急激な円高が続くなか、輸入車の 「円高メリット」 がなかなか感じられない。 海外の自動車メーカーの2011年9月の国内新車登録台数は、前年同月に比べて19.8%増の2万6200台。1~9月期でも7.4%増の20万6648台と好調に推移している。        とはいえ、「円高還元」 で販売価格が下がったというような声はさっぱり聞かない。 なぜ、安くならないのだろう。        2011年10月26日の東京外国為替市場のドル円相場は一時1ドル75円98銭と、東京市場での最高値を更新。 また、ユーロ円相場は前日比でほぼ横バイの1ユーロ105円95銭前後の水準で推移している。          1年前と比べてドル円が5円近く、ユーロ円で7円近くの円高だが、こうした状況が輸入車の販売価格に反映されているとはいえないようだ。          なぜ、販売価格が下がらないのだろうか――。 日本自動車輸入組合(JAIA)は、「そもそも本国では為替変動の影響をできるだけ少なくするため、長期的な(7か月~1年ほど)輸出計画を立てているので、この間は販売価格が変わりません」 という。          販売価格は定期的に見直すが、車種によってはもともと輸入台数が少ないので計画時に為替レートも決めても為替変動の影響が少ないこともある。          しかも最近はBMWやフォルクスワーゲン、アウディなど、ほとんどのメーカーが日本に子会社の輸入代理店を設立していて、全社的には為替の影響を抑えるようにしている。 円高になれば日本の輸入代理店は儲かるが、本国は損してしまう。 しかし、日本法人は連結子会社なので、結果的に本国はプラス・マイナスゼロになるというわけだ。          日本法人と本国との資金決済に使う通貨も細分化していて、すべてを 「円建て」 でまかなうメーカーもあれば、車種によって 「円建て」 や 「ドル建て」 「ユーロ建て」 を使い分けたり、調達する部品のよって通貨を分けたりと、「リスク分散にかなり神経を遣っています」 (JAIA)と話す。            輸入車の販売価格を下げないのは、中古車市場の価格を安定化させる狙いもある。 中古車の価格が為替の影響で変動すると、新車への買い替え時の下取り価格に響く。 たとえば円高で下取り価格が下がりすぎると、新車への買い替えが進まなくなる可能性がある。 そのため、「為替によって中古車の価格が、できるだけ変動しないようにする必要があるわけです」 と、JAIAは説明。 その代わり円安になって、価格が上がることもないという。          そうした中で、輸入車販売は好調に推移している。JAIAは、「環境保護に対応した車種が売れている」 と話している。 日本では 「エコカー=ハイブリッド車」 のイメージがあるが、「欧米ではガソリン車の燃費性能を高めたりしながら、ダウンサイジングを図っていて、そういった車種を中心に売れる傾向にあります」 という。          消費者の目が 「円高」 に向いているため、今すぐの販売価格の引き下げが無理だとしても、装備のグレードをアップして価格を据え置くなど、どの海外メーカーも割安感を出すための工夫を凝らしている。          「これだけ円高が進むと為替変動は無視できません。 海外メーカーは、来年の新モデルの投入時には価格の見直しをせざるを得なくなるのではないでしょうか」 と、JAIAは予測している。  (j-cast.com)               ツイートこの記事をつぶやく
      入浴        あなたは入浴派? シャワー派? 本当はゆっくり入浴したくても、忙しいとシャワーで済ませがちになる人は多いはず。 季節も涼しくなってきたことだし、できることなら、ゆっくりとお湯につかってリラックスしたいものですね。      ところで入浴派とシャワー派とでは、何か健康や美容に違いが出てくるのでしょうか。 パナソニック電工が、1,000人の男女を対象にお風呂についての意識調査を実施したところ、興味深いことがわかったのです。        まず、アンケートによると、お風呂でお湯に浸かるという入浴派は66.0%、シャワー派は34.0%だったそうです。特に疲れたときは、入浴派が83.7%まで増殖。疲労を癒す場所として期待している人は多いようです。       入浴1        そして、シャワー派の方が入浴派よりも 「乾燥肌」 「冷え性」 「便秘症」 「ストレスをためやすい」 「もの忘れが多い」 などのすべての項目で自覚しているというのです。 入浴派とシャワー派では健康や美容にこんなにも違いが出てくるのですね。        ところでリラックスできる入浴といえば温泉ですが、みなさん温泉にはどんな点にこだわりを持っているのでしょう。        アンケートでは、「疲労回復効果」、「リラックス効果」、「肩こりや筋肉痛緩和効果」、「保湿効果」、「美肌効果」の順にポイントが高い結果に。 