東証マザーズの上場企業に、最年少社長がまもなく誕生する。 2011年12月7日に上場を予定する、アルバイト求人情報サイトの 「ジョブセンス」 などを運営する 「リブセンス」 の村上太一社長がその人。 10月27日に誕生日を迎えたばかりの25歳だ。          会社の創業は2006年2月で、村上社長が早稲田大学政経学部1年在籍中に学生だけで起業した 「学生」 ベンチャー企業だった。                    ジョブセンス        東京証券取引所は11年11月1日、「リブセンス」 の新規上場の申請を承認した。 「学生」 のベンチャー企業として創業して、わずか5年での上場だ。 「会社とはどういうものか、事業を創るにはどうすればよいのかといった知識さえ持たない状態からのスタート」 (村上社長)。 大学の 「ベンチャー起業家養成基礎講座」 のビジネスプランで優勝し、大学のインキュベーション施設のオフィスを1年間無料で手に入れて、会社を立ち上げた。          従業員数は正社員36人とアルバイト17人(9月30日現在)。 10年12月期の売上高は6億3700万円、経常利益2億1700万円、当期純利益は1億2300万円だった。 ほぼ全株式を役職員が保有し、株主にベンチャーキャピタルなどは入っていない。          同社は、アルバイト求人サイトの 「ジョブセンス」 と正社員・契約社員の求人を専門とした転職サイト 「ジョブセンスLink」、派遣社員の求人を専門とした 「ジョブセンス派遣」 を事業の中核に、賃貸不動産情報検索サイトの 「DOOR賃貸」 や中古車情報サイトの 「Motors‐net」 を運営する。          ネット広告は従来、広告掲載費を収益源としていたが、同社は情報を掲載した企業から雇用契約や不動産契約が完了したときに 「成約料」 を受け取る 「成果報酬システム」 を取り入れたほか、契約成立時にリブセンス側から求職者に対しても 「祝い金」 をキャッシュバックするというユニークなビジネスモデルが注目を浴びて、急成長を遂げた。            アルバイト求人サイトの 「ジョブセンス」 は、村上社長自身が高校時代のアルバイト探しで実感した不便さを解消しようと考案したのがきっかけ。 事業化後も、ユーザーの要望に対する 「応答性を高めたい」 というこだわりから、同社では企画やマーケティング、デザイン、システム開発、カスタマーサポートなどのサービス提供にかかわる工程をすべて内製化して運営している。          経営理念は、「文化となるWebサービス」。 それを生み出し続ける集団が目標という。          ツイッターを通じて、多くの祝福の言葉が寄せられていて、
    「マザーズ上場承認。びっくりしました。おめでとうございます!」   「きっと数年後かに 『あれがきっかけでさらに頑張りました』 って人も多いだろうね。 楽しみ!みんなで時代をつくらなきゃ!」   「村上社長は最年少上場記録ですか。 25歳、素晴らしいですね。 もっと新興市場が盛り上がって欲しいですね。」      
といった具合。          村上社長は 「お祝いのお言葉、誠にありがとうございます。 これからが大切ですので、気を引き締めて臨んでいきます」 と応えている。          ちなみに、これまでの 「最年少記録」 は26歳だった。  (j-cast.com)                ツイートこの記事をつぶやく
      甘いもの        砂糖や炭水化物を摂ると、一時的に気分が良くなると感じたことはないですか? これはセロトニンと呼ばれる気分を高揚させるホルモンの働きによるものです。        しかしながら、砂糖の摂り過ぎは気分をよくするどころか、抑揚させることが分かったというのです。          テキサス州・ベイラー医学カレッジの研究チームが、ある6カ国を対象に 「砂糖とうつ病の関連性」 を調査しました。 その結果、摂取過多の状態になるとコーティソルとGLP-1というストレスホルモンが分泌されることが分かったそうです。 しかしながら、この研究では砂糖の摂りすぎが気分を抑揚させる原因については解明できなかったそうです。        砂糖の大量摂取が人体に与える影響について研究をしているJacob Teitelbaum医師は、「砂糖とうつ病の関連性」 を次のように説明しています。 「甘いものをたくさん食べると血液中の砂糖の量が一気に上昇後、一気に降下します。 従って、砂糖の大量摂取すれば代謝と気分の変動が激しくなるのは想像に難くないでしょう」。        また、英国精神医学ジャーナル 『The British Journal of Psychiatry』 に発表された研究結果によれば、精神病と診断された甘党の患者さんは、2年間の長期に渡る入院が必要であったことが記されています。        ボディーラインだけでなく気分にも影響を及ぼす可能性のある砂糖の摂り方について、もっと慎重に考える必要がありそうですね。 甘党の記者は、とりあえずケーキやお菓子を食べるときには砂糖入りの飲み物は控えることから始めようと思います。  (youpouch.com)       ツイートこの記事をつぶやく
