ヒートテック        もうすぐ12月となり、冬の寒さがこたえる季節になる。しかし仕事の都合上あまり厚着のできない人もいると思うが、そんな時にありがたいのが体の温まるアンダーウェアなどだ。      例えばUNIQLOのヒートテックなどがそれに該当するのだが、なんと新しいバージョンのヒートテック10万着を先着5万名、ユニクロ選定5万名の計10万人にプレゼントするキャンペーンが開始された。        それだけ聞くと 「早速応募しよう!」 と思うユーザーも多いだろうが、なんと応募にはかなり高めなハードルが用意されており、ネット上では早くも 「あり得ない応募条件だな」 などの意見が投稿され、物議を醸している。 主なネットユーザーたちのコメントと応募条件は以下の通りだ。      【応募方法】    ・冬の寒さの中で同じ仕事に携わる仲間5~10名を集め、「私たちの仕事内容と、冬の寒さで大変なこと」を紹介する文章を添えて、ご応募ください。        【応募資格】    ・送付したヒートテックを実際にご着用いただいたシーンのお写真とご感想を事務局宛に後日メールにてご返信いただける方。    ・5名~10名の連名でご応募いただける方。日本国内にお住まいの方。    ・WEB応募:本応募フォームからご応募ください。    ・郵送応募:グループ代表者のお名前(フリガナ)・郵便番号(7ケタ)・住所・電話番号・性別・年齢・職業・メールアドレス・グループに参加する全メンバーのお名前と性別・グループ名(職場の場合会社名など)・代表者のヒートテック着用実績の有無・代表者の 「私たちの仕事内容と、冬の寒さで大変なこと」 を紹介する文章(50字以上)を記入した郵便ハガキまたは封書にて、郵送してください。 (キャンペーンサイトより引用)              【ネットユーザーの意見】    「あり得ない応募条件だな」    「冬の寒さで大変だからくれるんでしょ?下着姿で写真送れって罰ゲームか?」    「社員が大変そうだわ 読んでられないだろ」    「解散」    「手間考えたら買ったほうがどう見ても安上がり」    「これを撒き餌に素人出演のCM作るつもりでいるだろ」    「サイズが1種類かよ。 無理だ」    「普通に買った方が楽だなw」    「友達が4人もいないので応募できません><」    「めんどいなー」        ネットユーザーの意見を読んでいくと、貰える物に対してやるべきことが多すぎるとのコメントがほとんどのようだった。        ただ、これからの時期にたいへん便利な品物であるのは間違いないのでそれでも応募したい!という人は応募するとよいかもしれない。 (rocketnews24.com)                ツイートこの記事をつぶやく
       友人のTちゃんから 「タイタンの冒険」 の試写会のチケット頂きました┏○ペコ                     111114_165411        スティーヴン・スピルバーグ監督が3年ぶりの最新作で初の3D作品です。        スティーヴィン・スピルバーグは 「これは80年代の 『インディ・ジョーンズ』 シリーズ、90年代の 『ジュラッシク・パーク』 シリーズ以来の、私の新しい冒険の始まりだ」 と入れ込んだ作品のようです。          この作品、CGをふんだんに使った実写しなかったのは何か訳があるんだろうな!?         この作品観るの楽しみです。       ツイートこの記事をつぶやく
      ノキア携帯        フィンランドの携帯電話メーカー・Nokiaが先日ロンドンで開催した新作発表会、「Nokiaワールド2011」。 会場で最も注目を集めたのが、今回紹介する曲がる携帯電話、その名も 「Nokiaキネクティックデバイス」 です。        「Nokiaキネクティックデバイス」 は、端末そのものを曲げることがユーザーインターフェースと直結している、画期的な携帯電話。 現在はタッチ式のスマートフォンが市場を席巻していますが、今後はこのような 「曲げて操作する」 端末が革命を起こすのではないかという声も上がっているのだとか。        