日本ミシュランタイヤは2011年12月2日、「ミシュランガイド東京・横浜・湘南2012」 を発売します。          食事を提供する施設に一つ星~三つ星までの評価を付けるグルメガイド。 2012年度版は湘南エリアまで調査を拡大し、11年度版から掲載している鎌倉エリアに加え横須賀市、葉山町、逗子市、藤沢氏、茅ヶ崎市、平塚市、大磯町、小田原市、湯河原町の店舗がセレクションされました。          掲載施設は合計356軒で、このうちレストランが292軒、ホテルが54軒、旅館が10軒となっている。        日本って他の国からすると☆を獲得している施設が圧倒的に多いのはミシュランの日本でのタイヤ販売を少しでも優位にしたいからなのか?       確か、日本でのシェアは3%ほど。 ブリヂストンに追いつけ追い越せの一環かも。               ツイートこの記事をつぶやく
       日経新聞夕刊の 「人間発見」 のコーナーに俳人 黛まどか氏が月曜日から紹介され朝に月曜日分を紹介しましたが火曜日分を紹介します。              神奈川県湯川に生まれる。 父は俳人で 「春野」 主宰の黛執氏。          普通の子供でした。  111130_175036   本は嫌いだったんです。      小学校1年生のクリスマスの朝、枕元に少年少女文学全集が並んでいました。 腰が引けてしまって、とうとう読まずに6年生になってしまった。 その代わりに父に連れられて、野山を良く歩きました。 俳句を作ろうと思ったことはなかったのですが、万葉の歌など自然にそらんじていました。      うちは父の両親と一緒に暮らしていました。 母の実家も同じ湯河原にありました。 両父母とも畳の上でみとっています。 それを見て、死の壮絶さ、厳粛さを子供心に感じました。 命を大事にしなければと思いましたし、他の子供に比べて、死の意識が近いところにあったように思います。              1983年、フェリス女学院短大を卒業、富士銀行(現みずほ銀行)に。          銀行は向いていないと思っていました。 友達が銀行を受けるというので就職課にいっしょに行きました。 そこで 「黛さん、まだどこも受けていないじゃない。 富士銀行にもう一つ空きがあるから、一緒に説明会に行ったら」 と言われ、行ってみたら、その後面接があったんです。 趣味はと聞かれ、カラオケです。 おはこは。 松田聖子の 「白いパラソル」。 歌ってみますか。 振り付けで歌ちゃって。 その日、家で夕食を食べていたら 「内定しました」 と電話が。      他の興味の持てる仕事も見つからなかったので、そのまま就職しました。 今銀行にお勤めの方には申し訳ないですが。      新入行員研修が大変でした。 そろばん、札勘定をやるんです。 漢字のテスト以外は全部クラスでビリ。 グラフで成績が廊下に張り出されるのがつらかったです。       東京で初めて一人暮らしも始まりました。      研修は辛いし、毎日帰って泣きながら母に電話して母も 「辞めて帰ってきたら」。 そうしたら1カ月の電話代が初任給よりも高くついた。 いつまでもこのままではいけない、と覚悟を決めました。       結局3年間勤めました。 祖母に石の上にも三年と言われて育ちましたから、3年は頑張らないと、と。 でも、頑張ったのは銀行の方だ、とよく言われます。      行内の冊子にエッセーを書かないかと言われ、軽い気持ちで書いたことがあります。 その時、同じ部署に文学新人賞を取って銀行員の傍ら小説を書いていた方がいて、その方から 「君の文章読んだよ。 すごくリズムがあってよかった。 きっと将来文章を書く仕事をするといいよ」 と言われ、その言葉通りになりました。              銀行を辞め、テレビのリポーターに。 俳句との出会いも。          「遠くへ行きたい」 という番組で、北九州に俳人、杉田久女の足跡をたどりました。 俳句を作り始めたのは、その頃でした。      久女が神がかったように登った英彦山に登りました。      久女の句に 「谺(こだま)してやまほとゝとぎすほしいまゝ」があります。 下五の 「ほしいまゝ」 がでるまで英彦山に通い詰め、ある時夜中に 「ほしいまゝ」 が浮かんだそうです。              93年、病魔に襲われ、半年間、闘病する。          ある日突然全身に痛みが走り、肝臓の数値が3桁まで上がりました。 原因が分からない、A型もB形もC型も出てこない。 原因が分からなくてF型慢性肝炎と診断されました。      