ポルシェ4車種      
 ポルシェジャパンは、12月3日から11日まで東京ビッグサイトで開催される 「第42回東京モーターショー2011」 の出展概要を明らかにした。 新型 『911カレラ』 をはじめとするジャパンプレミア4台を含む計9台を出展する。      今回、ポルシェブースには、約90%のコンポーネンツを一新し、従来の911を上回るパフォーマンスと環境性能を発揮する新型911カレラおよび 「911カレラS」 がジャパンプレミアとして登場。      また、ロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアを果たしたばかりの4WDグランツーリスモ 『パナメーラGTS』 と、ポルシェカレラカップジャパンの競技車両 「911 GT3 Cup」 の2012年モデルを加えた計4モデルがジャパンプレミアを果たす。      さらにポルシェの最新ハイブリッドモデル、『カイエンSハイブリッド』、『パナメーラSハイブリッド』 もポルシェブースに登場する。 (response.jp)      
ツイートこの記事をつぶやく
      ジョージ1        2011年10月、突然この世を去ったアップルの前CEOスティーブ・ジョブズ氏。 彼の生涯を映画化するという話は、着々と進行しているようなのだが、配役について海外のメディアである噂がささやかれている。        その噂とは、映画俳優ジョージ・クルーニーが、ジョブズ役で抜擢されるかもしれないというのだ。 しかし候補とされる俳優は、彼一人ではないようだ。          作品の制作に関しては、ソニー・ピクチャーズが行うことが明らかになっている。 問題の配役なのだが、候補としてジョージ・クルーニーともう一人、ノア・ワイリーの名が挙がっているのだ。        2人は過去に、ドラマ 『ER 緊急救命室』 で競演していた。 同じドラマに出演したもの同士で、ジョブズの役を競うことになる。        現在のところ、ワイリーが抜擢されるとの見方が優勢のようだ。 というのも、彼は1999年の映画 『バトル・オブ・シリコンバレー』 でジョブズ役を演じた経験を持つ。 この作品は、マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏とジョブズ氏を題材にした映画であり、ジョージに比べるとジョブズ氏のイメージを強く持っているからだ。        またワイリーは、プライベートで親交があったことでも知られている。 いずれにせよ、2012年には制作が開始されることに、間違いはないようだ。 (rocketnews24.com)               ツイートこの記事をつぶやく
       政府が 「女性宮家」 創設を検討する方向であることを明かしたことに対し、ネット上で意見が割れている。 背景には、皇位継承についての考え方の違いがあるようだ。          女性宮家創設の動きについては、読売新聞が2011年11月25日付朝刊1面トップで報じてから明らかになった。                    女系皇室        それによると、宮内庁の羽毛田信吾長官が10月5日、野田佳彦首相と官邸で会談し、創設によって皇族方の減少を食い止めることが喫緊の課題だと伝えた。 このことについて、記事では、宮内庁が創設検討を要請したと報じている。           天皇陛下の孫世代で、男性は現在、皇位継承資格のある秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さま(5)だけだ。 ほかの8人はすべて女性だが、現行の皇室典範では、一般人と結婚するともはや皇族でなくなってしまう。          もし8人すべてがそうだとすると、悠仁さまが何らかの事情で皇位継承できなくなれば、皇統維持が困難になる。 さらに、悠仁さまが皇位に就かれても、その公務をサポートする皇族が身近にだれもいないことになる。          読売の編集委員は、何らかの事情があった場合に、女性宮家は、女性の即位も選択可能な状況を作るとし、「多くの国民の理解が期待される」 と解説している。 宮内庁が今回動いたのは、眞子さまが20歳になり、8人中6人が成人して次々に結婚していく可能性が出てきたからだという。          この報道について、羽毛田長官は、25日の会見で、創設検討を要請したことは否定したが、前述のような状況を伝えたことは認めた。 