本日も日経夕刊の “人間発見” のコーナーにスタートツゥディ社長 前沢友作氏が紹介されていましたから紹介しす。          アメリカ滞在中に日本のみんなにも聴いてほしい音楽CDをたくさん買う。 日本に持ち帰り、通販販売を始める。          アメリカから日本の友達にCDを送っていたらとても喜ばれました。 自分の気に入った音楽がみんなにも聴いてもらえることが分かり、日本に戻ってから音楽活動の通販ビジネスをスタートしました。 1995年のことです。 バンドは大手のレコード会社に属さないインディーズとして活動をしていました。 二足のわらじです。       両方とも順調でした。 自宅がCDだらけとなり、注文を受け付ける電話も自宅と兼用で、繁盛しすぎて家族には迷惑を掛けていました。 手狭になったので事務所を構え、1998年に会社を作ることにしました。 今の会社の誕生です。 会社設立の手続きはすべて自分でしましたよ。 バンド活動では大手のレコード会社から声が掛かり、メジャーデビューへと駒を進めました。      ただ、暫くしてバンド活動で違和感を覚えるようになったのです。 インディーズ時代は何でも手作りでした。 ジャケットのデザイン、営業活動まですべてです。 ところがメジャーになると、大人が引いたレールの上に乗っている自分たちがいました。 自分たちの曲を聴いてもいないレコード店の販売担当者に頭を下げることも。 取り巻きが多くなり、CDを5~6枚出した頃には創作意欲もうせてしまいバンド活動も休止と相成りました。 ぼくがリーダーだったので 『もうやめようよ』 と。 メンバーはその決断を受け入れてくれました。              事業は好調だったが、問題が勃発していた。 社員がぼつぼつと辞めていったのだった。          メジャー時代は全国で営業やライブ活動をしていたので会社を留守にしがちで、社長である私が1カ月以上、会社に顔を出さないこともザラ。 月末にお給料を渡す時に不在だったこともあります。 自分は全く気に留めていませんでしたが、社員からすると会社がどうなっていくのか、心配だったに違いありません。 社員が辞めていくのを見て、それに気付き、猛烈に反省しました。 バンド活動を休止したのはこうした事情もあったからです。 年間の売上高は1億円くらいになっていました。      音楽の好きな人はファッションに敏感な人が多かったので、通販の取扱品目に衣料品が加わるのは自然の流れでした。 やはり、自分がカッコイイと思った商品を仕入れて、気に入ったくれたお客さんに買っていただいたらいいと。 ちょうど、ネット通販の勃興期でもありました。 システム関係の本を読み漁り、自分で通販サイトを立ち上げました。              人生観や音楽感を変えたアメリカが同時多発テロの標的となったことに衝撃を受ける。 平和で戦争のない世界が来るようなメッセージを企業理念にこめたいと考える。          自分はこの先、どうやって生きて行けばいいのか、なんのために会社をつくり、生きて行けばいいのか。 そんなことを真剣に考えていました。 バンド時代から反旗・平和に関心もありました。 世界平和を願うジョン・レノンのイマジンの歌詞は大好きです。 世界平和をどんな言葉で表現すれば僕にあっているか。 それはファッションを通じて、笑顔のある世界だと思ったのです。 『世界中をカッコよく、世界中を笑顔に』。 これが、企業理念です。        この企業理念を気に入って、通販サイトのZOZOTOWNなどで商品を買ってくださるお客さんはたくさんいます。 強い思いでこの仕事をしていることを理解していただいているようです。        2007年に東証マザーズに上場しました。 何時もはTシャツなど気楽な格好で仕事をしていますが、上場の審査の時の面接にはスーツを着ていきましたよ。 上場のセレモニーでは東証のお偉い人はが 『おめでとう』 と言ってくれました。 褒められたことのない人生だったので嬉しかったです。                           111014_192242      上場ののお祝いで金を鳴らす時に、着ていたTシャツの上におもむろにスプレーで 『NO  WAR』 (戦争反対) と書きました。 東証関係者は驚かれましたが、見学に訪れていた学生や一般の方から温かい拍手をいただきました。 と、紹介されています。        明日は、4回目を紹介します。                    ツイートこの記事をつぶやく
