なでしこジャパンの澤穂希選手(33)がテレビ番組で、恋愛遍歴を赤裸々に語り、話題になっている。 そこには、驚きの発言もあった。          恋愛のことになると、いつもは恥ずかしそうな澤穂希選手。 それが、ロンドン五輪出場を早々と決めたうれしさからか、話が弾んでいる。          過去を告白したのは、フジテレビ系で2011年9月28日夜に放送された 「ザ・ベストハウス123」 でだ。 それによると、澤選手は、幼いときから 「男らしい女の子」 で、男の子に混じってサッカーに明け暮れる毎日だった。 本人も 「男の子だったらよかったのに」 と思っていたという。          しかし、両親の離婚後に、友だちと一緒に、へその横などにピアスを開ける体験をした。 そして、単身渡米してから、本格的におしゃれに目覚め、嫌いだったスカートもはくようになった。 アメリカ人選手がおしゃれや恋のガールズトークでチームの団結力を培っているのに触発されたからだという。          さらには、結婚を真剣に考えるような男性とも巡り会った。 所属する米チームのスカウトマンをしていた黒人男性で、一時期は同せいもしていた。 日本に一時帰国したときは、母親の満壽子さんにも男性を紹介する仲だったが、サッカーを優先することにして8年前に別れてしまった。          この経緯については、週刊文春の7月28日号が男性のインタビューとして紹介している。 記事によると、最初は男性が誘ったものの、澤選手自ら 「サッカーをやめて、あなたと結婚する」 と告白するまでほれていたそうだ。            男性が経緯を明かしたため、澤選手も話をする気持ちになったらしい。        結婚したいと思ったのは、「その人が最初で最後ですね」 と澤選手は番組で語った。 しかし、ほかにも彼氏がいたことがあったというのだ。          「ザ・ベストハウス123」 の番組で、前出の男性について、母親の満壽子さんは、「初恋」 の相手だと語った。 ところが、澤穂希選手は、色をなして反論したのだ。
      「いや、その前から全然彼氏とかいますよ」
         文春の記事でも、澤選手の知人が「澤のことを好きになる人も一杯いる」と明かしており、異性にもてることもあったようだ。 テレビ番組では、W杯で優勝できたことも理由に、「今は女でよかったって感じ」 と澤選手は語っている。          映画のイベントでは2011年9月24日、彼氏について報道陣に聞かれ、今はいないとしながらも、「女性なので、(恋のゴールを)決められたい」 と明かした。 次は、そんな男性を望んでいるようだ。          女性らしくなった澤選手だが、ただ、テレビ番組では、意外なことを明かしていた。
    「女の子とデートしたりとか、キャバクラに行ったりとか…」。
         その意味については、番組では触れられなかった。 文春の記事では、澤選手が花粉症のマスクをしていたとき、キャッチに 「キャバクラいかがですか」 と声をかけられたと中学時代の同級生が明かしている。 やられたらやり返すという澤選手だけに、間違われたことを逆手に取って、男性に混じって会話を楽しむこともあったのかもしれない。 (j-cast.com)            ツイートこの記事をつぶやく
       2000年代後半になってからアニメビジネスは儲からなくなったといわれている。 実際のところどうなるのだろう? アニメビジネスが成り立っているには実は日本とアメリカに2カ国だけなのである。       アメリカのアニメといえば真っ先に思い浮かべるのはディズニーだろう。 1990年代は 『ライオンキング』 などのセルアニメはけん引した。 しかしそれ以降、セルアニメの人気は下降の一途。 代わりに伸びてきたのは 『トイ・ストーリー』 などのCG (コンピューターグラフィックス) アニメだ。 この隆盛はアメリカのアニメビジネスは勢いを取り戻している。        では日本ではどうか? 2000年代の前半まではアニメバブルの様相を呈していたが、2005年を境にアニメの制作点数は減り、DVDなどのパッケージ売り上げが減少。 映画の興行収入は安定しているものの、全体としては頭打ちだ。 海外で日本のアニメが人気だという話はよく聞くけど実際のところは一部の熱狂的なファンに受け入れられているだけで、アニメの輸出が収益につながっているということもないそうである。       日本は優良なコンテンツをマネタイズすることができずに損をしていることが多い。 いかにして収益化を図るか。 それを解決しアニメビジネスのさらなる成長を期待したい。 と日経MJの“身につく読書”に紹介されていました。             ツイートこの記事をつぶやく