また男性は 「美肌効果」 に代わり 「保温効果」 がランクイン、女性は、「美肌効果」 が3位までポイントを上げる結果だったそうです。 ここでも、入浴には心身の健康と美容の両面で期待されていることがわかります。        一方、70万部突破のベストセラーとなった著書 『体温を上げると健康になる』 の作者で、ニューヨークで活躍されているアンチエイジング専門医の齋藤真嗣先生は、1日1回体温を上げる習慣づけをするようにと、正しい入浴をススメています。        齋藤先生によると、ストレス社会で健康にトラブルを発生させる低体温の人が増えているそうです。 不規則な生活が続くと、ストレスに対処する免疫システムを司る自律神経のバランスが崩れ、低体温になりがち。 毎晩、お風呂でお湯につかって体温を上げることから健康になろうと呼びかけています。        さらに、運動をして筋肉を鍛え、十分な睡眠をとることが大切だそうです。 むむむ……そうか、やっぱり体を動かして、規則正しい生活をしないとならないんですね。 身体を動かし、入浴して身体を温める。 これ、健康の鉄則というわけです。        また、質の高い睡眠を得るには、寝る1時間くらい前に副交感神経を優位にすると言われる41度以下のお風呂に10分以上入るのが効果てき面だそうです。 42度以上のお風呂は脳をアクティブにする交換神経を優位にしてしまうので禁物だそうで、どうしてもお入りたい方は朝の入浴がオススメとのこと。 寝るときには部屋の照明を全て消して、さらにメラトニンの分泌を促進させると良いそうですよ!        さらにさらに、アンチエイジングをはかりたい方は、副交感神経に大きく関係するといわれる、ミトコンドリアの活動を活発にさせると良いそうです。 先述の、41度以下のお風呂に入り副交感神経を優位にするメリットは、ミトコンドリアの機能を高めることにもあるのだそう。 これにより細胞内の代謝水が増え、モチモチと潤った肌になるのだそう。 さらにこれらの活性が最大限に機能を発揮すると、な、なんと、120歳まで生きられる可能性もあると言われているそうです。 活性を活発にする入浴の大切さ痛感ですね。        せっかく入浴を楽しむならば、入浴剤のほかにもアロマを入れるなど毎日新しい香りや効能を楽しみたいところです。 さらに、とことん湯質にこだわるのであれば、酸素を含んだミクロの泡で白くやわらかなお湯 「酸素美泡湯」 (高濃度酸素水)に入浴できる、パナソニックバスルームの 『ココチーノ』 はオススメ!        泡の直径は、わずか約18マイクロメートルという大変微細なお湯になるためお湯がミルクのように白く見えます。 高濃度酸素水は通常水よりも細胞間脂質 「セラミド」 の吸水率を増加させるそうで、お肌の保湿と快適度がアップされることが実証されています。        また、植物の発芽促進や維持にも効果があるとが確認済み。 つまり誰もが安心して、入浴剤なしでモイスチャー効果アップを満喫できるというわけです。 お肌がデリケートな人ほど試したいところ。        実際に、この酸素風呂を体験した入浴時の湯質にこだわりを持つ美容ジャーナリストの永富千晴さんは、「湯冷めしにくく身体が温まり朝までぐっすり眠れる」 と絶賛。 お湯の質についても 「まるで次元が違う」 と推進しています。 お風呂を新しくする予定がある方は注目したいところですね。  (youpouch.com)                ツイートこの記事をつぶやく
       ラーメンが戴く “国民食” という冠の意味合いは、他の国民食と称される食べ物と明らかに一線を画している。 この本で著者はラーメンの変遷を追うことで、戦後日本史を記述する。      日本食の食糧不足を背景としたアメリカの小麦粉戦略と安藤百福氏の出自も絡んでの 「米中台日」 のナショナルアイデンティティーの交錯。       百福氏によるアメリカ式の大量生産方式のいち早い投入、そのメディアの積極活用に結果する 「ラーメン」 という名称の一般化。       田中角栄氏が主導した国土開発とご当地ラーメン出現の関連、ファストフード化の問題。 バブル崩壊後の宗教的な気分も伴う 「ラーメン道」 をうたう 「ご当人」 の出現。 インスタントラーメン、ラーメン店の変遷に現代日本の歩みを重ねた考察は大変興味深い。      敗戦によって歴史とのつながりが一旦切りはなされて以降、再び豊かな自然や固有の歴史・伝統を生成するために和でも洋でもないラーメンを材料として、様々な物語が紡がれた。 戦後直後の人々が中華そばの列に並ぶ闇市の光景からカリスマラーメン職人の匠の技とその哲学に胃と心を熱くする現代の若者たち、それはナショナルアイデンティティーの希求と模索に揺れる動く姿そのものである。      と、「ラーメンと愛国」 が日経MJの “身につく読書” のコーナーに紹介されています。              ツイートこの記事をつぶやく
