米からパンをつくれる人気のホームベーカリー 『GOPAN』 から新機種(SD-RBM1000)が登場します。 製パンプロセスを改良した他、冷やごはんを使って食パンをつくる機能を新たに搭載するなど、さらなるおいしさと使いやすさを追求している。                  ゴパン        初代機種(GOPAN SPM-RB1000)は、2010年11月に三洋電機が発売。 同商品は、反響の大きさから一時受注を見合わせるなど大人気商品となり、2011年9月末までの国内販売累計約16万台を記録した。 今回発売する新機種(SD-RBM1000)は、2011年4月にパナソニックが三洋電機を完全子会社化したため、パナソニックブランドからの発売となる。        今回発売の新機種では、製パンプロセスを改良。 新しくなった 「ねり工程」 では、ねりを従来の1段階から2段階に増やすことで、米ペーストとグルテンがしっかりなじみ、生地の伸びがよくなったという。 また、改良された 「発酵工程」 では、新たにガス抜き工程を加え、パンのキメの均質化を実現している。      新機能として、冷やごはんと小麦粉を混ぜてもちもち食感の食パンをつくる 「ごはんパンコース」 を搭載。 ごはんは最大200gまで混ぜることが可能で、量を調整することにより、米の甘みや食感をアレンジすることができる。 さらに、ミル時の運転音を従来の約65dBから約60dBに低減したと共に、自動投入ケースに高硬度のフッ素コートを採用するなど、使いやすさを追求している。        カラーはホワイトのみ。 サイズは幅35.8cm×奥行28.2cm×高さ38.7cm、重量(米パンケースセット時)は約11.7kg。 価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。 発売日は12月15日。  (mycom.co.jp)          新機種の冷ご飯がパンに変身するのはイイね!!  これ( ゚д゚)ホスィ…!!!                    ツイートこの記事をつぶやく
      アップル売り場        日本のケータイショップやインターネットオークションでは、iPhone4SのSIMフリー(SIMアンロック)版が、10~15万円などの高額な価格で販売されている。 しかし、今回アップル社は公式にSIMフリーのiPhone4Sをイギリスで販売しており、北米でも2011年11月から販売を開始する。 しかも良心的な低価格で販売しているのをご存じだろうか?       「SIMフリー版のiPhone4Sが欲しい」 と思って、日本のケータイショップやインターネットオークションで購入を考えている人は、少しだけ考える時間を持とう。この記事を読んでから買っても遅くはない。 まず、海外で売られているSIMフリーiPhone4Sの公式価格を皆さんにお伝えしよう。          【北米SIMフリーiPhoneの公式価格】      iPhone4(8GB) 549ドル / 42200円      iPhone4S(16GB) 649ドル / 49800円      iPhone4S(32GB) 749ドル / 57500円      iPhone4S(64GB) 849ドル / 65200円  ※1ドル76.78円で計算(2011年10月18日)/ ネット購入時は国内送料無料          【英国SIMフリーiPhoneの公式価格】      iPhone4(8GB) 429ポンド / 52000円      iPhone4S(16GB) 499ポンド / 60000円      iPhone4S(32GB) 599ポンド / 72500円      iPhone4S(64GB) 699ポンド / 84800円  ※1ポンド121.35円で計算(2011年10月20日)/ ネット購入時は国内送料無料          イギリスも北米も、オンラインストアで買うことができるし、店頭で買うこともできる。 ただし、国外への配送はしていないので、その国に住んでいる人や旅行者しか購入できない。よって日本に居ながらにして購入することはできない。        そうなると日本のケータイショップやインターネットオークションで手に入れるのが日本居住者としては手っ取り早いが、いかんせん高額すぎる。 