2011,10,06

放射線審案  年間1~20ミリシーベルトに緩和。

       国内の被曝(ひばく)線量の基準などを検討する文部科学省の放射線審議会の基本部会は6日、東京電力福島第一原子力発電所事故で放射性物質が拡散した状況下の一般住民の被曝線量について、「年間1~20ミリ・シーベルトの範囲で可能な限り低い値を段階的に設定する」 とする見解案をまとめました。        国際放射線防護委員会(ICRP)の2007年の勧告を国内にも適用した。          一般住民の平常時の被曝線量限度は、年間1ミリ・シーベルトとされている。 しかし、同部会は放射性物質の汚染が広がる現状を線源が計画的に管理されていない 「現存被ばく状況」 と判断、基準を緩和して 「年間1~20ミリ・シーベルト」 のICRP勧告を国内に導入するかどうか検討していた。          見解案は 「汚染された土地からの強制移住や、食物摂取制限、過度の防護方策を課して短期間に年間1ミリ・シーベルト以下の線量に低減することは適切ではない」 と指摘。          被曝による害と、経済的、社会的便益とのバランスを考慮して計画的に線量低減を達成するためには、ICRPの勧告の考え方を取り入れ、段階的に対応することが妥当だとしました。  (yomiuri.co.jp)              ツイートこの記事をつぶやく