出来るだけ動かない方がいい、と言われたんです。 動けば動くほど肝硬変になる時期が早くなって寿命が短くなる。 若かったから、やりたいこともたくさんあり、人生が半分終わったように思えました。      ところが半年後に数値が突然下がり、抗体が出来たんです。 結局、風邪の菌が肝臓と末梢神経に入ってしまったことがわかり、間もなく完治しました。 病床でたくさんの俳句を詠みましたし、古今東西の俳句に日々励まされ、癒されました。 俳句に支えられた闘病でした。      <春隣病めるときにも爪染めて>        と、紹介されています。  人には歴史があるんだと感じますね!                        ツイートこの記事をつぶやく
     神田駅周辺を((゚д゚o)キョロキョロ(o゚д゚))していると 「宜しくお長いします」 って声に黄色の幟をもってパンフを配っている。        (〟-_・)ン? なんだろう?? と近寄っていると、先日、TVで紹介されていた11月25日オープンしたひとりカラオケ専門店 『ワンカラ』 じゃない!?         111130_104151        そのパンフをもらうと、今なら入会金無料で室料が50%OFFになるようです。 で、ヘッドフォーンで歌う 新感覚カラオケ♪ らしい。  しかも、ソフトドリンク飲み放題でカフェスパース完備されているようです。      ヘッドフォンで自分の歌声を聴きながら歌うの!?         自分の声を初めて聴いた時 “エ━━━(;゚д゚)━━━・・” 自分の声ってこんななのとショックを受けたことがあるから自分の声は聴きたくないな~~            料金は、お昼の時間 8:00~18:00が1時間600円とヘッドフォンレンタル代(有料)。         夜の時間 18:00~翌朝6:00が1時間1,100円とヘッドフォンレンタル代(有料)      お得なナイトパック(フリータイム) 24:00~翌朝5:00とヘッドフォンレンタル代(有料)となっています。      電話は03-5207-9101。    場所は、東京都千代田区鍛冶町2-2-9 共伸会館ビル5階 (神田東口を出て1階にローソンが入ったビル)      これって、終電逃したらひとりカラオケもイイかもヨッ!!a(a`ε・´o)   それ狙いだろうけど!!         カラオケにも 『おひとり様』 商法がやって来たという感じだな!?        ツイートこの記事をつぶやく
       この前に、iphone3Gからiphone4Sに機種変更したのだが・・・ なんだか時間が無くていじれない゚・(ノД`)・゚        本来ならiphone3Gから ″iphone5″ が出るまで我慢・我慢・我慢しようと思ったのだが結局我慢できず機種変更してしまいました。          外箱は、  111129_193908  こんな感じです。          箱の蓋を開けると中には  111129_194027  iphone4Sが収められています。          本体を取ると  111130_170029  Designed  by  Apple  California が収まり、中にはクイックスタートガイドと製品についての重要なお知らせが入っています。           111130_170104  イヤフォン、充電用のコード、プラグが収められています。        スティーブ・ジョブスのシンプルさのこだわりが出ているパッケージだと思います。           iphone3G と比べると   111130_104038  厚くなったのかなと思うが4SはコーナーがRにカットしていないから厚いような気がしますが厚みの差はないね!                 ツイートこの記事をつぶやく
         JAPAN-YEN/        日銀の西村清彦副総裁は30日、京都で開かれた金融経済懇談会であいさつし、欧州債務問題をめぐり 「国際金融資本市場の緊張度が高い状況は、長期間にわたって続くことを覚悟しておく必要がある」 と指摘しました。        「何らかのショックをきっかけに、信用収縮の伝播が起こるリスクについても、意識しておく必要がある」 と警告した。          米国経済については市場の見方がひところに比べ好転しているものの、「再び慎重化するようなことがあれば、国際金融資本市場の動揺が一気に広がっていく可能性がある点には留意が必要」 と指摘しました。        