もめ続けていたNHKの受信料値下げが決着した。 最高意思決定機関の経営委員会(委員長・数土文夫JFEホールディングス相談役)は2011年10月25日、2012年度からの3カ年の経営計画を決めたが、その中で、最大の焦点だった受信料を2012年10月から最大で月120円下げることを盛り込んだ。          値下げによる減収は3年間で1162億円になり、受信料収入全体の7%に相当する。 NHKの松本会長は 「重い決断」 と説明するが、各紙は社説などで決定過程の不透明さなどを批判している。            受信料の引き下げは、ラジオ受信料を廃止した1968年以来で、実質的に初めての値下げ。 現在の受信料(地上波だけの契約で月1345円)が、口座振替やクレジットカード払いの契約者で月120円(約9%)、コンビニエンスストアなどで振り込む契約者は同70円(約5%)下げる。          2008年策定の現行の経営計画で 「2012年度から受信料収入の10%還元」 を打ち出していた。 NHKは今回の新経営計画で値下げ7%に加え、東日本大震災の影響などで受信料を全額免除する世帯の拡大への対応に402億円(2.4%)、震災後の緊急の設備投資に106億円(0.6%)を充てるとして、合計で10%還元を実現したと説明している。          だが、決定に至る最終盤の動きでは、執行部が経営委に対して、10円刻みで値下げ額を上積みしていく 「バナナの叩き売り」 のような対応が目に付いた。 9月13日に70円(約5%=口座振替、クレジット払い)下げる案を経営委に提示。 大震災、景気低迷など 「(2008年から)検討すべき前提が増えた」 (松本正之会長)という執行部判断だが、経営委は 「10%還元は受信料の10%値下げ」 という福地茂雄前会長の国会答弁などを重視し、つき返した。 執行部は10月11日には下げ幅を110円に上積みする2次案を再提示。 もう一段の努力を求められ、最終的に下げ幅をもう10円拡大し、ようやく決着した。            値下げによる受信料収入の落ち込みで、2013年度の事業収支は47億円の赤字を見込む。 ただ、契約件数増や人員削減を図り、2014年度は10億円の黒字に転じるとしている。        今回の値下げ論議には、マスコミも批判的だ。 26日朝刊やその後の社説なども含め、 「数字の攻防に終始」 (毎日)、「視聴者不在」 (産経)、「公共放送 新時代の姿描けず」 (朝日)、「成長戦略、具体性乏しく」 (日経)など、手厳しい見出しが躍った。          実際、当初の案にあった国際放送への投資、後世のための震災アーカイブスの構築や災害対策の施設整備などは値下げ論議の中で吹き飛んだ。 NHKオンデマンドの2013年度までの黒字化方針は盛り込んだが、民放が猛反発するインターネットへの同時配信などネット時代への対応といった成長戦略は 「具体性に欠ける」 (日経)。       また、経営委の検討過程(5回の会合)が 「支障が出る」 と、一切明らかにされなかったことを問題視する指摘(毎日、産経など)もある。          決定後の25日の記者会見で、受信料引き下げを 「値切った」 松本会長は「経営リスクを勘案すると極めて重い決断」と、渋い表情ながら努力をアピール。     一方、値下げをと迫り続けた数土経営委員長は、10%値下げの公約を果たせなかったことから、「トップが代わったからといって許されるものではない。 国民、視聴者に申し訳ない気持ちはある」 と陳謝するという奇妙な光景になった。 (j-cast.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      tpp参加      輸入品は何でもいいが、ここでは牛肉としよう。 その世界の市場価格を1000円とすると、今は38.5%の関税がかかっているので、輸入価格は1385円になる。 この価格で消費者は、1か月に700gの牛肉を食うとすると、世の中には1385円以上払ってもいい消費者がいるので、彼らはその効用(需要曲線)から価格を引いた利益(消費者余剰)Aを得る。 これに対して国内の牛肉生産者は、価格から費用(供給曲線)を引いたB+Dの利益を得る(ここでは国内業者だけを考えるので関税収入は無視する)。        ここで関税を撤廃し、価格が1000円になったとしよう。 消費量は1kgに増え、消費者余剰はA+B+Cに増えるが、生産者の利益(生産者余剰)はD+Eになる。 図からも明らかなように、関税の撤廃による消費者余剰の増加(B+C)は生産者余剰の減少(B-E)より必ず大きい。 それは関税によって消費が減るため、消費者も生産者も損をしているからだ。 この社会的損失(C+E)を死荷重とよぶ。 