TOYOTA/        政府は10日未明に開いた臨時閣議で、2012年度税制改正大綱を決定した。 焦点の車体課税見直しでは、車検の際にかかる 「自動車重量税」 を軽減する。        12年4月末で期限を迎える 「エコカー減税」 も対象車を絞り3年間延長。 11年度第4次補正予算案に、新たに3000億円のエコカー補助金制度の創設を盛り込む。 歴史的な円高で打撃を受ける自動車産業を支援し、すそ野の広い業界の活性化によって、産業空洞化を防止し雇用につなげることを狙う。      難色を示しながらも車体課税の軽減措置に踏み切った理由について、安住淳財務相は大綱決定後の記者会見で 「円高の状況のなかで、日本経済のど真ん中で日本を支えている自動車産業であり、タイの洪水被害も大きいことがわかってきた」 とし、「年明けの不安を解消し、引き続き自動車関連産業には日本経済のけん引役になってもらわなければならないということで決断した」 と説明した。        減税規模は1500億円。 政府は恒久的な減税に対しては見合いの恒久財源を確保する 「ペイ・アズ・ユー・ゴー」 原則を制度見直しの基本としてきたが、エコカー減税の対象基準見直しだけでは減収規模を埋めることができず、完全な 「税収中立」 ではないが、経産省予算の削減分にも切り込むことで財源を確保した。          <車体課税 民主党に譲歩 背景に「消費税議論」けん制の動きにも配慮か>        車体課税の軽減をめぐっては、民主党や経済産業省が、自動車購入時にかかる自動車取得税と消費税、保有段階での自動車重量税と自動車税は 「二重課税にあたる」 として、来年度税制改正で 「廃止、抜本的見直し」 を求めてきた。      しかし、国と地方を合わせて約9000億円の減収となる代替財源のメドが立たず、財務・総務両省は廃止に猛反発。 政府・民主党間で断続的な調整が9日深夜まで続いた。      8日の民主党税調総会では、政府の政治決断を求める声が噴出。消費税との二重課税問題に焦点をあて 「この問題を解決していただかなければ、消費税の議論に参加することも含め承服しかねる」 との声が出るなど、古本伸一郎・民主党税調事務局長によると、総会は 「容易ならざる空気となった」 という。 最終的には、政府の度重なる譲歩案を引き出して決着した。        最終調整の結果、自動車重量税については、当分の間税率を見直し、現在の税収7000億円強に対して1500億円規模の負担軽減を実施する。 また 「廃止、抜本的な見直しを強く求める」 とした与党の重点要望に沿って、自動車取得税および自動車重量税については、「国・地方を通じた関連税制のあり方の見直しを行い、安定的な財源を確保したうえで、地方財政にも配慮しつつ、簡素化、負担の軽減、グリーン化の観点から、見直しを行う」 方向性を明記した。          <エコカー減税延長 エコカー補助金制度を創設>      燃費など環境性能が高い車を対象に自動車取得税と自動車重量税を減免する 「エコカー減税」 は、期限を3年間延長する。 対象車種の燃費性能を現行より厳しくし、環境性能の高い車への買い替えを促す。      新設するエコカー補助金制度は「約1年」とし、乗用車およびトラック・バスなどの重量車について購入補助を実施する。補助単価は登録車で10万円程度が検討されている。          <研究開発減税の2年延長 住宅取得資金の贈与税の非課税措置拡充>        このほか、企業の研究開発費の一部を法人税額から控除する時限措置について、今年度末の期限を2年延長する。 時限措置の延長により、国内での研究開発投資の促進を狙う。 また来春に期限が切れる中小企業の投資促進税制も延長する。      景気刺激効果の高い住宅関連では、住宅取得資金にかかる贈与税の非課税措置を拡充・延長する。 一方で、住宅などにかかる固定資産税の軽減特例の一部を来年度から段階的に縮小し2014年度に全廃する。 地価下落で、地方財政の基幹税である固定資産税収が落ち込んでおり、特例措置を見直して自治体財源を確保する配慮もした。        地球温暖化対策のために石油・石炭に課税する 「環境税」 の導入を再提案した。 施行日は2012年10月1日。 2016年3月31日まで経過措置を講じる。          <損益通算拡大は13年度改正で検討>        金融証券税制関連では、「平成26年(2014年)に上場株式等の配当・譲渡所得等にかかる税率を20%本則税率となることを踏まえ、平成25年度(2013年度)税制改正で、公社債等に対する課税方式の変更および損益通算範囲の拡大を検討する」 とし、個人投資家の市場参加を促す環境整備は13年度改正の検討事項に残した。          <消費税増税議論を加速>      12年度税制改正大綱の決定を受け、政府は来週から消費税を含む抜本税制改革の議論を加速させる。 税制改正をめぐる議論はこれからが主戦場で、野田佳彦首相が年末までにまとめるとした社会保障・税一体改革の 「素案」 で、消費税10%の道筋をどこまで具体的にまとめることができるかが焦点となる。 野田首相は9日夜の記者会見であらためて 「不退転の決意」 で臨むと語った。       ツイートこの記事をつぶやく