日本経済は 「持ち直しの動きは続けているものの、海外経済の減速の影響などから、そのペースは緩やか」 になっており 「当面、海外経済の減速や円高に加えて、タイの洪水の影響を受ける」 とし、その後新興国など海外経済の成長や復興需要で 「緩やかな回復経路に復していく」 との公式見解を繰り返した。        ただ 「最大のリスク要因は欧州債務問題の今後の展開と、それが国際金融資本市場や世界経済に与える影響」とし、「投資家がリスク回避姿勢を強めているため、相対的に安全な通貨と認識されている日本円が買われやすい地合いが続いている」と述べた。 たとえば、「ファンダメンタルズから説明できないような大幅な円高が進行すれば、企業の海外生産シフトが臨界点を超えて非連続的に加速するリスクがある」と指摘。 「単なる一工場の移転ではなく、サプライヤーを含めた『ものづくり体制』が根こそぎ海外に移転しまう」 とし、「不可逆的な 『ものづくり体制』 の海外移転を引き起こさないかどうかという観点から、為替・国際金融資本市場の動向を注視していく」 と強調しました。          欧米の銀行間市場金利が上昇しているのに対して日本では 「緩やかに低下している」 とし、国債市場も 「2年物まで0.1%に近い、きわめて低い水準で推移している」 と指摘しました。  (reuters.com)           ツイートこの記事をつぶやく
      TIME        情報化社会と言われるだけあって、情報が広まるまで驚くほど速くなりました。        情報が発信されると、たちまちのうちに世界中へ伝達されますが、国の事情により、同じ内容が発信されない場合があります。        世界中で発売している雑誌 「TIME」 の表紙が、なぜかアメリカ版だけ違うと話題になっていました。         タイムヨーロッパ版         タイムアジア版        「革命が帰ってきた」 という大きな見出しで、ヨーロッパ、アジア、南太平洋で出版されていた表紙が、アメリカだけ全く違うものになっています。        アメリカの表紙の見出しでは、「なぜ不安を持つことは良いのか」 と、他の地域とは全く違う健康トピックスになっているのです。        当然ながらアメリカ版だけ違うことに 「なぜ?」 と疑問を抱くわけですが、ちょうど反格差デモや暴動が起きているタイミングもあって自重したのか、それとも何らかの圧力でもかかっているのか、その理由をいろいろ考えさせられます。        この件に関して、アメリカを含む世界中からコメントが寄せられていました。          海外掲示板の様子を抜粋してご紹介します。        ・みんな寝ようぜ。    ・アメリカ人は繊細すぎて、まわりで起こっている現実に耐えられないんだ…。    ・どっちが皮肉かわからんな。不安が自分に良いってのか?    ・この表紙の変更は、私たちに世界で起こっていることを見せたくないのか、それともウォール街占拠を考慮すると、避けたいトピックだったのか、どっちなんだろう。    ・自由は奴隷、無知は強さ…不安は平和?    ・アメリカが実際の世界に耐えられないんだと誰かが主張していたが、そしてそれが理由かもしれないが……。 それにしても、私以外にもこのアメリカに向けたメッセージに当惑している人はいないかな? この4年ほど経済的に苦労しているってのを 「不安は人に良い?」 って。 アメリカン・ドリームに不満や幻滅しているアメリカ国内の人々に、「黙って働け、ストレスは体にいいんだよ、何もないから働け」 と言ってるように見える。    ・この表紙がまたいいぞ。  TIME Magazine — U.S. Edition — October 24, 2011 Vol. 178 No. 16  他の国々:「なぜアメリカはアフガニスタンを助けないのか」  アメリカ:「サイレント・マジョリティが帰ってきた」    TIME Magazine — U.S. Edition — April 2, 2007 Vol. 169 No. 14  他の国々:「タリバニスタン」  アメリカ:「なぜ公立の学校で聖書を教えるべきなのか」    TIME Magazine — U.S. Edition — September 20, 2010 Vol. 176 No. 12  他の国々:「パキスタンの絶望」  アメリカ:「学校を偉大にするものは何か」    TIME Magazine — U.S. Edition — April 6, 2009 