関税のような価格支持政策は、死荷重をもたらして社会的な損失をまねくのだ。        具体的に考えると、牛肉の価格が下がることによって、今まで1か月に700gしか食えなかった消費者が1kg食えるようになり、実質所得も値下がりの分だけ上がる。 日本の牛肉の年間消費量は約110万トンで、小売価格は平均4500円/kg。 関税を撤廃したら価格が3割下がり、消費が3割増えるとすると、消費者の利益(B+C)が1700億円に対して生産者の損失(B-E)は1200億円。 日本全体としては500億円のプラスになる。        ところが、この損失は畜産農家の所得の減少になるので見えやすいが、消費者の利益は年1人1500円ぐらいなので、あまり実感がない。 牛肉を1500円安くするために国会に請願しようという消費者はいないだろう。 これが貿易自由化に限らず、多くの補助金が残る原因である。 農業を保護する関税は、結果的にはすべての消費者に薄く広く課税しているのだが、彼らはそれに気づかない。        日本経済全体として自由化の利益が損失より大きいことは明らかだが、生産者が損することも明らかだ。 つまり貿易自由化は生産者から消費者への所得移転だが、これはゼロサムゲームではない。 生産者にB-Eに相当する額を所得補償すれば所得分配にも中立になり、経済の効率は上がる。 これがWTOの方針であり、民主党の提案した農業戸別補償のもともとの考え方だ(今は単なるバラマキになってしまったが)。        つまり関税を廃止して所得補償に変えれば、農家の所得を同じに保っても消費者は利益を得る。 日本は農業に比較優位はないので、農家が他の産業に転換することで生産性も上がる。 ところが内閣府も経産省も輸出増だけを考えているので、メリットが見えない。       おそらく反対派のいうように、TPPによって輸入増が輸出増を上回るだろう。 それは日本にとっていいことなのだ。  (getnews.jp)               ツイートこの記事をつぶやく
        インフルエンザ        もう11月に入り、秋が終わって冬が近づいてきた。 気温も寒くなり、エアコンをつける日も多いが、あまりの寒さに風邪を引いてしまう人も職場でチラホラ見掛ける。        かくいう私も風邪をひきがちな人の一人なのだが、なんと驚くべき情報が入ってきた。 有田焼で有名な佐賀県有田町の小・中学校では、他の地域や近隣の学校に通う子供たちと比べ、インフルエンザの感染率が大幅に違うのだという。        これは有田町にて行われた調査で、町内に通学する小・中学生に 『1073R-1乳酸菌(以下、R-1乳酸菌)』 が入ったヨーグルトドリンクを登校日に1日1本一定期間摂取し続けてもらい、インフルエンザによる欠席児童数を分析した結果から判明したものである。       インフルエンザ1        グラフを見てみると調査期間中にインフルエンザに感染した小学生が有田町では0.64%なのに対し、周辺のA市は9.74%、B市は10.48%と感染率に大幅な違いが生じていた。        この結果のカギとなった 『R-1乳酸菌』 とは、ガンや風邪を引く原因となる体の中で悪さをする悪性の細胞やウイルスに感染した細胞を撃退する『NK細胞』を活性化させる働きを持つもので、子供たちだけでなく、現代のストレスを抱える大人たちや高齢者にも効果があるらしい。        NK細胞を活性化させる物質はシイタケなどにも含まれているのだが、効き目を発揮させるには大量に摂取しなければならず非効率であり、『R-1乳酸菌』 が含まれたヨーグルトを摂ることは非常に効率的なのだという。        いままでは風邪の予防に生姜湯を飲んだりマスクをしていたが、ヨーグルトで風邪予防ができるとは驚きだ。        今年の冬はヨーグルトを食べて健康的に暮らすのも良いかもしれない。 (rocketnews24.com)                  ツイートこの記事をつぶやく
                  野球        <「人の道」に外れてるのはどっちだ>      菅野智之(東海大)はドラフトで日本ハムが指名した選手。 交渉権を持っているのはあくまで日ハムだ。 にもかかわらず未練タラタラというか、勘違いも甚だしいと言わざるを得ない。      一部スポーツ紙によれば、10月31日、横浜スタジアムで行われた関東地区大学選手権の東海大―白鴎大戦のネット裏で、先発した菅野を視察した巨人の長谷川スカウトが、ベタボメした揚げ句、「このまま夜の試合(ヤクルトとのCS)で投げてもらいたいくらい」 と発言したのだ。      すでに他球団が交渉権を得た選手に対し、こっちの水は甘いよと言わんばかり。 「利益誘導」 と受け取られても仕方ないくらいの言い方だ。      