         アポロ        アポロ宇宙船が持ち帰った月の石など貴重な地球外物質の試料517点を、米航空宇宙局(NASA)が紛失していたことが9日までに分かった。 研究者に貸し出したまま行方不明になったケースが多く、NASA監察官は 「研究や教育に重要で、将来の世代に受け継がれる貴重な財産」 を軽視するずさんな管理を問題視した。        8日付の監察官の報告書によると、517点は月の石や土壌のほか、隕石や彗星のちりなど。 1970~2010年の間に紛失した。        報告書はNASA側の貸出記録の不備を指摘。 貸出先の情報が誤っていたり、研究者の移転や死亡に合わせて更新されるべき情報がそのままになっていたりしたという。        試料が実際に研究に使われたのかの確認や、返還の督促も不十分で、月で採取された試料を35年間借りながら一度も研究に使わなかった事例もあったと紹介。 貸出記録を改善し、毎年所在を確認するよう勧告した。 (sankei.jp.msn.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       総合スーパー (GMS) からスパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター、ドラッグストア、百貨店など小売店の様々な業界を網羅し、その業界構造から最新動向を解説した1冊。        就職活動中の学生や若手社員にとって小売業界を勉強するには好適な内容となっている。      「1秒でわかる!」 というタイトルがユニーク。 そこまでいかないものの、同書は小売業の仕事の特徴は 「結果が、すぐにわかるという点である」 と指摘する。 目の前の顧客に商品を買ってのらい、売れたら結果がすぐわかるし、その顧客の満足を、その場で感じることが出来るからだという。 そのうえ、顧客から 「ありがとう」 と言ってもらえる仕事が小売業の醍醐味であるとも説く。        そして小売業は店 (業態) や商品 (プライベートブランド) などを作り出す創造性の高い仕事だと強調。 小売業の面白さと意義は、消費と直結したリアリティーに存在するのだと指摘する。        こうした小売業の基本的な認識とともに、5兆円企業のセブン&アイ・ホールディングスとイオンを筆頭に、ヤマダ電機、ファーストリテイリング、ニトリホールディングス、楽天など主要企業のデータを掲載。 資料的価値もあるよう編集に工夫を施している。 と、日経MJ 「身につく読書」 のコーナーに紹介されています。               ツイートこの記事をつぶやく
      ガヤルドスパイダー        ランボルギーニ ジャパンは、最高のオープンエア・ドライビングを実現する 「ガヤルドLP 550-2スパイダー」 の価格を本日発表し、全国のランボルギーニ正規ディーラーを通じて販売を開始した。 日本国内のデリバリー開始は2012年春を予定している。        今回新登場となった 「ガヤルドLP 550-2スパイダー」 は、オープンボディに後輪駆動を組み合わせ、純粋な走る悦びを実現したモデルで、スーパースポーツカーならではの驚異的な走りとオープンエア・ドライビングの爽快感、そして信じられないほどの俊敏かつ自然なハンドリングを兼ね備えたクルマである。        パワートレインには5204ccのV10エンジンを搭載し、6速eギアシステムとの組み合わせで、550ps/8000rpm、55.1kgm/6500rpmのハイパワーを生み出す。 最高速度は319km/h、0-100km/h加速は4.2秒をマーク。 0-200km/hにおいても、13.4秒と驚異の加速力を持つモデルである。        アウトモビリ・ランボルギーニ社長兼CEOのステファン・ヴィンケルマンは次のように述べている。      「過去最高の成功を収めるモデルであるガヤルドに、スペシャルなバリエーションを追加してそのラインナップを強化しました。 俊敏なドライビング・スタイルを好み、かつオープンエア・ドライビングの爽快感を体験したいお客様にはとても魅力的なモデルでしょう。」 ガヤルドは現在までに約11800台が生産されているという。 (asahi.com)        【ガヤルドLP 550-2 スパイダー 希望小売車両本体価格】    24,435,600円(税抜き車両本体価格23,272,000円)    6速e-gear、リフティングシステム、ナビゲーション、ETC標準装備。       ツイートこの記事をつぶやく
