日経夕刊の 「人間発見」 のコーナーに平田牧場社長 新田嘉七氏が登場して3回目を紹介していきます。              食肉学校で学んだあと、平田牧場の若手社員として新たな感覚で、付加価値を高める豚づくりに情熱を注いだ。          食肉学校を卒業後、会社に戻ってからの主な仕事は、工場や販売の実務を体験することでした。 ハムやソーセージを生産する子会社時代は、本拠である山形県酒田市と営業所のある札幌と仙台、東京を1週間ごとにぐるぐる回るという生活です。 そこで実感したのは、養豚の利益率がいかに低いかということです。 「信用販売で代金回収期間も長い。 これで養豚業の将来は大丈夫なのか」 という不安も感じました。      自分たちが生産した豚肉を卸業者に販売するだけでは限界がある。 肉の加工品を増やす一方、小売りや外食など消費者に直接販売するところまで手掛けて、付加価値を高めていくことが重要だと実感するようになったのです。 今でいう農業の6次産業化という発想でした。 それには、バックやフォッションなどのようにブランド力を高めていく戦略が必要だと思いました。 ハム、ソーセージ作りの先進地ドイツに学びに行ったのはこの頃のことです。              平田牧場と 「平牧三元豚」 のブランド強化に取り組んだ。          豚肉の事業に入って痛切に感じさせられたのは 「豚肉は牛肉より安くて当たり前」 という通念でした。 牛肉には、松坂や神戸、米沢などのブランド牛があるのに、豚肉は鹿児島県の黒豚が有名というぐらい。 ブランド豚は全国的にも非常に限られていました。 「牛より美味しい豚を」 という一念からブランド力向上に挑んだのです。      このため 「三元豚」 の商標登録を申請すると、「一般に呼ばれているから」 と受け付けてもらえませんでした。 いろいろ考えた末に 「平牧三元豚」 で申請して登録できたので、このブランドで勝負しようと決心したのです。      産直で付き合いの長い生活クラブ生協やスーパーなどを手始めに、アピールしていきました。 ブランド力を高めるためには、当然、味や品質の良さを理解してもらうことが大事。 そのために安心・安全な餌、清潔な飼育環境、生産履歴の徹底など各分野で取り組みました。 生産農場と食肉加工工場でそれぞれ国際標準機構(ISO)の品質管理規格などを取得したのも一環でした。      消費者との結びつきをより強めたいと力を入れたのが直営の小売店と外食店です。 エンドユーザーである消費者の声を直接聞くことでニーズにこたえていうのが一番大事、との思いからです。      それまでも宴会場や洋食レストランに対して営業していましたが、このような業種だとどうしてもコックさんへの依存度が大きく、自分たちの素材である豚肉の良さを十分に伝えられる店とはいえませんでした。      そこで、ブランド豚の魅力、美味しい食べ方をより広く伝えられる道はないか、ということで着目したのが国民食ともいえるとんかつの店でした。 本社の1回に第1号店を開業したのは、10年程前のことでした。      とんかつ店第1号に対するお客様の反応は十分。 手応えを感じて、東京進出を目指したのです。 東京は、産直で交流が深い生協の組合員が多く、身近に感じてきた地でもあったからです。              東京進出の最初のお店は調布市内に開業。 この時に築かれた大手デベロッパーとの絆が、東京の有名スポットへの進出につながった。          調布に開店したのは、都心より郊外の方が出店しやすいと考えたからです。 その店を三井不動産の人が良く利用してくれたのです。 それが縁になって、三井不動産などがCOREDO(コレド)日本橋(中央区日本橋)を開業する時、平田牧場もテナント出店することになりました。 その後、東京ミッドタウン(港区赤坂)やCOREDO室町(中央区日本橋室町)などに相次いで出店することが出来ました。      東京の人気スポットに出店することで、「平牧三元豚」 のブランド力をさらに高めることができたと思います。 つくづく人の縁の大切さを感じました。        と紹介されています。 明日は4回目を紹介する予定です。                ツイートこの記事をつぶやく