また、藤村修官房長官は会見で、女性宮家創設も視野に入れて皇位継承のあり方を検討していくと明らかにした。            女性宮家の是非について、ネット上は、意見が真っ二つに分かれている。            ヤフー・ニュースが2011年11月25日から始めた意識調査では、この日夕までに、「わからない」 と答えた数%を除き、賛否がほぼ2分した。            「賛成」 と答えた人の意見では、安定的な皇位継承を実現するために女性宮家は必要だとの声が強かった。       「もはや男性皇族だけでは皇統は維持できない」      「女帝は,男系子孫であれば他の男性皇族がいないときに限って緊急避難として容認せざるを得ない」      といったものだ。      また、「男女で相続権が違うなんて時代遅れも良いところですよ」 「伝統の品々や行事など皇室にしかできないこと、いったん途絶えたら二度と復活できません」といった指摘もあった。            一方、「反対」 の意見は、様々なものがあった。 「数千年にわたり男系で続いてきた皇室を 『今の時代にそぐわない』 という理由で女系を容認するというのは短絡的過ぎる」 と伝統尊重を訴えるのがその1つだ。 皇位継承の安定策としては、「親戚から養子でももらえばいいのでは」 「旧皇族を復活させれば済む話だろうに…」 といった声が上がっていた。          さらには、「宮家が増えれば伏魔殿的宮内庁の力が強くなるだけ」 「こんなご時世に何で皇室維持に何億というお金を使うのかわからない」 といった指摘もあった。          こうした調査で国民の意見がまとまっていないことが浮き彫りになっており、女性宮家が実現するかはまだ不透明だと言えそうだ。  (j-cast.com)          女性の天皇を認めるべきだよ!!  推古天皇を始め歴代女帝は10人にも上るのだから今の皇室典範を決めたのは薩摩藩だろう。 皇室と関係ない田舎侍が決めたんだよ。 薩摩は天皇を利用して徳川幕府倒し明治政府を作ったんだ。 これも、考え過ぎなのかもしれないが、男子しか認めないという薩摩の陰謀かもしれない。  女性しかいなくなったら皇室が日本から消えるよな!?          消えてなくなることを望んでいる人物が当時いたのかもしれないが・・・ 。         小泉政権の時に女性天皇を認めようと動いていて先頭に立って大反対していたのが平沼赳夫だったな。 女性しかいなくなったら皇室が絶るよ。                  ツイートこの記事をつぶやく
           清武元GM        プロ野球・読売巨人軍の代表兼ゼネラルマネージャーを解任された清武英利氏は2011年11月25日、都内で記者会見を開き、自身が役職を解任されたのは、コーチ人事をめぐる渡邉恒雄会長の人事独裁を告発した件への ”報復措置” だとして、「そう遠くない時期に、必要な訴訟を提起する予定」 と、訴訟準備に入っていることを明らかにした。        清武氏は、今月11日に球団のコーチ人事をめぐる渡邉会長の人事独裁について告発する会見を開いたが、その直前には渡邉会長から 「会見をやめろ。 君は破滅だぞ。 読売新聞と全面戦争になるんだ」 と恫喝を受けたという。    そして、その後の18日には桃井恒和元オーナー(現球団社長)が 「独断で記者会見を開き会社を混乱させ、会見の中で誤った事実を公表して読売新聞グループの信用を傷つけ、イメージを悪化させた」 として、清武氏の球団代表を含むすべての役職解任を発表した。        しかし清武氏はこの日の会見で、渡邉会長の人事に対して桃井元オーナーも 「『もうやってられない。 俺辞表出すよ』と言って憤りをあらわにしていた」 と話し、      
「当初、鶴の一声に真っ向から反対したのは桃井元オーナー自身だった」
      と反論。さらに、
      「私は桃井元オーナーの言葉を聞き、この渡邉氏の横暴は絶対に食い止めなければならないほどのコンプライアンス違反と判断し、記者会見の場で公然と渡邉氏に翻意を促した」
      などと11日の会見に至った経緯を説明した。 また今後は      
「私に対する解任は、コンプライアンス違反を隠蔽するための、そして、報復措置としてのものであり、違法・不当なものですから、そう遠くない時期に、必要な訴訟を提起する予定です」