       月刊誌や週刊誌に相次いで否定的な記事を掲載された大阪府の橋下徹知事が、ツイッター上で自らの見解を説明した。 週刊誌が指摘した親族に関する事柄については、ある程度認め、「僕は公人だから何を言われてもある意味しょうがない立場」 ともつづっている。 その一方で、「親が公人でも、子供の権利は最大限尊重され、配慮されるべきだ」 と、親族や子どもに影響があったことについては憤りを隠していない。          月刊誌の 「新潮45」 11月号を皮切りに、「週刊新潮」 「週刊文春」 の最新号では、橋下市の出自に焦点を当てた記事を掲載している。 その中では、実の父親が自殺したことや、実の父親の弟に犯罪歴があることなどを指摘している。                    橋下ツイッター        これまで橋下氏は一連の記事に対して明確なコメントをしてこなかったが、2011年10月29日朝、ツイッターに16回連続でツイート。 自らの見解を明らかにした。 実の父親は橋下氏が小学校2年生の時に自殺したことを明かしたが、      
「物心ついたころには実父は家にいなかったのでほとんど記憶なし」
      と説明。 父親とその弟について、      
「むちゃくちゃやんちゃくれで、暴力団関係者であったことは周囲の話からは聞いた。 同和地区に住んでいたことも事実」
      と、記事に書かれていたことは大筋で認めたが、橋下氏自身については、      
「暴力団との付き合いは一切ない。特定団体への補助金を優遇したことは一切ない」
      と、暴力団とのかかわりを否定した。            その上で、
      「子供は、事実を初めて知った」     「公人本人はどうでも良い。 自分で選んだ道だから。では公人の家族はどうなんだ?」
      と、記事が子どもに与える影響について疑問を呈した。 それでも怒りは収まらなかった様子で、午後にも        
「公人の子供であれば、超プライバシーにあたる事項も全て公開か。 子供は自分でも知らなかった今回の週刊誌報道にかかる事実をこれから背負わされる。 週刊誌はそのことに関してどう考えてるのかね」      
などと3回にわたってメディア批判のツイートをしている。            府知事選と大阪市長選のダブル選の投開票日は11月27日で、1か月後に迫っている。10月29日には弁護士で自民党参院議員の丸山和也氏が府知事選に出馬する意向を党関係者に伝えている。 党府議団は池田市長の倉田薫氏の支援を決めたばかりで、混乱は必至だ。  (j-cast.com)                   ツイートこの記事をつぶやく
       ネットオークションで始めて取引をしたのが2001年。 ドキドキしながら初めての入札をしたのが懐かしい思い出です。 気がつくとなんと10年も経過していました。 今では、何か買い物をするときは、まずはオークションサイトをチェックして、より安く買えないかを確認するのが習慣となっています。      そして誰もが気になるのが安く良いものを落札したい! ということ。 しかし知人などに話を聞くと、「オークションはやったことがあるけど、何度も入札していたら、結局高く落札してしまったから、もうやっていない」 といった話をよく耳にします。 ちょっとしたことを注意するだけで、より安く落札することができるのにもったいないなと、いつも思っています。 そこで今回は、より安く落札する3つのポイントを説明したいと思います。        
  ★ 相場調査と目標価格の設定
     当然ではありますが、欲しい商品の相場を知らないと話になりません。 入札を繰り返しているうちに、気が付けば近所の店で買ったほうが安かったということもあります。 簡単に相場を調べるなら、まずは 『価格.com』 などの価格比較サイトで調べてみること、そして近隣量販店などの販売価格もチェックするべきです。 ネット相場だけでなく、実店舗の価格もチェックするのは、“インターネットが必ず安い訳ではない” からです。       量販店でも型落ちや在庫処分などの場合はネット相場よりも安く販売されていることがあります。 ここは見落としがちなので要注意です! これで目標落札価格を決めることができます。      仮に相場が1万円だとするならば、落札価格(+消費税)+送料+振込手数料=1万円以下 を目標に設定できます。 この金額をしっかり決めておけば、目標金額を1円でもオーバーしたら絶対に入札しないと強く決めることができます。 とても当たり前のことですがここを曖昧にしている人ほど損をしてしまいます。        
 ★ 条件指定検索とアラート機能を使う
