アメリカ・ニューヨークのウォール街で、格差の是正や失業問題の解決を訴えて連日続いている抗議活動が、東京にも広がった。 都心の日比谷や六本木で、市民らが参加してデモ行進が行われたのだ。          この日は、米国の抗議活動に賛同する世界中の人たちが、各地でデモを開催。 日本の場合は 「原発反対」 という独自の主張も加わった。                   デモ      
「原発いらない、福島返せ」
         2011年10月15日正午過ぎ、東京・千代田区の日比谷公園を出発したデモ隊が声をあげた。 雨模様のため、ビニール傘をさしたり雨がっぱを着たりした人の姿も見られる。          米ニューヨーク中心部で9月中旬から続く、若者を中心とした抗議活動は、米国にとどまらず海外にも拡大した。 東京でも、ウォール街デモの趣旨に賛同した人たちが集結。 一連の活動で使われている 「オキュパイ(占拠)」 という合言葉を用いて、「オキュパイ・トウキョウ(東京を占拠せよ)」 という横断幕を掲げて行進した。 外国人も複数、隊列に混じっている。          もともとウォール街の抗議活動は、格差や貧困、失業といった経済問題が深刻化する米社会において、1パーセントの富裕層に対して 「私たちは99%」 と不公平を正すよう訴える人たちが決起したものだ。都内のデモも「雇用を守れ」「産業を守れ」といったコールが響く。        だが日本の場合は 「特殊事情」 として、反原発の主張も込められた。 デモのコースは東京電力本店や、経済産業省も含まれている。 参加者は格差是正だけでなく、「原発反対」 と叫んだ。 東電前に来ると、掛け声も一段と大きくなった。      日比谷コースのデモは1時間ほどで日比谷公園に戻ってきた。 大きなトラブルはなかったようだ。 SNSのフェイスブック上に開設されている 「東京を占拠せよ」 のページにはこの日、世界各国の「同志」から励ましのメッセージが寄せられた。         「『シアトルを占拠せよ』はあなたたちと共にあります」 「イスタンブールから大きな愛をこめて」 と、連帯感を表現していた。  (j-cast.com)          今、TBSの報道特集で取り上げられています。         ツイートこの記事をつぶやく
      モナリザ        こ、これは、スゴイ・素晴らしい絵画である。        渦のなかに描かれた名画、「モナリザの女」や「ゴッホの自画像」、そして「真珠の耳飾りの少女」。        これを見て、いったいなぜ渦のなかに名画が描かれているのか、すぐにわかる人は少ないだろう。 もちろん、指紋判でも、樹木の年輪でもないぞ!          なんとこの作品は、人の手によってグルグルと円を描かれ、それだけで完成したというのだ。        なに、意味がわからない? ご安心を。 この神業の一部始終を、とある動画で見ることができるぞ。        動画を見ると、男性がまっさらな紙の中心に黒いペンで渦を描き始める。 いったい何をしようというのだろうか。 その円はどんどんと大きくなり、良く見ると、いつの間にか陰影らしきものが付いていることに気づくだろう。        男性はさらにグルグルグルグル……と描き続ける。 すると、ようやく何が起こっているかがわかるはずだ。        そこには、くっきりと、先述の名画が浮き上がっているのだ。 なんという手法だ。 こんなことが人の手で実現可能だとは、御見それした!        これらの肖像画は、イラストレーターでデザイナーのChan Hwee Chongさんが、ドイツの筆記具ブランド 『ファーバーカステル』 の広告として制作したという。        ペンの精度と、微妙な力加減で名画を再現してしまうとは実に素晴らしい。 光と影でモノを見れないと、まず描くことはできない。 なぜか思わずファーバーカステルのペンが欲しくなってしまうではないか。宣伝効果は絶大に違いない。  (        ▼ 「ゴッホ」       ゴッホ        ▼  「真珠の耳飾りの少女」    青の女        「素晴らしい」の一言((。・д・)oダナ!!       ツイートこの記事をつぶやく
