2011,09,30

サッカーで全北現代(韓国)サポーターの「日本の大地震を祝う」横断幕に中国でも非難の声。

       AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦のセレッソ大阪―全北現代(韓国)が27日に行われた。 試合では全北現代のサポーターが「日本の大地震を祝う」と書かれた横断幕を掲げた。中国メディアの環球時報(電子版)が28日、今回の騒動を紹介すると、中国人も大きな反応を示した。        記事は共同通信の報道を引用し、全北のサポーターが試合中、観客席に 「日本の大地震をお祝い(し)ます」 と東日本大震災を中傷する内容の横断幕を掲げたと紹介した。 横断幕は、セレッソ大阪側の指摘を受けて試合中に撤去されたが、セレッソ大阪側は試合の後、アジアサッカー連盟(AFC)側に抗議書簡を送った。        記事は、「東日本大震災や福島原発事故が起きてから、サッカーの試合において『福島』『地震』などの言葉を用いて日本人選手を攻撃する騒動が起きている」 と紹介。        8月中旬にはベルギー1部リーグのゲルミナルの一部サポーターが川島永嗣選手に対し 「フクシマ」 と連呼したことが問題になり、ベルギー・サッカー協会はゲルミナルに対して、川島選手と横田淳駐ベルギー日本大使への公式の謝罪と罰金3万スイスフラン(約260万円)の支払いを命じていた。        全北現代サポーターの心ない行動に対し、中国人からは非難のコメントが寄せられた。        「地震は天災であり、道徳がない」、      「試合とはまったく別のこと、韓国人は本当に恥知らずもはなはだしい」、      「国民の民度の低さが表れている」、      「韓国人は理性がなさ過ぎる。 日本人は好きではないけれど、少なくとも彼らは他の人の不幸を喜ぶことは絶対に言わない」、      「勝利を思う気持ちは分かるけど、誰かの苦痛のうえに勝利を築き上げるというならばそれは非難されるべきだと思う」       などといったコメントが寄せられていた。        しかし、なかには「われわれの心の声を表現してくれた」、「理解はできる」、「民主主義国家は言論の自由を提唱しているのではなかったのか」など、全北現代サポーターを擁護する声も一部、存在したのも事実。          所詮、韓国なんてこんなもんだよ!!  スポーツ精神のフェアプレイなんてないんじゃない!?   (searchina.ne.jp)         中国人に非難されるようじゃお終いだな!!       ツイートこの記事をつぶやく