          コージーコーナー   ジャンボシュークリームを始め数々のヒット商品を世に送り出してきている 「銀座コージーコーナー」。 手頃な価格帯でありながら間違いのない美味しさ。 みんなに長く愛されてきている 「洋菓子の定番」 といってもいいだろう。     そんなコージーコーナーが、過去に惜しまれつつ販売終了となった商品に対し 「みんなの声」 を募る「コージーコーナー 復刻投票キャンペーン」を開催しています。   バブル期に一世を風靡した 「ティラミスシュー」 に定番 「デラックスショート」、大人向けのフランス風伝統菓子 「サバラン」 などの10商品の中から  「もう一度食べたい」 商品を投票してもらい上位3位までが実際に復刻販売となる。   また投票とは別に、商品への投票理由や、商品の思い出エピソードについてもツイッターで募っており、さらに ツイッターで投稿してくれた人の中から、銀座1丁目本店にて開催の 「復刻商品試食会」 へのペアご招待もあるそうです。   スイーツ好きにはたまらないこのイベント、是非参加してみてはいかが!? (youpouch.com)       ツイートこの記事をつぶやく
         ティラノサウルス        肉食恐竜ティラノサウルス・レックスが、これまで考えられていたよりも速いペースで成長し、体重も重かったらしいことが12日発表の研究で明らかになった。 いわゆる 「10代の若者」 と同じくらい、食欲が旺盛だったとみられている。        米国と英国の研究者は、シカゴのフィールド自然史博物館にある 「スー」 を含むティラノサウルス・レックスの標本5体を対象に、3次元レーザースキャンとコンピューターモデルを用いて調査を実施。 スーの体重が当初の推定よりも3割近く重い9トン強に達していた可能性があることを突き止めた。          一方、最も小さく若い標本の体重が想定体重よりも軽いことも分かった。 これにより、ティラノサウルス・レックスは10─15歳の間に1日5キロ増の速さで成長する可能性が新たに示された。 5年前の研究結果に比べて2倍以上速いペースとなる。        このペースでの成長を実現するには旺盛な食欲が必要であり、ティラノサウルス・レックスは当初考えられていたよりも広い 「なわばり」 を持ち、新陳代謝が良く、体温も高めだった可能性があるという。  (reuters.com)        科学が進歩すると以前では分からなかったことが発見できるということは素晴らしいことです。                  ツイートこの記事をつぶやく
         首都圏で放射能を自分たちで測定しようという動きが高まっている。 文部科学省の調査でセシウム汚染の帯が千葉県などにも広がっていることがわかったほか、横浜でストロンチウムが測定されたり、東京都世田谷区でも高い放射線量が報道されたりしたことなどが影響している。          測定器の売上げが伸びているだけでなく、住民たちがネットワークを作って互いに汚染情報を交換する動きも盛んだ。                    ガイガーカウンター        「早速、売れ行きにも影響が表れています」 そう話すのは、放射線測定器のネット通販を手がける 「バリューコネクト」 の担当者。 2011年10月12日、世田谷区内の民家脇の歩道で、高い放射線量が測定された。 13日の測定では、線量は毎時3.35マイクロシーベルトに達した。 発生源は、民家の床下にあった瓶類だったという見方が有力になっているが、当初は原発事故による放射線漏れが原因と報道されたこともあり、測定器を扱っている企業には、多くの問い合わせが寄せられた。          同社の売れ筋商品はエコテスト社の 「TERRA MKS-05」 で10万5000円。 最近ではスマートフォンに接続して使うタイプの測定器も人気が高いそうだ。          とはいえ、測定器は安い買い物ではない。 「ガイガーカウンターレンタルサービス(GCR)」 では、「一人でも多くの人が測定器を利用できるように」 と、震災直後から測定器のレンタル事業をスタートした。          料金は、通常の測定器で1日3500円。 利用者は建築業、旅行会社などの企業に加え、一般の主婦が多数を占めるという。 利用後には、心のこもった感謝状を添えてくる人も少なくないそうだ。          こちらの企業にも世田谷の件を受け、13日だけでも20件の問い合わせがあった。中には「私も世田谷に住んでいるんですが……」といった相談もあったという。            比較的安価な測定器も登場した。 エステーが10月20日に出荷を開始する、「エアカウンター」だ。 希望小売価格は9800円。 安さの秘密は、検知部によく使われる 「ガイガー=ミュラー管」 ではなく半導体センサーを採用し、量産を容易にしたことだという。
      「価格は安いですが、精度については従来品と違いはありません。 その代わり、最大測定時間が約5分とやや計測に時間がかかりますが、一般家庭での使用には問題ありません」
         個人の測定器所有が広がりを見せる中、6月にスタートしたSNS 「測ってガイガー!」 は、その情報を共有するためのサービスだ。 このサイトの特徴は、測定器を持っていない人でも 「ここを測ってほしい」 とリクエストを出すことができること。 それに測定器を所有する有志(測定メンバー)が応える形で、地点ごとの線量情報を集積・共有していくことを目指す。          現在参加するユーザーはおよそ6800人。 このうち測定メンバーは1700人あまりだ。 投稿されている線量情報は、1万8000か所に上る。 運営するゴーゴーラボの小川智史さんによれば、