この携帯電話の操作方法は、本当にただ曲げるだけという至って簡単なもの。 曲がる有機ELディスプレイを搭載しているため、端末をねじ曲げれば音楽や写真をスクロールすることができ、曲げる方向を様々に変化させることで音楽の一時停止や再生をすることができます。        また写真を撮る際は、端末を凹に曲げると写真がズームインし、凸に曲げるとズームアウト。 操作は実に、単純明快で容易なのです。 スクリーンに弾力を持たせると耐久性も格段にアップし、耐衝撃機能もばっちり。 使いやすくて丈夫という、携帯電話や携帯端末にとって非常に大切な要素を、「Nokiaキネクティックデバイス」 は完璧に備えているのです。        ただし、「Nokiaキネクティックデバイス」 は現在まだ試作の段階で、発売予定は未定なのだそう。 しかし、韓国の大手携帯電話メーカー・サムスンも、来年からこのような携帯電話やタブレット端末の開発に乗り出すことを正式発表するなど、市場はすでにこのツイスト携帯の実現化へと動き出している模様です。 数年後には、街中の至る所で、携帯電話を曲げ曲げしている人々の姿が見られるかもしれません。 (youpouch.com)         ノキア携帯曲がる        こんな感じで曲がるそうです。 (¬_,¬)b       ツイートこの記事をつぶやく
       今日の日経夕刊の 「人間発見」 のコーナーは作家の伊集院静氏の登場です。                「いねむり先生」 「なぎさホテル」 「作家の遊び方」--。 著作が次々に出版され、話題を集めた作家伊集院静さん(61)。 35万部のベストセラーになったエッセー 「大人の流儀」 では大人の男の本音をズバリ書いて、若者を叱咤激励している。          怒られるのが快感です。 なんて話を聞くと、勝手なものだなと思います。 何も特別なことを言っているつもりはない。 大体父親が肩身の狭い世の中というのが良くない。 一家の長と子供の夜のおかずが一緒ではまずい。 母親はは子供のためなら命をかけてもというけれど、それは当たり前のこと。 でも甘やかしたらいけない。 我慢を覚えさせないと。 私の家では父親と私たちの料理は違った。 おやじは一番働いていたし、いざとなれば家族を守れる。 それが当たり前だと思っていました。       私の父は13歳で朝鮮半島から日本に来て職業を転々としながら一代で事業を起こしました。 母も向こうで生まれ、日本で育った人です。 両親から良く言われたのは、お前は半島から来た親の子供だから、日本人よりも礼儀正しくなければならない、向こうの人は駄目だと言われないようにしなくてはならない、ということでした。 子供の頃、母と電車に乗った時、それまで普通に話していた母が急に小声になった。 母は公共ののりものでは大声を出したらいけないことぉみを持って私に示そうとしたのです。 これは一例ですが、私の考え方の根底には幼いころの両親の教えが有ると思います。              女優の妻、篠ひろ子さんの出身地、仙台に住む。 東日本大震災に遭い、被災者の一人として積極的に発言する。          ある日は仕事を始めようと思ったときに揺れがきた。 電気、ガス、水道が全部止まり、あっという間に夜が来た。 民家の明かりが消えたせいか、星がものすごくきれいでした。 人々が助けを求めている時なんでこんなに美しいのか。 神も仏もないじゃないかと言ったら、クリスチャンの妻が 「神様は何もしてくれないかもしれないが、どんな時もそばにいてくれる」 と言うんです。 そうか、そばにいてくれるだけでいいのかと教えられました。      私は自分で経験したから、よく分かるのですが、大きな悲しみに出会った人間は声をかけてもらったり、寄り添ってもらいたいものなのです。 東日本大震災で政府の対応が稚拙だと言われた。 色々ありますが、一つ言うと、なぜ政府はすぐに現地に復興本部を作らなかったのか。 政治家が東京からたまにやってきて 「頑張ってください」 では被災者に思いは伝わらない。 物事も敏速に進まない。 近くに本部が有れば、ちゃんとやってくれるという安心するんです。              