沖縄県では高校生同士で性行為をすると退学になるらしい、などとネットで騒ぎになっている。 きっかけは、県立高校の生徒が性行為をしたとして退学処分になり、訴訟になっているという新聞記事だ。 事実関係は今一つはっきりしないが、「何で退学になるんだ?」 「沖縄の校則は特別なのだろう」 といった高校に対する批判が出ている。          沖縄タイムスなどによれば、性行為をしたとして今年退学になった生徒が、退学処分は校長の裁量権の乱用であり違法だとし、2011年12月5日までに那覇地裁に県を相手に訴訟を起こした。          性行為を複数回していることを疑った生徒指導教諭らが、高校生を何度も呼び出して行為の有無を尋ねた。 教諭の追及を早く終わらせたい生徒は認めたため、高校はこの生徒を退学処分にした。 しかし、性行為は実際には行われておらず、相手とされる生徒も行為自体を否定しているという。          原告側は虚偽の供述をさせないような教育的配慮に欠け、結局事実誤認につながったとしている。 仮に、性行為があったとしても退学処分は重すぎ、元生徒の精神的損害は甚大だ、などと訴状には書かれているという。          この記事を受けて、ネットでは、    
「沖縄の校則には特別なものがあるようだ」    
などと騒然となった。          また、    
「証言だけで追い詰めて追い出したとすれば酷い話しだ」     「教師には取り調べをする権限はそもそも無い」    
などといった高校批判も多く出ている。            訴えられた沖縄県の教育委員会はJ-CASTニュースに対し、裁判を控えているため詳しい話はできないとした上で、新聞記事については、沖縄県の高校生が性行為をすれば退学処分になるなどと誤解されてもしかたのない内容だ、と説明した。 ただし、男女交際だけで退学になることはないという。          沖縄県の高校では一般的に、生徒同士が恋愛して性的関係にあることが分かっても、処罰の対象にならず、教育的配慮からアドバイスや、人生設計などの相談にも乗っているという。 今回訴訟を起こした元生徒と学校の関係については      
「裁判の中で明らかになると思います」      
とだけ話している。  (j-cast.com)            ツイートこの記事をつぶやく
                TK0679268-WORK-MOBILE-ETIQUETTE        調査会社イプソスが職場でのモバイル端末使用について米企業の人事責任者224人を対象に行った調査で、勤務中の社員のモバイル端末使用をめぐり42%が苦情を受けたことがあることが分かった。        米半導体大手インテルの依頼で行われたこの調査では、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末が仕事の妨げになり得ると考える人事担当者が80%近くに上り、85%が職場での端末使用に関するガイドラインを作るべきだと回答した。        回答の中で最も大きなエチケット違反とされたのは、会議やプレゼン中に携帯電話が鳴り出すことや、社員が電子メールをチェックしたり、インターネットを見たりすること。        これについて、エチケット専門家のアンナ・ポスト氏は 「話題から外れてメールチェックすることだけでも、他人にとっては不愉快なもの」 と指摘。 同氏もガイドラインが有用だとし、会議が1時間続けば10分はメールチェックや電話のための休憩に当てるべきだと提案する。        またポスト氏は、会議中は端末の電源を切ったり、ノートパソコン上で関連のないコンテンツを表示しないようにすべきとも話している。  (reuters.com)          確かにモバイルに振り回されてる感があるのは否めないな!!       ツイートこの記事をつぶやく
      エコロジカル        皆さんは、「エコロジカル・フットプリント」 というものをご存知でしょうか!? これは1990年代初頭から、「どれほど人間が自然環境に依存しているか」 をわかりやすく伝える指標として世界中で使用されているもので、あるエリアの経済活動の規模を、土地や海洋の 「表面積(ヘクタール)」 に換算したものです。        つまり、その数値が高ければ高い程、自然環境を踏みつけにして暮らしているという事になります。 海外サイト 『happyplanetindex』 では世界中のエコロジカル・フットプリントが一目でわかる地図を掲載していますが、私たちの住む日本の数値はどれほどなのでしょうか?        「(不)幸せな地球インデックス2.0」 と題されたこの地図は、2005年のグローバルフットプリントネットワークのエコロジカル・フットプリント地図帳をもとに作られたもので、「良い」 が緑色、「ふつう」 が黄色、 「悪い」 が赤色、そしてフットプリントが非常に高い 「最悪」 な場所は、血をイメージさせる赤色で示されています。        また、マウスのポインタを地図上に置くと、フットプリントをその国の人口で割った一人当たりの数値が表示されます。        さて、地図上で真っ赤に塗られた日本の数値は、4.9GHA(グローバルヘクタール)と世界平均1.8GHAの2.7倍、つまり、 世界中の人が日本人と同じ暮らし方をしたら、地球が2.7個必要という事になります。          また、日本よりさらにどす赤く 「最悪」 を示す血の色のアラブ首長国連邦の数値は9.5GHAと、なんと地球が5.2個も必要になります。         