山の手ストレス        通勤や通学時に、手持ちのスマートフォンを使いYoutubeなどで動画を見ることはよくある。 だが、繋がりにくくなかなか動画が再生されず、イライラしてしまったことはないだろうか?        そんなスマホのストレスを顕在化し、解決のきっかけを提供するために発足された 「スマホストレスラボ」 の発起人古賀良彦氏(杏林大学教授/医学博士)の実験によると、JR東日本山手線内で動画を視聴した時の繋がりにくさなどによるストレスはiPhone4(3G)を使った場合、HTC EVO 3D(WiMAX)よりも6.5倍も感じるという。        この実験は健康な20~30代の男女12名(現スマホユーザー6名・非スマホユーザー6名)を被験者として非ラッシュ時(20~23時)の山手線内全駅・主要ターミナル間(外回り)を立位で一周し実施。        実験後の検査によると、イライラを表すVASがiPhone4では最大の6.53、GALAXY S Ⅱは2.80なのに比べ、HTC EVO 3Dは最低の0.93となった。        また、唾液ストレスマーカー測定ではiphone4が12.32、GALAXY s Ⅱが最大の18.01、HTC EVO 3Dはこれまた最低の6.99が測定された。        VASでは最大値が最低の約6.5倍、唾液の測定では2.6倍という結果が出たことにより3G回線によるスピードの遅さが、サクサク軽いWiMAXケータイよりも大きなストレスをユーザーに与えることが分かった。        当たり前のことだがiPhone4Sが発売され、これから続々と他のスマートフォンもリリースされると思うが、機能やデザインはもちろんキャリア毎の 「回線の強さ」 についても必ず見極めて購入しなければならないと思った。 もし可能であれば事前にショールームで実機を確認したほうがよいだろう。  (rocketnews24.com)          ツイートこの記事をつぶやく
      マセラティSUV        マセラティが、9月のフランクフルトモーターショー11に出品したSUVコンセプト、『Kubang』(クバーン)。        同車の市販版では、別のネーミングが採用されるようだ。      イタリアの自動車メディア、『al Volante.it』が伝えたところによると、マセラティは欧州において、『Cinqueporte』(チンクエポルテ)というネーミングを商標登録。 これが、Kubangの市販バージョンの車名になるという。        チンクエポルテとは、イタリア語で 「5ドア」 の意味。         マセラティの4ドアサルーンが 『クアトロポルテ』 (イタリア語で 「4ドア」 の意味)と命名されていることを考慮すると、新型SUVがチンクエポルテを名乗る可能性は高いといえる。      なお、このマセラティのSUV、デビューは2013年と予想されている。 (response.jp)              ツイートこの記事をつぶやく
                          au丸      auのiPhoneを持っている人ならご存じのKDDIの文字の右側に希に青い〇が表示されることがあるだろう。 タップしても何もおきず、放っておけば勝手に消えているという謎のマーク。 あれは一体何を意味しているのか。        実はauの回線は2種類あって高速データ通信用の 『EV-DO』 と、低速データ通信用の 『1xRTT』 が存在する。 通常は 『EV-DO』 に接続されているのだが、地下などで 『EV-DO』 に接続されていないときは 『1xRTT』 に接続されるようになる。 もちろんこれでも音声通信も可能。 しかしかなり遅い通信となっている。          原因はわかったものの、この 『〇』 が表示される頻度が非常に多いという。 今の所解決策は無く、ローミング設定をオフにしても〇は表示される。 更に 『〇』 の表示される頻度は日に日に増えているというユーザーまでいるくらいだ。 ネット上ではこれらに対して次のような書き込みがされている。      
・ 都内なのに、○の方が普通で、3G回線につながる方が稀になってる。   ・ 〇の出現率が日に日に高くなってきてる。   ・ 日に1.2回◯になる程度だったのに、今日はついに不正なSIMですという表示に。。。
       と、auの回線に不満を漏らしている。高速データー通信も混雑気味なのだろうか。 すぐに解決すると良いのだが。  (getnews.jp)                  ツイートこの記事をつぶやく
       ソフトバンクの孫正義社長と多くの地方自治体がぶち上げた 『メガソーラー構想』 が急速にしぼんでいる。          東日本大震災後の福島第一原子力発電所事故の影響で、原発に代わる自然エネルギーとして一躍脚光を浴びたものの、広げた「風呂敷」があまりに大きかったようだ。        メガソーラー構想はしぼんでいる?          メガソーラー構想にあたって、孫社長は当初国内10か所以上で1か所80億円もかかるとされる20メガワット級の発電所をつくると宣言していた。          ところが、さすがに 「20メガワット」 のソーラー発電所の建設はむずかしいようだ。 埼玉県の上田清司知事は2011年10月18日の定例会見で、「当初の話はかなり消えかかっている」 と指摘した。 構想が明らかになってから約5か月。 上田知事は5月に、20メガワット規模のメガソーラー発電所の建設を、孫社長から打診されたことを明らかにしていた。          孫社長は建設費を約80億円と試算し、県に約1億円の負担と50ヘクタールほどの建設地提供を求めたとされる。 埼玉県は現在、候補地の選定作業に入っているが、孫社長からはその後事業の枠組みなどの具体的な話はないという。          ただ、ソフトバンクは「少し行き違いがあるようです」と話す。 構想について同社は、「いま、各自治体が候補地の選定に入っているところで、その後いろいろな話し合いになっていきます」 と、「メガソーラー構想」 の旗振り役ではあるが、あくまでも一事業者としての立場であると説明。          