女優の妻を失った男を主人公にした小説 「いねむり先生」 は絶望からの再生がテーマ。          この作品は前妻の夏目雅子さんを骨髄性白血病で失い、アルコール依存症になっていたころの体験がベースになっています。 209日間の入院中、私はずっと病院で彼女と一緒にいました。 必ず生還させるんだと思っていたから、亡くなった後は心に空白ができ、途方に暮れるという言葉の意味が初めて分かった。 どこかへ行ったらいいのか、何をしたらいいのか全く分からなかったものです。      今回の震災でもそういう人たちが大勢いるでしょう。 両親を失った少女が顔を洗う時、横でちゃんと吹きなさいと叱ってくれた母親はもういない。 これまではちょっとうっとうしいと思っていたかもしれないが、それが聞けなくなって初めて、少女は母親の叱る声が自分の生きていく多くな柱だったと気づくのです。       悲しみを和らげてくれるのは時間しかない。 でも悲しみが有るから、人は酔ったり、歌ったりしたとき、心から笑うことができる。 生きるということは悲しみそのもの。 でも悲しみを経験すると、人間には本当の優しさが身に付く。 そして悲しみにも終わりがやってくる。 小説は人の人生を変えることはできない。 でも読者の悲しみに寄り添うことはできる。 そんな作品を一つでも多く書いていきたいと思っています。          体験した人の話ってなんとなく説得力がある!?                    ツイートこの記事をつぶやく
      親友        友人の中でも特別な存在、それが親友。友達が多いからといって、親友が大勢いるとは限らない。 そんな特別な存在の人がみなさんには何人いるだろうか。最新の調査によると、「大人には平均して親友が2人いる」 ということがわかったそうだ。        コーネル大学のブラシャーズ助教授率いる研究チームは、成人2000人を対象に、過去6カ月のあいだに何人の人に自らの重大な事柄について相談したかを調査した。         その結果、2人以上に相談したと回答したのは全体の29パーセント、2人と答えたのは18パーセント、1人は48パーセント、誰にも相談していない人は4パーセントであった。        そして、全体の平均は2.03人となり、成人は重大な悩みを打ち明けられるほどの友人をだいたい2人持っているという結果になったとのこと。 また、親友の人数を少なく回答した人のなかには、高学歴の女性が多かったという。        実は25年前にも同じような調査が行われており、その時はひとりの成人が親友だと考えている人の人数は平均3人だったそうだ。 当時の結果と比較すると、25年経ってFacebookやTwitterなどのSNSができ、オンライン上での 「友達」 や 「フォロワー」 というつながりがどんどん増えているにもかかわらず、親友の数は減少しているということになる。        ただ、研究者らによれば、「そもそも人々が親友だと考える基準が必ずしも同じではなく、現代人は25年前と比べるとより慎重に親友を選んでいると考えることもできるので、今回の結果がすべてではない」 とのこと。          いずれにしても、親友とは時代の変化にとらわれることなく真の友人関係であり続けたいものだ。 (rocketnews24.com)               ツイートこの記事をつぶやく
       国内でのカジノ解禁に向けた動きが活発化している。 民主、自民、公明などの超党派の国会議員で作る 「国際観光産業振興議員連盟」 (会長・古賀一成衆院議員)が昨年4月、カジノ法制化に向けて発足、このほど 「カジノ区域整備推進法案」 の原案をまとめ、今臨時国会への法案提出を検討している。          景気刺激の起爆剤として期待され、特に収益を東日本大震災からの復興財源とするというが、世論のアレルギーは強く、おいそれと実現はしないようだ。            カジノの 「効用」 は、カジノを核にホテル、ショッピングセンター、コンベンションセンターなど総合的なリゾート施設を整備し、海外を含めた客を呼び込み、地域経済を活性化する、というものだ。          議連がまとめた原案によると、国は地方自治体の申請に基づき、カジノ区域を指定。 