Vol. 173 No. 13  他の国々:「今こそみんなで」  アメリカ:「過剰に終止」    TIME Magazine — U.S. Edition — November 3, 2008 Vol. 172 No. 18  他の国々:「借金の海」  アメリカ:「選挙の日におかしくなりそうなこと」    TIME Magazine — U.S. Edition — September 28, 2009 Vol. 174 No. 12  他の国々:「中国の時」  アメリカ:「狂った男」    TIME Magazine — U.S. Edition — August 8, 2011 Vol. 178 No. 5  他の国々:「イスラムを通る旅」  アメリカ:「雑用戦争」    ・ちょっとこれは恐ろしいことだろう。    ・TIMEの編集長が、我々にそんな小さな信頼しか持ってないことに残念だ。    ・もう彼らを「ニュース」と呼ぶのをやめるべきだね。「エンターテイメント」と呼ぶべき。    ・気に入る気に入らないに関わらず、TIMEは賢いと思うね。 これがアメリカの読者が読みたいことで、それはアメリカ以外で起きていることと違うだけだ。 メディアが情報を止めていると責めるが、世界で起こっていることを聞いたところで気にもしないんだ。 自分はアメリカから海外へ移住して、初めてアメリカが民族中心主義だったことを知ったよ。 あんなにアメリカを脱出したがっていたにもかかわらず、話す内容は 「アメリカではこうする…」 とか、  「これがアメリカだったら…」 とか 「この店にはアメリカ製品がない」 とか、俺だけじゃなく他のアメリカ人もそうなんだ。 他の国から来た人々がどうやって自分の国籍にこだわらず、世界の一員と思えるのがまだ理解できない。うらやましいよ。    ・いつもいつもそんな時ばかりではない。  TIME Magazine — U.S. Edition — November 14, 2011 Vol. 178 No. 19  他の国々:「どうしてお母さんはあなたを大好きだったか」  アメリカ:「アメリカで、また這い登れるか」    ・アメリカ人としては侮辱だね。TIMEの編集者がアメリカ人の世界に関する事柄に対し、バカ、無知、無関心と見ているね。    ・残念ながら編集者は正しいってことだ。        商業誌である以上、冊数を売るのが目的なので、表紙を読者好みにするため独自の変更をしているとの言い分があるようですが、少なくともアメリカ人が見たいものや求めているものが、他国とこれだけ違うというのは興味深いことです。 (labaq.com)               ツイートこの記事をつぶやく
       月曜日、仕事が一段落して “ちょっと寄っていくか!?” とカズマサ君のお店 「かぶき 神田南口店へ。        screenshot   「今日は、平塚港から美味しい魚来てる!?」          「有りますよ(o^―^o)   110622_115719  糸引き鰺を一夜干しにしたから食べてみてください」        って焼いてくれたのが、                   DSC_1135        これです。         「意外に美味いね!! 身はサッパリしているが干してあるからうまみが“ギュッと”詰まっている感じがする」        「でしょう!!  俺が作るんだから美味いに決まっていますよ!!」 ってドヤ顔。             で、日経夕刊を広げ 「人間発見」 で紹介されている俳人 黛まどか氏のコーナーを読んでいると、        おもむろに 「┏(゚ェ゚) アレ? 黛まどかじゃねっすか!?  中学校の同級生すっよ!」 ってまたまたドヤ顔!!        「Σ(・ω・ノ)ノえっ!  マジかよ!!」        「ホントっすよ!!  それに、船越英二の妹も同級生っすよ!!  俺らは相手にっされなかったですけど・・・   だって先生なんかお前らはバイクの免許とるんだろうからその辺でバイクの免許の勉強でもしてとって、授業の邪魔すなよ!的な感じでした」        「それで、今のカズマサ君があるんだ!! もっと勉強しておけばよかったのによ」        「当時は、分けわかんねえじゃネッスか!?」        「そりゃそうだ! 今になって後悔してるだろう? もっと勉強しておけばって」        「そうなんですよ ・(。>д<。)・ ねえ頭使って仕事してんすから疲れますよ」        「それよりも、カズマサ君のブログ面白くねえよ(*`д´)」         「しょうがねえじゃねっすか!? 