       折にふれ 「住んでみたい街ランキング」 といった調査が発表されるが、実際に住んでみるとどうなんだろう。 そのひとつの指標となる 「都道府県別幸福度ランキング」 が発表されました。        発表によるとなんとトップ3は北陸3県。 東京や大阪などの都心部は軒並み下位におさまるという結果が出たそうだ。        ランキングを発表したのは法政大学大学院の坂本光司教授率いる研究チームだ。 「生活・家族部門」 「労働・企業部門」 「安全・安心部門」 「医療・健康部門」 の4部門を10段階評価し、そこから総合点を算出、ランキング化したそうだ。          調査結果によるとトップテンを飾ったのは、福井、富山、石川、鳥取、佐賀……と都心から離れ人口も少ないいわゆる「地方」である。        逆に 「都市」 の代名詞とも言える東京、愛知、福岡などは順位をあげることができず、大阪にいたっては最下位だ。 この調査結果からは人口の多さや街の開発度が必ずしも住民の幸せにはつながっていないことがわかる。 また北海道、京都、沖縄などの人気観光地が上記の観点から見ると評価が低いというのも意外である。          以下が1位~47位までランキングだ。         あなたの地元は何位だっただろうか。  (rocketnews24.com)             都道府県ランキング      【全国都道府県別幸福度ランキング】      1位 福井県   2位 富山県   3位 石川県   4位 鳥取県   5位 佐賀県   5位 熊本県   7位 長野県   8位 島根県   9位 三重県   10位 新潟県     …………………      11位 滋賀県   12位 香川県   13位 岐阜県   14位 山梨県   14位 大分県  16位 山口県  16位 徳島県  18位 広島県  19位 山形県  19位 静岡県    …………………      21位 愛知県  22位 岩手県  22位 長崎県  24位 岡山県  25位 群馬県  26位 栃木県  27位 福島県  27位 愛媛県  27位 宮崎県  30位 茨城県    …………………      31位 奈良県  32位 和歌山県  33位 千葉県  33位 神奈川県  35位 鹿児島県  36位 宮城県  37位 秋田県  38位 東京都  39位 福岡県  40位 青森県    …………………      41位 沖縄県  42位 京都府  43位 北海道  44位 埼玉県  45位 兵庫県  46位 高知県  47位 大阪府      冬が寒い県が上位なんですね!?  歳をとると寒いのは苦手だな!!  寒い時期だけ(特にスギ花粉が飛ぶ時期)沖縄に住んであとは東京がベストダナッ( ´,_ゝ`)y-~         ツイートこの記事をつぶやく
     昨日、有楽町の国際フォーラムで行われた ブラッド・ピット主演の 『マネーボール』 の試写会に出かけてきました。  試写会に行く前にお客さんとの打ち合わせがあって上映間に合うかなと思いながらギリギリで到着したと思ったらブラッド・ピットの国際フォーラム到着が大幅に遅れていてレッドカーペットに登場したのが6時半。  予定より1時間は遅かったんじゃない!?           で、ブラッド・ピット一人が登場するかと思ったら奥さんのアンジョリーナ・ジョリーと二人でと登場!!  プラビは黒のジャケット、アンジーは真っ赤なドレスでした。 アンジーに左腕には確か子供たちが生まれた場所の緯度と経緯のは彫られていると聞いています。 そのタツーが決まっているんだよ!!   カッコいい!!        (昨日、プレイベートジェットで家族全員で来日していたから “ひょっとしてありうるんじゃない” と思ったいたら的中でした。)        二人での登場にレッドカーペットに集まった人たちからは歓声が上がっていました。                   DSC_0971            スクリーンにはアンジョリーナ・ジョリーがファンに対してサインをしているところが中継されていました。  ブラッド・ピットのファンに対してのサインも中継されていました。          この後にブラッド・ピットの舞台挨拶が行われこの作品は4年半をかけてつられた作品だということ。 そして東北で震災に遭われた方々を心配ているということも話していました。 そして、今回の野球の物語ということで東北の野球チームを招待してブラッド・ピットからサインボールをプレゼントされるという野球少年たちにとっては夢のような出来事が待ち受けていました。          