突如発表されたプロゴルファー・石川遼(20)と幼なじみの女性・A子さん(20)との交際だが、発表される以前の10月17日から18日にかけて、女性セブンは、A子さんが石川の豪邸にお泊りしたのをキャッチしている。 ふたりの関係について、石川の所属事務所の代理人という弁護士に取材を申し込むと、「後で連絡する」 との返答があったが、その夜の9時過ぎに、交際が全マスコミにファクスで突然発表されたのだ。        石川の背後には、これまでずっと父親の勝美さん(54)の姿があった。 保護者として、またゴルフのアドバイザーとして息子を見守っているのだろうが、一方でトラブルが絶えなかった。        A子さんが、石川宅にお泊まりした翌朝のこと。 取材待機のために、A子さんの自宅から100mほど離れた道路に車を駐車していた本誌カメラマンの元に突然警察が現れた。 そして話を聞かれている最中のことだった。 石川の母親がやってくると、“主人が話したい” といっているといって、その場で携帯を手渡されたのだ。 耳にあてると、電話の向こうからいきなり勝美さんの怒鳴り声が響いた。          「電話番号、住所、氏名を答えろ」 「お前の家族の携帯番号も答えろ! お前、子供もいるんだろ? 子供が聞いたらどう思う、親がこんな仕事してるって知ったら」          次々とまくしたてた。 ともかく勝美さんは、本誌カメラマンに執拗に住所を聞いてきたのだが、警察に答えるならまだしも、勝美さんにわざわざ教える義務はない。 答えずにいたら、勝美さんはこういったという。          「車のナンバーはわかってる。 どんなことをしてでも、住所を突き止めて家に押しかけてやる」          勝美さんはそういって一方的に電話を切ったのだが、その後、本誌カメラマンは所轄の交番にまで出頭させられた。 交番では、警官がわざわざ生活安全課に問い合わせ、同課から 「違法行為はなかった」 とお墨付きをもらい、解放されている。 合計4時間ほどのやりとりだった。        しかし勝美さんの “暴挙” はこれだけで終わらなかった。 編集部には勝美さんからの電話が1日何度もはいり、突然配達証明つきの質問状まで送られてきた…。        交際発表の文書で、<社会常識の限度を超えた>と指摘された取材活動はこの一件を指しているのだろうが、「石川遼の父親」 として全国で熱心に講演活動を行い、子育て本まで出版している勝美さんの発言や対応こそ、社会常識では測れないものがあると思うのだが…。        さらに、この文書には、<スポンサー企業様に対して、不意の夜間の訪問や尾行>とあるが、断っておくが、そんな取材は一切していない。 ともかく本誌は、記事作りを進めていたところ、それを知った勝美さんが、24日夜に相手のプロフィールも詳細も一切明かさない前代未聞の交際発表をしたのだった。  (news-postseven.com)          NEWSポストセブンは報じていますが、雑誌を売りたいがためって感じで商業主義になるからこういうことになるんだろうけど・・・ どっちにしても女性セブンの記者はやり過ぎだよ。石川遼君の父親もやり過ぎだろうって思うけどこの場合は盗撮しているんだから。        自分の子供にこういうことされたら・・ と思うと憤りを感じるのが普通かな!                 ツイートこの記事をつぶやく
       本来なら昨日紹介しないといけなかった日経夕刊の人間発見に紹介されていた糸井重里氏をアップ予定でしたが・・・ ((’ェ’o)┓ペコ  アップします。            ミノルタ 『今の君はピカピカに光って』、新潮文庫 『想像力と数百円』、日産自動車 『くう ねる あそぶ』。 1980年代、糸井重里の作品は世を席巻する。 中でも注目されたのは 『不思議、大好き。』  『おいしい生活』 などセゾングループの仕事。 コピータイターという職業の人気も急上昇した。               111028_114535  西武百貨店の会議には代表の堤清二さんが出席し、自分の言葉で方針や判断を語っていました。 経営者となった今、手本にしています。 社会学の用語が飛び交い、学校のようでもありました。      コピーライターは消費者代表。 企業側の人間ではない。 どの仕事もそういうつもりで臨みました。 広告を作る時多くの企業は 「強い言葉」 を求める。 