110406_104556  脳みそねっすから」          「60の手習いっていうから努力すれば大丈夫?ヾ(・∀-`;)だよ!!」           なんて話しをしているうちに夜は更けて家路につきましたが・・・ 人のつながりって分からない物です。            それでは、黛まどか氏が 「人間発見」 のコーナーに紹介されたものを紹介してい行きます。              17年前に 『B面の夏』 で戦列にデビューし、俳句の世界に新風を巻き起こした黛まどかさん(49)。 俳句を通して人を励まし、外国で俳句を教え、オペラの台本を書く。          パリで東日本大震災の一報に接しました。 パリで長く仕事をしていて故郷の宮城県に帰ったばかりの友人からのメールでした。 『町が燃えています』 という1行でした。 テレビを付けたら津波の映像が目に入りました。      「今から逃げます」 というメールも。 しばらくして 「がれきのまちにうつくしい星空が広がっています。 これまでの人生で最も美しい星空です」 と。 日本人ってすごい、と思ったんです。 自然と共生してきたといういわれるけれど、あの状況で星空を美しいと仰げるのですから。 俳句が役立つのではないかと思いました。      文化庁の文化交流使として1年滞在したフランスから4月に帰国し、被災地へ行きました。              4月22日から4泊5日で被災地を訪問。 福島第一原子力発電所に近い福島県飯館村を訪ねた後、相馬市、新知町、宮城県石巻市、岩手県野田村、岩泉町、山田町の避難所を回り、編著 『あなたへの一句』 と短冊を配り、俳句を詠んでもらった。          石巻の子供たちが俳句を作りたいと言ってくれました。 マグロ船に乗っていた80歳近いおじいさんからは 「食べ物より本が欲しかった」 と喜ばれました。 がれきの中から拾ってきた泥だらけの本を見せてくれました。 子供向けの歴史書や経済の本を乾かして読んでいるようでした。       「あなたへの一句」 は、いじめに悩む歩とたちを激励するために始めた無料携帯メールマガジン 「俳句でエール!」 (http://madoka575.co.jp/pub/) で紹介した人生の応援歌をまとめた本です。      「俳句でエール!」 は、今は被災地を励まし、あるいは被災地の方々からの投句の場になっていますのでが、一度覗いてみていただれば、と思います。 野田村の方から届いた 「身一つとなりて薫風ありしかな」 という作品がありました。 津波で何もかも流された方です。 にもかかわらず、こういう句が詠める日本人は尊い。      俳句は思いを言わない文学。 その分、昇華する。 逆に余白すさまじいものを感じる。 悲しいことを悲しいと言ったらそこでとどまってしまう。       「身一つとなったが、薫風が吹いているではないか」 と言い切ったときに、その人の舞台が上がる、言葉の力。 人の気高さと俳句の力を思いました。              6月に東京文化会館で演奏形式のオペラ 『万葉集』 が上演された。 作曲は千住明氏。 大津皇子と大迫皇女のレクイエム 「二上挽歌(ばんか)編」 は涙を誘った。          父 (俳人、黛執氏)が万葉集の勉強会をしていて子供の頃から、万葉の歌の舞台に連れていかれました。 当時は興味がわかなかったんです。 大和三山って言われたも、こんな山かという感じで。 でも万葉集を好きになっていました。      歌を手掛かりに台本を書く。 あらすじはあってないようなものです。 「明日香風編」 では額田王の姉ともされる鏡王女を出したかったのです。 鏡は最初は天智天皇の妻の一人だったのですが、天智天皇が妹の額田を娶り、中臣鎌足に下賜されます(諸説あり)。 鏡王女は、他の奥さんと鎌足の子どもを育てつつ、鎌足が病気になると、山階寺 (興福寺の前身) を建て、平癒の祈願をする。 一方で額田は二人の天皇を相手に歴史の大事な場面で歌を作り、十市皇女を産む。       姉妹で生き方が全く違うのですが、どちらも自分らしい生き方を貫いた。 男性優位の時代で与えられた運命の中で生ききった女性です。 今私たちは、掴み取ろうと努力することは多いのですが、与えられたものを受け入れる強さが無いのでは。 だから自己実現という言葉がでてくる。      抗うことのできない人生を精いっぱい生ききった、どちらも見事な生き様だと思います。        111130_123830       <恋争ひ三山も粧へる>        と、第1回目の紹介でした。                   ツイートこの記事をつぶやく