      「『素人』の線量測定をバカにする人もいますが、複数の人が同じ地点を調査することなどで、情報の精度を上げることができると考えています。 また測定者が使用している機器を見ると、比較的高価なシンチレーション式の機器などを利用している人も少なくありません」
      という。  (j-cast.com)        政府が発表するデータには信用できないからね!!  自分の身は自分で守らないとと思う心理は当たり前だよな!!                  ツイートこの記事をつぶやく
      復元        2011年10月13日、アップル社のiPhone、iPad、iPod Touch(第四世代)のOS 「iOS5」 がリリースされました。 今回のアップデートでは、同社のクラウドサービス 「iCloud」 が登場。 ロック画面でカメラを起動できたり、アップルデバイス間でメッセージの送受信ができる 「iMessage」 が実装されたりと、200にも及ぶ更新内容が盛り込まれている。        すでにアップデートを完了している人も少なくないようなのだが、いくつか重大な問題が発生しているようだ。 そのひとつに、データの消失がある。 私(記者)は内蔵していた音楽のデータがすべて消えてしまった。 また当編集部では、撮影した写真や動画が消えるなどのトラブルに見舞われている。        そこで、もしかしたらバックアップデータを復元できるかもしれない方法についてお伝えしよう。 ただし、確実に復元できるとは限らないので、実際に行ってみる際には自己責任で。            この方法はiTunesから呼び出す方法だ。以下がその手順である。        【 iTunesでバックアップデータを呼び出す方法 】    1. デバイスをPCに接続      2. iTunesを起動する      3. 「デバイス」に表示された自身のデバイス(iPhone、iPadなど)を右クリック      4. 「バックアップから復元」を選択      5. 「復元」を選択        復元の際に、「連絡先、カレンダー、メモ、および設定のみ復元されます」 と表示されるのだが、これで復元できるものは、人によって違いがあるようだ。          iPad2を使っているY氏は、写真・動画・音楽・アプリのすべてが消失。 iTunesから復元を試みたところ、写真だけは戻ってきた。 iPod Touchを使っている私は、音楽がすべてなくなってしまい、この方法を試したのだが何も変化はなかった。          これからiOS5にアップデートされる方は、事前にバックアップをとっておくことを強くおすすめする。     バックアップ        そして繰り返しになるが、この方法で消失したデータが必ず復元できるとは限らない。 秋までも自己責任で。 (rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカ・アップルの「アイフォーン(iPhone)4S」が全国で発売されました。 朝から客が列をつくった店舗もあったが、ソフトバンクモバイル(SBM)では契約者が品物を受け取れない事態に陥った。          原因は、予約客の受付端末を管理システムの不具合。 一時は 「本日中の引き渡し中止」 をアナウンスしながら、その後再開するなど混乱が見られる。            「iPhone 4S」 は2011年10月14日朝、SBMとKDDIで発売が開始された。 SBM表参道店には孫正義社長が顔を出し、店の前に並んでいた予約客と一緒に発売を祝った。          朝8時から受付を開始。 ところがその直後に、店頭で顧客情報の登録を行う端末を管理するシステムがダウンした。 SBM広報に聞いたところ、全国で一斉に予約客が殺到したために起こったのではないかと見ているが 「直接的な原因は調査中」 だという。          このため各店は混乱。 顧客は品物を受け取れず、長時間待たされる事態となった。 ツイッターを見ると一部の客は、緊急的な措置として電波を受信できないままの 「iPhone 4S」 を渡され、システムが復旧した後に改めて顧客情報を店側で登録して使用できるようにすると言われたケースもあるようだ。          SBM広報によると、当初11時前にシステムは復旧する予定だったが作業に時間がかかったため、いったんは11時の時点で、14日の販売を中止するとアナウンスしたという。 しかしちょうどそのころにシステムの修理が完了したため 「中止」 を取りやめ、正午前には全国での販売を再開した。          孫社長は11時過ぎ、ツイッターに 「大変ご迷惑をおかけしました。 登録システムも復旧しました」 と投稿。 その後もツイッター利用者から 「本日中の復旧は見込めないと言われた」 「ショップから連絡がないが大丈夫か」 といった問い合わせに 「現在は復旧しています」 と返答している。          なおKDDIは、大阪のアップル心斎橋店で受付していた 「au」 向けの契約端末20台のうち当初1台しか動作しない不具合が発生したが、KDDI広報によると11時過ぎには5台まで回復したという。 それ以外では 「基幹システムには全く影響は出ていない」 とのことで、全国各店での受け取りは問題ないと話している。  (j-cast.com)          なんだかお粗末だな!?                   ツイートこの記事をつぶやく