僕は自分のフィルターを通して 「強い言葉は嫌」 だと押し返す。 消費者の楽しさ、面白しろさを最大にしたいんです。 コピーライターとはそういう役回りだと思っています。      NHK 「YOU」 の司会や作詞、小説、商品開発など、広告以外の仕事でも 「職業・コピーライター」 と必ず入れました。 消費者の楽しみをお手伝いするのがコピーライター。 器と可能性は大きい。 ここまでできるんだ、というキャンペーンのつもりでした。 消費者が喜び広告を先に作り、それに合わせて商品を開発するという試みに挑んだこともあります。              バブル景気の真っただ中でる88年、西武百貨店向けに書いたのが 『ほしいものが、ほしいわ。』 というコピーだった。          「もう買いたいものはない」 と思っている自分に気付いたんです。 「欲しいものはもうない。 しかしいいものがあれば買うよ」。 そんな二つの気持ちを一つの言葉に込め、消費者の代表として企業に宣言したんです。 宣言といっても集団ではなく、個人のつぶやき。 それを最後に 『  』 で表しました。      広告としては観念的で、社会に問いかけるのは早すぎっると分かっていました。 でもそういう時代が必ず来る。 「西武が突破しましょう」 と堤さんを説得しました。 世の中を挑発したかった。 やっちゃたなあという感じでしょうか。 生意気になっていたんですね。              90年代、バブル崩壊。 位置のコンペ (提案競争) で負け始めた。          生きづらくなったという印象が年々強まりました。 広告の存在が大きくなり、企業に説明責任が生まれ、採用した案が 「一番いい」 と説明できなけばならなかったためです。 売り上げの貢献、評判、アンケート。 広告効果の 「見える化」 です。 責任者は 「言い訳できるもの」 を選ぶ。 広告が普通の仕事になっていったんです。       コンペでは広告会社など何十人ものチームで乗り込み、大部屋で説明するよになりました。 少人数で友達言葉を使い、自由にアイデアを出し合っていたころとは様変わりです。 僕は 「先生」 扱い。 人対人として横並びでやりたい僕には、実にやりにくい。 よそのチームが、「お前アメリカ人か」 という感じで立て看板に水のプレゼンテーションをしているのを見て、笑いたくなりました。 これは、おれは駄目だわ、と。      「勝つ」 ためだけの言葉が飛び交う戦場になったんです。 説明後は下駄を預け、知らないところで採点される。 話し合って一緒に良くしましょう、では通じない。      負けが5割を超えた時、これはまずいと思いました。 ところが勝った案が後日、実際に広告になったものを見ると 『これか?』 という感じ。 これは負けたのか、と悔しいくなりました。 僕はもう依頼してくれる広告会社を勝たせられない。 しかし提案の 「弱点」 を埋めるなど、自分の仕事ではなくなっていく。 「糸井の案を落とした」 ことを自慢する人まで出てきた。 勝ったから何だ。 そう思え、情熱が失われていくのが分かりました。      もう40代半ば。 勝つためだけに作りたくないもの、おれでなくても作れるものを作りつづけか。 何社かの顧問に就任し 「先生」 として生きるか。 どちらの道に進んでも、自分が駄目になる。       「住む場所」 を変えよう。 そう思い広告の仕事を減らしました。 「イトイはもう終わったな」。 そんな声を遠くに聞きながら、知り合いの大学生たちと釣りに熱中しました。        と3回目の紹介でした。                  ツイートこの記事をつぶやく
        顔がカッコいいことは、モテる要素ではありますが、それが全てというわけではありません。 顔以外でいうと、女性は男性のどんなところに魅力を感じているのでしょうか?      そこで「イケメンではない男性にグッとくる瞬間9パターン」をご紹介します。        【1】 センスがいい腕時計やアクセサリーがチラりと見えたとき。    男性のセンスの良さにグッとくる女性は多いもの。特に、腕時計やアクセサリーは個性を発揮しやすいポイントなので、ちょっと奮発してこだわりの一品を持つようにするといいのかもしれません。        【2】 胸板が厚いと知ったとき。    胸板の厚さにクラっとする女性もいます。胸板に自信がある人は、普段から背筋を伸ばして胸を張るように意識すれば自然にアピールができるでしょう。