                     東京地方裁判所        日本を代表するシンクタンク 「株式会社野村総合研究所」 (以下、野村総研)の上海支社副社長(当時)が2007年12月、取引先企業の女性営業担当者に強制わいせつ行為を働いた、いわゆる 「野村総研強制わいせつ事件」。 被害者女性の友人有志らがこれを告発したところ、野村総研が名誉を棄損されたとして、この友人の一人と被害者女性に1,000万円の損害賠償を求める “逆ギレ提訴” をした裁判の第3回公判が、11月18日東京地裁で開かれた。 裁判までのいきさつは以下の通りである。        07年の事件発生以来、被害者女性の友人らはその女性が受けた強制わいせつ行為の他にも、他の女性らが元上海支社副社長から受けた過去の強姦や強制わいせつ、さらには業務上の背任未遂、脅迫行為、上海ミスコン出場者の個人旅行への同伴要求、マカオでの集団買春などの行いを、一次証言を元にブログや文書を通して厳しく批判してきた。        これに対し野村総研側は、こうした批判行為による「有形無形の損害」(訴状より)が「少なくとも1,000万円を下らない」(同)として、1,000万円の損害賠償を求める民事訴訟を今年5月に提訴したのである(※記事参照)。          一般に裁判で名誉棄損を主張する場合、原告は被告の主張が事実と反していることなどを指摘し、その上で賠償額を積算して請求するのが基本。 これに対し、訴えられた被告は自身の主張の正当性を、証拠をそろえて立証するというのが基本的な流れだ。 ところが、今回の裁判では、野村総研側が本来すべきである 原告としてのそうした指摘をほとんど行わないため、裁判が一向に進まない状況にあるのだという。 1回目の公判から傍聴を続けている関係者は言う。          「本来、原告の野村総研側が取るべき態度は 『強制わいせつは事実ではない。 もし事実と言い張るなら立証しろ』 とか、『業務上の背任行為なんてうそだから証明せよ』 とか次々に指摘して、それに対して被告が証拠をそろえて立証し、それを裁判官が判断して黒白つけるというのが流れなんですが、今回は野村総研がそうした具体的な反証をほとんど行っていないんです。 だから被告も、訴訟を起こされただけで、裁判所で何もやりようがないという、異常な状態が続いているわけです」        また、企業犯罪に詳しい都内法律事務所のT氏は、野村総研が訴状の中で、元上海支社副社長の潔白を、積極的に主張してきていないことにも注目している。          「本来なら 『事実無根だ!』 と強く主張すべきところなんでしょうが、一切していません。 野村総研の主張をかみ砕くと、『事実かどうかもまだ分からないのに、決まったかのような表現は世の中に誤解を与える。 だから名誉棄損だ』 と、恐ろしく弱気なんですね(笑)。 おそらく、被告側が証人や証拠をがっちり押さえているのを知っているので、立証しろなんて言うと本当に立証されてしまうと恐れている。 なので、この時点で『やりました』と言ってるようなもんですけどね」        野村総研側がこれまで行っている唯一の反論らしい行為として、元上海支社副社長の行為を被害者側が告発し続けてきたブログのプロバイダー 「livedoor」 に対して、「当社を 『強姦企業』 などの過激な言葉で不当におとしめて」 いるなどとして削除要請を行い(livedoorは9月に削除)、その後、同様のブログをアップしているもうひとつのプロバイダー 「FC2」 (拠点はアメリカ)にも同じく削除要請を行っている(現在も運営中)。        であるならば、裁判の過程でも 「ブログのどの部分が事実と反するか」 を指摘すべきところであるが、これについても過去2回の公判では、なぜか一度も主張がされていない。 注目された3回目も新たな主張や証拠は一切示されることはなかった。 傍聴席にいた他の関係者があきれ気味に言う。          「性犯罪行為を批判されたら 『うそつきだ! 名誉棄損だ!』 と逆ギレして裁判を起こし、かといって裁判で 『事実無根だ』 とも主張しない。 この野村総研の弁護士はいったい何がしたいんでしょうか(笑)。 裁判が始まって半年近く経つのに、具体的な指摘すら何ひとつ出せない。 この時点で犯罪を認めていると言われても仕方ない」        ここでいう 「野村総研の弁護士」 とは、当サイトが先日 「オリンパス代理人の “あの”  弁護士に市民団体が懲戒請求!」 