これに対し、アフリカや東南アジアは全体的に 「良い」 と 「ふつう」 の緑色~黄色。 経済先進国が地図上で赤くなってしまうのは仕方のないことなのかもしれませんが、なるべく地球を踏みつけないように、近い将来、地図の黄色の部分が増えるように生活していきたいですね。  (youpouch.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       1971年のマクドナルド創業以来、人気のサイドメニューとして提供されている 「マックフライポテト」。 そんな 「マックフライポテト」 のS、M、Lの各サイズを、特別価格の150円(税込み)で販売するキャンペーンが、11月に続いて12月も実施される。       期間は12月12日から22日まで。              マックフライポテト        11日に最終日を迎える 「ビッグマック」 200円キャンペーンと入れ替わるように始まる、12月の 「マックフライポテト」 全サイズ150円キャンペーン。 これまでと同様、「『マックフライポテト』単品購入時に限る」 との条件付きだが、通常価格よりも数十円~百数十円(サイズ・販売地域によって異なる)程度の値引きとなる。      「マックフライポテト」 を割引価格で販売するキャンペーンは、今年は4月(4月4日~14日の平日限定)と9月(9月5日~15日)、11月(11月3日~18日)にそれぞれ実施した。      販売時間は朝マック販売店舗では午前10時30分から閉店まで、24時間営業店舗では午前5時00分からの朝マック時間帯以外。       ツイートこの記事をつぶやく
         明治ステップ        明治は12月6日、粉ミルク 「明治ステップ」 から、1キロ当たり22~31ベクレルの放射性セシウム134・137が検出されたと発表しました。 東京電力福島第一原発の事故後に粉ミルクからセシウムが検出されたのは、今回が初めてです。      最大31ベクレルということですから食品衛生法の暫定規制値200ベクレルは下回っていますが、子ども達の給食でめどにされそうな40ベクレルと余り変わりません。 WHOの飲み物基準は10ベクレル。        いくら粉ミルクは薄めて使う物といっても、なにしろ赤ちゃん用ですから、問題は深刻です。        子どもたちが給食を食べて内部被曝することを容認する文科省は存在価値がない。        なお、乳児用調整粉乳 「明治ほほえみ」 からは、同物質は検出されなかったそうです。 同社は今後、「明治ほほえみ」 と 「明治ステップ」 についてすべてのロットで放射性物質の検査を行うとしています。      無償交換の対象は、製品名 「明治ステップ(850グラム缶)」 (賞味期限が2012年10月の製品)で、明治は約40万缶が対象になるとしており、無償で交換に応じるということです。      セシウムが検出されたのは賞味期限が2012年10月4日、21日、22日、24日のもの。      お問い合わせ先は以下の通りです。      明治 お客様相談センター  フリーダイヤル0120-077-369  受付時間:平日午前9時~午後5時まで(18日までは土日含め受付)               ステップ        このニュースで、私が1番ショックだったのは、このセシウムがどうも原材料の牛乳由来ではなさそうだと言うことです。      明治の説明によると、検出された 「明治ステップ」 は2011年3月14日~20日に埼玉工場で製造されたもの。 原材料は一部北海道産の牛乳ですが、ほとんどは原発事故以前にオーストラリアなどオセアニアから輸入されたそうです。      そして、すべて福島原発事故前に採乳されたものでした。      では、いつセシウムが入ってしまったかというと、福島第1原発事故後の3月14日から20日に、外部の空気を使って熱風を当て、原料を乾燥させる作業を行った際、大気中に含まれていたセシウムが混入した可能性が高いということです。      埼玉県で、しかも外部の空気に当てただけで、セシウムが検出されるとは。           充足率        明治ステップ らくらくキューブより。 まさかこれらの良い成分にセシウムが入ってしまうとは)        もっとショックだったのは、今回、セシウムが検出されたきっかけが自主的検査によるものではないと言うことです。 福島県二本松市の市民団体が11月下旬、明治の粉ミルクを測定し、セシウムを検出したため、詳しい検査を同社に求め、同社が再検査したら検出されたというのです。        やはり、メーカーはたとえ乳幼児用の食品でも自主的には検査していないのですね。 国内粉ミルクで4割のシェアを占める最大手の明治の株式を保有する明治ホールディングスだけでなく、雪印メグミルクなどの株価が下がったのも風評被害とは言えません。        今回問題になっている明治の粉ミルクは4月以降ドラッグストアなどで売り出していると言うことで、いったい40万缶のうち、すでに消費された粉ミルクがどれだけあるのか。 使ってしまったおかあさんおとうさんたちの悲しみはいかばかりか。        そして、同じこの明治ステップは別の名前でベトナムなどにも輸出されています。        いつまでこんな事が続くのか、やりきれない思いで、胸が一杯になります。 (blog.goo.ne.jp)          これは、唯識問題だよ!!   大企業っていったいなんなんだろう!!          ツイートこの記事をつぶやく
       