逆に自信がない人は、イザというときのために鍛えておくといいかもしれません。        【3】 言葉づかいが丁寧で紳士的だと感じたとき。    紳士的な言葉づかいは女性にいい印象を与えることができます。 会話の様子はいつ見られているか分かりませんから、女の子と話すときだけではなく、普段から相手を思いやり、言葉選びにも注意するように心がけておくといいかもしれません。        【4】 男友達から頼られていると知ったとき。    リーダーシップを持って、周りの男性をリードしている姿にグッとくる女性もいます。普段から勉強や仕事に真剣に打ち込んで、周囲の信頼を勝ち取れば、女性の目にも魅力的に映るかもしれません。ただし、モテることを目的にするのではなく、まずは男性に信頼されることを優先した方が効果的かもしれません。        【5】 知識や話題が豊富でトークが面白いと感じたとき。    トークが面白い男性は、「頭がいい! 」と思われることが多いようです。いろんなことに興味を持って、話の引き出しを増やしておけば、女性と二人きりになったときにそれが役立つかもしれません。        【6】 車の運転が上手で、周りへの気遣いもあると感じたとき。    運転の上手さにグッとくる女性もいます。アクセルやブレーキの踏み方、車間距離の取り方などに気を遣い、さらに周りを走る車に対しても紳士的な配慮を欠かさないようにすれば、好感度がアップするでしょう。        【7】 目上の人に対して堂々と自分の意見を言っていたとき。    先輩や上司など目上の人に対しても堂々と自分の意見を言えるなど、自分に自信を持っている男性をカッコいいと感じる女性もいます。ときには批判を恐れずに、自分の意見を言ってみてはどうでしょうか。        【8】 交通量の多い道路で、さりげなく道路側を歩いてくれたとき。    ちょっとしたところでの気遣いが、女性の胸を打つこともあるようです。 二人で歩いているときには、女性を歩道側にエスコートするなど、簡単なところから意識してみるといいかもしれません。        【9】 どんな女の子に対しても同じ態度をとっていると知ったとき。    誰に対しても同じように紳士的な態度をとる人に、女性は包容力を感じるようです。 逆に年齢や見た目で女性を判断し、態度を変える男性は嫌われてしまいます。 どんな人でも受け入れる広い心を持つように心がけておくといいかもしれません。    女性にモテる要素は、容姿以外にもたくさんあるようです。 今回ご紹介したなかに、女性に魅力をアピールできそうな項目はありましたか?   (sugoren.com)         ツイートこの記事をつぶやく
                       猪瀬直樹        日本人の活字離れ、読書離れが社会問題化して久しい。 これを受けて東京都では、国民一人ひとりの言語技術の習熟を目的とした 「『言葉の力』再生プロジェクト」 に、2010年から取り組みを始めている。 そんな中、東京都副知事で作家の猪瀬直樹氏が書いた 『言葉の力―「作家の視点」で国をつくる』 (中公新書クラレ)が注目を集めている。         言葉の力が人間力、ひいては国力を底上げするとのメッセージが、TwitterやSNSを駆使する現代人とどうリンクするのか。 言葉の持つ力と可能性について猪瀬氏に聞いた。          ――著書 『言葉の力』 の中で副知事は、震災という国難を体験した日本人が、それぞれの持ち場で個人レベルでの復興プランを出していく時代だと書かれています。          猪瀬直樹氏(以下、猪瀬) それは僕にも言えるし、これを読んでいる一人ひとりにも言えることです。 僕は今、たまたま肩書きが副知事ということだけど、基本は作家であって民間人だからね。 その発想でプランニングをしているつもりです。 なので、発言が官僚的発想と異なるのは、僕独自の発想だから意味はあるんですよ。          ――たとえば、東京湾埋め立て地に100万キロワットの天然ガス発電所の計画を発表しましたが、官僚にすれば、「同じ言うにしても1万キロワットでいいじゃん」 という感覚もあると思いますが。          猪瀬 いや、「100万キロワット」とメッセージを強く打ち出さないと、企業が不安になって、東京から出て行っちゃうでしょう。 福島原発がああいう状態で電気が来なくなって、柏崎(刈羽原発)も怪しいと。 