作品は、将来を約束されてメジャーリーグに入団したものの鳴かず飛ばず野球人生から球団アスレチックスのゼネラルマネージャーになったビリー。               111110_120013        気まぐれなビリーはある時、イエール大学経済学部卒のピターと出会い、彼が主張するデータ重視の運営論に、貧乏球団が勝つための突破口を見出し 『マネーボール理論』 と呼ばれる前略を実践していく。 結果を残すんですよね! アスレチックは20連勝という大記録も残しワールドチャンピオンにもなるんです。         この辺の感覚は野村勝也のID野球にも似ているような気がたし、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』をよんだら」 を実践ようなものかなと興味深く鑑賞していました。          野球の常識を打ち破った理論に感服という感じでした。  やはり野球って間隔じゃなくて理論に基づいてデータなんだと改めて思います。          この 「マネーボール」 野球好きに関係なくどなたも納得される作品のように感じました。           野球の奥深さを垣間見たような気がします。  高校球児だった頃にこういう理論があったら弱小チームでも甲子園に行けたのかもしれないな!!  あのころの野球はいじめだもんな!!  体力が消耗するからと言って水も飲まずに練習していたんだからとんでもないことだったよ!!  根性・根性・ど根性の世界だったから!!  あのころの上級生で殺したい奴何人かいるな!!       ツイートこの記事をつぶやく
       1992年に26歳の若さで急逝した歌手、尾崎豊さんが残した 「遺書」 2通の全文を月刊誌 「文藝春秋十二月号」 が掲載している。 尾崎さんが生前、夫人に心中を迫ったエピソードなども記事で紹介されている。          同誌発売は2011年11月10日。 尾崎さんは、1980年代に 「ティーンエイジャーのカリスマ」 として絶大な人気を誇り、「ファン葬」 には4万人超が参列した。 尾崎さんの急逝をめぐっては、後に他殺説が浮上し、遺族を巻き込む裁判にもなり大きな関心を集めた。          「遺書」 の全文公開と記事を担当したのは、ジャーナリストの加賀孝英氏だ。 他殺説が浮上した1994年当時の取材で遺族から入手した 「遺書」 2通や取材結果について約20ページを使って紹介している。          加賀氏は記事の中で、「尾崎豊の死は『自殺』だった」 とあらためて 「他殺説」 を否定。 尾崎さんは当時、「身体はボロボロ」 で、「自分は間もなく死ぬということ」 を 「間違いなく知っていた」 と指摘している。          「他殺説」の否定の意味を強調するため、かぎかっこを使った 『自殺』 という表現を用いたようだ。            尾崎さんが死亡した日に 「肌身離さず」 もっていたセカンドバッグから見つかった 「遺書」 には、        
「先日からずっと死にたいと思っていました」 「さようなら 私は夢見ます」        
などの言葉が並んでいる。 日付は書かれていない。          また、死後1か月経って、尾崎さんの母の遺影のわきで見つかった 「遺書」 には夫人や長男への愛情が綴られており、最後の1行は、        
「皆の言うことをよく聞いて共に幸せになって下さい」        
と長男へ呼びかけている。         加賀氏は94年当時、「遺書」 のごく一部の引用を含む記事を週刊誌で発表しているが、今回、「遺書」 全文と 「17年間、封印し続けてきた物語」 を紹介している。            「遺書」 の全文公開をこれまで見送っていた理由については、尾崎さんの夫人から、長男が尾崎さんの死を理解できるようになってからにして欲しい、との要望があったことなどを挙げている。            記事によると尾崎さんは生前、夫人に心中を迫ったことがある。 尾崎さんが死亡する20日前の92年4月5日、尾崎さんが 「俺と一緒に死んでくれぇ」 などと夫人に迫ったが、長男のことを夫人が口にすると、尾崎さんは 「その場にへたりこんだ」。        また加賀氏は、「他殺説」 にもあらためて詳細に反論している。 