 ジャパンウェーブ・インターナショナル株式会社(本社所在地:渋谷区、代表取締役:菊池紳)は、2012年1月より 『積立型経営コンサルティングサービス』 の一般提供を開始致します。
 
 
 
 本サービスは、クライアント企業の皆様に毎月一定額を積み立てて頂き、日々のご相談はもちろんのこと、いざ重要なご相談・実務支援が必要となった際には、積立金額をその費用に充当できる、「ムダ払いのない」画期的な経営支援サービスとなります。
 
 
 
 
 巷にあふれる従来の「(いわゆる)経営顧問業」や「コンサルティング業(コンサルタント)」は、
 
 
 
 
 1.顧問(先生)を雇ってはいるものの、特に何もしてくれない。  
 
 
 2.毎月顧問料を払っているのに、いざ何かを頼むと、追加で多額の費用が請求される。  
 
 
 3.コンサル会社は金額が高過ぎるし、提案だけで、実務支援まではしてくれない。
 
 
 
 などの問題があり、多くの企業・経営陣が不信感を募らせています。 また、名の知れたコンサルティング会社についても、「短期間の提案サービスに比してアドバイザー料が高額過ぎる」、「もっと継続的に会社の中に入り、提案・改善実務までを手掛けてほしい」 などの声が強く、「長期・密接・リーズナブル」 なサービスへの進化が求められている現状があります。こうした背景を受け、弊社では、クライアント企業の皆様にとって「身近で、長くお付き合いできる経営支援サービス」の姿を追求してまいりました。
 
 
 
 
 
 弊社がご用意する 『積立型経営コンサルティングサービス』 は、プロフェッショナル・スタッフによる継続的な経営支援サービスです。 クライアント企業の皆様に 「毎月一定額を積み立て」 頂くことで、日々のご相談はもちろんのこと、急な経営環境の変化等、本格的な経営支援が必要となる 「いざという時の費用に充当」 頂くことができる、「ムダ払いのない仕組み」 が特徴です。
 
 
 
 また本サービスでは、外資金融機関や大手戦略コンサルティングファームで経験を積んだ弊社プロフェッショナル・アドバイザーが、「貴社の専属チーム」 として実務面までサポートいたします。 特に、海外進出を含む新事業創出、業務改善、財務・資金調達面の支援、事業承継等をお考えの経営陣の皆様はぜひご相談頂ければ幸いです。
 
 
 
 なお、本サービスのご契約企業には、人材教育サービス等を含む弊社全サービスを割引でご提供するほか、契約(積立)期間中の簡易な相談・調査は無料でご提供いたします。
 
 
 
本サービスにご関心の皆様、ならびにお見積りを希望の皆様におかれましては、下記までお気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。 (prw.kyodonews.jp)
 
 
 
 
 