で報じた高谷知佐子弁護士(※記事参照)のことである。 日本の四大法律事務所のひとつと呼ばれる 「森・濱田松本法律事務所」 (東京都千代田区丸の内)において会社法務を専門としているが、記事にあるとおり市民団体から懲戒請求が出されるなど、その強引な手口はしばしば注目を集めてきた。 同じく高谷氏が代理人を務める光学機器メーカーのオリンパスが、高裁判決で先ごろ敗訴となった際には、産業医を悪用した高谷氏の手法に関係者が批判の声を上げている(※記事参照)。        また、野村総研が今回、一般女性を相手に1,000万円を求める訴訟を起こした行為そのものを批判する意見もある。 公判に先立つ11月14日に、東京都の世田谷区議会へ 「恫喝訴訟防止法案」 の成立を求める請願が出されており(※記事参照)、請願の中で今回の野村総研の “逆ギレ1,000万円訴訟” が、恫喝訴訟の象徴的なサンプルとして紹介されているのである。        恫喝訴訟とは、資本力のある大企業などが不都合な事実を隠ぺいするために、社会的に立場の弱い個人への嫌がらせを目的に起こす高額な損賠賠償訴訟を指す。 訴訟の勝ち負けにかかわらず、多額の訴訟費用や精神的苦痛により、被告は窮地へ追い込まれることになる。 海外では多くの国や地域で規制法が制定されているが、規制がない日本では事実上の野放し状態となっている。        同請願を中心になって進めた、「みんなの党」 の衆議院東京都第6区支部長の落合貴之氏は、「今回の請願で(野村総研などの)具体的な事例の存在を知り、問題の根深さを再認識している。 今後も国に働きかけていく」 とコメント。 野村総研が被害者女性に1,000万円の損害賠償を恫喝的に求めるという一連の行為が、政治の世界でも注目され始めていることをうかがわせた。            ■ 裁判官の弁護士事務所への天下りは当たり前!?        いずれにせよ、原告が具体的な主張を一切しないために進展しないこの裁判。 そんな中で興味深い(?) “事件” がひとつ起こっていた。 被告が裁判書面の中で、一部の裁判官らが 「森・濱田松本法律事務所」 に天下っている実態を指摘し、この構造を高谷弁護士が裁判進行に利用しようとしていると疑義を呈したのだが、その際に被告が根拠として添付した報道資料が、当サイトが10月3日付で報じた記事 「グルになってダマす!? 弁護士と裁判官の “不適切な” 関係」 だったのである(※記事参照)。 以下、被告の裁判書面から関係する部分を抜粋する。            「原告の代理人の森・濱田松本法律事務所の高谷知佐子については、報道資料(乙26)の通り、大手法律事務所への裁判官の天下りをちらつかせ、不当に司法の公正さを歪め、利得を得ようとした実態が報道されている」            ここでいう報道資料 「乙26」 がサイゾーの記事というわけだが、原告側はこれに対し、書面の中で 「裁判官の優遇を得るために天下りをしている実態はない」 と陳述。 この表現が天下りそのものは否定をしていないとも受け取れるためか、裁判官から 「今回の公判とは直接関係性がない」との要請で、疑義・陳述ともに削除されている。 これについて、ある法律関係者は 「削除の要請は裁判ではよくあること」 としながら、「できれば今回は削除してほしくなかった」 と説明する。        「裁判所では毎日、膨大な数の事件を扱っていますので、問題を広げすぎると事件を裁ききれない。 だから、ちょっと本筋とズレたことが書面にあると、どんどん削られます。 結果的に、訴状に残された狭い範囲の論点に絞ってやり合うことになる。 でも本来、それでは事件の本質は見えてこない。 今回で言えば、大手法律事務所への裁判官の天下りは公然の事実ですし、実際、原告の陳述は『便宜はないけど天下り自体はある』と受け取れる内容です。 削除するほど関係ない話ではないとも言えます」          また、別の法曹関係者は司法の権威に関わるより深刻な問題点を指摘する。        「高谷氏は今回の裁判で、実は弁護士としての仕事を全然していません。 他の弁護士から笑いものになっているとのウワサも耳にします。 ただ、訴訟を起こして時間を稼いでいるだけで、5カ月も経つのに何ひとつ立証していない。 こういうふざけた行為を横行させないために 『裁判迅速化法』 があるのだから、本来なら裁判官の権限で即日棄却されてもおかしくない。 