ほっしゃん        会見で暴力団関係者との “黒い交際” を明かし、芸能界を引退した島田紳助。 所属事務所だった吉本興業では、ほかの所属タレントに対して徹底した調査が行われているという。        「キャリアが短い新人は何もなかったようだが、ある程度キャリアのあるタレントは呼び出しをくらい 『暴力団関係者との付き合いはないか?』 と徹底的に調査されている。 たとえ本人にその自覚がなくても、師匠格のタレントと同席した際に知らぬ間に接点ができている可能性もあるので慎重に調査が行われている」 (若手の放送作家)          同社関係者としてはまだまだ紳助の件が尾を引きそうなだけに、ほかのタレントが何か問題を起こしたとしても手が回らず、十分な対応ができないに違いないが、所属タレントのほっしゃん。 のTwitterでのつぶやきが物議をかもしているという。            「紳助の騒動で渦中の25日、ほっしゃん。はTwitterに <生命保険会社に勤める知人が、『最近、ガン保険のCMがなくなったと思わへん?』と。 理由を訊いたら、外資系には共通の資料が回って来て、原発事故後のガンの発症率が上がったので売り止めがかかってると。 特に0~6歳の子供達の被爆が指摘されてて、北海道~関西圏が汚染地域として指定されてると> と書き込んだ。          フォロワーから 『本当ですか?』 など確認のコメントが寄せられると、今度は <先ほどの呟きやけど、その外資系保険会社の知人に確認とったら、間違いなく確かやと。 もちろん誰でも見れる資料やなく、この会社では営業部長職以上の会議で示されたもんで、会社によって知り得るクラスが違うだろうと> と事実を裏付けるような書き込みをした」 (週刊誌記者)          「保険会社に勤めるボクの友人も同じことを言ってました。 普通に考えて、損益分岐点の修正が必要になるのですからどこの会社も検討しています」 と同意するフォロワーもいたが、この書き込みはかなりの問題発言だというのだ。          「『誰でも見られる資料やなく』ということは、ほっしゃん。にうっかり話してしまった知人は業務上で知り得たことを口外してしまったため、守秘義務違反にあたるのでは? ほっしゃん。も自分の胸の内に収めておくならいいが、Twitterに書き込むのはまずい。 それよりも、外資系保険会社各社は震災の影響でCMに出稿するクライアントが減ったテレビ局にとって、金を惜しまず出稿してくれる手放したくないクライアント。 万が一、ほっしゃん。の書き込みが気に障ってたとえば吉本の所属タレントが出演する番組の出稿を取りやめてしまったら大問題に発展する。 ほっしゃん。はそういうことまで熟考したうえで書き込んだのだろうか?」 (広告代理店関係者)          さすがに、関係者から指摘されたのかほっしゃん。のTwitterから騒動の発端となった 「生命保険会社に――」 の書き出しで始まる書き込みは削除されているが、「先ほどの呟きやけど――」 から始まる書き込みは残っている不自然なタイムラインになっている。          紳助の騒動がひと段落するまでは吉本の所属タレントはいくら本音でも、特にブログやTwitterでは問題になりそうな発言は控えた方が良さそうだ。  (cyzo.com)                  ツイートこの記事をつぶやく
       島田紳助さんの衝撃的な引退、その後噴出している紳助さんと暴力団関係者の親密ぶりを示す証拠の数々。 10月1日に全国の都道府県で施行される 『暴力団排除条例』 を使った警察の芸能界、テレビ業界からの暴力団排除行動が活発化している。      警察のターゲットは、西日本に基盤を持つ大手某プロダクションや、暴力団とプライベートも親密に付き合っている大物タレントに絞られており、所属タレントのトップクラスの大部分が暴力団と関係があると噂されている関西の某大手プロダクションに対しては専門の捜査チームが完全マークの状態で密着していると言われている。 プロダクションサイドが捜査に非協力であったり、幹部タレントと暴力団の関係を否定するようであれば、最悪の場合、そのプロダクションに家宅捜査が入る可能性も高い。      この某プロダクションへの警察権力の猛チャージに対して、付き合いの深い関西ローカル局は庇うような動きを見せているが、コンプライアンスの意識の高い在京キー局は、某プロダクションの関連会社が制作する番組に対して、打ち切りを検討し始めている。 既に、打ち切りが発表された番組もあるが、今後制作発注の中止という事態も十分にありうる状態となりつつある。      「関東の芸能事務所の中には、暴力団とずぶずぶの関係にある関西系のプロダクションを一気に関東キー局から排除し、彼らのシェアを奪いとりたいと動いているところもあるようです」 (芸能記者)       「関西系の芸能人のほとんどが暴力団と接点があり、それ系のイベントや営業に行っています。 通常はそれで終わりなんですが、それをきっかけに深く付き合う者もいるんです。 そのようなダークなタレントを使うなとテレビ局上層部からは指示が下りてるんで、今後黒い噂のある関西系タレントはどんどん排除されていくでしょうね」 (芸能ライター)          また関西の大物タレントK、Sにも警察のマークがついているという情報も流れており事情聴取や謹慎処分、引退劇などが今後も続く可能性がある。 関東でも大物タレントSが地方営業の斡旋、JR・飛行機の発券等で暴力団と深い付き合いがあると言われており、警察の別チームがマークしているという。          警察による芸能界からの暴力団排除戦略はまだ始まったばかりである。  (npn.co.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
