大王製紙の井川意高(もとたか)前会長(47)が複数の子会社から無担保で80億円以上を借り入れ、約55億円が返済されていない問題で、十数億円がラスベガスのホテルに開設された個人口座に振り込まれていたことが各紙の報道で明らかになった。          これまでにも、井川氏の 「カジノ好き」 はたびたび報じられており、その一端が明らかになった形だ。 ただし、経営者としては真面目な仕事ぶりを評価する声も多い。            井川氏は大王製紙の創業者の孫にあたり、87年に東大法学部卒業後、大王製紙に入社。 91年に常務、95年に専務に就任し、98年から副社長。 07年6月に42歳の若さで社長に就任したものの、副社長の在任期間が9年間に及んだため、「助走期間は十分」 だとされた。 その後、井川氏は11年6月、上場以来初めての赤字転落の責任を取る形で社長を辞任し、会長に退いている。 今回の事件が発覚し、9月16日には会長のポストも退いた。          9月16日の大王製紙の発表では、井川氏が連結子会社から84億円を借り入れていたことが明らかになっていたが、10月18日に各紙が報じたところによると、84億円以外にも、関連会社を迂回させる方法で22億円を借り入れていたことが、大王製紙の特別調査委員会の調べて明らかになっている。 ラスベガスの個人口座にも十数億円が振り込まれていたことも明らかになっており、調査委員会では、借入金がカジノなどの遊興費にあてられたとみている。          井川氏側は、借入金をカジノにつぎ込んだことは否定しているが、井川氏の 「カジノ好き」 にまつわるエピソードは、すでに複数の週刊誌が報じている。各誌を総合すると、ラスベガスよりもマカオが 「主戦場」 だったようで、週刊文春の9月29日号では、マカオのカジノ関係者が
      「3か月に約1回の割合で、毎回1億5000万円ほど持ち込んで、カジノにつぎ込んでいました」     「完全にバランス感覚を失っていて、周囲もいずれパンクするのではないかと思っていました」
       と、08年頃の様子を証言しているほか、「週刊現代」 10月8日号では、井川氏の 「飲み仲間」 と称する人物が
      「マカオには週末に行くんです。 金曜夜8時の便で成田を出て、香港経由でマカオに入り、日曜まで遊ぶ」
       と、強行軍ぶりを明かしている。            カジノにまつわる 「物証」 もある。 「フラッシュ」 10月11日号には、
      「大王製紙ボンボン会長がカジノで『愛人とドヤ顔』」
       と題して、大量のチップを前に自慢げな表情を見せる井川氏の写真が掲載されている。         同誌によると、写真は都内のカジノバーで撮影されたとされる。          また、芸能人やベンチャー経営者との人脈も豊富だったようだ。 例えばサイバーエージェントの藤田晋社長は、07年11月13日のブログでは、井川社長からプレゼントされたという大王製紙の主力商品 「エリエール」 のケータイストラップの写真を載せている。            一方の仕事ぶりについては、「謙虚で仕事熱心」 との評も多い。 前出の 「カジノ遊び」 を報じた週刊誌の多くが、「遅くまで飲んでいても、朝は定時に出社して業務をこなしていた」 といったエピソードを紹介している。 また、仁義を重んじる人物でもあったとようだ。              「財界」 07年新年特大号に掲載された副社長時代のインタビューでは、父親で最高顧問の井川高雄氏について、
      「印象に残っている言葉は『ビジネスの世界で奇麗事を言っても、最後は人間の好き嫌いであったり、俺が30度頭を下げたのに、お前は20度しか下げなかったとか、そういうものが案外残るんだぞ』ということですね」
       と振り返っている。 また、06年に業界トップの王子製紙が業界5位の北越製紙に敵対的株式公開買い付け(TOB)を仕掛けたことに反発。 TOBは失敗に終わったものの、日本製紙連合会の鈴木章一郎会長(王子製紙会長)に辞任を要求したこともある。 その理由を、前出のインタビューでは
      「町一番の大地主さんが、町内会長をなさっている。 ところがそんなに広くはないが駅前のとても良い立地のビルを欲しくなって同じ町内会の持ち主さんに売ってくれと言われたが断られた。 ならばと、不動産屋と組んで強引に地上げをしかけて失敗した。 それでも『町内会長は続ける』というような話じゃないですか?」
       と説明している。            社長就任直後の 「経済界」 07年8月21日号では、