       今日は、日本オープンゴルフ選手権が開催されている千葉県千葉市花見川区にある 『鷹之台カントリー倶楽部』 に行って来ました。  結構風が強かったな!?  時折、10メートル以上の風が吹いていたんじゃないかな!?         観戦は17番グリーンと18番のティーグランドで各選手を待ってプロの技を見てきました。 (そして、時折移動しながら)          ちなみに17番ホールの右に3本杉がドライバーショットにプレッシャーをかけるホールが、               DSC_0874        こんな感じで見えてます。 ほとんどの選手は300ヤード打ては超えてくるので左に曲げると左からの松の木の枝が邪魔になるから右のラフに落とす選手が多かったですね。          ラフがヘビーでした!!   Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ!の一言。                 DSC_0878      どうだろう?  葉の長さは25~30センチもあるように感じました。        自分の足をラフに入れると               DSC_0879        ちょっと分かりづらいですが足の甲の高さが10センチとするとその3倍は葉の長さがあるように感じました。         こんなに長いラフからプロは結構簡単にアイアンショットを打っているんですよね!!  で、しかもグリーンに止まるボールを打って来ていましたね。           プロってスンゲェ──―Σ(゚∀゚ノ)ノ─―─ッ!って関心するばかりでした。        観ていると簡単にゴルフをしているんですよ!!  ドライバーショットもコントロールしている感じで振っています。         マン振りしているのは、石川遼だけ!?って感じだったな!!  他の飛ばす選手で増田伸洋、園田俊輔、ドンファン、上田論尉、武藤俊憲、平塚哲二、P・マークセン、久保谷健一等はコントロールしている感じです。        あぁ・・・  ヘッドスピードが、オォォー!!w(゚ロ゚)w早いと思ったプロは諸藤将次は早いよ!! とにかく早い!!         なんか “ブッン” という音で普通は “ブ~~ン” って音ですが次元が違う音でした。 たぶんヘッドスピードは55~57くらい出ているんじゃないの??           13番ホール  171ヤード  パー3     DSC_0880        を、ちょっと写メしましたがターフの取れ方を見ると四角く10~15センチが “スッパッと” 取れています。       ここで、平塚哲二とChien  Yao-Hung (韓国)のティーショットを観ましたが強振してないね!!         こんなゴルフをしたいな~~!!  それにはウエイトを10kg増やせは強いボール打てるよ! と研修会のメンバーにも言われているんだけど年取って体重増えるとまるでメタボが歩いている感じだからヘッドスピードを上げるしかないかな!?          3日目の成績は佐藤信人が6アンダーでトップ。 最終18番のドライバーショットがフックして左のラフへここからセカンドを打ったけどあの深いラフからではグリーンに届かず左にガードバンカ-に捕まりこのバンカーショットがピンに寄らなかったな~~ パーパット外れてボギーとして6アンダー。         2000年に私のホームコースで日本プロ選手権が開催されたとに4アンダーで優勝しているからなんとなくホームコースで優勝した選手を応援したいから明日は是非優勝目指して頑張ってほしいね!!          明日はカレドニアンに行こう!!          ツイートこの記事をつぶやく
      老婆        こちらの2枚の写真の人物の関係は何だろうか。祖母と孫? それとも親子?         実はこの写真は同一人物。 しかも、若い姿の写真は過去のものではない。 どちらも最近撮られた写真だ。 左側の若い女性、彼女はたった数日で老婆のような姿になってしまったのだという。        こちらの女性はベトナムのグエン・フォンさん。 今年まだ26才のうら若き乙女である。        彼女は魚介類に対し極度のアレルギーがあるそうだ。 2008年、そのアレルギー反応が出て全身にかゆみを発症。 その後、異常なまでのかゆみは続き、ついに夜も眠れなくなったとのこと。 本来なら大きな病院に行くべきだが、貧しかったグエンさんは村の診療所で薬を買うことしかできなかった。        診療所でもらった薬を服用、かゆみはおさまったそうだが代わりに、じんましんが出るようになったという。 グエンさんはじんましん対策として、民間療法で使われる薬を服用。 その後、症状は治まったが、皮膚がたるみシワが出てきて老化が始まったそうだ。        民間療法で使われる薬は確かに効果はあるが、副作用も強い。 専門家によると、これらが突然の老化を引き起こした可能性が高いという。 なお、老化を抑える薬を服用するなど試みたが一向に効果が出なかった。        グエンさん本人は 「もう運命だと受け入れました。 もう治療はしません。 姿は変わってしまったけれど、でも主人は変わらず私を愛してくれています。 