       “黒い交際”発覚で芸能界を引退した元タレント、島田紳助さん(55)。 現役のころは、お笑い分野だけでなくプロデュース業や財テクに長けた才能を生かした多くの著作で知られた。       当然、引退と同時に “告白本” “暴露本” の依頼が殺到しているかと思いきや、出版社がソッポを向いているという。 そのワケは?        『ご飯を大盛りにするオバちゃんの店は必ず繁盛する』 『株・不動産 知識ゼロからの金儲け』 『自己プロデュース力』 『島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック』 『ぼくの生き方』 『えせ田舎ぐらし』 『いつも心に紳助を』…著書のジャンルは多岐に渡る。      今年2月には 『島田紳助100の言葉』 を出したばかり。 この中で、自分の生まれてきた理由として 《我々は特に大きな使命も無く生まれているのだから、せめて楽しく生きよう》 と自説を述べつつ、《現に私が引退しても、誰も困りません。 急に辞めるから困るだけで一年後に辞めると言ったら何も困りません》 と引退を示唆するような記述もあった。      それはさておき、実は23日の引退会見にも、数々のタレント告白本を仕掛けてきた名物編集者や、敏腕ゴーストライターの姿があった。        引退で伝えきれなかった “黒い交際” の真相を自ら綴れば反響がありそうだが、具体的な話は進んでいないという。        「一般に、この手のスキャンダルの賞味期限は2週間。 来月早々に緊急出版しないと世間に飽きられてしまうが、出版社はどこもソッポを向いてますよ」        そう語る大手出版社の書籍担当編集長。 理由を続ける。        「昨年出た、酒井法子の “告白本” の売れ行きが期待外れだったことが大きい。 当事者しか知り得ない薬物事件の真相への突っ込み方が足りなかった。 今の人は、玉石混淆のインターネット情報に踊らされ、よほどの暴露がないと売れない。 10月に施行される暴力団排除条例をにらんで、一般人に “裏社会” との付き合いの恐ろしさを具体的に啓蒙するような内容なら売れるかもしれないが、ヤバすぎて…」        “恩人”への忠義を誓ったかのような紳助さんの会見を見れば、確かに望み薄か。 (zakzak.co.jp)                ツイートこの記事をつぶやく
       アメリカ・CNN運営のサイトに掲載された韓国のK-POPに関する記事が話題になっている。 K-POPが世界中で人気だ、と報じる韓国メディアを皮肉った内容で、世界中の読者から賛否両論が出ている。          2011年5月、「CNN Go」 のオピニオンコラム欄に掲載された記事で、「K-POPが世界で人気? 笑わせないで」 というかなり強烈な見出しだ。                   話題になっているコラム記事。                  話題になっているコラム記事。          筆者は、「Esther Oh」 という若い女性で顔写真を見るとアジア系の様に見える。 カリフォルニア出身で現在はソウルに居住。 フリーライターとして活動する一方で、現代韓国文学に詳しく、韓国語の通訳、翻訳を行っているとプロフィールに記載されている。              記事にはこう書かれている。      
「K-POPがアジアでは人気だが、世界中を席巻しているという誇大広告を信じてはいけない。 世界最大の音楽市場が全然気にかけてないのだから」     「韓国メディアが、(韓国の)Wonder Girlsがアメリカでいかに成功しているか、Rainがどれだけ 『世界的スター』 であるかとわめく記事を読む度にうんざりします」        
   K-POPが韓国国外でも聴かれ、一定数のファンを持っていることには 「同意する」 が、韓国メディアの報道が余りに 「ばかばかしいほど一方的」 だというのだ。            歌手のBoAが米国デビューしたとき、韓国では 「BoaAが西洋で韓流運動の先端に立っている。 BoAはBring on America(アメリカを連れてくる)の略だ」 と報じられた。 しかし、BoAは世界的に有名なクリエーター陣と一緒に作品を作ったにも関わらず失敗。 同じく韓国の歌手Se7enも米国の著名プロデューサーのもとでデビューを飾ったが同様だったという。              また、韓国人歌手がアメリカで成功するために、英語で歌い、米国の市場に受け入れられやすいスタイルに変化しても、「そこに韓国的な要素はありますか?」 と筆者は問う。 アーティストが異なる文化圏に進出し、そこの文化圏のルールに則って活動したら、もう 「韓流」 の概念は当てはまらないとしている。          記事のコメント欄には多数の書き込みが寄せられていて、「アメリカに住んでいるけど、韓国の歌なんか聴いたことない 」「確かに韓国人歌手がアメリカ人の書いた曲を英語で歌ったたらK-POPじゃないよね」 というもののほか、「米国だけが世界じゃない。 私はラテンアメリカに住んでいるが、K-POPを購入する人はいる」 「記事には同意するけど、『世界で』 じゃなくて 『米国で』 に見出しを変えるべき」 という意見もある。            日本では、「米CNN記者 『K-POPが世界を征服する?笑わせないで』 」 といったタイトルをつけられ、2ちゃんねるで話題になったが、韓国の掲示板では、「これはオピニオンコラム欄であくまで一般人の意見を掲載するところ。 CNNの見解じゃないし、そもそもこのサイトは 『CNN Go』 だ。 それにも関わらず、日本では 『CNNの見解』 という見出しで歪曲されている」 といった書き込みが寄せられている。  (j-cast.com)         ツイートこの記事をつぶやく
Page 21 of 21« First...10«1718192021