      ドコモアイフォーン      rocketnews24.comにナンバーポータビリティーを使ってiphone4Sをソフトバンクからドコモで使えるようにしたら快適だ! という記事を見つけました。        今回、記者がiPhone4Sを購入し、ソフトバンクからドコモにナンバーポータビリティ制度(NMP)を使って乗り換えをしたので、そのときのようすをお伝えしたい。        皆さんがNMPで他のケータイ会社(キャリア)に乗り換える際の参考にしたり、iPhone4Sをドコモで使用する際の参考にしてもらえればと思う。 正直、ソフトバンクでiPhone4Sを使っている自分が馬鹿に思えてくるほど、ドコモの素晴らしさを実感した。 詳細は以下のとおりである。          ・ソフトバンクから抜ける手続き(NMP)    ナンバーポータビリティ制度(NMP)を利用して、今までソフトバンクで使用していた電話番号をドコモでも使う手続きをする。 ソフトバンクの窓口でドコモへのNMPを伝えると、10分程度で手続き完了。 NMP予約番号が印刷された紙を渡されるので、それをドコモに持っていく。          ・ドコモに入る手続き(NMP)    ソフトバンクで受け取ったNMP予約番号が書かれた紙をドコモで渡し、「NMP制度を利用してドコモに乗り換えつつ、自分が持ち込んだiPhone4sをドコモで使いたい」と告げる。 ちなみにNMP予約番号の有効期間は15日間なので、それまでに移行手続きをしないと無効となる。          ・契約プランは『Xi』(クロッシィ)プラン    ドコモにiPhone4Sを持ち込んでくる人が多くいるらしく、ドコモスタッフはiPhone4Sで契約する場合の最適なプランを詳しく知っていた。iPhone4Sをドコモで使用する際の最適プランは以下のとおり。          ・iPhone4Sをドコモで使用する際の最適プラン      料金プラン: タイプXi にねん(基本料金780円 / 通話30秒21円)      割引プラン: Xiパケホーダイ フラット(基本料金5985円)      オプション1: moperaUスタンダードプラン(基本料金525円)      オプション2: iモード(基本料金315円)、iモード.net(基本料金210円)          ・ドコモiPhone4S契約プランの詳細    『タイプXi にねん』 は通話もできるしXiの高速インターネットも利用できるプランで、契約の土台となるもの。 そこにインターネット利用の無制限プランとして 『Xiパケホーダイ フラット』 をつける。 iPhone4Sでインターネットに接続するにはプロバイダーとしての役割をしている 『moperaUスタンダードプラン』 に入る必要がある。        また、ドコモのケータイメールアドレスを使いたい人はiモードを契約しなくてはならない。 しかしそのままではiPhone4Sでケータイメールが使用できないので、iPhone4Sでもケータイメールをチェックできるように 『iモード.net』 を契約する必要がある。 『iモード.net』 は、iPhone4SのブラウザやiPhoneアプリでドコモのケータイメールを送受信することができるオプションプランである。          ・iPhone4SはXiに対応していない    Xiとは、ドコモの高速通信システムで、最近のドコモのスマートフォンに導入されている電波方式のひとつ。 しかしiPhone4SはXiを使用することができない。ではどうして 『タイプXi にねん』 や 『Xiパケホーダイ フラット』 を契約したのか?        iPhone4Sで使用できるフォーマ向けの通常プランもあるのだが、そのプランでインターネットやテザリングをすると使い放題プランだとしても1万円前後かかるのである。 なのでiPhone4Sに詳しいドコモスタッフは、より安い 『タイプXi にねん』 をオススメしてきた。 それならば、フォーマプランよりも月額料金が半額になるからだ。        