【会社概要】
 
 商号     : ジャパンウェーブ・インターナショナル株式会社
 
 設立     : 2009年7月
 
 所在地    : 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル2F
 
 TEL/FAX : 03-6427-4760 / 050-3488-5726
 
 事業内容   : 経営コンサルティング、法人向けサービス開発、人材育成等
 
 サービス名  : 「積立型 経営コンサルティング」サービス
 
 サービス開始日: 2012年1月1日
 
 リリース   : http://www.jwi.jp/2011/12/business-advisor/
       ツイートこの記事をつぶやく
                  ななお        歌手の 「T.M.Revolution」 こと西川貴教と交際中で結婚秒読みと言われているモデルの菜々緒だが、5日に放送された 「しゃべくり007 2時間ちょっとSP」 (日本テレビ系)に出演し元彼などを暴露。 しかし、それが妻でタレントの紗栄子との離婚騒動で渦中の球界のエース・北海道ハムのダルビッシュ有投手まで巻き込む騒動に発展してしまった。      同番組には、ゲストが際どい質問に対して 「ピー音」 を交えて回答する人気コーナーが用意されており、ゲストが答えたくない項目は回答しなくてもいいが、菜々緒はまったく躊躇せず 「元彼」、「口説かれた芸能人」、「この人はテレビとは違うっていう人」、「ちょっとダサいと思う女は」 などを次々と暴露した。      ところが、そのうち 「元彼」 については、ネット上に 「友人が観覧していた」 としてダルビッシュの名前が書き込まれてしまったのだ。        ダルビッシュといえば、今オフのポスティングでのメジャー移籍とともに、昨年オフからこじれている紗栄子との離婚騒動で渦中。 それだけに、見過ごせなかったのか、6日夜に自身のツイッターで 「何件か質問あったんですけど、自分は奈々緒さんて方とは付き合った事ないですよ。 テレビで数度見かけた程度で、もちろんお会いしたこともありません」 ときっぱり否定し、続けて 「菜々緒さんの間違いでした!」 と名前の間違えを訂正。 さらに 「デマ流しても菜々緒さんはじめ色んな人が傷つくだけやのになんなんやろか~」 と菜々緒を気づかった。        「元彼については、女好きで知られる、現在モデルと交際中の長身のイケメン俳優の名前も書き込まれているが、たしかに、そっちの方がさもありなん、という感じ。 ダルとは接点がないような気が」 (週刊誌記者)      事実でないなら、ダルビッシュにとってはとんだとばっちりだったようだ。 (npn.co.jp)          この 『しゃべくり007 2時間ちょっとSP』 をたまたま観ていましたが、はっきりモノを言う子だなという印象をもったね!  MCの連中が(´゚Д゚`)ンマッ!!って驚いていたもの。  しゃべったあとは、観客に 「ここだけよ」 だったけ? (いっちゃだめ) って制止してたな!      でも、観客を制止したって誰かに話すからね~ 話しを聞いた友人・知人は書き込みよな!  それを計算して話題作りをしたとしたらこの菜々緒ってしたたかだゼッ!!         ツイートこの記事をつぶやく
       株式会社株式会社ユーザーローカルが12月5日に 「ソーシャル就職人気企業ランキング」 を発表しました。 これはFacebook上で就活生からの人気が高い企業を集計したもので、ランキング以下の通りだ。    1位  日本生命保険    2位  リクルート    3位  大和証券グループ    4位  ニトリ    5位  ポケモン    6位  東京海上日動火災保険    7位  第一生命保険    8位  電通    9位  日本テレビ    10位  日本IBM      就職氷河期が続く昨今、このランキングは話題を呼んでいるが、中でも特に注目を集めているのは5位にランクインした 「ポケモン」 である。        「ポケモン」 という単語は(発売当初)任天堂株式会社が発売したゲームソフトポケットモンスターの略語として有名だが、今回ランクインした 「株式会社ポケモン」 とはどんな企業なのだろうか。      事業内容は、ポケモンの権利などを管理し、ポケットモンスターおよび関連キャラクターグッズの販売をする会社である。 株式会社ポケモン代表取締役社長の石原恒和氏は企業サイト内で自社をこう表現している。    
よく、取材等で 「株式会社ポケモンは、ポケモンの何をする会社なのですか?」 と聞かれるのですが、私は 「株式会社ポケモンは、ポケモンのプロデュースをする会社です」 と答えています。 (中略) タレント事務所みたいなものを想像してみてください。 所属しているタレントたちに、どんな仕事を与えて、どんな才能を伸ばし、どんな風に育てていくか、がタレント事務所のプロデュースですよね。 同じように、株式会社ポケモンには、ピカチュウやツタージャといったタレントがいて、彼らをどんなメディア に登場させ、どんな商品にし、どう育てていくかを考え、プロデュースするのが我々の仕事なのです