それが嬉しい」 としている。        しかし、ホーチミン市皮膚科病院のフィン医師は症状を改善する方法はあると主張だ。 そのためにはまず彼女のアレルギーの治療をすることが先決だそうだ。 彼女の治療が成功することを望まずにはいられない。 (rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      ユニクロニューヨーク        2011年10月14日、世界中はアップル社のスマートフォンiPhone4Sの発売でわいた。 アップルストアのフラグシップ店 『Apple Store Fifth Avenue』 (ニューヨーク5番街)には300人以上の購入者が行列を作り、午前8時の販売開始から4~5時間が経過した現在も行列が続いている。        しかし、日と場所を同じくしてニューヨーク五番街に、日本のアパレルブランド 『ユニクロ』 がフラグシップ店をオープンした。 こちらは徹底した広告戦略と前評判もあり、正午のオープンを待つ客たちが3~4時間前から行列を作り、その人気ぶりを誇示していた。        記者は実際にオープン当日の 『ユニクロ』 に出向いて買い物をしたのだが、これがまた素晴らしい接客で、「ここは高級ブランド店か?」と思うほどの徹底ぶりだ。        まず挨拶と笑顔が 「日本でもここまでしないだろう」 と思うほど徹底されており、0.1パーセントも不快感を与える表情をせず 「お客様は神様です!」 という接客なのである。 正直なところ、アメリカでここまで徹底した接客はありえない。 日本でも稀である。        しかし、『ユニクロ』 のすごいところはここからだった。 「お客様は神様です!」 という態度でありながらアップルストアの店員に負けないほどフレンドリーなのである。 フレンドリーすぎると 「ちょっとなれなれしいな」 と感じてしまうものだが、それを微塵にも感じさせず、最初から最後まで気持ち良く買い物ができるよう、完璧な接客をしてくるのだ。        Tシャツやジャケットを着ている店員がほとんどだが、数人ほどスーツを着ている店員もおり、彼らの接客はさらに上をゆくものだった。実際に行ってみないとこの素晴らしさを感じることはできないと思うが、「徹底されたマナー+自然なフレンドリーさ+完璧なナビゲーション」 という接客だったとだけ伝えておくとしよう。 シンプルにいえば、まったくウザくない!  むしろ一緒にいて居心地がいい!          まさかアメリカにこのような接客ができる店があるとは思わなかった。 それが 『ユニクロ』 だったとは、正直いって非常に嬉しいものがある。 カメラを持って観光ついでに同行したサービス業の知人も、その接客に大絶賛していた。 あとは、この接客がいつまで続くのかが重要なポイントとなる。 時間が経過すると気が緩むものだが、はたしてどうなるのか?        最後にひとつ、店員はみんな美女&イケメンだらけだった。  (rocketnews24.com)                    ツイートこの記事をつぶやく
      ハリケーン        
 ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは13日、11月1-4日に米国で開催されるSEMAショー11に、『ジェネシスクーペ』 のカスタムモデル、『ジェネシス ハリケーンSC』 を出品すると発表した。      ジェネシスクーペは2008年3月、ニューヨークモーターショーでデビュー。 ヒュンダイとしては初のFRスポーツクーペで、トップグレードには3.8リットルV型6気筒ガソリン(最大出力310ps、最大トルク36.8kgm)を搭載。 ブレンボ製ブレーキなどで足回りも強化された。      ジェネシス ハリケーンSCは、米国のドリフトキングで、パイクスピーク国際ヒルクライムなどへの挑戦でも知られるリース・ミレン選手が率いるリースミレンレーシングが中心となり、ジェネシスクーペにカスタマイズを施して誕生。      そのハイライトはエンジンで、3.8リットルV6にスーパーチャージャーを追加。 最大出力は450psオーバーと、140ps以上のパワーアップを果たす。      もちろん、サスペンションやブレーキは強化。 カーボンファイバー製ボンネットや専用バンパー&ディフューザー、19インチタイヤなどが装着されている。      ヒュンダイは、ジェネシス ハリケーンSCのティーザースケッチを公開。 実車はSEMAショー11の会場で披露するとしている。  (response.jp)        なんとなくASTON MARTIN  Vantage に似てないかい!?      
