2011,11,30

鶏肉と卵で脳の老化を防げるらしいです!?

      鶏卵        歳を重ねると誰しも次第に体が衰えていきます。 好むと好まざるとに関わらず、いずれ年老いていく訳ですが、普段の食生活でその進行は大きく異なるようなのです。          米ボストン大学のとある研究者は、1400人を対象に食事のアンケートを行い、その後に対象の追跡調査を行いました。 その結果、ある栄養成分の摂取量が高い人々は、脳が老化する速度が、そうでない人に比べて遅いことが明らかになったそうです。 その栄養素は、鶏肉・卵に多く含まれているそうで!        この研究は同大学のローダ・オウ博士の研究チームが、1991年から10年をかけて行ったものです。 36~83歳の1400人の食生活についてアンケート調査し、ついで記憶と他の認識力についても調査をしました。        そうしたところ栄養素の 「コリン」 の摂取が多い人は、摂取量の少ない人に比べて明らかに記憶能力が勝っていました。 また教育の分野でも2者の間に差があらわれたといいます。        ではなぜ、このコリンの摂取が重要かというと、この栄養素は神経物質の 「アセチルコリン」 の前駆体であるから。 これは記憶と他の認識能力の鍵を握る物質です。 したがって、コリンの摂取量が不足していれば、アセチルコリンも不足するということに。 ちなみにこの物質の分泌が低いと、アルツハイマー病になる可能性が高くなるといいます。        なお、コリンを摂取できる食材は鶏肉・卵だけでなく、キャベツ、カリフラワー、ヒヨコマメ、大豆、麦芽、えんどう豆など。 これらの食材を普段の食事に加えると良いのではないでしょうか。 (youpouch.com)          これからは、鶏肉と卵とキャベツ、カリフラワー等々を採取しないといけないな!!  それに、コーヒーを1日6杯飲まないと駄目だな!!        ツイートこの記事をつぶやく