮崎県の衛生管理課では、 「ご本人はこのことを知っていると思います」 と言っている。        東国原さんは 「ふぐ福治」 側の説明でフグ肝を食べ始め、自ら強く要求したことはないとブログで明かしたが、「ふぐ福治」 の店主は反論した。      
「こちらから進んで出してはいません。 要求がなければ絶対に出しませんよ。 店のリスクを考えると、あり得ないことです。 東国原さんが注文しており、女性にも勧めていたのではと思います。 しかし、違反なのを知っていて出してしまったので、本当に申し訳ないというしかありません。 可食性のフグ肝なんて、そんなのはないですよ」      
   こうした見方について、東国原さんはどう考えるのか。 事務所に取材すると、担当秘書は不在などとして、回答は得られなかった。 (j-cast.com)       ツイートこの記事をつぶやく
         USA-APPLE CONTRACT AUCTION ROUGHCUT (O)        アメリカ競売大手サザビーズが13日行ったオークションで、1976年の米アップル設立時に故スティーブ・ジョブズ氏ら創業関係者3人がサインを交わした契約書が、予想価格の10倍に当たる159万ドル(約1億2400万円)で落札されました。        契約書には株式配分などが記され、共同創業者だったジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏に株式45%、契約書の作成に当たったロナルド・ウェイン氏に10%を付与することが明記されている。        同契約書は、締結から11日後にウェイン氏が共同創業者から外れる際に作成された別の書類とともに出品され、サザビーズによると、電話やインターネットを通じて6人が激しく競り合った結果、ベネズエラの企業グループ社長が落札したという。  (reuters.com)       ツイートこの記事をつぶやく
              吉牛        薄利多売はもう限界-。大胆な値引き合戦を繰り広げてきた大手牛丼チェーン3社の11月の売上高が、そろって前年同月比割れした。 フトコロさみしいサラリーマンにはうれしい値引きでも “常態化” してしまい、売り上げアップのカンフル剤の効果が薄れたようだ。      吉野家ホールディングスの 「吉野家」、ゼンショーホールディングスの 「すき家」、松屋フーズの 「松屋」 の11月 「月次売上高」 が出そろった。        「吉野家」は、16~24日に牛丼並盛りを110円引きの270円としたが、前年同月比6・4%減で4カ月連続の前年割れ。客数も5・9%減で同じく4カ月連続マイナスとなった。      11~24日に牛丼並盛り280円を250円に値引きした 「すき家」 も1・3%減と3カ月連続のマイナス。 17~24日で80円引きの240円とした 「松屋」 も4・5%減とふるわなかった。        3社が値引き合戦を展開した今年1月は 「すき家」 14・1%増、「松屋」 13・5%増、「吉野家」 5・4%増と前年実績を上回り、売り上げアップの原動力となっていただけに意外な印象だ。      11月の前年割れについてゼンショーHDは 「天候不良も影響」、吉野家HDも 「値引きしていなければもっとマイナスだった」 と説明。 2009年末から本格化した値引きキャンペーンは 「すき家」 や 「松屋」 は今年すでに7回目に達しており、少ない小遣いで昼食代をやりくりするサラリーマンにとってはありがたいが、常態化で意外感が薄れている。      牛丼好きで通る獨協大教授で経済アナリストの森永卓郎氏は 「3社にはそれぞれ独特の味わいがあるため、サバイバル的な値引き合戦の末、敗退するチェーンが出るようになれば、ファンを失望させる。こうした消耗戦は、長い目で見れば消費者のためにならない」 と指摘している。  (zakzak.co.jp)                   ツイートこの記事をつぶやく
      ドンペリ          あと、10日ほどでクリスマス。 皆さんはもうデートで行くお店や恋人へのプレゼントは決めましたか? クリスマスはいつもより特別な食事をしたい。 でも、夜は誰にも邪魔されずにゆっくり2人きりで過ごしたい……。        そんなアナタにオススメなのが、“外ランチ・家ディナー” なクリスマス。 ランチは思い切りゴージャスに、夜はケーキを買ってお部屋でまったり過ごすのはいかがでしょう。        そして、クリスマスの特別なランチにオススメなのが、東京・品川にあるホテル 「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」 が提供する 「ドン ペリニヨン プレミアム ランチ」。何と、ドンペリが飲み放題のスペシャルなコースです。          ドンペリと言えば、言わずと知れた高級ワインであり “シャンパンの王”。 誕生から3世紀の時を経た今も、クリエーターの厳しい管理のもと、作柄の最良の年にのみ作られるこだわりの逸品です。        「ドン ペリニヨン プレミアム ランチ」 の気になる内容は、オマール海老やキャビア、トリュフなどをたっぷり使用したスターターから、こだわりのメイン、手間隙かけたデザートまで厳選されたコースメニュー。 それに、ドンペリが好きなだけ楽しめるというのですから、舌だけで無く心まで大満足のランチとなりそうですね。        しかも、このランチコースで提供されるドンペリは、7年間の熟成を経た 「ドンペリニヨンヴィンテージ2002」。 ヴィンテージの芳醇な香りを心ゆくまで楽しんじゃいましょう。        「ドン ペリニヨン プレミアム ランチ」 は、12月25日(日)までの土日祝祭日限定。 残り5日間限定の特別なメニューを “食べ” 逃し無く!  (getnews.jp)            ドン ペリニヨン プレミアム ランチ      期間:~12 月25 日(日)の土日祝日限定    場所:レストラン&バー「ザ・ダイニングルーム」(26F) The Dining Room    時間:ランチタイム11:30~14:30 (ラストオーダー)    ※シャンパンのフリーフローの利用時間は1時間30分    料金:1人15,000円(税金・サービス料込)                   ツイートこの記事をつぶやく