「他殺説」 は、94年に浮上し、テレビのワイドショーなどを巻き込む騒ぎとなった。 尾崎さん死去から2年後のことだ。          尾崎さんが死亡したのは92年4月25日。 泥酔して全裸で民家庭先に横たわっているのを発見され、病院に運ばれたが同日中に亡くなった。 ほどなく警察が発表した死因は、「極度の飲酒による肺水腫」。 当時から覚醒剤の使用は指摘されていたが、死因とは結びつけられていなかった。          94年に尾崎さんの 「死体検案書」 コピーが流出して報じられた。 尾崎さんの体にあった傷や 「致死量の2.64倍の覚醒剤」 などのキーワードを結びつけ、中には尾崎さんの遺族に殺人の疑いをかける夕刊紙や週刊誌の記事も出た。          関心の高まりを受け、警視庁に尾崎さんの死亡に関する再捜査を求める嘆願書が10万人超の署名を添えて提示される騒ぎにもなった。 警察は解決済みだとして動きは見せなかった。          遺族に疑いをかけた 「他殺説」 記事については裁判になり、東京地裁は2000年2月、遺族への名誉毀損を認め、フリージャーナリストに500万円の支払いなどを命じる判決を下した。 02年の上告棄却で遺族の勝訴が確定した。              今回の「遺書」全文掲載の予告記事を受け、インターネットのツイッターや2ちゃんねるなどには多くの人が反応を寄せた。          「大反響ありそう」 と興奮気味の人や、尾崎さんの生前のアルバムの図柄と 「遺書」 とを関連付けて理解しようとする意見もあった。 一方、「他殺説」 を主張し、「遺書」 や 「自殺」 を否定するかきこみも少なからずみられた。          尾崎さんを巡っては、死後何度もリバイバル・ブームが起き、新たなファンも生まれていると指摘されてきた。2011年に入っても4月に 「I LOVE YOU バラードベスト」 (ソニー・ミュージック)の尾崎さんのCDが発売された。            また、尾崎さんが死亡した日に発見された場所の民家は、通称 「尾崎ハウス」 として多くのファンらが訪れ続けた。 住人が一室を開放していたのだ。 2011年10月には、老朽化から立て直されることになり取り壊され、改めて注目を集めた。          最近訪問者は減っていたようだが、取り壊しの予定が報じられると1日十数人が訪れるようになっていたという。 立て直し後には、「尾崎ハウス」 として一室を開放する予定はないようだ。 (j-cast.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
          アメリカ株価反落        9日の米国株式市場は急反落して終了した。 イタリア国債の利回りが大幅に上昇し、欧州の債務危機が悪化していることを示す形となった。         ダウ工業株30種.DJIは389.24ドル(3.20%)安の1万1780.94ドル。        ナスダック総合指数.IXICは105.84ポイント(3.88%)安の2621.65。        S&P総合500種.SPXは46.82ポイント(3.67%)安の1229.10。        S&Pは8月18日以降で最大の下落率を記録した。        S&Pの全てのセクターが下げたが、金融セクターは、欧州へのエクスポージャーが業績を圧迫するとの懸念から特に売られ、5.4%安となった。          ホッジ・キャピタル・マネジメントのクレイグ・ホッジ氏は 「市場は欧州の動きに左右されるようになった」 との見方を示した。          この日、欧州の清算・決済機関LCHクリアネットが、イタリア国債取引の当初証拠金比率を引き上げたことを受け、イタリア国債の利回りは7.502%とユーロ導入以来の水準に上昇した。 この水準は多くの市場参加者の間で持続不可能とみなされ、アイルランドやポルトガルなどが金融支援要請に踏み切る直前と同じレベル。        投資家の恐怖心理を表すといわれるシカゴ・オプション取引所のボラティリティ指数は30%超上昇し、上昇率は8月中旬以降最大となった。        モルガン・スタンレー・スミス・バーニーのデピュティ・チーフ・インベストメント・オフィサー、チャールス・レインハード氏は「イタリア国債がボラティリティ指数のように、恐怖心理を表す指数となりつつあり、投資家がかなり警戒していることが伺える」と指摘した。        