       欲しい商品の検索をするのですが、まずは商品名で検索をして、あまりに多くの商品が検索されたり全く関係ない商品も検索されのであれば、検索条件を指定して絞込みをしていきます。      “メーカー名+商品名” この場合でも複数の検索方法ができます。 たとえば 『Nikon coolpix』 を検索する際は、他に “ニコン coolpix” “Nikon クールピクス” “ニコン クールピクス” それぞれ検索結果は違います。 また “クールピックス” でも検索してみる価値はあります。 そして同時に検索条件指定で現在価格を目標金額以下で設定をすれば、すでに高い金額の出品商品を検索から排除することができます。        また、ほとんどのオークションサイトにはアラートという便利な機能があり、登録者であれば無料で使うことができます。 アラート機能とは、検索条件を登録しておけば条件に見合う商品が出品された場合にメールで知らせてくれるという機能です。 ただし、しっかりと絞込みをしておかないと、必要のないメールが毎日送信されてくることになるので注意です。 上記では例としてメーカーとブランド名だけでしたが、型番や色など、しっかりと指定して登録するのがポイントです。        そして、もう一つ商品を探す方法として、時間がある人しかできないかもしれませんが、出品されているであろうカテゴリを現在価格の安いもの順に並び替えて、順番に見ていくという地道な作業です。 かなり地味ではありますが、実際チェックしてみると上記のように “クールピクス” が “クールピックス” と表示されていたり、型番や商品名が間違えていたりすることはあります。 キーワード検索だけでは見つけることができない、そんな出品商品を見つけられればラッキーですよね。        
 ★ ライバルのいない出品商品を狙う
       オークションは出品スタート価格が安くても、入札者が最低2人いれば落札価格はどんどん釣り上がります。 逆に考えれば、出品価格が安く、ライバルがいなければとても安く落札できるわけです。 どういった商品がライバルが少ないのかというと、“写真も上手く撮れていない、説明も少なく、出品画面に凝った可愛い装飾などの、出品テンプレートが使われていない出品商品” です。      例えば、Aの出品商品では、説明文は、内容が少ない。 装飾もなく改行すらされていない。 Bの出品商品は、詳しく分かりやすい説明文と、説明画面は装飾もされ見た目にも魅力ある出品画面になっている。 AとBどちらに入札したくなりますか? もちろんBです。 きっと、みんなもBに入札したくなるのです。 だからこそAがチャンスなのです!!      Aの出品者はただ、出品商品の知識がなかったり、オークションに慣れていないだけなのかもしれません。 出品商品はとても良い商品だけどそれを上手く伝える手段を知らないだけということがあります。 説明が少ないのであれば、気になるポイントを質問すれば答えてくれるでしょう。 しかし、きっとほとんどの人は不安だと思います。 商品の状態はもちろん最近はオークション詐欺もあります。 チェックするポイントとしてはやはり相手の評価で、ゼロやマイナス評価が多い出品者は避けましょう。 また質問をすることで、ちゃんとコミュニケーションが取れる人なのかも確認ができると思います。      また、仮に詐欺をすることが目的なら、出品商品説明は逆にしっかりやって、さぞ良い商品だと伝えるでしょうからね。わざわざ入札されにくいように出品はしないでしょう。          商品説明          では先日、筆者が落札した商品を紹介します。 趣味のテニスで使うラケットですが、商品説明欄は簡単な文章だけです。 出品者はテニスの知識がないようで、詳しい説明ができていません。 また、硬式と軟式の区別がつかず、硬式ラケットと軟式ラケットの出品カテゴリも間違えていましたし、商品名も “YONEX ラケット 4本セット” だけで詳しい型番や商品名も明記されていませんでした。 しかも終了日が平日で、アクセスの集まらない条件が全てそろっていたのです。      このラケット4本セット、4本のうち3本はとても古いラケットでほとんど価値のないものでしたが、1本だけ中古でも1万円以上の落札相場であるラケットが混ざっていました。 もちろん確認は掲載写真だけ。 ピントもボケていましたが筆者はカラーとデザインを覚えていたので写真を見て気がついたのです。 そして出品者の評価も、1000近い評価で、悪い評価が一つもない超優良出品者! 迷わず入札しました! 落札金額は、なんと、スタート金額の500円(送料1200円、消費税なし、振込手数料無料)!        しっかりとした確認とちょっとの勇気があれば、説明の少ない、注目する人が少ない商品を安く落札することができるのです。        商品名の検索だけでなく、スレッド内検索や検索条件指定を組み合わせることで、ある程度数を絞ることができます。 そして説明が少ない商品なども今回のように、出品者に商品知識がないだけで、商品は良い物も探せばあります。 