ちなみに、iPhone4SはXiの通信システムを利用できないが、そういうときはフォーマ回線につながる仕組みになっているので、結局のところフォーマプランと内容に大きな違いがない。 あるのは、月額料金が半額になるという部分だけと思っていいだろう(細かい違いは店頭で聞いてほしい)。            ・iモード設定がいちばん面倒くさい    ドコモでiPhone4Sを使用する際のいちばんの問題点(面倒くさい点)が、iモード設定だ。 iモードの初期設定をするには、iモード対応ケータイ(つまりガラケー)が必要なのである。 しかも、マイクロSIMカードに対応したiモードケータイが必要なのだ。        iPhone4Sでケータイメールをチェックするためには、ブラウザで 『iモード.net』 にアクセスする必要がある。 最初のアクセスで、登録のためのセキュリティーキーが発行されてケータイメールに送信されるのだが、最初の状態ではiPhone4Sでケータイメールをチェックすることができないのである!          ・iモード.netのセキュリティーキーがネック    iPhone4Sでケータイメールをチェックするには 『iモード.net』 へのアクセスが必要なのだが、『iモード.net』 への最初のアクセスにはセキュリティーキーが必要で、そのセキュリティーキーを知るためには 『iモード.net』 へアクセスせねばならず、何がなんだかわからない永久ループ状態に!        iPhone4Sではドコモメールが使えない  ↓  ドコモメールが使えるように『iモード.net』に登録する  ↓  利用登録にはドコモメールに届くセキュリティーキーが必要  ↓  ドコモメールが使えないからセキュリティーキーがわからない  ↓  永久ループ      しかし解決方法がひとつだけある。 ドコモスタッフによると 「申し訳ないのですがiモードが使用できるご友人や同僚のケータイをお借りして、そこにご自分のマイクロSIMカード(小さいSIMカード)を入れて一時的にセキュリティーキーを受信して 『iモード.net』 の登録をお済ませください」 とのこと。 め、め、め、メンドクサー!        記者の周囲には、マイクロSIMカードのiモードケータイを持っている人がいなかった。 仕方ないので、ドコモのマイクロSIMカードを、カッターで削ったソフトバンクケータイの通常サイズSIMカードにむりやりテープで張り付けて、同僚のiモードケータイに挿入。 セキュリティーキーが書かれたケータイメールを受信して、無事に 『iモード.net』 に登録する事ができた。          ・iモードのメールアドレス変更も面倒くさい    また、ケータイメールアドレスを違うものに変更するときは、パソコンやiPhone4Sからではできない。 よって、マイクロSIMカードに対応したiモードケータイで変更する必要があり、非常に面倒くさい。 しかし面倒くさいのはここまで。 これから先は天国状態となる。          ・電波切れない! どこでも届く!    ソフトバンクでiPhone4Sやスマートフォンを使用していると 「電波が届かない」 や 「電波が切れる」 という現象が発生する。 特に記者の住む新宿区では、都会のど真ん中であるにもかかわらず、新宿駅ホームでは絶望的なほど電波状況が悪い。        そこでドコモのiPhone4Sを持って新宿駅ホームに行って電波状況を確かめてみたところ、ビックリするほど電波状況が良く、インターネットアクセスが非常に快適だった。 この感動、どう伝えればいいのか? とにかくドコモの素晴らしさに感動しすぎて、ソフトバンクでiPhoneを使っていた自分が馬鹿に思えてきた。          ・テザリングがハンパねぇ! ドコモ最強と断言できる    ドコモでiPhone4Sを使うメリットがもうひとつある。 それがテザリングだ。 テザリングとは、iPhone4Sをインターネットのアクセスポイントにして、パソコンやiPad、携帯型ゲーム機をインターネットに接続するシステムのこと。      iPhone4Sから3G回線を通じてインターネットにアクセスするのだが、3G回線を使用しているとは思えないほどの高速インターネット通信! しかも途切れにくいので快適なインターネットライフ! どうして私は今までソフトバンクを使ってたんだ……。        パソコンとiPadを同時にテザリングでiPhone4Sに接続してインターネットをしてみたが、ブロードバンドでインターネットをしているかのように快適だった。          ・iPhone4Sを輸入してでもドコモで使うべき    皆さんご存じの通り、日本のiPhone4Sはソフトバンクでしか使用できない。 しかし北米やカナダ、香港などのiPhone4Sはどこのキャリアでも使用でき、ドコモでも使う事ができる。そのようなiPhone4Sは、SIMフリー(SIMアンロック)といわれている。        SIMフリーiPhone4Sは16GBバージョンで、海外のオークションで購入すると7万円前後、 日本の秋葉原などで購入すると8万円前後で手に入る。 最近はどんどん値が下がってきているので、安いものは6万円前後で手に入るケースもあるようだ。        とにかくiモードの設定は面倒くさいが、それでもドコモでiPhone4Sをやるべき価値がある。 データ通信の快適さと電波状況の良さ、そしてテザリングの魅力を体験してほしいものである。 (rocketnews24.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       福島第1原発事故後も周辺農家で稲作が行われていることについて 「サリンをつくったオウム信者がしたことと同じだ」 などと不適切なツイートしたとして、群馬大学教育学部の早川由起夫教授(火山学)が訓告処分を受けた。          早川氏は、原発事故後にいち早く放射性物質の拡散状況を地図にまとめた 「放射能汚染地図」 を作成・公開していることでも知られている。 処分に対し、「こういう暴言を吐いて強制的に伝えないとならないくらい事態は深刻」 とも主張。 ネットでは訓告に賛否両論があるようだ。        早川氏は放射性物質に汚染された土壌の危険性を訴える中で、原発周辺の農家が稲作を続けていることについて、ツイッター上で      
「セシウムまみれの干し草を牛に与えて毒牛をつくる行為も、セシウムまみれの水田で稲を育てて毒米をつくる行為も、サリンをつくったオウム信者がしたことと同じだ」
      などと批判。 この発言に対する苦情が大学や文科省などに寄せられたという。          大学側は書き込みをやめるよう求めたが早川氏がこれに応じなかったため、2011年12月7日付けで訓告処分が下された。早川氏がツイッターで公開した文書によると、処分の理由は      
「福島県の被災者や農家の人々に対する配慮を著しく欠く発言は、運営に要する経費の大部分を国費によって賄われている国立大学の教員として不適切な発言と言わざるを得ず、『本学の名誉も若くは信用を失墜する行為』 を禁止する就業規則の規定に抵触している」
      というもの。 なお、今回の訓告は懲戒処分にはあたらないが、      
「今後、不適切な発言が繰り返される場合は、懲戒処分を含む厳正な対応をとらざるを得ない」      
と、くぎをさしてもいる。普賢岳の火砕流被害で苦い思い            早川氏のツイッターやブログの書き込みによると、早川氏の問題意識は1991年の雲仙普賢岳大火砕流にあるようだ。 具体的には、専門家の間では事前に火砕流の危険性が認識されていたにも関わらず、それを報道陣に理解させられなかった結果、消防団員らと合わせて計43人という多くの犠牲者を出してしまったことを受け、同様の事態を繰り返したくないという思いがあるようだ。          早川氏は山間部の放射線量を独自に測定し、それを地図にまとめて公開している。 ブログのコメント欄には、      
「たくさんの箇所を細かく測定し、もっと広域で詳しい汚染地図があると嬉しいです」
      と、さらに充実を求める声が書き込まれている。 また、自分で測定した放射線量を書き込む利用者も多い。          実際、早川氏は訓告を受けてからも、ツイッターに
      「こういう暴言を吐いて強制的に伝えないとならないくらい事態は深刻なのだ」     「私がみつけた事実と私の考えを世に広める絶好のきっかけをもらった。これを逃してはならない」
      などと書き込んでいる。          群馬大教育学部によると、件数は明らかにしていないが、賛否両論の意見がメールや電話で寄せられているという。          ネット上では、早川氏の発言について、「福島の人への思いやりが欠けている」 「共感できない」 という声もあるが、「言論統制」 「他の大学の教官などへの見せしめ」 などという反発もある。 (j-cast.com)        ツイートこの記事をつぶやく
