光学機器メーカーのオリンパスで起こった外国人社長の解任をめぐる混乱が、泥沼化の様相を呈してきた。          解任された前社長のマイケル・ウッドフィールド氏、菊川剛会長兼社長の双方とも、メディアを通じて 「言い分」 を主張。 それによって、解任に至る経緯などが徐々に明らかになってきた。                 外国人社長の突然の解任めぐり、経営は大混乱(写真は、オリンパスのホームページ)          解任されたウッドフォード前社長が問題視する買収の一つに、2008年の英ジャイラス社の買収がある。 ジャイラス社の買収のため、オリンパスがフィナンシャル・アドバイザー(FA)に支払ったM&A手数料は、ウッドフォード氏によると約700億円とされている。 菊川会長は 「実際に支払ったのは約300億円」 と、日本経済新聞(10月18日付)の取材に答えている。          ただ、いずれにしても手数料としてはかなり高額に見える。            国際金融アナリストの枝川二郎氏は、オリンパスが支払ったとされる手数料について、「ちょっと法外な感じ」 と指摘する。 M&Aの手数料は、一般的には最低2~3億円くらい。 多くても、せいぜい買収金額の1~3%程度になる。          枝川氏によれば、投資銀行や会計事務所などM&AアドバイザーにとってM&A業務は、自らリスクをとることもほとんどなく、「おいしい仕事」 とのこと。 M&Aは経営トップの最大の経営判断のひとつだが、そのため、「仲介役であるアドバイザーは経営者とのコネが強く、ツーカーの仲であることが大事です」 と話す。         オリンパスのジャイラス社買収は、「(経営陣とM&Aアドバイザーとのあいだに)すごいコネがあったのではないか」 と推測する。            ウッドフォード前社長の解任理由について、オリンパスの菊川会長は 「独断専横的な経営で、他の経営陣と経営の方向性・手法に大きな乖離が生じた」 と説明。 同日開かれた臨時取締役会では全員一致でウッドフォード氏の解任を決めた、としている。            一方、ウッドフォード氏は朝日新聞(10月19日付朝刊)の取材に、「過去の企業合併・買収(M&A)などで不明朗な支出があり、菊川剛会長らの辞任を求めたところ解任された」 と述べ、食い違いをみせる。            月刊誌 「FACTA」 にオリンパスの経営やM&Aをめぐる記事が掲載されたことをきっかけに、9月半ばから複数回、菊川会長と森久志副社長に手紙で事実関係を照会したという。    さらに海外の会計事務所(プライスウォーターハウスクーパー、PwC)に調査を依頼し、「(M&Aについて)不適切な行為の可能性を排除できない」 との中間報告を受けた、と経緯を語った。 さらに、PwCの調査報告書を英捜査当局に提出。 日本当局にも説明するという。          オリンパスは19日、ウッドフォード氏が菊川会長らに辞任を求めたことを認めたうえで、「辞任要求が直接の理由ではない」 と反論。 同氏に対して、「現在も取締役という立場にありながら、経営の混乱を招き、企業価値を損ねたことは遺憾であり、必要に応じて法的措置を検討したい」 とのコメントを発表した。          ただ、買収問題には 「会計処理は適切で、開示が必要な情報はすべて開示しています」 と繰り返すだけだ。  (j-cast.com)                  ツイートこの記事をつぶやく
       今日は、茨城にある江戸崎カントリー倶楽部にラウンドしに行って来ました。  いや~~ 茨城は寒かったカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ!!!        昨日のカレドニアン・ゴルフクラブは朝は寒かったですが、午後からは温かくなってきましたし、半袖でプレイ出来ましたが今日の茨城地方は長袖を着ていてもゾクゾクっと背筋が寒かった!!            それはそれとして、ラウンドは東コース INからのスタート。        10番ホール  545ヤード  パー5       111019_081800        ティーショットはまだ体が温まっていなし身体が硬いから手打ちになってチーピンになりがちなので気をつけて打つとボールを捕まえきれずにボールは右に真っ直ぐに飛びラフへ。                 111019_082118        セカンドショットは、左目のフェアウエイを狙って打ったのですが・・・ 右肩が出て引っかけて (飛ばしてやろうとの意識がそうさせるんだよな)                    111019_082445        ボールはラフへ。  ラフは長くもなくショットにはあまり関係ないから、距離と強いアゲンストの風。  キョディさんが  「ピンまでぇ~ しゃくさんずうだけっと~  しゃくよんずぅ~ うでば~~ とどくとおもうけっど~」  って茨城弁バリバリ!!          