菅野を指名した日ハムを 「だまし討ち」 「人の道に外れている」 となじっているのが菅野の祖父で、東海大系列校野球部顧問の原貢氏。 ドラフト前に野球部の横井監督や菅野の両親に指名あいさつがなかったと怒っている。      しかし、日ハムは、菅野サイドに筋を通している。 担当スカウトは事前に東海大に調査書を持参し、その場で記入してもらっている。 しかも、戦略があるので指名するとかしないとかは約束できないとはいえ、指名する可能性はゼロではないと伝えているのだ。 おまけに、菅野がプロ志望届を出している以上、全球団に指名する権利がある。 原貢氏の発言はイチャモンでしかない。 「人の道」 に外れているのはむしろ原貢氏の方だ。     「いったい、どういう教育をしているんだ!」      菅野のいる東海大にこんなクレームがついたという。        菅野が伯父の原監督のいる巨人でプレーしたいという気持ちは分かる。 しかし、ドラフト翌日、日ハムのフロント3人が指名あいさつに足を運んだにもかかわらず、その場に菅野の姿はなし。 本人が落胆しているのは分かるとしても、あいさつの場に姿すら見せないのは、どう考えても礼を欠く。 周囲は何をしているのかと思った野球ファンがいたようなのだ。        その後、東海大関係者が 「最後に決めるのは本人」 と口をそろえたことと決して無関係ではなさそうだ。  (gendai.net)          菅野は浪人を決めたという朝そんな報道が有りましたが、来年を待ってドラフト会議に臨み今年のように巨人以外の球団が交渉権を得たら彼はどうするんだろう!?  本人は、ど社会人の球団にも行けず確か日本野球の憲章だったけ? それに、細かく規制されているから浪人すると一人で練習しないといけないことになると思うよ。 コーチの下で身体を管理・トレーニングされていればいいのだが、果たして一人でそこまで出来るんだろうか?疑問だな?            ツイートこの記事をつぶやく
      iphone映画        携帯電話というカテゴリーにおさまらない、アップルの秀作iPhone。最新モデルのiPhone4Sが登場して未だ間もないですが、これで撮影した映像が美しすぎると、現在インターネット上で話題になっています。        撮影監督を務めたのは、フランスの若き映画製作者Mael Sevestre氏。 全編iPhone4Sのみで撮影し、アップルの編集ソフトFinal Cut Pro7で編集を施しただけという、シンプルな手法でありながらあまりにも美しいショートムービーは、まるで本格的に撮影された映画のよう。        ストーリーは、ひとりのカメラマンが写真を撮るために森を歩きまわっているところから始まります。 美しい景色が広がる高台で撮影をはじめたカメラマンが、ふとファインダーを覗くと、そこにはいないはずの美しい女性の姿が。        触れようとして手を伸ばした瞬間、女性は本を落として消えてしまいます。 女性が残した本に書かれた名前、そしてカメラマンが持つカメラに書かれた名前。 そこに、女性が写り込んできた秘密が隠されているという、ちょっぴり不思議なお話です。          俳優たちの表情や景色の美しさはもちろんのこと、画面に映る光がとにかく美しく、「本当にiPhone4Sだけしか使ってないの?」 と何度も驚いてしまうこと必須のこの映像。      iphone4Sとセンスさえあれば、今すぐにでも監督デビューできそうという錯覚すら覚えます。        Mael氏曰く、iPhone4Sで映像を撮影する上でただひとつだけ問題点があるのだとか。 それは、上から下あるいは下から上へとカメラをターンさせる際に、映像に乱れが出てしまうところです。 アップルの関係者にこの問題点が伝われば、おそらく来年か再来年あたりの発売が噂されているiPhone5で改善されているはず。        それまで待つか、それともiPhone4Sを購入するか。 いま携帯電話を変えようか迷っている人にとっては、悩みの種でしょう。 でもiPhone4Sでもこれだけ素晴らしい作品が作れると知ってしまった以上、次の最新モデルの発売まで待てないかも!? 消費者の葛藤は続きます。 (youpouch.com)          こんな映像がとれるなら・・・ 機種変しようと思うが “バッテリーの消耗が早すぎる” という苦情に調査を行ったところ、基本ソフトに、電池の寿命に影響を与える不具合が見つかったという。 これが、改善されてから機種変だな!?        auから発売されたAndroidも予約して飛びついたが・・・ なんだかな~~~って感じだし早すぎると損した気分になるから不具合が解消してからにします。                      ツイートこの記事をつぶやく