いちばん安い16GBのSIMフリーiPhone4Sを10万円以上の価格で販売している店もあり、すでにSIMフリー版を売っているイギリスから仕入れたとして、4~5万円もプラスされて売られていることになる。        北米で16GBを買ったとしても49800円であり、10万円前後という価格がどれだけ高額なのかがわかるはずだ。よって、そういう店での購入をオススメできないのが正直なところである。なら海外から買えばいいかも? と思った人は鋭い。日本人が日本以外のショップやインターネットオークションから購入する方法は、以下の3つがある。            ・イギリスや北米の知人に代行して買ってもらう    イギリスや北米に住所を持っている人がいれば、彼らにオンラインで買ってもらって、日本に送ってもらうことが可能である。 もちろんオンラインショップじゃなくても店頭で購入できるので、自分の代わりに買ってもらって日本に送ってもらうのもいいだろう。 そうすればほんの少しの手数料、または無料でやってくれるのではないだろうか? つまり、本体代金と送料だけで購入できることになる。          ・旅行したときのついでにアップルストアの店頭で買う    イギリスや北米に旅行した際に、アップルストアの店頭で購入することもできる。 もちろん在庫がないと買えないが、その国の国民じゃなくても誰でも購入できるので、観光ついでにアップルストアに寄ってSIMフリーiPhone4Sを買って帰ることも可能だ。 そうなると本体価格だけで買えることになり、いちばん最安値で手に入る。          ・eBayで落札して日本に送ってもらう形式で買う    海外のインターネットオークションサイト 『eBay』 で購入すれば、日本のケータイショップやインターネットオークションで購入するよりも数万円安く手に入る。 手数料や配送料をプラスしたとしても、7~8万円で16GBのSIMフリーiPhone4Sが手に入る。 現在出品されているSIMフリーiPhone4Sのほとんどはイギリス版で、だいたい7万円前後で取引されている。 そこに送料をプラスして8万円ほどで日本に配送してもらえる。 2011年11月にはイギリスより安い価格で北米版SIMフリーiPhone4Sが発売されるので、さらに 『eBay』 のオークション価格が下がるだろう。記者の予想では、16GBが6万円ほどで落札できるのではないかと思っている。          「欲しいけど今すぐ欲しいというわけではない」という人は、悪いことは言わないのでもう数週間待とう。 11月には世界中にSIMフリーiPhone4Sが広まるので、どんどん価格が下がって日本のケータイショップやインターネットオーションでも買いやすい価格になるだろう。 『eBay』 で買うならなおさら安くなるはずだ。        もちろん、ケータイショップやインターネットオークションの出品者がいくらで売ろうと自由だ。 10万円でも15万円でも欲しい人がいれば買うだろうし、価格の規制なんてできるはずがない。        ここで言いたいのは、消費者からすると10万円を超す価格は 「手間を考えたとしてもボッタクリにしか思えない」 ということである。 「嫌なら買わなければいいではないか」 と店に言われれば 「確かにその通り」 としか言いようがないのも事実である。 (rocketnews24.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカに10月25日、新しいタイプの墓地がオープンする。 それは亡くなったゴルフ愛好者のお墓をコース内に建てられるという “ゴルフコース墓地”。 プロのコースデザイナーにより設計された本格的なこの墓地は、オープンを目前に控え、注目を集めているようだ。       ゴルフ墓地        アメリカ放送局ABC系列KOMO-TVによると、この墓地があるのはワシントン州ベルビューのサンセットヒルズ・メモリアル・パーク。 同社はこれまでも緑豊かな敷地内に墓地を提供してきたが、今回のアイデアは同社のアーネス・スワンソンさんが息子とゴルフへ出かけた際に見た光景がきっかけで生まれた。 以前、彼がゴルフを楽しんでいると、ある家族がフェアウェー上に現れ、身内のものと思われる遺灰をまき出したそう。 これを見たスワンソンさんは 「もっと良い方法があるはず」 と、“ゴルフコース墓地” の構想が閃いた。      