w                    人生で一番大切なこと        昨年(2010年)10月1日に発売された和田裕美さん著 『神社が教えてくれた人生の1番大切なこと』。      和田さんといえば 「世界No.2営業ウーマン」 として有名で、営業に関する本をたくさん出されています。    その和田さんの初めての神社本。 和田さんの内面が伝わってくる1冊です。        和田さんにとって神社という場所は、    
「いわゆるパワースポット的なものではなく、そこは私にとって充電する場所だったり、原点に戻る場所だったり、気づきと反省の場所だったり、決意を固める場所だったりするのですが、とにかく、私の人生においては、もう、なくてなならない存在なのです」
       と書かれていらっしゃいます。      そして、神社を好きなことについては、
    「人を好きになるときだって理由なんてないでしょ? それと同じ」
    とも。      パワースポットがブームになってから 「神社に行く」 ということは、以前より自然なことになったと思います。 宗教的な意味ではなく、御利益を得るために神社に行かれる方も多いですね。 もちろん、それは神社に行く目的のひとつですが、この神社に行ったから、必ずこうなるという図式はないのではないかとも思っています。 それは、その方の心の持ち方次第ですし、何をもって叶ったと思うかどうかは、人それぞれだと思うからです。      和田さんは、神社では 「ありがとうございます」 と手を合わせるそうです。 神社は、いつでも行きたいときに行ける場所ではなく、行くべきタイミングでないと行けない場所ともいわれているからです。    また、この本のなかで、和田さんはお母様が亡くなられたときのことについても書かれています。 そのとき、お母様の死が自分のせいだと強くご自身を責められたということも。  その後、幼い頃におじいさまと通った吉田神社に行き、そこで、おじいさまに子供の頃教えていただいたように手を合わせて「ありがとうございます」と言ったということ。その時に感じた感覚が、「何かを乗り越えたときにわかる」というおじいさまがおっしゃった言葉に繋がったそうです。 その3ヶ月後におじいさまがお亡くなりになり、それをきっかけに、和田さんは神社に頻繁に行かれるようになったそうです。    和田さんは、夢(願望)を叶えるために必要なことを以下のように書かれています。
    私は夢を叶えるためには、アクティブ(能動的)な要素とパッシブ(受動的)な要素が必要なんじゃないかと思っているのです。       アクティブな要素は   (1)目の前のことに必死で取り組むこと (2)未来に向かって努力すること (3)誰かのためにがんばること       パッシブな要素は   (1)起こったことを受け入れて乗り越えること (2)感謝の心を忘れない      
     確かに~、と思うことです。 ものごとをプラスの側面から見られる人はきっと幸せへの感度が高いのではないかと思います。 そして、いつも笑顔で前を向いている。そして無駄に頑張っていないナチュラルな人。      1年経って再び読み感じたことは、最初に読んだときと同じ部分もあり、違う部分もありました。それは、日々人は変わっていくからだと思います。      パワースポットだから、ただ御利益を求めて神社さんに行く方が多いいま、それだけではない神社の楽しみ方が分かる1冊、手にしてみてはいかがでしょう。 (getnews.jp)               ツイートこの記事をつぶやく
      ロータス        エルシーアイは8日、ロータス エリーゼ クラブレーサーを全国の正規販売代理店を通じて発売した。        エリーゼ クラブレーサーは、エリーゼ(1.6リッターエンジン搭載)をベースに、特別色を含む5色のエクステリアカラーが設定されるほか、ブラックの5スポーク軽量鍛造アルミホイールが装着され、スポーティな雰囲気が高められている。        また走行性能面では、エリーゼシリーズで初めてDPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)にスポーツモードが追加されたのがポイント。 これによりスポーツドライビングの経験の少ないドライバーでも、よりスポーティな走りが楽しめるという。スポーツモードを完全にオフにすれば、レース指向のドライブも可能だ。        ロータス エリーゼ クラブレーサーの日本でのデリバリー開始は、2012年1月が予定されている。 (asahi.com)      エリーゼシリーズ(2012年モデル)のラインアップと価格は以下のとおり。      ・エリーゼ:510万円    ・エリーゼ クラブレーサー:560万円 です。                   ツイートこの記事をつぶやく