   「ポケモン」 関連ソフトの総売上本数は、全世界で2億3000万本以上、その累計市場は全世界で3.5兆円以上と言われる。 やりがいは十二分にある仕事だけに、就活生からの人気が高いのもうなずける。  (livedoor.com)         ツイートこの記事をつぶやく
    ベネトン        アメリカのオバマ大統領と中国の胡錦濤国家主席や北朝鮮の金正日総書記と韓国の李明博大統領など、世界各国の要人同士がキスをするという衝撃の広告キャンペーン「UNHATE」を展開し、話題を集めた〈ベネトン(BENETTON)〉。        そんな〈ベネトン〉がホリデーシーズンのスペシャルキャンペーンとして、あなたの 「願い」 を大募集しています!          「What’s Your wish?」 と題されたコチラのキャンペーン。 店頭またはスペシャルサイトにて願いを受付け、その後事務局による選考を経て、願いを実現してくれるとのこと。しかも、実現の模様はサイト上でも公開されるようです。        夢や願いを抱きながら、その一歩を踏み出せない、なんてことはよくあること。 最初の一歩のキッカケとして、まずは応募してみてはいかがでしょう!? (houyhnhnm.jp)            What’s Your wish?   www.benetton-holiday.jp    ベネトン ジャパン/カスタマーサービス  電話:03-5474-7047                     ツイートこの記事をつぶやく
       プロ野球巨人の前球団代表兼GM、清武英利氏による 「爆弾発言」 に端を発した巨人内紛劇に、中日ドラゴンズの監督を退任した落合博満氏が口を開いた。        一連の混乱を招いた巨人に対して、「コミッショナーはペナルティーを課さなきゃいけない」 と主張したのだ。 背景には、自身が日本シリーズを戦う直前に起こされた騒動が、球界のルールに反するとの考えがあるようだ。                     清武        落合前監督と信子夫人のインタビューは2011年12月7日、「ワイド!スクランブル」 (テレビ朝日系列)で放送された。 ベンチで顔色ひとつ変えず采配を振るった監督時代から一転、笑顔を交えて現役時代や夫人とのエピソードを披露する。 日本シリーズ第7戦で敗れた後、ロッカールームで選手たちに監督退任のあいさつをしたときの話では、目を潤ませた。          表情が一変したのは、「清武発言」 とそれ以降の巨人のゴタゴタに触れたときだ。 落合前監督は 「どっちの肩を持つとかじゃなくて」 と前置きしてから、こう続けた。        
「野球界には野球界のルールがある。 その中の話を全部表に出すことは、絶対にあってはいけない」        
   「中の話」 の内容は具体的に触れなかったが、これは清武氏が2011年11月11日の記者会見で明かした、巨人のコーチ人事をめぐるやり取りと見られる。 既に内定していた1軍ヘッドコーチについて巨人の渡辺恒雄会長が、野球解説者の江川卓氏に変更するよう求めた、という主張だ。 球団代表を解任された後も清武氏の 「攻撃」 はとどまらない。 11月25日には再度会見を開き、渡辺会長との電話内容の詳細にまで踏み込んだ。            落合前監督は選手時代の1994年、フリーエージェントで巨人に移籍し3年間プレーした。 番組のインタビューで落合前監督自身は、清武氏や渡辺会長に対する直接的な言及はしておらず、代わって信子夫人が渡辺会長について 「少年みたいに野球が好き。 悪いことと分かれば 『悪かった』 とその場で言える人」 と、一定の評価をしていた。         「おきて破り」 ともいえる清武氏の暴露会見と、その後も続く泥仕合。 訴訟合戦にも発展しかねない。落合前監督はこの状況に、        
「コミッショナーは、読売(ジャイアンツ)にペナルティーを課さなきゃいけない」        
と厳しい対処を求めた。              コミッショナーは、日本プロ野球組織(NPB)のトップとして12球団をまとめていく役割が期待されている。 球界がトラブルに見舞われた際、コミッショナーが処分を下した例もある。 1998年に発覚した選手による脱税事件では、該当者に最大8週間の出場停止を命じた。 また2011年9月には、中日ドラゴンズの選手が目の治療薬の手続きミスからドーピング違反となり、本人だけでなく球団に対しても制裁金300万円を科した。          過去の事例と照らし合わせて、巨人の内紛劇は社会的影響を考えても十分 「処罰」 の対象になりうる、というのが落合前監督の考えなのかもしれない。 インタビューの最後には、「日本シリーズの前後には、何か問題を起こしてはいけないという暗黙のルールがある」 と強調した。          最初の清武会見がセットされた11月11日は、日本シリーズ開幕の前日だった。 野球人として最高の舞台で 「有終の美」 を飾ろうとしていた矢先、巨人内部のスキャンダルで台無しにされた格好の落合前監督としては、黙っているわけにはいかなかったのだろう。 自身は、監督退任についてシーズン中は一切口を開かず、選手に余計な不安をかきたてないように努めていたというだけに、「背広組」 が選手のプレーを邪魔するような 「体質」 にも怒りを覚えたのかもしれない。 (j-cast.com)                   ツイートこの記事をつぶやく