                信用        どんな人間であっても常に首尾一貫した行動を取ることはなかなかできるものではないでしょう。 どこかでふらつき、どこかで余計な一言を発してしまうことは誰にでもあることだと思います。 だから、人間はこうした失点ををカバーするために勉学であったり仕事であったりという日常生活で努力を重ね、“自分自身の考え=信念” を持つようになりまわりの人たちから “信用と信頼” を勝ち得ていくのではないでしょうか。        しかし、      「あの時ああしていなかったからお前は駄目だったんだ」    「実はあの時、最低最悪な状況であることは認識していた」    「自分のあずかり知らないところで行われていたことだ」    「私はそれやっちゃ駄目ですよと助言していた」    「第三者がやったことなんです」      と、後出しじゃんけんのような発言ををしてしまったり、“人に任せる” ことができずに全てに顔を出すものの責任を負えず、結局かき乱すだけで終わってしまったり、人としての信義を簡単に破ってしまったり、事実関係と異なることを公の場所で発言したり……        こうしたことをしてしまっては、本人は努力しているつもりでいても “相手から信用も信頼もされなくなる” のは必然でしょう。        迷走する民主党政権が、まさにこうした姿をさらし続けていると思います。        「政治は国民を写す鏡だ」と言います。 政治の世界に限らずこうした状況は一般社会でもよく見られる光景ではないでしょうか。          信用と信頼は一度失うと取り戻すことが難しいものです。        東北地方太平洋沖地震以降、日本社会はより混迷を極めつつあるような気がします。      こうした時代であるからこそ、“信用と信頼” というものを考えるべき時代であると思います。  (getnews.jp)       ツイートこの記事をつぶやく
      TKY201111020228      
 ビー・エム・ダブリューは、『M3クーペ』 の特別仕様車 『Frozen Silver Edition(フローズン・シルバー・エディション)』 を、全国30台限定で販売。 本日より注文の受付を開始すると発表した。納車は2011年12月中頃からを予定。        今回の特別仕様車は、ハイパフォーマンスが身上の 『M3クーペ』 のキャラクターをより強調。 光沢をおさえたフローズン・シルバーの外装色を用いたエクステリアには、スポーティさを強調するためにマットブラックの19インチアロイホイールやダーク・クローム処理されたパーツ類を採用。ボディカラーとコントラストを持たせている。        インテリアについても、トリムにカーボンファイバー素材を採用。 グリップにアルカンタラを採用した専用のMスポーツステアリングホイールとも相まって、コックピットにはモータースポーツの雰囲気を漂わせている。さらにシートはブラックのノヴィロ・レザーをベースに、パラディウム・シルバーのアクセントならびにステッチを採用。専用デザインのドアシルプレートも装備している。        走りに関する装備も充実しており、EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)を標準装備。そのセッティングは通常の 『M3クーペ』 とは異なり、「SPORTS」モードにおいても、車両の挙動をモニターしながらダンピング特性を最適に制御。 またDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール) は、Mライトアロイホイールに合わせたセッティングに最適化している。 ■価格:1243万円です。  (asahi.com)        
ツイートこの記事をつぶやく
                   111103_124700      
 カーニバルヒルズ”美人の湯”内の「テイクキュア」でのスポーツマッサージが終わってから小学校の同級生が働いている  「道の駅  『くりもと』」へお腹も空いたからお昼ご飯を購入しに立ち寄ってみました。        レジには、同級生がいたからお昼ご飯のお寿司の盛り合わせを手に並び 「久しぶり!」 って言えば、          同級生の女の子(今は既におばさん) 「入って来た時には分かっていたわよ!」        「エエェ!?そう!!分かるの?」        「車ですぐに分かるわよ! “あぁ・・ 来た!” って」        「えぇぇ・・・  そう??」        「〇△□◇君の車の音で分かるわよ! 普通の車の音じゃないから」        「う~~~ん そう?」        「うるさがっぺよ!?」        「訛っねえぇ~」        「(O_O)訛ってないわよ!? これが、標準装備!」        「マ・マヂッスカ(@_@) 標準かよ(?_?)」        「そんなことはいから、H代ちゃんのピーナッツ買って帰ってよ!!」        「どこに有るの??」        「何よ!  落花生売り場の一番右の一列 『じゅうべい』 って書いてあるやつ全部そうだから全部買っていって!?」      「マヂッかよ(¥_¥)」    てな訳で同級生に言われれば買っちゃうよね(^O^)        「また、来るよ」      「分かった。 また、買ってよ!」      「おお・・・」 って、こんなこと言われても、同級生ってなんか特別な感情が有るよな~      
ツイートこの記事をつぶやく
              111103_121107      
 昨日の、カレドニアン・ゴルフクラブでのラウンドの疲れが残っていて怠いから、実家から車で5分のところに有るカーニバルヒルズ”美人の湯”内に有るスポーツマッサージ 「テイクキュア」 へ行って来ました。        ここ 「テイクキュア」 は、Jリーグ鹿島アントラーズ専属トレーナー監修の治療院でスポーツ選手御用達なんです。          「(´〜`;)痛ぇぇ!!」ってかなりきついですが、筋肉、神経、血管の構造や関節の動きや、内臓の状態などを考えあらゆる観点から身体にアプローチして全身のバランスを整えてくれます。        スポーツマッサージってホントに効きますよ!!!        その辺のマッサージ店や鍼灸院のマッサージとは違います。      これからは、ゴルフをやった後にここによってスポーツマッサージしよう!!        
ツイートこの記事をつぶやく