       関東のゴルフ会員加権相場の値下がりが鮮明になっている。 会員権仲介大手の住地ゴルフ(東京・中央)によると、9月中旬時点の関東の平均価格は134万円と東日本大震災前の3月上旬に比べ11%安い。 景気低迷を背景に企業などが会員権の現金化に動いている。                          111001_103315        原発事故の影響もあり、関東の下げ幅が広まった。         簡裁は118万円で同7%安と値下がり幅は関東よりも小さい。 関東の価格は震災前は関西より約20%高かったが価格差が約14%に縮まった。 ここまで価格差が小さくなったのはリーマン・ショックを受け売却が進んだ2009年春以来だ。      9月に入り 「売却件数が急増している」 (会員権仲介の桜ゴルフ=東京・中央)。 震災直後は株式などを現金化する例が多かったが、最近は会員権の売却が目立つ。 関東は法人が会員権を所有するケースが多い。 北関東では 「原発事故の影響で売却が増えている」 (仲介会社) という。  (日経夕刊)              ツイートこの記事をつぶやく
      ぜんそく        元来、適度な飲酒は健康に良いという説は広く知られています。そんな中、今回デンマークの研究者から発表されたのは、「適度にお酒を飲むと、喘息のリスクが下がる」 という説です。      適量という概念は個人の感覚によるところも大きいため、人によっては適量がビール1杯という場合もあれば、ボトルワイン1本という場合もあるでしょう。 今回の調査に関してのみいえば、適量とは 「1週間にワイン2~3杯、もしくはビール1杯およそ560ミリリットルを3杯まで」 なのだそう。 ちなみに週に4杯以上飲む人はやや過剰な摂取量と判断されます。        この基準に基づき、12~41歳の人々およそ4万人を対象とした喘息と飲酒の関連性についての調査が、コペンハーゲンにあるビスぺビャーグ病院の研究者によって行われました。 調査は8年間という長期に渡って行われ、そこで出た研究結果は非常に意外なものだったのです。        今回の調査で喘息にリスクが出る確率が最も大きかったのは、なんと全くお酒を全く飲まない人。 調査に協力した未成年を含む禁酒者のうちのおよそ6%以上の人々に、喘息に対するリスクがみられたのです。 次いで高いリスクがあったのは、お酒が過剰摂取気味になっている人々で、その割合は4.5%。 そして最もリスクが低かったのは適量を飲酒していた人々で、その割合は4%未満でした。        アムステルダムにあるヨーロッパ呼吸器官協会にこれらの調査結果を報告した研究者、ソフィー・リーべロフはいいます。      「過度なアルコール摂取は健康被害をもたらしますが、適量の摂取であれば、逆に健康へのリスクを減らすことができるということを、今回の調査結果が裏付けました。 今後もわたしたちは喘息の要因や防止法のさらなる研究をすすめ、飲酒との関連性も調査していきます」        喘息へのリスクを軽減する手掛かりが掴めたと感じる人がいる一方で、こんな意見も出ています。 イギリスで喘息の研究をしているリアン・メトカーフは、「アルコールと喘息の関連性についての研究結果には様々あり、そのいくつかは有益だとするものです。 しかし多くの場合は、飲酒が症状を悪化させるという結果を導き出しています」 と言及。        「今回の調査は、アルコールの摂取が喘息のリスクを減らすということを示した、非常に価値のあるものでした。 しかし、だからといってこの研究結果に基づいて飲酒癖を治すなどの治療を導入するかどうかは、まだ言及する段階にすら達していないというのが今の見解です」 と、メトカーフ氏は話しています。        たしかにリスクが高いといえども、禁酒している人々と酒飲みの人々、そして適度な飲酒をしている人々の喘息に対するリスクの差は、ほんの僅か。 本当にこの説が正しいと判断されるまでには、まだまだたくさんの調査が必要なようです。  (youpouch.com)         ツイートこの記事をつぶやく