ツイートこの記事をつぶやく
               ワッパーです        バーガーキング・ジャパンは11月1日、ハンバーガー商品 「WHOPPER(ワッパー)』 がおかわり自由となる 「“B” iking(バイキング)」 キャンペーンを 「バーガーキング」 店舗にて開始シマス。 期間は15日まで。        「WHOPPER」 は、直径10cm強、重さ約110gのビーフパティを直火で焼き、レタスやトマトなどと一緒にサンドしたハンバーガー。 今回のキャンペーンでは、「WHOPPER」 系のLセットを購入して店内で食べた際に、量に満足できなかった場合は購入したバーガーと同一商品を満足するまで提供してもらえるといったもの。        バーガーを食べ終わった後、バーガーのラッピングペーパーとレシートをカウンターに持っていくと、同一商品がもらえる。 ただし、制限時間はレシートに打刻されている時間から30分間。 サイドメニューやドリンクも最終的には食べきることが条件となっている。 実施時間は14時~23時。 なお、「WHOPPER」 はLセットの価格が860円となっている。 (mycom.co.jp)             ツイートこの記事をつぶやく
     2011年10月14日に日本でも発売開始なったアップルの新スマートフォン 『iPohne4S』。 発売前の米アップル発表会では当初、iPhone5が出るのでは? と予想されていたのですが、実際は4Sでがっかりした人も多いようです。 ところが全世界で100万台も予約されており、ユーザーの高い関心を集めています。        現在購入を検討している方に、とっておきの情報をお伝えしたいと思います。 2010年に発売開始されたiPhone4は、ホワイトモデルが遅れて販売開始となり、後に高い人気を呼ぶこととなったのですが、今回発表の4Sはブラックの方が人気なのだとか。 したがって、購入する際は、ホワイトの方が入手しやすい可能性があるというのです。          この情報はとあるショップのiPhone4Sの行列に参加していた、販売流通に詳しい人物から得られたものです。 その人物は、iPad2の販売開始時にも特別なコネクションを使って、発売日に手に入れることができたそうです。        その彼が言うには、「(iPhone4Sの)ブラックはすでに品薄の状態のようです。お店にもよると思うんですけど、在庫があるのはホワイトだけの可能性もありますよ」 とのこと。          つまりこれから購入しようという方は、もしもブラックを希望すると入手が遅くなるかもしれないのです。このことの理由について尋ねると彼は、「やっぱり最初は黒ってことですかね。 iPhone4のときは、ホワイトが遅れて出たので注目が集まったんじゃないですかね」 と考察しています。        お店の在庫のすべてが一緒ということはないと思いますが、これから購入という方は是非ともこの意見を参考にしてください。色で迷っている友達がいたら、その方にも教えてあげましょう。  (youpouch.com)              ツイートこの記事をつぶやく
       日本マクドナルドは18日~27日、『ビッグマック』 を特別価格の200円で販売します(ただし、熊本県・大分県など一部店舗を除く)。                     ビックマック        同社は、2011年に日本創業40周年を迎えており、9月24日から 『1971(イチキューナナイチ)キャンペーン』 を展開。        今回の特別価格での販売は、同キャンペーン第2弾の内容となる。 なお、『ビッグマック』の通常価格は290円~320円。 (mycom.co.jp)                ツイートこの記事をつぶやく