それができないのは 『森・濱田松本』 が業界最大手だからと見られても仕方ありませんよ」          それにしても、野村総研は仮にも1,000万円もの損害賠償金を一般女性に要求している以上、事実関係の立証に、いいかげん本気で取り組む姿勢が求められるだろう。 先の傍聴人が 「何がしたいか分からない」 と指摘した通り、このままでは被害者女性を追い詰めるための 「恫喝訴訟」 と取られても仕方がない。 次回12月2日の公判における野村総研弁護団の動きが注目される。  (cyzo.com)          こういう問題って大企業の “驕り” のなにものでもない!! 素直に 「ごめんなさい」 って言えないんでよな!!                  ツイートこの記事をつぶやく
                      秋篠宮        秋篠宮さまは30日、46歳の誕生日を迎えた。 これに先立ち、宮邸で紀子さまと共に記者会見し、来月で78歳になる天皇陛下の公務について 「定年制というのは、やはり必要になってくると思います」 と述べ、公務を一定の年齢で減らすことの議論が必要との考えを示した。 皇族が 「天皇の公務の定年制」 に言及したのは極めて異例。        負担軽減のため、公務を減らし、国会召集など憲法が定める 「国事行為」 に専念する案に関し、どう考えるか、という質問に対して答えた。        秋篠宮さまは、必要性の背景について 「ある一定の年齢を過ぎれば、だんだんいろんなことをすることが難しくなっていきます」 と述べた上で、「人によって老いていくスピードは変わる。 年齢で区切るのかも含めて議論しないといけない」 と、制度を設けるには慎重さが必要との考えも示した。            江戸時代以前の天皇には、譲位して上皇になる道があったが、現在の皇室制度を定めた皇室典範は 「終身天皇」 の考えに基づき、「天皇の公務」 に関する細かな規定も無い。        会見は陛下が入院中の22日に行われた。 典範の規定では、女性皇族が結婚すると皇籍を離れるため 「皇室の先細り」 が懸念される。 秋篠宮さまは 「皇室を維持するには一定の数は当然必要」 と語り、制度論は国会の論議に委ねるとの基本姿勢を示した上で、皇室の将来について 「私もしくは皇太子殿下の意見を聞いてもらうことがあっても良い」 と、09年の誕生日会見と同様の考えを語った。  (mainichi.jp)            皇室典範も時代の流れとともに変えるべき時期に来ているということ!?                   ツイートこの記事をつぶやく
      鶏卵        歳を重ねると誰しも次第に体が衰えていきます。 好むと好まざるとに関わらず、いずれ年老いていく訳ですが、普段の食生活でその進行は大きく異なるようなのです。          米ボストン大学のとある研究者は、1400人を対象に食事のアンケートを行い、その後に対象の追跡調査を行いました。 その結果、ある栄養成分の摂取量が高い人々は、脳が老化する速度が、そうでない人に比べて遅いことが明らかになったそうです。 その栄養素は、鶏肉・卵に多く含まれているそうで!        この研究は同大学のローダ・オウ博士の研究チームが、1991年から10年をかけて行ったものです。 36~83歳の1400人の食生活についてアンケート調査し、ついで記憶と他の認識力についても調査をしました。        そうしたところ栄養素の 「コリン」 の摂取が多い人は、摂取量の少ない人に比べて明らかに記憶能力が勝っていました。 また教育の分野でも2者の間に差があらわれたといいます。        ではなぜ、このコリンの摂取が重要かというと、この栄養素は神経物質の 「アセチルコリン」 の前駆体であるから。 これは記憶と他の認識能力の鍵を握る物質です。 したがって、コリンの摂取量が不足していれば、アセチルコリンも不足するということに。 ちなみにこの物質の分泌が低いと、アルツハイマー病になる可能性が高くなるといいます。        なお、コリンを摂取できる食材は鶏肉・卵だけでなく、キャベツ、カリフラワー、ヒヨコマメ、大豆、麦芽、えんどう豆など。 これらの食材を普段の食事に加えると良いのではないでしょうか。 (youpouch.com)          これからは、鶏肉と卵とキャベツ、カリフラワー等々を採取しないといけないな!!  それに、コーヒーを1日6杯飲まないと駄目だな!!        ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 1912345»10...Last »