         イグ        ユーモアがあり、かつ意義深い科学的研究に贈られる 「イグ・ノーベル賞」 の授賞式が29日に行われ、わさびのにおいを使って火災を知らせる 「わさび火災警報装置」 を開発した今井真滋賀医科大講師(49)、田島幸信・香りマーケティング協会理事長(57)ら日本人7人が 「化学賞」 を共同受賞した。        わさび警報装置は、火災発生時にわさびのにおいがする気体を噴射し、眠っている人を起こす仕組みだという。        このほか、「医学賞」 は尿意が意思決定に及ぼす影響を調べた米ブラウン大学などのチームに、「公衆衛生賞」 は高速道路で運転するドライバーの注意力の散漫について研究したカナダ・トロント大学のジョン・センダース氏にそれぞれ贈られた。 「心理学賞」 は、人がため息をつく理由を解明しようとしたノルウェー・オスロ大学のKarl Halvor Teigen氏が受賞した。        授賞式は米ハーバード大学で行われ、過去のノーベル賞受賞者らが賞を授与した。 日本人の受賞は5年連続だという。  (reuters.com)        ツイートこの記事をつぶやく
                   なりすまし      第一線で活躍するジャーナリストがインターネット上で嫌がらせを受け、その内容があまりに悪質であるとして問題となっている。        被害を受けたのは、外国人労働者問題などに詳しく、最近では 「在日特権を許さない市民の会」 (在特会)などについての取材を進めている安田浩一氏(47)。        安田氏は本名でTwitterを利用しているが、何者かが安田氏と同姓同名のアカウントを開設した。 しかも、単に名前が同じというだけではなく、アカウントが安田氏のTwitterと1文字違いという点を除いて、デザインやアイコンの写真までまったく同じなのである。外見的には安田氏のTwitterとほとんど変わりがなく、故意に似せた可能性が極めて高いと考えられる。         だが、この 「なりすまし」 Twitter、プロフィール欄の 「千葉県 ジャーナリスト。元週刊誌記者」 までは同じなのだが、次に紹介されている安田氏の著書は 『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』 (光文社新書)なのに対し、「なりすまし」の方は 『ルポ 寄生虫の在日朝鮮人』 (光交社新書)という架空の書名が掲げられている。        そして何より、「なりすまし」 によるツイート内容は安田氏のそれとはまったく異なっている。 「なりすまし」 ツイートはいずれも2010年12月7日の日付で、「狡猾さ、悪智恵、抜け目のなさ、不正行為、偽善などの諸特徴は朝鮮人の性格に根ざしたものである」 「これら朝鮮人の劣等で犯罪的な性格は、彼らの人種としての特性に基づくものであるから、我々が外部からどのように努力してみても改善させることは不可能である」 などと書き込まれている。        この 「なりすまし」 Twitterの特徴は、安田氏を直接攻撃するのではなく、あたかも安田氏が差別的な意見、偏見に満ちた発言をしているかのように見せかけている点である。 「なりすまし」 ツイートの内容は、安田氏が記事や著書で公にしているものとは正反対。 この点が大きな問題なのだ。        ジャーナリストやライターといった文章表現を仕事にしている者は、ときに批判や反論を受けることも覚悟している。 揶揄や誹謗中傷であっても、自分自身に対するものであれば堂々と受け止めるものだ。 安田氏も筆者の取材に対し、「私は『表現者』である以上、自らも他者の表現の対象となることは覚悟しています。 下半身であろうが上半身であろうが、好きなだけ攻撃してもらって一向に構いません。 無名ライターの私とすれば、『なりすまし』なんてのは一種の勲章みたいなものです」 と答えている。        筆者もまた、「物書きにとって悪口もほめ言葉」 だと思っている。 筆者も以前、ネット掲示板 「2ちゃんねる」 に、「玉泉のヤツは美人デザイナーを拉致して変態プレイに明け暮れている」 などと書かれたことがある。 このように自らを突飛な想像のネタに遊んでいただくことはまったく構わない。こうした笑えるジョークは大歓迎だ。        だが、安田氏の 「なりすまし」 には、ジョークでもなければウイットもない。 安田氏に対する批判でもなければ風刺にもなっていない。 単に安田氏が取材対象としている在日コリアンを誹謗する表現であり、それをあたかも安田氏の発言かのように見せかけることに徹している。 これは、安田氏本人に対する中傷などより、はるかに悪質なものである。        この 「なりすまし」 に対して、安田氏は即刻削除するようDMで伝えたものの、何の反応もなかった。 