もちろん、筆者も過去に失敗したと思う商品を落札したこともありましたが、慣れてしまえば優良商品を見つけられるようになりますよ。        最後に、オークションでの心構えを自分に言い聞かせる意味を込めて書いて終わりたいと思います。        1、リサーチはキッチリ! 決めた上限金額以上は、1円でも高い入札はしない強い決意を持つこと。        2、商品は気長に2~3か月かけて探すつもりで、あせらずムキにならないこと。        3、多くの人が入札したくない商品こそがチャンス! ただし、評価確認や質問で確かめること。  (getnews.jp)        ネットオークションは3つのルールを守れば大丈夫ということかな!?                       ツイートこの記事をつぶやく
         サムスン電子        韓国のサムスン電子が発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年比13%減少した。 携帯電話機部門は好調だったものの、チップ事業の落ち込みに圧迫された。      市場関係者のコメントは以下の通り。          ●第4四半期はやや改善へ、半導体事業に期待大      <大信証券のアナリスト、KANG JUNG-WON氏>      サムスン電子は、第4・四半期には出荷を増やすことに重点的に取り組むだろう。 同社は世界のスマートフォン市場で現在の地位を維持し、業績は第3・四半期からやや改善すると思われる。      同社の半導体事業はすでに回復に向かっており、2012年第1・四半期の同社の半導体事業とLCD事業は非常に期待できる見通しだ。          ●第4四半期利益は小幅改善の見通し        <メリッツ証券のアナリスト、LEE SUN-TAE氏>       第4・四半期の利益は小幅改善、2012年は大幅な伸びを見込んでいる。 通信機器事業が引き続き非常に好調となり、半導体以外の事業が良好になるだろう。      アップルの新型 「iPhone(アイフォーン)」 は控えめな機能修正にとどまっており、サムスンのスマートフォン 「ギャラクシー」 の販売に打撃を与える可能性は低い。          ●今四半期利益は第3四半期と同程度に         <東洋証券のアナリスト、パク・ヒュン氏>        第4・四半期の利益は携帯機器と半導体が主導し、第3・四半期と同程度を維持するだろう。 しかし携帯電話や家電のマーケティング費用が押し下げ要因となる。      メモリーチップは在庫がはけており、価格が底打ちした兆候がある。 しかしマクロ経済動向が需要見通しに影を落としており、業界全体として改善に向かうかどうかは不明だ。          ●全事業部門が大幅改善する見通し         <新韓金融投資のアナリスト、ジョン・ソウ氏>      LCDを含め、サムスン電子のすべての事業部門が今後大幅に改善するだろう。 一部の米経済指標が示すように北米経済の力強さが増す場合は特に期待できる。      LTEと4Gの国内利用者数が来年150万人を超すと見込まれるなか、韓国企業は一段と競争力をつけるだろう。      マクロ経済環境が改善するにつれ、景気悪化とともに減少していたパソコン需要は増加し、半導体業界を後押しするだろう。  (reuters.com)              ツイートこの記事をつぶやく
       日経夕刊 「人間発見」 のコーナーの糸井重里氏の紹介は4回目になります。  “ねるほどね” って感じますよ!             1997年インターネットと出合う。 その年の誕生日、49歳で初めてパソコンを購入し翌年 『ほぼ日刊イトイ新聞』、通称 『ほぼ日』 を立ち上げる。          これだと、思いました。 ものを考える人やつくる人が、メディアやスポンサー抜きで消費者と直接つながれる。 普通の人たちが地位や立場と関係なく、趣味などの情報をタダで分かち合っている。 対等で自由。 ここに新しい 『  』 をつくろう、と決心しました。      広告屋だった自分とはお別れです。 しばらくは厳しいぞ、と覚悟しました。 もちろん一人ではできません。 都心の事務所をたたみ、やや不便な場所の一軒家を借りました。 風呂もあり寝泊まりできる職住一体体制。 学園祭のようでわくわくしたことを思い出します。      文字中心だから分かりやすく 「新聞」 と名付け、有名、無名を問わず面白い人に原稿を書いてもらうことにしました。 ただし原稿料を払う余裕は全くありません。 「タダだけど自由にかけますよ」 と口説いて回ったものです。      有る専門家には 「古い」 「今さら」、別の専門家には 「早すぎる」 と言われました。 軌道に乗ったと思ったのは読者が3万人を超えたとき。 これで何でもできるぞ、と思いました。 満員の野球場で僕らがどんな試合をするか、3万人が観客席から見ている。 