2011,11,07

トヨタFT-86市販車の最終スペック全容が判明!!

      FT86        海外メディアやFT-86ファンサイトで国内販売店向けトレーニング・マニュアルがスクープされた事で市販車のスペック全容が判明。 そこでこれまでの情報を一覧表にしてみました。                   スペック        上表から読み取れるポイントをまとめると以下となります。      ・パワー/トルクウエイトレシオ値から推測すると加速性能はマツダ・ロードスター並み    ・指定燃料は無鉛プレミアム(普段はレギュラーでも可 )    ・燃料タンク容量は軽量化に配慮してか50L    ・リヤサスペンションにダブルウイッシュボーン式が奢られている    ・上級グレードではリヤブレーキもベンチレーティッド仕様    ・標準グレードではホイールが16インチでマニュアル式エアコンとなり、LSD、    パドルシフト(AT車)、アルミペダル、HID、LEDポジション、フロントフォグ、 プライバシーガラスなどの多くがオプション扱い    ・全車オーディオレス標準の為、ディーラーOPTからチョイス、もしくは後付け。  但し、スピーカーは標準装備(6 or 2)                         FT86-1        その他、特筆ポイントとしては      ・車両重心高が460㎜と低い(GT-R:495㎜、Pケイマン:482㎜、フェラーリ360:447㎜)    ・ドライビングコントロール性重視のフロント寄り重量配分(53:47)    ・パゴダルーフ(中央部凹)の採用や床下フルアンダーカバー化などでCD値:0.27と良好    ・次世代D4-S採用で高負荷時は直噴、中/低負荷時は直噴&ポート噴射切替えで燃費向上    ・圧縮比:12.5、ボア/ストローク共に新設計のエンジンを搭載。 最高7400rpmまでOK!    ・基本的に2+2の4人乗りクーペで、リヤシートはほぼエマージェンシー用    ・乗降性の配慮はあえて控え目。 乗降時にロッカーに手をついて乗り込む非日常空間演出    ・走行会用タイヤ4本を搭載可能なカーゴスペース    ・カスタマイズグレードは黒素地色仕様(バンパー、ドアミラー、ドアハンドル)、16×6.5JJ    スチールホイール、エアコンレス、スピーカーレス、インパネ加飾レスの簡略仕様      ・ボディカラーはサテンホワイトパール(MOP)、スターリングシルバーM、ライトニングレッド、 オレンジM、ダークグレーM、クリスタルブラックシリカ、ギャラクシーブルーシリカの全7色。        ここまで実車発表前にスペックが判明してしまうのもクルマ好きの楽しみの観点からすれば如何なものか?とは思いますが、現段階でFT-86の予約注文を入れるユーザーにとっては必須情報かもしれません。        でも・・・まだ何か忘れていませんか?        そう! 肝心の 「車名」 と 「車両価格」 の公表だけは東京モーターショーまでお預けのようです。  (clicccar.com)         ツイートこの記事をつぶやく