個別銘柄では、ゼネラル・モーターズ(GM)が10.9%下落。 同社は第3・四半期決算で、欧州部門は通年の業績目標を達成できないとの見通しを示した。        金融株では、モルガン・スタンレーが9%、ゴールドマン・サックスが8.2%、バンク・オブ・アメリカが5.7%、それぞれ下げた。  (reuters.com)                          ダウ工業株30種(ドル).DJI        終値         11780.94(‐389.24)   (カッコ内は前営業日比)          前営業日終値    12170.18(+101.79)          ナスダック総合.IXIC                 終値         2621.65(‐105.84)             前営業日終値    2727.49( +32.24)          S&P総合500種.SPX                 終値         1229.10(‐46.82)             前営業日終値    1275.92(+14.80)。 ツイートこの記事をつぶやく
       タレントで評論家のテリー伊藤氏が、今年のドラフト会議において、東海大・菅野智之の強行指名に踏み切った北海道日本ハムファイターズに怒っている。      これは、「夕刊フジ」 の公式サイト・ZAKZAKで同氏が連載するコラム 「テリー伊藤のコラム狸の皮算用」 の中で綴られたもの。          「ドラフト会議から1週間以上たったけど、まだ私の怒りは治まらない」 と書き出すと、菅野が見せた怪訝な表情に対しても、「日本ハムは『この春から菅野一本に決めていた』と語っているようだが、だったら、半年前に挨拶に行けよ。」 と、ドラフト時の日ハムのやり方に苦言を呈し、その最後には 「今は日本ハムの商品は食べないようにしている」 とまで言い切った。        だが、今回の一件は、ファンの中でも賛否が分かれるところ。 同氏の記事が取り上げられた掲示板上でも、        「挨拶というか前もって指名すると発表しておけばよかったのに」      「もう、菅野のイメージはボロボロ」      「ぐだくだ言ってるが菅野取られて悔しいだけだろ」      「挨拶はした方が良かったかもしれん でも志望届出した時点で他球団に指名されることぐらいは考えておくべき」      「血縁を使って単独指名で巨人に入ったら11球団のファンは悪いイメージを持つと思うけどな・・・」 など、寄せられたコメントはさまざまだった。  (livedoor.com)          ルール上は問題ないのだから部外者がとやかく言うことはないだろう!!  巨人ファンのエゴだな!!  偏向したものの考え方をする人の意見って不愉快極まりない!!         ツイートこの記事をつぶやく
          吉野家20周年          吉野家ホールディングスは11月16日午前10時から、秋のキャンペーン 『特盛20周年謝恩祭!』 を開始します。 期間は24日午後3時までです。        『特盛20周年謝恩祭!』 は、牛丼・牛皿の 『特盛』 を、各130円引きの500円、400円で提供するキャンペーン。      また、期間中は牛丼・牛皿・牛丼弁当の 「並盛」 と 「大盛」、さらに牛鮭定食・牛鮭サラダ定食をそれぞれ110円引きで提供する。        牛丼・牛皿の 「特盛」 は1991年10月に販売をスタート。 今年で20周年を迎え、これまで約3億食の販売を記録している。  (narinari.com)      各メニューの価格は次の通り。    ◎牛丼(牛丼弁当)    並盛 380円 → 270円    大盛 480円 → 370円    特盛 630円 → 500円      ◎牛皿    並盛 280円 → 170円    大盛 380円 → 270円    特盛 530円 → 400円      ◎牛鮭定食    牛鮭定食 490円 → 380円    牛鮭サラダ定食 570円 → 460円 。        『特盛』 が500円だから1コインキャンペーンって感じだね!!           ツイートこの記事をつぶやく