いい試合をすればきっと応援してくれるはず。 苦労ではなく、楽しみで共感して欲しい。 そう考えました。              連載をまとめた本や生活雑貨の制作・販売を始め、収益源に。 中でも 「ほぼ日手帳」 は年間35万部を売っるヒット商品に育つ。          頼まれ仕事ではないものづくりの面白さを知りました。 企業の広告は100万人単位で考えていた。 お金もかけ、仕掛けも大きい。 でも霧のような100万人より、わざわざ 「ほぼ日」 を読みに来てくれる3万人が僕にとってうれしいんだっと分かりました。 言葉が届き、うれしそうに笑っている様子が目に浮かぶんです。 自分の仕事を見ていてくれる人がいる。 そのことの意味が初めて、泣きたいくらいに分かりました。      商品企画の出発点はすべて、自分たちが欲しいもの。 読者の声を聞いて改良を重ね、製作過程はすべてネットの載せます。 第1号のTシャツは原価も公開しました。 僕たちと使ってくれる人が一つのチームだと思っています。 もっとお客さんと親しくなれるにはどうすればいいか、と常に考えます。      対等な関係でありたいから 「お客様は神様」 とは考えません。 取引先も同じ。 揉み手で平身低頭したり、土下座したりたたき売りしたりはしないと社内でも言っています。 揉み手や土下座は言葉ではない。 言葉で人と人としての関係を築いていきたいんです。      手帳を作った時、銀座の老舗の文具店に置いてくれるように頼みに行ったら 「実績のないメーカーはお断り」 と言われ、泣いたことも。 別の生活雑貨チェーン店が 「ぜひ」 と言ってくれ、いまはそのチェーンで売れ筋トップです。          事務所は社員40人、売上高20億円を超す会社になった。          自分が 「経営者」 になるとは思わず生きてきました。 だから役職も部署もなく席替えはくじ引き。 発案者が周りを巻き込んで商品化するまで責任を持ちます。 プレゼンテーションが上手である必要はありません。 直接話し、一緒に仕事をすれば分かりますから。 資料作りが仕事だと思われてはたまらない。 逆に、熱中し過ぎる人は上手に邪魔するのも僕の役目です。       頑張る村、地域共同体のイメージですね。 いろいろな人がいて、軽口をたたきつつ認め合い、大衆的な倫理を守って暮らす江戸の長屋が理想なんです。 会議では他人の提案への悪口は禁止。 対案が無いならせめてヨーモアのある発言を、と言っています。 皆で自由にアイデアを出し合い、楽しさや豊かさという価値を増やしていくのが 「ほぼ日」 のやり方です。 会社が 「管理」 を中心に動くようになったら寿命ですね。 ものを生む力や熱が無くなった証拠ですから。      いままでの資本主義や会社経営とはちょっと違うあり方が気になるのでしょうか。 最近のビジネス系の取材が増えています。 昔 「話の特集」 など、小さくても影響力のある雑誌がいくつもありました。 そんな会社を目指すのも良いと思い始めました。        明日は、5回目をご紹介します。               ツイートこの記事をつぶやく
     突如発表されたプロゴルファー・石川遼(20)と幼なじみの女性・A子さん(20)との交際だが、発表される以前の10月17日から18日にかけて、女性セブンは、A子さんが石川の豪邸にお泊りしたのをキャッチしている。 ふたりの関係について、石川の所属事務所の代理人という弁護士に取材を申し込むと、「後で連絡する」 との返答があったが、その夜の9時過ぎに、交際が全マスコミにファクスで突然発表されたのだ。        石川の背後には、これまでずっと父親の勝美さん(54)の姿があった。 保護者として、またゴルフのアドバイザーとして息子を見守っているのだろうが、一方でトラブルが絶えなかった。        A子さんが、石川宅にお泊まりした翌朝のこと。 取材待機のために、A子さんの自宅から100mほど離れた道路に車を駐車していた本誌カメラマンの元に突然警察が現れた。 そして話を聞かれている最中のことだった。 石川の母親がやってくると、“主人が話したい” といっているといって、その場で携帯を手渡されたのだ。 耳にあてると、電話の向こうからいきなり勝美さんの怒鳴り声が響いた。          「電話番号、住所、氏名を答えろ」 「お前の家族の携帯番号も答えろ! お前、子供もいるんだろ? 子供が聞いたらどう思う、親がこんな仕事してるって知ったら」          次々とまくしたてた。 ともかく勝美さんは、本誌カメラマンに執拗に住所を聞いてきたのだが、警察に答えるならまだしも、勝美さんにわざわざ教える義務はない。 答えずにいたら、勝美さんはこういったという。          「車のナンバーはわかってる。 どんなことをしてでも、住所を突き止めて家に押しかけてやる」          勝美さんはそういって一方的に電話を切ったのだが、その後、本誌カメラマンは所轄の交番にまで出頭させられた。 