今日のキャディさん  最高!!   面白い!!         それは、それとして9番アイアンでダフらずに打てたのですが強かったんですねアゲンストの風が、                    111019_082715        ボールはグリーンのガードバンカーへ。  ピンまで15ヤードぐらいあったかな!?  バンカーショットをピン手前2メートルに寄せて何とかパーを拾いました。         今のレベルでは上々の滑り出しでした。        14番ホール  409ヤード  パー4       111019_084708          このホール。  龍ヶ崎カントリー倶楽部の10番ホールに良く似ています。        ここは距離が出るドライバーを使って右に出てしまうと、正面の林の中に入ってしまいますからスプーンで入らないように打ったまでは良かったのですが、ボールは右に真っ直ぐに飛び出して桜の木の枝が邪魔になって130ヤードを高いボールで攻められないから低いボールでグリーン手前に花道まで持っていき、アプローチは15ヤード、上手く打てたのですが2メートルもオーバー。        パーパットはカップ2個スライスと読んで打ったのですが読みが甘かった右を抜けてボギー。         17番ホール  453ヤード  パー4で外から52度のウェッジでピン奥20ヤードのカップを狙って転がしで打つとピンに “ガッシャ” と当りバーディ (o^―^o)         18番ホール  510ヤード  パー5もパーオンしてバーディ外しのパー。  後半につながる17番のバーディに18番のパーでした。          前半が終わって10:15。  スタートが8:14でしたから2時間。  これくらいのペースがイイね!!          お昼ご飯と言ってもまだ10:15だから軽いものをと、                   111019_104415        「カツサンド」 で後半に “勝つ!!” という語呂合わせだったのですが・・・ 。        あぁ・・  カツサンド美味しかったですよ!!   昨日もカレドニアンでもスタートが早くてお昼休憩が10:20だったから 「サンドイッチ」 だったんだよね!  10時台にお昼ご飯はまだ食べたくないよな!?  他のテーブルをみるとみなさんがっつり食べているんだよな! ビックリだわ!!  (朝ご飯食べてこないの(´・_・`。)ヵナァ・・)          食事も済んで後半のOUT  1番ホール  500ヤード  パー5                    111019_110053        後半のスタートの前にストレッチして身体が回らずに手打ちになってフックしないように準備万端でティーショットをしたのですが・・・ “(;゚д゚)アァ. . ” ってフックして左のラフへ。 セカンドショットはパー5だから無理せずにクリークで打ったのですが、狙いは右のフェアウエイ。 しかし、ボールは左に真っ直ぐにまた左にラフへ。 サードショットは絶対にグリーンに乗せるとの思いと裏腹にダフって4打目がピンに60ヤードの所にこの4打目がピン左にオンしてパーを拾い出だし上々だ。 と思ったらその後はパーオン出来ずにパーパットがアプローチを寄せてのパーパット。 このパーパットはボールがカップを覗いたり、なめたり、ラインの読み違いで切れたり切れなかったり2番ホールからはずっとボギー ><        今日のゴルフはストレスが溜まったな~~          ゴルフはともかく、茨城弁のキャディさんの言葉に思わず “(。・w・。) ププッ” 面白かった!!         また、会いたいものです。       ツイートこの記事をつぶやく
       農林漁業の再生に向けた政府の基本方針・行動計画の原案が19日、明らかになりました。 海外との高いレベルの経済連携と、食料自給率(カロリーベース)を50%に引きあげる目標達成の両立をめざす方針を明記。農地の大規模化といった競争力の強化策を今後5年間で集中的に進める。        行動計画は、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加に意欲を示す野田佳彦首相が作成を指示。         20日に開く 『食と農林漁業の再生実現会議』 (議長=野田首相)に示され、月内に正式決定する。        原案では、水田農業の経営規模を平地でいまの10倍程度の20~30ヘクタールに広げることや、1次産品の付加価値を高める 「6次産業化」 の推進を掲げた。        漁業の協業化や再生可能エネルギーの農山漁村での展開なども含め、7分野の再生戦略を示している。  (asahi.com)        農林魚業に従事したことのない官僚が作り上げた再生案が机上の空論ないことを祈るばかりである。                 ツイートこの記事をつぶやく