民間事業者に対する認可や犯罪監視を行う 「カジノ管理委員会」を内閣府の外局として設置する。 また、カジノで得られた収益の一部は国や自治体が納付金として徴収し、東日本大震災の復興財源にも充てるとしている。 詳細を詰めた実施法を制定し、実際にカジノが開設されるのは2年以上先と見込んでいる。 議連関係者は「税金を使わずに、カジノを核として国内外から投資と人を呼び込めば、復興財源確保と雇用創出の一石二鳥の効果が見込める」 と説明する。          国土交通省の成長戦略に関する報告書でも、観光立国に向け、カジノを含む総合リゾート開発の潜在力を検討することをうたっているが、政府としての検討はまだ緒に就いたばかりだ。            これまでの議論では、沖縄振興の一環で、沖縄へのカジノ誘致論があるほか、東京都の石原慎太郎知事がお台場への誘致に意欲を見せた。 関西圏では大阪府の橋下徹前知事の提唱で、関西広域連合(関西の奈良を除く5府県と鳥取、徳島県で構成)が9月24日、カジノを含む統合型リゾート誘致の検討会を設置することを決めた。 九州でも、長崎県佐世保市の大型リゾート施設 「ハウステンボス」 (HTB)へのカジノ誘致を目指す官民一体の運動も起きていて、手始めに、HTB子会社が運行する長崎―上海間の国際フェリーでの解禁に意欲を燃やしている。 さらに、東日本大震災の津波で大被害を受けた宮城県名取市の住民らから、カジノ招致を盛り込んだ提言が出されている。          このうち関西広域連合では、各知事間の意見の隔たりが大きく、嘉田由紀子・滋賀県知事が、ギャンブル依存症などのマイナス面を指摘、広域連合長を務める井戸敏三・兵庫県知事も 「依存症や教育への影響、カジノ運営の透明性など慎重に検討すべきだ」 と慎重姿勢。 これに対し、橋下氏は、自身が率いる大阪維新の会が、大阪府知事選(27日投開票)で掲げる公約(マニフェスト)に、カジノを含む統合型リゾート施設の立地促進を盛り込むなど、熱心だ。          議連は当面2カ所、最大10カ所を段階的に進める方針という。 関係者は 「交通アクセスや立地に恵まれた東京・お台場、米軍基地の負担軽減や振興策として沖縄県などが有力だったが、震災で、まず東北にという声も強まっている」 という。          もちろん、カジノ合法化への世の抵抗感は強い。 議連などの動きを積極的に伝えているのは 「産経」 だけで、他の主要紙は、地域の動きなどを地方版中心にこじんまりと報じる程度。 治安の悪化、闇社会とのつながりなどへの懸念はもちろん、「競馬、競輪、競艇の公営ギャンブルが軒並み赤字の中で、カジノが期待されるような収益を上がられるかは疑問」 (経済官庁幹部)との指摘もある。       折しも、大王製紙の御曹司が会社から100億円を借りてカジノにつぎ込んだとされる事件が発覚、カジノ開設への逆風も強まっている。  (j-cast.com)          官僚って国が利益を得るよなことを積極的に考えないのだろうか? 不思議な人種だ!!      民間は財を成せば英雄と云われるけど官僚は予算をいかに使い切るかを考え実行すると英雄になれて、民間は外へ外へ出ようとしているが官僚は内へ内へと消費税を上げよと画策している。         嫌な日本になりそうだ!!             ツイートこの記事をつぶやく
     合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数の推計)が1.39(2010年)と、少子化が進む日本。 そうした状況の中で、母親のホンネでは何人くらいの子どもが欲しいと思っているのかを探るべく、妊娠・出産・育児支援コミュニティサイト 「はっぴーママ.com」 は 「2人目の出産・子育てに関するアンケート調査」 を実施しました。           赤ちゃん        この調査は同サイト会員の830人を対象に行われたもの。 まず、単刀直入に 「子どもは何人が理想か?」 とたずねたところ、最も多かったのは 「3人」 (54%)だった。       これに 「2人」 (32%)が続き、以下、「4人」 (6%)、「何人でも・できるだけたくさん」 (6%)、「1人」 (1%)、「5人以上」 (1%)という結果になっている。 