企業というのは中長期計画を立ててやってるわけで、電力が不透明じゃ先行きも不安だし、計画も立てられない。 だから1万kwじゃなくて100万kw。 そういうメッセージを発信して、もちろんそこへ向けて動く。 今、日本がいろんな意味で厳しい状態にあると言われている。 世界もどんどんグローバル化していく。 そうした中で日本が海外と渡り合っていくには、一人ひとりが思想を鍛え上げていく必要があるし、それには言葉の力、言語技術を磨く必要があると本にも書いたんだ。 世界をとらえる道具は、言葉に他ならないということをね。          ――著書の中にもありましたが、日本人は寺子屋の時代から識字率が世界一で、俳句や和歌の文化も成熟し、言葉や文字との関わりは世界的に見ても深かったわけですが。          猪瀬 その上に今の日本は成り立っているからね。 言葉で人は考えるし、そこから工夫も生まれる、コミュニケーションする、字を書いて説明する。 それは日本の文化遺産であり、国の力なんだよね。 それが今、本が読まれなくなって活字力の衰退が心配されているということなんだけど。          ――それとともに、日本人のコミュニケーション力が低下していると指摘する声もあります。          猪瀬 ただ、日本人は昔から井戸端会議なんかやってたし、そういうコミュニケーション力はあったはずなんだけどね。 今のTwitterやSNSだって、空間を超えた井戸端会議みたいなところがある。 そういう意味では、おしゃべりはかなりしているんだろうけどね。 ただ、論理的な展開ができているかというと話は別なんだけど。          ――副知事はTwitterも積極的にやられています。          猪瀬 日本人は昔から俳句や短歌に親しみながら、5・7・5というような制限の中で世界観を表現してきた。 制限された140字という短文の中で、本来持っている言葉の力を発揮する。 Twitterがそういう場となる可能性はあるかもしれない。 言語技術は潜在的に持っているはずなんだから。 そういういろんな可能性を考えながら、東京都で 「『言葉の力』再生プロジェクト」 を推進しています。          ――そのひとつが、今月10月30日(日)に開催される 「ビブリオバトル首都決戦2011」 (ベルサーレ秋葉原)。 ゲーム感覚を取り入れた 「書評合戦」 ともいうべきイベントと発表されていますが。          猪瀬 すごく簡潔に中身を言うと,    「書評合戦」ですね。 対象は大学生や大学院生で、選手それぞれがおすすめ本を持ち合い、1人が5分という持ち時間で書評を口頭で発表し合い、会場の観客から一番 「読みたい」 という支持を集めた選手が優勝。 全国の予選が既に行われていて、そこを勝ち上がった選手たちが30日に東京へ集まり、準決勝と決勝を行うという形になります。          ――さしずめ 「書評甲子園」 ですね。 「秋だから読書イベント」 という単純な話でなく、 「言葉の力」 の重要性を知った上で考えると、非常に意味を持つイベントかと。          猪瀬 だって、相当の言語技術が求められるからね。 本の内容をよほど深く理解していないと、説得力ある言葉を5分間話し続けるなんて絶対できない。 その人が持つ言葉の力、コミュニケーション力を駆使したプレゼンが必要になることは間違いない。   さっきも言ったけど、本来、日本人には世界に通用する言語技術があるわけで、それと伝統の力をうまく組み合わせると、僕はもう一回、日本人の底力が出てくると考えている。 だから、本を読んだり、歴史に触れたりすることは、日本国の未来にものすごく大事なんだということだね。 (cyzo.com)          ●ビブリオバトル首都決戦2011    2011年10月30日(日)12:00~17:00(無料)    会場:ベルサーレ秋葉原(住友不動産秋葉原ビル)1F・B1F  ゲスト:猪瀬直樹、わたせせいぞう、東浩紀  <http://www.bibliobattle.jp/>                ツイートこの記事をつぶやく
       東京電力と原子力損害賠償支援機構が策定した 「緊急特別事業計画」 (仮称)の全容が27日、明らかになりました。        福島第1原発事故の賠償資金を捻出するため、退職者も含めて企業年金を見直し、80歳以上に支払う 「終身年金」 の給付額を3割カットするなど経営合理化を徹底。        今後10年間で総額2兆5千億円超の経費を削減する。 東電と支援機構は計画を月内に枝野幸男経済産業相に提出し、11月上旬の認定を目指す。 (kyodo.co.jp)                 ツイートこの記事をつぶやく
