週刊エコノミスト(毎日新聞社刊)2011年10月11日号の巻頭特集 「国債暴落へのカウントダウン」 がツイッターで話題だ。          注目はその見出しにある。 じつは同誌では10年2月23日号で 「日本国債暴落」、その4か月後の6月29日号で 「国債暴落の『ウソ』」 の見出しで売り出していた。 いったい、国債暴落はウソなのか、ホントなのか。                     エコノミスト        「エコノミスト」といえば、1923年創刊の経済誌の老舗。 企業経営者や経済評論家、エコノミスト、アナリストらのインタビュー記事が豊富でファンも少なくない。 40~50代のビジネスマンや経営者・管理職らが主な読者だ。          10月11日号の 「国債暴落へのカウントダウン」 では、国債の 「基礎知識」 から 「同じ財政懸念なのに欧州と逆、日米で金利低下する理由」、格付けやCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)、日本の財政赤字といった議論をカバー。 アナリストらの分析をまじえ、日本国債が徐々に国内で消化できなくなってきているとまとめている。          気になる 「Xデー」 については、日本が経常黒字から経常赤字に転落するときが危ないといった内容や、銀行が国債を引き受けられる限界が10年以内であると指摘している。          とはいえ、見出しは少々節操がないといわれても仕方がない。 なにしろ、昨年2月の 「日本国債暴落では、ギリシャはひと事ではない」 と煽っておいて、6月29日号では一転。 「これだけあるギリシャとの違い」 として、日本国債を擁護した。          そして再び 「国債暴落へのカウントダウン」 では、「それはないでしょう」 というのである。              ツイッターのカキコミには、
    「手のひら返しまくりワロタwwwwwww」   「じゃぁ来年は『暴落しない』特集かーww」   「わかりやしーマッチポンプwww」
       と失笑が漏れる。            カキコミには 「売らんがためで、けしからん」 との指摘もある。 エコノミスト編集部にそのあたりを聞いてみた。            すると、「昨年2月23日号の売れ行きはよかったです。 6月29日号はそれほどでも。 ただ、基本的に国債ネタは関心が高く、売れ行きがいいです」 と明かす。            ギリシャの財政危機が連日のように話題になり、それによって世界的な株安や円高が起こるのだから、日本の財政や国債のゆくえに関心が高まるのはうなずける。            エコノミスト編集部も、「(見出しが)ツイッターなどで話題になるのも、それだけ国債への関心が高いからでしょう」 と話す。 見出しのブレがひどいという指摘があることについては、とくにコメントがなかった。            経済誌やビジネス誌では 「国債暴落説」が報じられると、よく「増税したい財務省筋が書かせた」 「ヘッジファンドが扇動している」 などとささやかれるが、同誌ではそんなことはなかったようだ。   (j-cast.com)          記事を書いているエコノミストには責任がないからコロコロ変わるんだよ!!                ツイートこの記事をつぶやく
      ジョブス来日        スティーブ・ジョブズ氏の訃報に、世界中が追悼の思いを伝えているが、SPA!は、日本をこよなく愛してくれたジョブズの、最後の来日で起こったある“事件”を報じたい。      昨年9月、この記事の掲載号が発売するや否や、CNNやブルームバーグをはじめ、世界中のメディアが追従する形となった。      その後、朝日新聞の取材にアップル社広報担当者は、「ジョブズ氏が日本を訪れて京都で休暇を過ごした。 しかし空港での出来事として報じられたことは完全な作り話。 ジョブズ氏は楽しく過ごし、近いうちにまた訪日したいと思っている」 と、極秘来日は認めた上で、“事件” は否定していた。      しかし、我々の取材では、日本側が犯した大失態により、ジョブズ氏側を怒らせてしまったという事実を掴んでいる。 この“事件”は、硬直化した日本の航空行政という問題も孕んでおり、天国のジョブズ氏への追悼を込め、ここに掲載したい。        昨年の7月末のある日、関西国際空港(以下、関空)の保安検査場に怒れる外国人の声が響き渡った。      声の主はなんと、あのアップル社CEOのスティーブ・ジョブズ氏! 冒頭の台詞が出た顛末はあとで詳しく説明するとして、ジョブズ氏が、お忍びで来日していたというのである。 情報を提供してくれたのはある国交省関係者だ。      「昨年の7月末、ジョブズ一家がプライベートジェットで関空に降り立ったのは確かです。 公式アナウンスは来日前後ともにまったくなく、完全なお忍び旅行。到着後は、京都に滞在していたようです」        ジョブズ氏が最後に公式に訪日したのは’05年の夏。ちょうど5年ぶりということになる。 そこで気になるのは来日の目的だ。 今や、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長する世界随一のIT企業・アップルが、日本企業と何らかの商談を交わしたのだとすれば、冷え込む日本経済にとって、大きなチャンスとなる可能性もある。 そこで、ジョブズ氏の来日について、アップルジャパンの広報部に直撃してみると、以下のような答えが返ってきた。     「弊社CEOが来日したという事実については、会社として一切関知しておりません」        徹底した秘密主義で知られる同社ならではの想定内の対応だ。 しかし、アップルジャパンに勤めるある社員は、匿名を条件にこう語ってくれた。        「社内でも来日したことは伝わっています。 ただ、プライベートなので、アップルジャパンは何もしなかったということ」        アップルジャパンも非公式に認めたということになるが、やはり今回の来日は単なる観光目的だったようだ。        『スティーブ・ジョブズ 成功を導く言葉』 の著者でジャーナリストの林信行氏によれば、ジョブズ氏は大の日本好きだったという。        「カリフォルニア州にあるアップル本社の社員食堂には、メニューに手打ちそばがあるんですが、ジョブズ氏がシェフの一人に命じて、東京・築地のそば店に修業に行かせたほど。 本社近くの日本食レストランにも、ジョブズ氏はよくランチに行っていた。 若い頃は 『禅』 に傾倒したり、陶磁器に凝って、過去の来日時に東京・青山の骨董通りに出没したこともある。 日本文化が好きで、造詣も深いんです」        そこで小誌は、ジョブズ氏が立ち寄りそうな京都の老舗旅館や骨董屋、禅寺などに周辺取材を行ったが、残念ながら足取りはつかめなかった。        来日後の足取りはともかく、“事件”が起こったのは帰国時である。 前出の国交省関係者の証言。      「関空の保安検査場で、ジョブズ一行の機内持ち込み荷物が引っかかり、係員が鞄を開けることを要求した。 すると、中から出てきたのはなんと手裏剣。 係員が、持ち込み禁止を告げると、ジョブズ氏は 『自分のジェット機でテロを起こすバカがどこにいるんだ!』 と激怒したというんです。 さらに夫人の手荷物からも、液体物持ち込み制限を超える量の化粧品が出てきて、これにもNGが出た。 そこで夫人も怒りだし、『欲しけりゃ全部あげるわ』 とその場に化粧水をぶちまけたといいます。 去り際、多くの人が見守るなか、『こんな国、二度と来るか!』  と捨て台詞を吐いたというわけです」      この騒動に関して取材を進めると、関空関係者からも同様の証言が得られた。 (nikkan-spa.jp)                  ツイートこの記事をつぶやく