交番では、警官がわざわざ生活安全課に問い合わせ、同課から 「違法行為はなかった」 とお墨付きをもらい、解放されている。 合計4時間ほどのやりとりだった。        しかし勝美さんの “暴挙” はこれだけで終わらなかった。 編集部には勝美さんからの電話が1日何度もはいり、突然配達証明つきの質問状まで送られてきた…。        交際発表の文書で、<社会常識の限度を超えた>と指摘された取材活動はこの一件を指しているのだろうが、「石川遼の父親」 として全国で熱心に講演活動を行い、子育て本まで出版している勝美さんの発言や対応こそ、社会常識では測れないものがあると思うのだが…。        さらに、この文書には、<スポンサー企業様に対して、不意の夜間の訪問や尾行>とあるが、断っておくが、そんな取材は一切していない。 ともかく本誌は、記事作りを進めていたところ、それを知った勝美さんが、24日夜に相手のプロフィールも詳細も一切明かさない前代未聞の交際発表をしたのだった。  (news-postseven.com)          NEWSポストセブンは報じていますが、雑誌を売りたいがためって感じで商業主義になるからこういうことになるんだろうけど・・・ どっちにしても女性セブンの記者はやり過ぎだよ。石川遼君の父親もやり過ぎだろうって思うけどこの場合は盗撮しているんだから。        自分の子供にこういうことされたら・・ と思うと憤りを感じるのが普通かな!                 ツイートこの記事をつぶやく
       本来なら昨日紹介しないといけなかった日経夕刊の人間発見に紹介されていた糸井重里氏をアップ予定でしたが・・・ ((’ェ’o)┓ペコ  アップします。            ミノルタ 『今の君はピカピカに光って』、新潮文庫 『想像力と数百円』、日産自動車 『くう ねる あそぶ』。 1980年代、糸井重里の作品は世を席巻する。 中でも注目されたのは 『不思議、大好き。』  『おいしい生活』 などセゾングループの仕事。 コピータイターという職業の人気も急上昇した。               111028_114535  西武百貨店の会議には代表の堤清二さんが出席し、自分の言葉で方針や判断を語っていました。 経営者となった今、手本にしています。 社会学の用語が飛び交い、学校のようでもありました。      コピーライターは消費者代表。 企業側の人間ではない。 どの仕事もそういうつもりで臨みました。 広告を作る時多くの企業は 「強い言葉」 を求める。 僕は自分のフィルターを通して 「強い言葉は嫌」 だと押し返す。 消費者の楽しさ、面白しろさを最大にしたいんです。 コピーライターとはそういう役回りだと思っています。      NHK 「YOU」 の司会や作詞、小説、商品開発など、広告以外の仕事でも 「職業・コピーライター」 と必ず入れました。 消費者の楽しみをお手伝いするのがコピーライター。 器と可能性は大きい。 ここまでできるんだ、というキャンペーンのつもりでした。 消費者が喜び広告を先に作り、それに合わせて商品を開発するという試みに挑んだこともあります。              バブル景気の真っただ中でる88年、西武百貨店向けに書いたのが 『ほしいものが、ほしいわ。』 というコピーだった。          「もう買いたいものはない」 と思っている自分に気付いたんです。 「欲しいものはもうない。 しかしいいものがあれば買うよ」。 そんな二つの気持ちを一つの言葉に込め、消費者の代表として企業に宣言したんです。 宣言といっても集団ではなく、個人のつぶやき。 それを最後に 『  』 で表しました。      広告としては観念的で、社会に問いかけるのは早すぎっると分かっていました。 でもそういう時代が必ず来る。 「西武が突破しましょう」 と堤さんを説得しました。 世の中を挑発したかった。 やっちゃたなあという感じでしょうか。 生意気になっていたんですね。              90年代、バブル崩壊。 位置のコンペ (提案競争) で負け始めた。          生きづらくなったという印象が年々強まりました。 広告の存在が大きくなり、企業に説明責任が生まれ、採用した案が 「一番いい」 と説明できなけばならなかったためです。 売り上げの貢献、評判、アンケート。 広告効果の 「見える化」 です。 責任者は 「言い訳できるもの」 を選ぶ。 広告が普通の仕事になっていったんです。       コンペでは広告会社など何十人ものチームで乗り込み、大部屋で説明するよになりました。 少人数で友達言葉を使い、自由にアイデアを出し合っていたころとは様変わりです。 僕は 「先生」 扱い。 人対人として横並びでやりたい僕には、実にやりにくい。 よそのチームが、「お前アメリカ人か」 という感じで立て看板に水のプレゼンテーションをしているのを見て、笑いたくなりました。 