                  スマートフォン        多機能携帯電話(スマートフォン)の急速な普及に伴い、利用者が歩きながら端末の画面を閲覧していて通行人とぶつかるトラブルが増加しているようだ。        「被害者」となるのは高齢者や子ども、視覚障害者が多い。 大きな事故につながる恐れが指摘されている。        鉄道の駅での待ち時間や移動中の電車の中で、スマートフォンを使って情報収集やメールの送受信、SNSを楽しむ人が増えている。 携帯電話メーカーは、主力商品の軸足をスマートフォンへと移し、通信事業者も米アップルの 「アイフォーン(iPhone)」 や米グーグルが開発した基本ソフト 「アンドロイド」 を搭載した機種を続々と売り出している。          スマートフォンの所有率が上がるにつれて、課題も浮き彫りになってきた。 特に 「ながら歩き」 が問題化している。 従来型の携帯電話に比べて使い方が広がり、小型のパソコンのような機能を持つスマートフォンの場合、利用者は画面を食い入るように見る傾向が強く、周りに気づかなくなる危険性が高まる。          内閣府の 「交通安全白書」 によると、駅のホーム上で列車と接触したり、ホームから転落したりして発生する死傷事故は年々増加傾向にある。 このうち、スマートフォンの 「ながら歩き」 がどれほどを占めるかは分からないが、東京や大阪では以前、携帯電話の使用中にホームから線路に転落した事例もあるため、スマートフォンでも同様の事故が発生する恐れは十分にある。            2011年10月14日放送の情報番組では、スマートフォンを見ながら歩く人の様子が映し出された。 駅のホームの端ギリギリを通るサラリーマンや、乳母車を引く母親とぶつかりそうになる若者と 「あわや」  の連続。 被害を受けるのは高齢者や、背丈が小さく視界に入りにくい子ども、さらには視覚障害者が多い。          従来型の携帯電話の普及時にも、使用しながらの歩行や運転が問題視された。 特に自動車や原付の運転中の使用については2004年の道路交通法改正で、電話機を手に持っての通話や画面を注視していた場合に厳しい罰則規定が設けられている。          実際に駅やホームで、スマートフォンの 「ながら歩き」 をめぐるトラブルは増えているのか。 JR東日本の広報に取材すると、「スマートフォンが原因でのトラブル件数という統計はとっていない」 という。 乗客同士がもめて駅員が割って入るようなケース自体、それほど多くないそうだ。          ただし最近、スマートフォンの問題がニュースで取り上げられることが多いため、駅の利用者に向けて 「ながら歩き」 に関して注意を喚起していると説明する。 スマートフォンの画面閲覧だけでなく、読書や携帯ゲーム機の使用、ヘッドホンをして音楽を聴きながら歩いている人を対象に、ポスターや一部電車の車両に取り付けられたモニターで安全な歩行を呼びかけている。          被害を多く受けている側は、どう感じているだろうか。 東京視覚障害者協会事務局の織田洋さんは、目の不自由な人に対して通行人がぶつかってくるケースは増えていると話す。 相手と接触して初めて気がつくため 「相手がスマートフォンを使っているかどうかまでは分かりません」 と言うが、織田さん自身も 「駅で誰かが当たってきて、『ごめんなさい』 と謝られたことがありました」。         織田さんは、ホームでは点字ブロックを頼りにして歩く。 そこからずれると線路に落ちる危険が増すからだ。 「以前は杖の音を聞いてよけてくれた人が多かったのですが、最近は、なかなかそうはいきません」 とため息をつく。 「ながら歩き」 を減らすには、「モラルの問題であり、社会全体で解決の方向に持っていってほしい」 と願う。          路上でも人同士がぶつかればケガをする恐れがあるが、駅のホームとなれば線路に転落といった命にかかわる事態になりかねない。 鉄道会社では現在、安全性に配慮して可動式の柵の取り付けを進めているが、短期間にすべての駅で作業を終えるのは不可能だ。 織田さんは 「(スマートフォンを見ながら歩く人を)注意する駅員を増やすような対策をとらないと、解決は難しいのではないか」 と指摘する。  (j-cast.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
Page 1 of 212»