      と、法廷に場を移して徹底抗戦していく姿勢を示した。  (getnews.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
      インプレッサ        富士重工業のモータースポーツ統括会社スバルテクニカインターナショナル(STI)は、スバル・インプレッサWRX STIの4ドア車をベースに、独自の仕様・装備を施したコンプリートカー“S206”を開発し、24日に発売した。        S206は、従来のインプレッサをベースとしたコンプリートカーのS204、R205などと同様に、高性能グレードのWRX STIシリーズをベースに運動性能をさらに向上させ、内外装にも専用アイテムを採用することで特別感を高めたモデルとなっている。        S206に施されるチューニング内容は、ボディの剛性アップ、エンジンの出力アップおよびバランスどり、サスペンションの設定変更、専用外装の採用、内装の質感アップ、専用スポーツタイヤの採用など多岐にわたる。        エンジンチューニングでは、ピストンやコンロッド、クランクシャフトなどの重量バランスを最適化し、回転フィーリングを高めたうえで、専用ボールベアリングターボ、専用ECU、低背圧スポーツマフラーなどを装着し、最高出力320ps、最大トルク44kg-mを達成。 ピーク出力だけでなく、アクセルレスポンスや低中速域のトルク特性の向上により、ドライバビリティがアップしているという。        ボディおよび足回りは、直進性を高めつつ、コーナー入り口での挙動を安定させ、正確にすばやく曲がれる気持ちの良いコーナリング性能を実現することに重きが置かれている。 そのためボディは、ただ固めるだけでなく、入力に対して適度な吸収効果を持つフレキシブルタイプの補強パーツが採用され、足回りにはよりダイレクトな応答性とコントロール性を実現するピロボールブッシュを持つリアサスリンクを採用するなど、モータースポーツの経験をいかしたパーツが採用されている。      外装では、専用フロントアンダースポイラーや専用フロントフェンダーアウトレットグリル、トランクスポイラーを採用。 また専用フロントグリル、専用サイドガーニッシュなども採用し、空力特性の向上とともに質感アップが図られている。 ?内装は専用の本革巻きステアリングホイールや、専用RECARO製バケットタイプシートなどにより、スポーツ性とともにプレミアム感が演出されている。        S206は、2012年5月7日受注分までの限定300台が販売される。 うち100台は、6月に行われたニュルブルクリンク24時間レースでのクラス優勝を記念したモデル “NBR CHALLENGE PACKAGE” となる。 こちらはカーボンルーフや専用ドライカーボン製リアスポイラーなどが追加装備されるスペシャルモデルとなっているが、すでに販売予定台数に達し完売したという。 (asahi.com)        価格は、S206:540万7500円 ・CHALLENGE PACKAGE:593万2500円。                  ツイートこの記事をつぶやく
         ベルギー        格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は25日、ベルギーの長期ソブリン格付けを 「AAプラス」 から 「AA」 に引き下げた。        見通しは 「ネガティブ」 としている。        資金調達や市場リスクをめぐる圧力により、ベルギー金融セクターが一段の支援を余儀なくされる可能性が高まっており、金融システムの状況悪化と政府の対応能力の欠如が格下げの要因になったとしている。         S&Pは声明で 「ベルギーの公的債務はすでに高水準に達しているとわれわれは判断しており、国内および多くの主要貿易相手国の民間セクターにおける急速なデレバレッジ(債務圧縮)により、債務拡大を阻止する政府の能力は制限されている」 と指摘した。         ベルギーの公的債務は、仏・ベルギー系金融サービスグループのデクシアへの救済などに絡み、最近急速に悪化している。        またベルギーの借り入れコストも大幅上昇しており、10年債利回りはこの日、1%ポイント上昇の5.832%となった。 今週初めは4.817%だった。 (reuters.com)                ツイートこの記事をつぶやく