       先日、冬晴れの日に飯能ゴルフクラブでラウンドして来ました。  朝、ブルブルブルって感じで寒かったな~~                   111116_065649        都心と比べると3度くらいはは違っていたんじゃないかな!?          寒いしお腹は空くしレストランで腹ごしらえで 「朝うどん」 で                   111116_071608     身体を温めてから練習へ。 このうどん冷えた身体を温めてくれましたね!!  いくらだったけ490円?だったけ? 安いな!!って感じたからたぶんそんなもんだったはず。       他のゴルフクラブのレストランの朝食って和定食、洋定食で1,575円とか取るんだよな! 朝から1500円以上のご飯なんて料金の設定がそもそもおかしい。         ここ飯能ゴルフクラブはそういう意味では良心的だった。          練習を30球ほど打ってからINの10番ホール  388ヤード  パー4からのスタート。       111116_082059        初めてラウンドするからキャディさんに狙い目を聞けば、「左にひっかけると松林の中にはいってトラブルになるから狙い目と言えべ左の松林の右センターからドローで狙って打てばフェアウエイセンターでセカンドが狙いやすいです。 右に行きすぎると松の枝が張り出していてグリーンを直接狙えないから注意してください」。        って言われてもそう打てないのが今の私の実力だから・・・ 打ってはいけない右に真っ直ぐに飛び出し写真の正面松林のちょっと色が変わったところが桜の木ですがその中へボールは飛び込み、松林の中から70ヤード先のフェアウエイにだそう。サードショットを乗せて2パットのボギースタートで乗り切ろう!と7番アイアンを被せて打ったまでは良かったのですが桜の木の枝に当たった。 このホール結局4オン2パットのダブルボギーの嫌なスタート。        それとここ飯能ゴルフクラブのキャディさんに感心したことはドライバーのキャリーでの距離を競技者に聞きそこから各番手の距離を割り出してセカンドに風を読んで3本のクラブを持ってきてくれたいました。          付いてくれたキャディさん素晴らしかったね!!         それにグリーンが素晴らしい仕上がりです。  早い!!  何時もこのような状態のグリーンでゴルフが出来たら幸せだよ!! と思ったのですが後で3パットを何度もして苦しめられてしまうのですが・・ 。          11番ホール  407ヤード  パー4                 111116_085723        キャディさん 「右に打つより左目がイイです」。      “スタートがダブルボギースタートだからここはパーを取りに行こう” って打ったドライバーショットは “あ゛ぁ・・”って最悪のチーピン。 フェアウエイに出してサードショットピンまでまだ200ヤード。 ちょっと風があげているからクリークをも持って打つも左のバンカーへ。 ピンまで60ヤードぐらいあったかな? 60ヤードのバンカーショットは難しいんだよね!バンカーショットはグリーン手前の花道へ。 ここからピンまで30ヤードのアプローチを寄せきれずダブルボギーで収めたいと打ったパットは無情にも2メートルもオーバーしてここから2パットで撃沈のダブルパーの8打。         今日のゴルフはこのホールで終わりだった、後のホールは気楽にやることに。          14番ホール  487ヤード  パー5       111116_094451        ドライバーショットは、右のラフ                       111116_103842        ここからサードショットピンまで60ヤードに持って行って3オンしてバーディが欲しかったのですが・・・ グリーンが速い!!  バーディパットが1.5メートルもオーバーして何とか冷や冷やもののパー。  ここはパー5にしては距離もなかったからバーディが欲しかったな!!            17番ホール  553ヤード  パー5                     111116_104255        ドライバーショットはそこそこ、セカンドは右グリーンだからキャディさんが 「左から攻めてください。 サードショットは左からでグリーンはオーバーするとグリーンが速いですから奥にこぼれると返しのアプローチが難しくなりますから手前から手前から攻めて下い」 というから左のフェアウエイを狙ったのですが引っかかりラフに、ここから120ヤードアゲンストの風に9番アイアンでで140ヤード打つつもりで打ったのですがグリーンに届かず、15ヤードほどのアプローチ寄せて何とかパー。              食事が済んでOUT1番ホールから後半のスタート。       111116_114421        399ヤードでしたが、結構強いアゲンストの風が吹いていて430~440ヤードもあるパー4に感じました。        ドライバーショットはそこそこでセカンドの風のジャッジが失敗でしたね!  2番手アイアンを上げれば良かったのですが1番手上げて打ったのですがグリーン手前の花道に、ここは寄せてパーを取るとぞ!と心に言い聞かせてアプローチしたのですがカップに2メートルもショートしてパーパット入れに行ったら1.5メートルもオーバー。  ふと・・ 前半ダブルボギースタートだったからここはボギーで収めたいとも思いと裏腹にボギーパットはカップをなめて入らずのダブルボギースタート。         この後の2番ホールの513ヤード パー5も良くなかった!!  ここもパーオン出来ずしかも最悪の3パットのダブルボギー ><          この後は、パー、ボギー、ダボで6番ホール  167ヤード パー3        111116_130751          ここはアイアンちょっと噛んでショートしてアプローチをピンに1.5メートルに付けたけど松の木の影がグリーンの覆いかぶさりグリーンの読みが分からなかった ><         陰のあるグリーンってラインが━─━─【わかりま線】─━─━        キャディさんが 「カップ1個半切れるから狙って打って」 入ったと思ったらクルリとカップをなめてボギー ><        酷いゴルフしてしまいました ・(ノД`)・          飯能グルフクラブのグリーンにやられましたがホントに素晴らしいグリーンです。 次回行くことがあればリベンジしますよ!!         ツイートこの記事をつぶやく