資金についても、「80億円は例にすぎません。 (事業者に選ばれれば)そういったことを、これから各自治体と話し合っていくことになります」 という。          「(上田知事の)発言内容については当社も確認しましたが、(知事は)ここまで(事業が白紙になると)言っていないとのことでした」と話し、「構想が頓挫しているわけではありません」と、強く打ち消した。            しかし、メガソーラー構想がトーンダウンしてきたことは確かだ。 ソフトバンクが打ち出した北海道帯広市の実証実験も、当初1メガワットから、その10分の1の100キロワットの発電規模に縮小。 地元から 「尻すぼみではないか」 との声があるが、同社は 「当初からデータの収集が目的で、100キロワットの設備でも十分にデータがとれることがわかったため、その規模にしただけ」 という。            同社が事務局を務める 「自然エネルギー協議会」 の副会長である神奈川県の黒岩祐治知事は、「メガソーラー構想」 を口にしなくなった。 それどころか、自ら掲げた 「4年間で200万戸の太陽光パネル設置」 を事実上撤回。 「かながわスマートエネルギー構想」 に名を換え、太陽光発電は 「4年間で約55万戸分」、既設を含めても59万戸分の規模に縮小した。          岡山県は県内20か所の候補地の選定を終えているが、徳島県や秋田県など多くの自治体はまだ市町村から候補地を挙げてもらっている段階。 「事業規模や事業者の選定はこれから。 メガでなくとも、候補地に応じて進めていきたい」 と、徳島県は話す。          ある自治体も、「当初はソフトバンクからの話もありましたが、最近は何もありませんね。 まず実現することが第一歩ですから、メガにはこだわりません」 という。          メガソーラー構想は 「練り直し」 のようだ。  (j-cast.com)                         ツイートこの記事をつぶやく
              円高        21日のニューヨーク外国為替市場で、円相場が一時1ドル=75.78円に上昇し、史上最高値を更新した。        市場関係者によると、英系の決済銀行筋やマクロファンド筋から大口のドル売りが出でドル安・円高が進み、その後76.30円─75.90円近辺のストップ注文を巻き込む形でドル安・円高の動きが加速した。        FXソリューションズ(ニュージャージー州)の首席ディーラー、トミー・モロイ氏は 「特定の材料があったわけではなく、日銀が円安政策を導入しないことに一般投資家が業を煮やした格好だ」 と述べた。         スイスでは9月に中銀がスイスフランの上限目標を掲げ、目標達成に向け必要に応じて無制限の介入を実施する方針を示しており、日本の通貨当局もスイスにならう可能性があるとの見方から、最近の円相場は上昇に一定の歯止めがかかっていた。          電子取引システムEBSで、ドル/円 は一時75.78円に下落、8月につけた最安値の75.941円を更新した。 その後、邦銀からとみられるドル買いが76.00円の水準で入るなか、ドルはやや値を戻し、1%安の76.09円近辺で推移。一日の下げとしては8月26日以降で最大となる勢い。        こうしたなか、欧州連合(EU)首脳会議を控え、ユーロが対ドルで上昇。 ロイターデータによると、一時1.3900ドルをつけ、その後0.5%高の1.3846ドル近辺で推移した。        ユーロ/円は0.5%安の105.35円。ユーロ/スイスフランは0.6%下落した。        主要6通貨に対するICEフューチャーズUSドル指数は0.87%安の76.305。 週間では2週連続での下落となる勢い。  (reuters.com)              ツイートこの記事をつぶやく
       台湾で初の米女子ゴルフツアーとなる、台湾選手権は21日、台湾北部のサンライズ・クラブ(パー72)で第2ラウンドを行い、首位発進した宮里藍は終盤の2連続ボギーで73とスコアを落とし、通算3アンダーの141でトップと4打差の9位に後退しました。        前日6位の宮里美香は71で通算3アンダーの9位。 上田桃子は70で回り、通算イーブンパーの19位に浮上した。 首位は通算7アンダーでアサハラ・ムニョス(スペイン)とアンナ・ノードクイスト(スウェーデン)が並んだ。          地元台湾出身で世界ランキング1位の曽雅妮はトップと2打差の3位につけた。 (asahi.com)            曽雅妮はドライバーショット男勝りのように飛ぶし正確なんだよな!  手首をとても軟らかく使うんだな~!           ツイートこの記事をつぶやく
       書名の 『ショッパー・マーケティング』 とは今欧米で注目されている新しいマーケティング手法だという。 従来のマーケティングで対象としてされてきたのは 『消費者』 であって、それが 『使用者(ユーザー)』 なのか 『購買者(ショッパー)』 なのかを曖昧にしてきたところがあった。         ややもすればメーカー的な発想で使用者に焦点が合わせられることも多かったが、ショッパー・マーケティングでは購買者の評価を基に戦略を構築し施策を展開することが重視される。        実際、マーケティング会社カスタマー・コミュニケーションズ (東京・港) の調査では、ドラッグストアでの男性化粧品の購買者のうち男性の割合は30~40%にとどまっていることが分かった。 多くは女性が家族の代わりに買ったり、自分で使用したりしているとみられるという。         本書ではショッパー・マーケティングの意義から説き起こし、購買者の行動や心理を捉えるための技法を、図表を多用しながら具体的に紹介している。 特に、大学やシンクタンクの研究者らに交わって執筆している日本コカ・コーラとロッテの担当者によるショッパー・マーケティングの取り組み事例の記述は興味深い。 日本でも今後ショッパー・マーケティングが広がることが予感させる。 と、日経MJ 「身につく読書」 に紹介されています。            ツイートこの記事をつぶやく