      「末端に至るまで、本当の意味でモラルの高い会社にしていかなければならない。 言われたことをしていれば間違いない、悪く言えば言われたことをしていればいいんだという風潮がある」
       とモラルを重んじる発言もしている。          なお、今回の事件をめぐっては、東京地検特捜部が大王製紙から任意で資料の提出を受け、会社法違反(特別背任)容疑で捜査を進めている。  (j-cast.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      ベンツCクラス        メルセデス・ベンツ日本は17日、メルセデス・ベンツCクラスクーペのラインアップに、“C180ブルーエフィシェンシー クーペ” と、“C250ブルーエフィシェンシー クーペ” を追加し、同日販売を開始した。        Cクラスクーペは、2011年8月に第一弾が日本に上陸したが、当初のラインアップは車両価格が1000万円を超える高性能バージョンの “C63 AMGクーペ” のみで、手の届きづらい存在だった。 そのスタイリッシュなクーペモデルにこのたび量販グレードの “C180ブルーエフィシェンシー クーペ” と “C250ブルーエフィシェンシー クーペ” の2モデルが加わり、車両価格は435万円からと一気に身近な存在となった。        スタイリングは最初に登場したAMGモデルとは細部のデザインが異なるものの、フロントウインドウからトランクリッドまでなだらかに流れるルーフラインや、ウェッジシェイプのサイドビューなど、クーペならではのスタイリングは共通だ。        さらに、スポーティなスタイリングを好む向きには、AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー・サイド&リアスカート)や18インチAMG7スポークアルミホイール、Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)、プライバシーガラスが標準装備されるC250クーペがオススメとなるが、C180クーペにもオプションでAMGスポーツパッケージは用意されている。        インテリアには、大人4人が過ごせる空間を確保。 シートは4座独立タイプのシートが採用される。 インパネまわりには、シルバーメッキリングをあしらった3連メーターパネルや、センタースポークにシャドウシルバーメッキトリムを施した3スポークステアリング、クーペ専用のダークアルミニウムインテリアトリムによりスポーティ感が演出されている。 シートカラーはクーペ専用色のフラメンコレッドのほか、ブラック、サハラベージュ、アルパカグレーが用意される。        クーペはスタイリング優先と思われがちだが、トランクルームにはセダンより10リットル広い、450リットルのスペースが確保されている。        パワートレインは、“C180クーペ”、“C250クーペ”と もに、新世代の1.8リッター直列4気筒直噴ターボユニット+7速オートマティックトランスミッション “7G-トロニックプラス” が搭載される。 スペックは、C180クーペが最高出力156ps、最大トルク25.5kg-m、C250クーペは204ps、31.6kg-m。        両モデルには、ECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)が装備され、燃費向上と低排出ガス化を実現。 C250クーペは、平成27年度燃費基準達成と平成17年排出ガス基準75%低減レベル認定を受け、エコカー減税(75%減税)の対象となっている。 C180クーペは現在、型式認証申請中につき未定という。        装備は、合計7個のSRSエアバッグや全4席分のベルトフォースリミッター、歩行者を保護するアクティブボンネット、運転中の注意力低下を検知してドライバーに警告を促すアテンションアシストなど、充実した安全装備を誇る。また快適装備では、携帯電話を接続しインターネット検索と連動するHDDナビゲーションシステムやBluetoothオーディオ、ハンズフリー電話など充実した機能をもつ車内テレマティックシステムの “COMANDシステム” などが標準装備される。        価格は、以下のとおり。    ・C180ブルーエフィシェンシー クーペ:435万円    ・C250ブルーエフィシェンシー クーペ:598万円    ・C63 AMGクーペ:1085万円  です。       ツイートこの記事をつぶやく