そして完成したのが、広大な敷地内に 「プロのゴルフコース・デザイナーが設計した」 (米紙サンフランシスコ・クロニクルより)という本格的なゴルフコース。 1,200人以上のゴルフ愛好者を埋葬できるコース墓地には、バンカーやグリーンもしっかり用意され、遺族はそのコース上を歩いて脇に立ち並ぶ家族のお墓へ向かう形となっている。      10月25日には、PGA(全米プロゴルフ協会)やLPGA(全米女子プロゴルフ協会)の関係者も招いて、盛大なセレモニーと共に華々しくオープンするというこの墓地。 今回の注目度にはスワンソンさんも手応えを掴んでいるようで、今後「ほかのスポーツをテーマにした墓地の建設も考えてみる」(KOMO-TVより)という。 死後の弔い方も多様化しているとあって、こうした墓地は、今後さらに世界各地で作られていくのかもしれない。  (narinari.com)        ツイートこの記事をつぶやく
       婚活中の綾さん(29歳)の理想の結婚相手は転勤のない職種で実家の近くに住んでくれる人。 綾さんは二人姉妹の姉。 できれば自分の親と同居してくれるマスオさんが理想だそうだ。      独女の親との同居率は年々増加している。 親と同居していれば、ひとり暮らしの独女より話す頻度も多く繋がりも深くなり、その親密な関係は結婚してもなお続いていくようだ。      「毎日実家で夕食を食べています。 ママは料理がうまいし、夫もママの手料理を楽しみにしているから、ママも張り切ってます」      結婚3年目のマナさん(33歳)は、実家に食費として月に2万円をいれているだけ。 家で料理を作らないと光熱費も浮くし、貯金もできる。いずれ実家を二世帯住宅に建て替え、親との同居も考えているそうだ。      「休日の度に車で30分の距離のマンションに住む娘が婿と一緒にくる」 というのは32歳の既婚の娘を持つ良子さん(57歳)。    「家にある食料やもらいものの器や洗剤まで根こそぎ持っていきますね。 まるで泥棒が来たみたいです」 と苦笑する。    「主人は、“お前も嫁に行ったんだから、いつまでも実家を頼ってはいけない” と建て前で叱っていますが、内心は娘の顔が見られるのが嬉しいようです」 娘さんは現在妊娠5カ月。  出産前後は実家で暮らすそうだ。        「今の時代、専業主婦は夢のまた夢。 若い世代の収入の減少で、女性は結婚しても働かなければなりません。 会社から疲れて帰ってきて、食事の支度をして休日には掃除や洗濯をするなんて、結婚生活は女性の負担が大きいように思います。 ましてや女性には出産がありますから、実家の母の手助けは必須だと思いますよ」 と良子さん。      3歳の子供がいるヒロさん(35歳)も、実家の母がいなければ働きながらの子育ては難しいという。    「保育園の緊急連絡先ですが、保育園に一番早く駆けつけることができるのが実家の母なので、1番が実家の母、2番が私。 3番目が夫になっています。    夫は出張も多くまったく役に立たないので母が頼りです。 急なお迎えって滅多にないと思っていたんですけど、元気がなかったり、ちょっとぐったりしていても、すぐに連絡がきます。 37度5分でもう緊急連絡です。 母が迎えに行って、その足で病院にも連れて行ってくれるので本当に助かります」      お子さんが1番好きなのはおばあちゃま。 次がママで3番目がパパ。 子供の好きな順位が緊急連絡先と同じだとヒロさんは笑うが、幼い子供にとって一番頼りになるのがおばあちゃまなのだろう。      息子はお嫁さんの実家にとられてしまってという声もきくが、育児も家事も姑に気がねをしながらお願いするより、実家の母なら頼みやすい。 婿と実家の母の関係だが、最近の婿たちは甘え上手。 前述の良子さんは、誕生日には婿から花束をもらったそうだ。      「メールもしょっちゅうきますし、夫婦喧嘩をするといつも私に電話をかけてきて、仲裁を頼むんですよ。 仕事の愚痴も私に聞いてもらうと胸がすっとするといってくれるし」 頼られて悪い気はしないと良子さんは嬉しそうだ。        これからは嫁の実家が主導で、夫たちは嫁の母にうまく甘えて家庭円満。 という時代がくるのかもしれない。      とはいえ母のこんな声もある。      「仕事をしている娘を応援してやりたい気持ちはありますが、還暦を過ぎると孫の世話は体力的にきついです。 娘はもう1人子供を作りたいと、まず私に相談してきましたが、2人目の世話をする自信がないと正直に話しました。 