そして、安田氏もその 「なりすまし」 のことを忘れかけていた。      ところがその後、安田氏は知人などから 「Twitterでひどいことを書いている」 といった指摘を受けることが度々あった。 「なりすまし」 を安田氏の発言だと誤解していたのだ。        さらに、8月になって安田氏の著書の出版元である光文社に 「『ルポ 寄生虫の在日朝鮮人』という本は、本当に出版されているのか」 という問い合わせがあったという。 こちらもやはり、「なりすまし」Twitterが原因だった。        こうした事態に出版元も問題視する動きを見せ、場合によっては相応の措置も検討しているという。        ちなみに、その安田氏の 「なりすまし」 Twitterは、9月30日現在も放置されたまま、削除もなされていない。        さて、ジャーナリストが不可解な嫌がらせを受けることは、これまでも何度か起こっている。 たとえば、ジャーナリスト山岡俊介氏宅への放火事件がある。 2005年7月3日の早朝、山岡氏の自宅兼事務所にドアの郵便受けから可燃物らしきものが投げ込まれて激しく炎上。 たまたま起きていた山岡氏はベランダづたいに逃げたため無事で、火災も消防によって消し止められたものの、ひとつ間違えば大惨事になっていたことだろう。 犯人および犯行の意図は未だに不明だ。        今回のケースも、安田氏に対して好意的ではないことは確かであるものの、その動機や真意については詳しいことはまったく分からない。        インターネットの普及によって、誰でも自らの意思や意見を広く世に問うことができるようになった。 しかし同時に、誰もが言論というものを「凶器」として扱える可能性が格段に高くなったともいえる。 今回の「なりすまし」は、その一例に過ぎないのではなかろうか。(cyzo.com)            ツイートこの記事をつぶやく
      ミニクーペ        ビー・エム・ダブリュー株式会社はMINIのラインナップに新たに 『MINI Coupe』 を追加し、予約注文の受付を全国のMINI正規ディーラーにて開始した。 納車は、2011年12月以降を予定している。        MINIブランドのなかでは特に走行性能が高い新型車である 『MINI Coupe』 は量産モデルのMINIとしては初めて2シーター・クーペのコンセプトを採用している。        Coupeラインナップの中でも、MINI John Cooper Works Coupeは、最もハイパフォーマンスなエンジンを搭載し、歴代の量産MINIモデルの中で最も高い加速性能を持つモデルであり、発進からわずか6.4秒で100km/hに到達する。        『MINI Coupe』には、BMW Groupのバルブトロニックや直噴技術を採用した効率のいいエンジンだけでなく、燃費性能の高いMINIのエンジンやブレーキ・エネルギー回生システム、オート・スタート/ストップ機能、シフト・ポイント・インジケーター、電動パワー・ステアリング、オン・デマンド運転の補機類等と、多種多様なものが装備されている。      これらの装備が、燃費の向上に大きく貢献しており、『MINI Coupe』 に用意される6モデル中3モデルがエコカー減税対象車となっている。        また、『MINI Coupe』 は初の3ボックス・ボディ構造を採用し、ボディはエンジン・ルーム、キャビン、ラゲージ・スペースの3部分にはっきりと分かれており、リヤ・エンドはクラシカルな、典型的なグランツーリスモを思わせるスタイルを実現している。        他にも 『MINI Coupe』 にはMINIとしては初めて、「アクティブ・リヤ・スポイラー」 が採用される。 この「アクティブ・リア・スポイラー」は車両の走行速度が 80km/hを超えると、トランク・リッドに組み込まれているスポイラーが自動的に上昇し、高速走行時の空力性能の最適化に寄与する。 また、車速が 60km/h を下回ると、制御メカニズムが働き、スポイラーは元の位置に戻るようになっている。        『MINI Coupe』 のトランクスペースは、ハッチバックのMINIよりも大きく、280Lもの容量を確保している。 さらに、トランクへのアクセスを良くする為に大きなトランクスル―システムが標準装備されており、2 名乗車にも関わらず、大容量で多用途に活用できるラゲージスペースを備えている。 (asahi.com)       ツイートこの記事をつぶやく