2011,10,14

首都圏で放射線測定ネットワーク広がる 1700人が自主参加。

         首都圏で放射能を自分たちで測定しようという動きが高まっている。 文部科学省の調査でセシウム汚染の帯が千葉県などにも広がっていることがわかったほか、横浜でストロンチウムが測定されたり、東京都世田谷区でも高い放射線量が報道されたりしたことなどが影響している。          測定器の売上げが伸びているだけでなく、住民たちがネットワークを作って互いに汚染情報を交換する動きも盛んだ。                    ガイガーカウンター        「早速、売れ行きにも影響が表れています」 そう話すのは、放射線測定器のネット通販を手がける 「バリューコネクト」 の担当者。 2011年10月12日、世田谷区内の民家脇の歩道で、高い放射線量が測定された。 13日の測定では、線量は毎時3.35マイクロシーベルトに達した。 発生源は、民家の床下にあった瓶類だったという見方が有力になっているが、当初は原発事故による放射線漏れが原因と報道されたこともあり、測定器を扱っている企業には、多くの問い合わせが寄せられた。          同社の売れ筋商品はエコテスト社の 「TERRA MKS-05」 で10万5000円。 最近ではスマートフォンに接続して使うタイプの測定器も人気が高いそうだ。          とはいえ、測定器は安い買い物ではない。 「ガイガーカウンターレンタルサービス(GCR)」 では、「一人でも多くの人が測定器を利用できるように」 と、震災直後から測定器のレンタル事業をスタートした。          料金は、通常の測定器で1日3500円。 利用者は建築業、旅行会社などの企業に加え、一般の主婦が多数を占めるという。 利用後には、心のこもった感謝状を添えてくる人も少なくないそうだ。          こちらの企業にも世田谷の件を受け、13日だけでも20件の問い合わせがあった。中には「私も世田谷に住んでいるんですが……」といった相談もあったという。            比較的安価な測定器も登場した。 エステーが10月20日に出荷を開始する、「エアカウンター」だ。 希望小売価格は9800円。 安さの秘密は、検知部によく使われる 「ガイガー=ミュラー管」 ではなく半導体センサーを採用し、量産を容易にしたことだという。
      「価格は安いですが、精度については従来品と違いはありません。 その代わり、最大測定時間が約5分とやや計測に時間がかかりますが、一般家庭での使用には問題ありません」
         個人の測定器所有が広がりを見せる中、6月にスタートしたSNS 「測ってガイガー!」 は、その情報を共有するためのサービスだ。 このサイトの特徴は、測定器を持っていない人でも 「ここを測ってほしい」 とリクエストを出すことができること。 それに測定器を所有する有志(測定メンバー)が応える形で、地点ごとの線量情報を集積・共有していくことを目指す。          現在参加するユーザーはおよそ6800人。 このうち測定メンバーは1700人あまりだ。 投稿されている線量情報は、1万8000か所に上る。 運営するゴーゴーラボの小川智史さんによれば、
      「『素人』の線量測定をバカにする人もいますが、複数の人が同じ地点を調査することなどで、情報の精度を上げることができると考えています。 また測定者が使用している機器を見ると、比較的高価なシンチレーション式の機器などを利用している人も少なくありません」
      という。  (j-cast.com)        政府が発表するデータには信用できないからね!!  自分の身は自分で守らないとと思う心理は当たり前だよな!!                  ツイートこの記事をつぶやく