これは、おれは駄目だわ、と。      「勝つ」 ためだけの言葉が飛び交う戦場になったんです。 説明後は下駄を預け、知らないところで採点される。 話し合って一緒に良くしましょう、では通じない。      負けが5割を超えた時、これはまずいと思いました。 ところが勝った案が後日、実際に広告になったものを見ると 『これか?』 という感じ。 これは負けたのか、と悔しいくなりました。 僕はもう依頼してくれる広告会社を勝たせられない。 しかし提案の 「弱点」 を埋めるなど、自分の仕事ではなくなっていく。 「糸井の案を落とした」 ことを自慢する人まで出てきた。 勝ったから何だ。 そう思え、情熱が失われていくのが分かりました。      もう40代半ば。 勝つためだけに作りたくないもの、おれでなくても作れるものを作りつづけか。 何社かの顧問に就任し 「先生」 として生きるか。 どちらの道に進んでも、自分が駄目になる。       「住む場所」 を変えよう。 そう思い広告の仕事を減らしました。 「イトイはもう終わったな」。 そんな声を遠くに聞きながら、知り合いの大学生たちと釣りに熱中しました。        と3回目の紹介でした。                  ツイートこの記事をつぶやく
        顔がカッコいいことは、モテる要素ではありますが、それが全てというわけではありません。 顔以外でいうと、女性は男性のどんなところに魅力を感じているのでしょうか?      そこで「イケメンではない男性にグッとくる瞬間9パターン」をご紹介します。        【1】 センスがいい腕時計やアクセサリーがチラりと見えたとき。    男性のセンスの良さにグッとくる女性は多いもの。特に、腕時計やアクセサリーは個性を発揮しやすいポイントなので、ちょっと奮発してこだわりの一品を持つようにするといいのかもしれません。        【2】 胸板が厚いと知ったとき。    胸板の厚さにクラっとする女性もいます。胸板に自信がある人は、普段から背筋を伸ばして胸を張るように意識すれば自然にアピールができるでしょう。逆に自信がない人は、イザというときのために鍛えておくといいかもしれません。        【3】 言葉づかいが丁寧で紳士的だと感じたとき。    紳士的な言葉づかいは女性にいい印象を与えることができます。 会話の様子はいつ見られているか分かりませんから、女の子と話すときだけではなく、普段から相手を思いやり、言葉選びにも注意するように心がけておくといいかもしれません。        【4】 男友達から頼られていると知ったとき。    リーダーシップを持って、周りの男性をリードしている姿にグッとくる女性もいます。普段から勉強や仕事に真剣に打ち込んで、周囲の信頼を勝ち取れば、女性の目にも魅力的に映るかもしれません。ただし、モテることを目的にするのではなく、まずは男性に信頼されることを優先した方が効果的かもしれません。        【5】 知識や話題が豊富でトークが面白いと感じたとき。    トークが面白い男性は、「頭がいい! 」と思われることが多いようです。いろんなことに興味を持って、話の引き出しを増やしておけば、女性と二人きりになったときにそれが役立つかもしれません。        【6】 車の運転が上手で、周りへの気遣いもあると感じたとき。    運転の上手さにグッとくる女性もいます。アクセルやブレーキの踏み方、車間距離の取り方などに気を遣い、さらに周りを走る車に対しても紳士的な配慮を欠かさないようにすれば、好感度がアップするでしょう。        【7】 目上の人に対して堂々と自分の意見を言っていたとき。    先輩や上司など目上の人に対しても堂々と自分の意見を言えるなど、自分に自信を持っている男性をカッコいいと感じる女性もいます。ときには批判を恐れずに、自分の意見を言ってみてはどうでしょうか。        【8】 交通量の多い道路で、さりげなく道路側を歩いてくれたとき。    ちょっとしたところでの気遣いが、女性の胸を打つこともあるようです。 二人で歩いているときには、女性を歩道側にエスコートするなど、簡単なところから意識してみるといいかもしれません。        【9】 どんな女の子に対しても同じ態度をとっていると知ったとき。    誰に対しても同じように紳士的な態度をとる人に、女性は包容力を感じるようです。 逆に年齢や見た目で女性を判断し、態度を変える男性は嫌われてしまいます。 どんな人でも受け入れる広い心を持つように心がけておくといいかもしれません。    女性にモテる要素は、容姿以外にもたくさんあるようです。 今回ご紹介したなかに、女性に魅力をアピールできそうな項目はありましたか?   (sugoren.com)         ツイートこの記事をつぶやく
Page 2 of 21«12345»1020...Last »