夫も孫が赤ん坊の時は抱いたりしていましたけど、今は腰痛がひどくて、赤ん坊を抱く自信がないと言っています」      娘の年齢が高くなれば母の年齢も高くなる。 結婚後も実家の母に助けてもらいたいなら結婚も出産も急いだ方がよさそうだ。 (dokujo.jp)           これって母親が娘を可愛がりすぎるんだよな!?  そう言えば私の友人の奥さんが実家で出産してから自宅に6ヶ月も戻ってこないってこの間言ったいたな~~  その友人 “帰って来るの(´・_・`。)ヵナァ・・” って心配していたな!?          「〇〇▼君、もうじき正月だし親からはお正月を過ごしてから帰れば・・・なんて言われているんじゃない?」      〇〇▼君  苦笑い!      「お正月が過ぎても “まだ寒いから温かくなるまで家にいたら” って言われたりして・・・」 って冗談言ったら。      〇〇▼君  笑っていてけど顔引き攣っていたな~~!?               ツイートこの記事をつぶやく
       買い物で損をしたくないのは、誰もが同じ。 ましてや高額な買い物となる 「マンション」 ならなおさらのことだろう。 しかし特に中古物件の場合はその価格が本当に 「適正」 なものなのか、普通の購入希望者にはなかなかわかりにくいのが実情だ。          そうした声に応じて、不動産マーケッティング会社 「アトラクターズ・ラボ」 は2011年9月22日から、運営するマンション情報サイト 「住まいサーフィン」 で、登録会員向けに物件ごとの 「本当の値段」 とも言える 「想定成約中古価格」 を無料公開している。                    中古マンションサイト      そもそもマンション売買においては、広告などに掲載された 「売り出し価格」 そのままで契約が成立することは少ない。 アトラクターズ・ラボによれば交渉などの過程で、実際の 「成約価格」 は売り出し価格から数%安くなることが多いという。          しかし一般の購入希望者がマンションの 「実際の価格」 と言える成約価格を知ることは  「まず不可能」 だ。 こうしたデータを閲覧できるのが、原則的に東日本不動産流通機構などの組織に参加している業者に限られているためで、「よほど親切な仲介業者に当たらないと、こうしたデータは教えてもらえません」 という。          「住まいサーフィン」 が掲載を始めた 「想定成約中古価格」 は過去の売り出し事例のデータに、年ごとの相場などによる補正を加えて算出した 「今、物件を売り出して3か月以内に成約する価格」、端的に言えば一般には知ることの難しい、物件ごとの今現在の 「実際の値段」 だ。        たとえば検索画面から、都内のあるマンションを選択してみる。 すると物件の詳細情報とともに、そのマンションの平方メートル単位の想定成約中古単価、過去の価格事例、そして新築時との価格差を示す 「騰落率」 が表示される。 このマンションの場合、想定成約中古単価は82万円(70平方メートル換算で5740万円)、価格事例は2005年から11年にかけての26件。 個々の事例についても、その年月や物件の階数、間取り、向き、想定成約価格といった詳細な情報を知ることができる。          現在これらの情報が掲載されているのは1万8000棟、価格事例は33万件に及ぶ。 閲覧するには 「住まいサーフィン」 に無料の会員登録をする必要があるが、「想定成約中古価格」 の公開以来、登録者数はそれまでの10倍にはね上がったという。 現在情報は首都圏に限定されているが、もし今後要望が大きいようであれば、他地方への拡大もあり得るという。           アトラクターズ・ラボでは「想定成約中古価格」公開の狙いについて、こう話す。      
「購入を希望する方は、この想定成約中古価格を見ることで相場情報に惑わされず、予算に合ったマンションを選ぶことができます。 逆に売り手の方も、『売れる』 適正な価格を知ることで、仲介業者の言いなりではなく、自分なりに価格を考えることが可能になります」
         不動産業界の専門紙 「住宅新報」 によると、「確実に初めてとは言い切れませんが、こういったサービスを、しかも無料で行うというのはかなり珍しい」 という。          「本当の価格」が顧客に知られては、業者は困りそうな気もするが。      