       現在イギリス国民の3分の1が、日常的にビタミン剤などのサプリメントを摂取しているそうです。 その結果、栄養補助食品業界の売上は、年間なんと806億7000万円にもおよびます。 中でも最も人気のあるサプリメントは、マルチビタミンなどのビタミン剤全般と、葉酸そしてカルシウムです。        しかし昨今の研究により、ビタミン剤やサプリメントなどの栄養補助食品をとることは、有害無益であるという説が浮上しはじめ、話題を集めています。 多くの女性たちが健康を気遣って飲んでいるサプリメントが、実は逆に体を蝕んでいる。 果たして、本当はどちらが正しい説なのでしょうか。            「サプリメントなど、なんの健康利益ももたらさない」 そう口を揃える一部の科学者たち。 その考えの元になっているのが、フィンランド・ノルウェー・アメリカ・韓国の科学者たちが一堂に会して、サプリメントを常時服用している55~69歳の女性たち38772人を対象に挑んだ、大規模調査の結果です。 18年にもおよぶ調査の中、科学者たちは彼女たちの身に起きたどんな些細なことも記録しました。        そして長い調査の末に出た結果は、驚くべき事実を科学者たちに示したのです。 なんと、調査対象となった女性のうち、銅を常時摂取していた人たちの死亡率が18%も上昇したのです。 このような結果を招いたのは、銅だけではありません。 続いて葉酸が6%、鉄が4%、さらにはマルチビタミン・ビタミンB6・マグネシウムそして亜鉛までもが、死亡率を引き上げたのです。        この結果を踏まえた科学者たちの見解は、「サプリメントが死をどのように誘発しているかはわからないものの、推測できることは、サプリメントが人間の本来持っている防衛能力に少なからず干渉している可能性がある」 ということでした。 よって、なるべくサプリメントに頼らず、バランスのとれた食事で栄養をとるべきだと科学者たちは話します。        しかしフィンランド東部大学教授のヤッコ・ムルス博士曰く、「栄養失調などの栄養欠乏性疾患を抱えている人にとってサプリメントは有益なもの」 なのだそう。 ムルス博士をはじめこの研究結果に賛同している他の科学者たちも、健康不安がある人に関しては引き続き摂取を勧めています。 今回の研究結果は、2008年にデンマーク・コペンハーゲン大学で発表され有名になった 「ビタミンサプリメントが16%死亡のリスクをあげた」 という研究結果を裏付けるものになりました。        その一方で、この説に異議を唱える学者も少なくありません。 ケンブリッジ大学の人間栄養研究における医療審議会に籍を置くグレンス・ジョーンズ博士曰く、「この研究結果は確かに興味深いものですが、必ずしもサプリメントが死のリスクをひきあげるなどという確固たる証拠はありません」 とのこと。 またサプリメントを推奨する活動をしている団体、「ヘルス・サプリメント・インフォメーション・サービス」 のキャリー・ルクソン氏も、今回の調査における情報の不足と信頼度の低い調査方法に、疑問を呈しているようです。        「栄養補助食品の使用が死に関わるという信頼できる生物学的理由なくして、今回の調査結果に皆が従った場合、むしろ健康被害を引き起こすかもしれません」 とルクソン氏。 要するにすべての意見を統括すると、健康な人はサプリに頼り切らず体に不安があるときにだけ摂取を心掛ける。 そして健康に問題がある人は、それに見合ったサプリメントを常用する、ということでしょうか。 でも、それじゃ結局今までどおりってことですよね!?          今のところは結論が出しきれていない、サプリメントに関する見方。 結局、ホントのところは未だわからないままといえそうです。  (youpouch.com)         ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカ・インターネット検索大手グーグルが13日発表した今年7~9月期決算は、売上高が前年同期比33%増の97億2千万ドル(約7500億円)、純利益は26%増の27億2900万ドルだった。        いずれも四半期として過去最高を更新しました。      主力のネット検索連動広告に加え、携帯端末向け広告も好調だった。 決算を好感し、グーグル株価は13日夕方の時間外取引で一時6%超上昇した。  (kyodo.co.jp)         ツイートこの記事をつぶやく