       「ふらんす亭」 などの外食チェーン店を展開する井戸実社長(33)が、またネット上の発言で物議を醸している。 それも、ステーキのチェーン店で食中毒が発生した後のことだった。 会社側は、発言についても調査して報告するとしている。          井戸実社長のエムグラントフードサービスは、2006年9月に設立されたが、わずか5年のうちに百数十店舗を数えるほど急成長した。 閉店した郊外の飲食店をそのまま利用するなどの手法で、コスト削減と低価格化を図っているのが特徴だ。          食中毒が起きたのは、そのうち神奈川県相模原市にある 「ステーキハンバーグ&サラダバーけん」 鵜野森店だ。 相模原市保健所によると、2011年10月23、24日に牛ステーキを食べた4人が下痢や腹痛を訴え、うち3人から腸管出血性大腸菌O-157が検出された。      11月8日に食中毒発生を発表するとともに、この日から3日間の営業停止処分にした。 保健所は、原因食材の断定はまだできていないとしているが、エムグラントフードサービスでは、カナダ産ハラミカットステーキの調理に原因がある可能性が高いとして、安全確認されるまで提供を自粛することをサイト上で明らかにした。            このニュースが流れると、ネット上では、井戸実社長が 「問題発言」 をしていると騒ぎになった。          ツイッターで、発表前日の7日に、生焼けとクレームを入れてきた女性客がいたと報告し、 「スタッフは100%悪い事をして無い」、さらには 「この手のクレーム客は来ないで頂きたい」 とまで言い切ったのだ。 また、3日ごろには、「アレルギー? 知らねーよそんなもん。 何食ってもビクともしない体を作れや!」 ともつぶやいている。 いずれもツイート後すぐに削除された。          保健所によると、食中毒の疑いで最初に店の立ち入り調査に入ったのが10月31日。 とすると、井戸社長がこれらの発言をしたときには、すでに事態を知っていた可能性があることになる。              また、ネット上では、鵜野森店に張り出されたお知らせが批判を浴びている。 営業停止になった2011年11月8日、臨時休業の理由として 「設備メンテナンスの為」 とだけ挙げられ、食中毒のことは一言も触れていなかったからだ。 食品衛生法上は、張り紙に明示しなくてはならない決まりはないが、不誠実な店側の対応と受け止められているようだ。 さらに、井戸実社長名でサイト上に出された 「食中毒事故発生のお詫びとご報告」 が、11月8日付になっているが、実際は9日に出されたものではないかとの疑問も出ている。              井戸社長は、これまでも数々の 「問題発言」 で、波紋を呼んできた。            フェイスブックでは2月23日、「たった1000円ちょっとの食事で30分もクレーム電話をし続ける奴の気が知れない。働け!」 などと本音をぶつけた。 また、肉が硬いとの苦情には 「顎を鍛えてください」 とメールしたことをブログで明かしたり、スカスカおせち問題で販売元を擁護するような発言をツイッターでしたりしている。            飲食店関係者からは、店側の代弁をしてくれていると評価の声がある一方、ネット上では、客の批判や悪口を言うとは何事かと批判も多い。        それだけに、今回の食中毒発生で、      「とうとう被害者を出してしまったな」      「さて社長はどんなコメントするか」      「自己責任論が出るのか?」 などと注目が集まっている。            井戸社長は11月9日夕現在で沈黙したままだが、6日のブログでは、匿名の書き込みは気にしないとして、「便所の落書きにイチイチムキニなってたら胃潰瘍で死んじゃうってさ。 そんな話」 と書いている。            エムグラントフードサービスの広報担当者は、取材に対し、こう説明する。      
「社長のツイッター発言は、個人的な発信であり、事実関係のすべては確かめられていません。 現時点ではお答えできることはありませんが、食中毒の原因とともに調査してホームページ上で来週中には報告します。 店のお知らせについては、今後は食中毒についても触れる段取りで進めています。 サイトのお詫び文は、確かに11月8日に出しており、指摘されたことは間違いです」  (j-cast.com)          
ツイートこの記事をつぶやく