2011,10,31

世界の人口が70億人突破、フィリピンでは女児に記念のケーキ。

      人口推移        国連人口基金(UNFPA)によると、世界の人口が31日、70億人を突破した。 フィリピンのマニラにある病院では、この日生まれた女児にUNFPAのスタッフから 「70億人目の赤ちゃん」 として記念のケーキが贈られた。        UNFPAが26日に発表した2011年版 「世界人口白書」 では、25歳未満の若者が人口の43%を占め、全体の半数が都市部で生活。 60歳以上の人口は現在の8億9300万人から、2050年には24億人に達する見通し。        一方で国連は、寿命が延び、より健康的な生活を送ることができる反面、貧富の差が広がり、食料不足や水不足が深刻化する恐れがあるとしている。        国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は、世界の人口が70億人を突破したことを発表するとともに、人口増加が抱える問題への取り組みに対する一層の努力を、世界の指導者らに訴える予定。  (reuters.com)        世界の人口が急激に増加しているね!!  増え過ぎると何かが起こる嫌な予感がするが・・・・ !?             ツイートこの記事をつぶやく