       今日は、ITの雄YのO君と私のホームコースのカレドニアン・ゴルフクラブでラウンドしてきました。  朝は、ブルブル ((;゚ェ゚;)) ブルブルって感じで寒かったな~~ ですが、午後の終盤にやっと太陽が出てきて温かくなってきてゴルフ日和だした?のかな。        O君 スタートのINの10番ではドライバーショット良かったな~ フェアウエイのセンターに置いてセカンドショットはピンまで150ヤード。 アゲンストの風がかなり強くて持ったクラブは6番アイアン。       エ━━━(;゚д゚)━━━・・ マヂッスカ!!  グリーンオーバーするんじゃないの?        いくらなんでも持つ番手が違うんじゃないのかな?? と思ったら案の定グリーンをオーバーして左のラフへここからの寄せが素晴らしかったね!!  木々の枝が邪魔だから低いボールでナイスリカバリー。  4メートルくらいあったかな?パーパットが入らなかったね!!  始めてのラウンドだし、しかも下りで感覚が分からないから仕方がなかっただろう!?        O君  気合いを入れなおして11番ホール  418ヤード  パー4                  111018_082419        クラブが寝てテークバックしてきたから戻ってくると引っ掛かりやすいんだよな!  だから、ドライバーショットは左に出て更に左に曲がってOB。 暫定球も取り返そうと打ったボールもチーピン気味のボール。 ラフからグリーン手前まで持っていきアプローチ寄せきれず痛恨のトリプルボギー。            13番ホール  406ヤード  パー4                 111018_085219        アゲンストの風が強かったねこの13番ホール。  私は池を避けて左のフェアウエイに打ってフェアウエイセンター。 O君も私を見習い池越えは避けて左のフェアウエイに打ってドライバーショットはグッドショット!!          でも、セカンドショットが良くなかったね!?  嫌な音 “ペッシ” とシャンクして右の池にボールは消えてしまいました。                   111018_085750        池の側のラフから60ヤードのアプローチをするO君。  ピンの奥6メートルほどに付けて下りの結構早いラインを上手く打ったけど下りを考え過ぎて10センチほどショート。  こういうのがストレスたまるんだよな<丶`Д´>!!             15番ホール  498ヤード  パー5        私のドライバーショットは飛んだね~~  フォローの風に乗りピンまで190ヤード。                111018_092541         フォローの風様々だった!   ボールをフォローの風が運んでくれれば2オンしてイーグルも可能なんです。  以前に1度だけ2オンしてイーグルを奪取したことがあるんです。        グリーンが空くまで待って4番のユーティリティーを持って “アラよっと” 打ったらダフり気味にヘッドが入りフックしてグリーン手前のクリークにボールは消えてしまいました ><        O君のドライバーショットは捕まえきれずに右に吹けて大きなマウンドの先の極端な前上がりのラフ。 前に枝が張り出していて高さのあるボールは打てないから低いボールでフェアウエイに出して3打目勝負と行きたいところですがグリーンまでは距離があるかし、クリークも横切っているからレイアップして4オンでパーパット入らなかったな~           後半の最終9番ホール  455ヤード  パー4                  111018_131406        O君のドライバーショットは飛んだね!! 420ヤードのティーグランドから打ってセカンドショットはピンまで150ヤード。 270ヤードのビッグドライブ!! セカンドショットがいけませんでしたね ><        フェアウエイのど真ん中から普通に振れば届くのに “絶対にパーオンしてバーディだ” という欲がいたずらをするんです。         ここでO君痛恨の “ペッシ” と音がしてシャンク。  ボールは右45度方向に飛んでショックのOB。  OBから立ち直れず暫定球はフックして左のバンカーへ。 しかも、ここ9番ホールのバンカーはグリーンから縦長でO君が入れた地点からはピンまで45ヤード以上あったかな?  ここのガードバンカーへは入れてはいけません。 クリーンにバンカーショットはなかなか打てませんからね!!         O君  ドライバーショットは最高だったけど・・・・  泣きたかっただろうな!!         でも、O君 カレドニアン・ゴルフクラブを堪能してくれたようで良かったです。           ツイートこの記事をつぶやく