多くの人が2~3人が理想的と考えているようだ。        次に、「現在の子どもの数」を質問。 すると、半数を超える59%が 「1人」 で、これに 「2人」 (30%)、「3人」 (5%)が続いた。         理想は2~3人ながらも、実際に2人以上の子どもがいる人は4割弱にとどまり、理想と現実にギャップがあることがうかがえる。      そして子どもが1人以下の人に 「2人目が欲しいか 」をたずねると、「絶対に欲しい」 (45%)、「できれば欲しい」 (31%)に。      その理由としては 「自分自身きょうだいがいたから」 (71%)、「社会性が身に付きそう」 (62%)、「子どもに遊び相手ができるから」 (61%)といった回答が上位に挙がった。      また、2人目を諦めているという人にその理由をたずねると、トップは 「経済的に厳しいから」 (75%)に。 以下、「年齢的、体力的に不安だから」 (42%)、「2人を育てられる自信がないから」 (36%)、「性生活がないから」 (25%)、「夫が欲しいと思っていないから」 (19%)と続いている。   (narinari.com)    経済的に厳しからが75%は高い数字だな!!               ツイートこの記事をつぶやく
         GDP        内閣府が14日に発表した2011年7─9月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比プラス1.5%、年率換算プラス6.0%と、4四半期ぶりにプラス成長となった。        ロイターが事前にまとめた民間調査機関の予測中央値は前期比プラス1.5%、年率プラス6.1%だった。          有識者の見方は以下の通り。        ●ノーインパクト、輸出や復興需要が支え      <みずほ証券 チーフマーケットエコノミスト 上野泰也氏 >         7─9月期実質国内総生産(GDP)は、震災後に落ち込んだ反動でプラス成長となった。 ほぼ市場コンセンサスに沿った内容で、債券市場にとってノーインパクトだろう。        今後は海外景気の減速や円高の影響が懸念される。ただ、世界経済をけん引する中国は、景気刺激方向に動く兆しが見え始めた。 日本も輸出や復興需要に支えられて、景気腰折れには至らないとみている。           ●GDP伸率は低下方向、第3次補正資金の注入速度が重要に      <コスモ証券 投資情報部担当課長 田口はるみ氏>       震災で止まっていた供給が改善したことにより、輸出の改善が大きく効いてきたことがプラス要因になっている。 個人消費については足元は少し弱い動きはあるが、4─6月に比べると節電消費やレジャー等の支出改善やテレビの買い替え需要なども加わり堅調な数字になったとみている。        設備投資に関しては、予想よりも強い印象がある。 復興需要の動きが加わったためとみている。 ただ先行きを考えると、海外需要は弱まっており、生産の動きも一服感が出ていることに加え、円高が続いている状況では国内への投資が向かいにくいこともあり、今後のGDPの伸び率は低下する方向にあるとみている。 これを支えるうえで、第3次補正の復興資金がどれだけ早く設備投資などの動きに加わってくるのかが今後大切になってくる。          ●事前予想通り、復興需要をようやく確認      <住友信託銀行マーケット・ストラテジスト、瀬良礼子氏>       7─9月期実質GDPは、前期比プラス1.5%と比較的高い水準になったが、事前予想通りで為替へのインパクトは乏しい。 復興需要がようやく確認できたレベルであり、震災後の特殊要因が働いたものだ。 ここから加速することは難しい。 円を買う理由にはならない。      ただ、GDPデフレーターをみると、デフレではあっても横ばいで深刻化はしていないようだ。 国内要因のデフレーターと海外要因のデフレーターの差が広がっており、円高がデフレに働いていることが読み取れる。  (reuters.com)             ツイートこの記事をつぶやく