       大阪府の橋下徹知事に逆風が吹き始めたのか。 圧倒的人気を誇るといわれてきた橋下知事について 「ウソを平気で言う」 といった厳しい関係者証言などが並ぶ雑誌記事が相次いでいる。          府知事選と大阪市長選のダブル選の投開票日は、あと1か月後の2011年11月27日だ。 選挙戦への影響はあるのだろうか。                   文春記事        橋下知事は市長選へ転じ、現職の平松邦夫市長と対決する。 知事選は、橋下知事後継候補の松井一郎府議と倉田薫・池田市長との争いが軸になる構図が固まっている。          そんな中、月刊誌の 「新潮45」 11月号(10月18日発売)は、「『最も危険な政治家』橋下徹研究」 と題して4人の筆者による4本計30ページの特集記事を載せました。          記事のテーマはそれぞれ、橋下知事の心理分析や出自、政策(大阪都構想)批判など。 いずれも橋下知事に対し、厳しい視線が感じられる内容となっている。            筆者のひとりは、「日本の路地を旅する」(文芸春秋)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞したノンフィクション作家の上原善広氏。 この本について文芸春秋はサイトで 「路地(被差別部落)をその出身者である著者が訪ね歩く」 と紹介しているが、今回も上原氏は橋下知事にかかわる場所や人を丹念に訪ね歩き、これまであまり知られていなかった側面について報告している。            別の筆者である精神科医でノンフィクション作家の野田正彰氏の記事では、「橋下青年の高校生のころを最もよく知る先生」 が語った内容として、「嘘を平気で言う。 バレても恥じない」 「彼を評価する先生は、まずいないのではないか」 といった酷評もある。            また、橋下氏が、前の府知事選に立候補表明する直前まで、「2万パーセント(立候補は)ない」 とテレビカメラの前で語っていたことを取り上げ、橋下氏による激しい誇張は、豹変することや煙にまく 「予兆にみえる」 との分析も書かれている。            「新潮45」は大阪では売れ切れ店が続出。 全国展開している大手書店の大阪市北区にある複数の支店に聞いてみると、「売り切れで今、追加発注中」 「一度売り切れて、本日追加入荷しました」 といった反応だった。          この 「新潮45」 の反響に刺激されたのか、週刊新潮(11月3日号)と週刊文春(同)も、橋下知事の生い立ちや親族などに関する記事を載せ、10月27日には首都圏の店頭に並んだ。 週刊新潮は8ページも割いている。            週刊新潮の記事は、先に発売された 「新潮45」 を踏まえた内容で、週刊文春の記事も、橋下知事について、「変節と裏切り」 が 「人間性を探る上で欠かせないキーワードだ」 と指摘。 両誌とも期せずして橋下氏に対し厳しいスタンスの内容となっている。          選挙を直前に控えた時期のこうした記事に対し、橋下知事側ではどう捉えているのだろうか。 10月27日夕の段階では、「(記事に関する対応は)議論していない」 (大阪維新の会事務局)、「(知事)本人から特に対応の指示はきていない」 (橋下知事の後援会事務所)とのことだった。          春の統一地方選で、橋下知事が代表を務める大阪維新の会が、大阪市議選とならんで力を注いだ市議選の舞台だった堺市の市議に記事のダブル選への影響を聞いてみた。          自民党の野村友昭市議は、「記事は読みましたが、橋下知事の人気は、(記事にあるような視点とは)別のところにある」 として、「影響は少ない」 とみている。 逆風にはならないとの見立てだ。          維新の会の池田克史市議は、「影響はないと思う」 と話した。 政策を主体に訴えており、有権者に政策を判断してもらうものだからだという。 ただ、選挙直前の時期にこうした政策に関係しない部分に力点を置いた記事が続くことに対しては、「メディアの姿勢に疑問を感じる」 としている。  (j-cast.com)                 ツイートこの記事をつぶやく