「いえ、むしろ流通が透明化することで、業界全体の活性化につながるのではないでしょうか」      
と話している。  (j-cast.com)              ツイートこの記事をつぶやく
        円高騰        21日のニューヨーク外国為替市場で、円相場が一時1ドル=75.78円に上昇し、史上最高値を更新した。 市場関係者によると、英系の決済銀行筋やマクロファンド筋から大口のドル売りが出でドル安・円高が進み、その後76.30円─75.90円近辺のストップ注文を巻き込む形でドル安・円高の動きが加速した。          円最高値更新に関する識者の見方は以下の通り。        ●投機的な動き、一本調子の円高は想定せず      <クレディ・アグリコル銀行 外国為替部ディレクター 斎藤裕司氏>         ドル/円が過去最安値を更新したが、基本的には投機的な動きだ。 ドルの下値を支えていたオプションが期限を迎えたところに、欧州連合(EU)首脳会議を前にユーロ/ドルが買われてドル売りの流れができた。 さらにストップロスを巻き込んで最安値をつけたが、ファンダメンタルズに基づいた動きではない。 今後は介入警戒感も働くほか、来週は当局からも口先介入が入るとみられ、このまま一本調子でドル安・円高が進むとはみていない。          ●介入警戒感で切り返し、株安進めば一段高も        <野村証券 金融市場調査部 チーフ為替ストラテジスト 池田雄之輔氏>         前日の海外市場では、目立ったイベントが無い環境で、ドル/円が過去最安値まで下落した。 ただ、前回の安値を下回った後にドル安が勢いづかず、すぐに反発したのは当局の介入警戒感などが背景だろう。      円高リスクがあるとすれば、欧州債務問題で金融市場が動揺して株安となり、米国で追加緩和の議論が高まって米金融緩和の時間軸がさらに伸びるケースが想定しうる。 例えば米金融当局が、失業率が7%以下になるまでは超低金利を続けるというコミットメントをした場合は、米金利が、特にドル/円相場と相関が高い2年、5年ゾーンで、一段と低下し、日米金利差縮小から一段と円高が進むことが考えられる。 ただ、前日のケースではユーロが持ち直し、株安になっていないので、そうした事態には及んでいない。 (reuters.com)              ツイートこの記事をつぶやく
                ジョブス        5日に56歳で死去した米アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏は、死の数カ月前、30年来の好敵手で協調と対立を繰り返してきたマイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏と3時間あまり、2人きりで語り合っていた。 24日から刊行が始まる評伝 「スティーブ・ジョブズ」 で明らかになった。 評伝は世界18カ国・地域で一斉に発売される。    ジョブズ氏宅に見舞いに訪れたゲイツ氏は、ジョブズ氏が一時アップルから追放された後に復帰したことに触れて「君は『すごいモノ』を作った。 まぬけ連中がめちゃくちゃにしかけていたアップルを1990年代に救ったのはすごかった」とたたえた。 2人は教育へのコンピューター導入を話題にし、家族を持ってよかったと語り合った。      一方、ジョブズ氏は、グーグルが携帯端末の基本ソフト 「アンドロイド」 を開発し、電話事業に参入したことに昨年、怒りを爆発させた。 「連中の標的はiPhoneだ。 何でもかんでも我々から盗みやがった。 アンドロイドは抹殺する。水爆を使ってでもやる」      ジョブズ氏が最高経営責任者(CEO)を辞任した際の秘話も書かれている。        今年8月24日の定例取締役会。 衰弱ぶりを人に見られないように注意しながら来社し、車いすで会議室に向かった。 簡潔を尊んだジョブズ氏らしく、わずか8センテンス(文)の文章を読み上げただけ。 何週間にもわたって口述筆記で修正を繰り返してきたものだった。 「CEOの職務と期待を全うできない日が来た場合、私から皆さんにお伝えすると前々から申し上げて参りました。 残念ながらその日が来てしまいました」。 後任に現CEOのティム・クック氏を推薦した。  (asahi.com)           ツイートこの記事をつぶやく