震災写真        東日本大震災から2011年9月11日で半年が過ぎた。 気象情報などを扱う株式会社ウェザーニューズは8日、東北大などと共同で行った 「東日本大震災 津波調査」 の調査結果を発表しました。        調査によると、東日本大震災にともなう津波で浸水した場所にいた人のうち、生存者は地震発生後平均19分以内に避難を開始していたのに対し、犠牲者は平均21分かかっていたとみられる。 わずか2分の違いが生死をわけたことになる。        調査は株式会社ウェザーニュースと東北大学の今村文彦教授、京都大学の矢守克也教授が共同で行ったもので、北海道や千葉県を含む太平洋沿岸の1道6県で被災した人から、自身と犠牲者に関する回答、合計5296件を得た。        このなかで、震災発生後の津波で浸水した場所にいた人に対する 「地震発生から何分後に避難したか?」 という問いに対し、生存者は 「直後」 が11%、「5分以内」 が12%、「10分以内」 が10%、「20分以内」 が14%と、平均19分で避難を開始したと回答している。 一方、震災の犠牲者は避難開始までに平均21分かかったとみられ、津波からの避難は1分1秒を争うことが改めて浮き彫りとなった。        なお年齢別にみた場合、避難開始が最も遅かったのは20歳未満で、生存者は22分、犠牲者は32分かかったとみられている。      また、「建物の何階に避難したか?」 という問いに対する生存者の回答は平均 「2.9階」 で、今回の津波の大きさを物語る結果となっている。  (getnews.jp)                  ツイートこの記事をつぶやく
       ひとりっきりで食事をしている姿を見られないように、人から離れてトイレの個室にこもって飲食するという 「便所飯」。 その真偽のほどが議論を呼んでいるが、インターネット上には 「トイレで食事をしてはダメ」 との張り紙を撮影したと見られる画像が出回っている。          探してみると、東京大学がトイレでの食事を禁じた張り紙の画像まで見つかった。 東大でも 「便所飯問題」 が起きているのか。                   東大        「便所飯」 の話題は、今もたびたびネットをにぎわす。 ネット掲示板で は「便所飯がつらい」 「高校時代に実際にやった」 といったコメントが並ぶ。          トイレで食事をしないように促す張り紙の画像まであった。 そのひとつが東京大学名になっている。 「トイレ個室内での以下のような行為を禁止します」 としたうえで喫煙、落書きと並んで 「食事」 とある。 偽造写真の可能性もあるが、仮に本物であれば東大までもが 「便所飯」 を問題視して 「撲滅」 に乗り出した、と考えられなくもない。          だが東大広報課に聞いてみると、「そのような張り紙をしている、ということはありません」 との回答だ。          実際に東大に行ってみた。 本郷キャンパスは9月に入って学生も徐々に戻ってきたようだ 。広大なキャンパスには、歴史を感じさせる建物から新築でモダンな研究棟まで数多く点在している。 そこで、いくつかの男性用トイレに手当たり次第入ってみた。 建物自体が古くても、トイレは清潔さが保たれている。 個室の中には、「きちんと流す」 「次に使う人のためにきれいに使う」 といった注意書きがあるが、「食事禁止」 には触れていない。 別のトイレでは 「禁煙」 「節水」 と大きく書かれていたものの、ここでも飲食を禁じる張り紙はなかった。          「食べてはいけない」 ことはなさそうなので記者は、実際に 「便所飯体験」 をしてみた。 個室の中で菓子パンの袋を開けたが、清潔とはいえそこはトイレ、薄暗いうえにイヤでも便器が目に入り、食欲がわく環境とは言い難い。 少しだけパンをかじったところで、隣の個室に誰かが入った音がした。 その時点で食べ続ける意欲が完全に失せ、わずか数分で中止した。 「便所飯」 は何ともいえずむなしいものだと実感した。            大学生でも特に入学したばかりの新入生は、新生活のなかで友人関係が築けるまで 「誰と一緒に昼ご飯を食べようか」 と悩むケースが多いようだ。 横浜国立大学に通う藤塚紗良さんも、「入学時は誰も友人がおらず、キャンパスで昼食をとらずに済むように時間をずらして登校していました」 と打ち明ける。          藤塚さんは現在、「便所飯」 問題を解決しようと、「ランチcom」 というスマートフォンベースのSNSの運営に携わっている。 藤塚さん自身はトイレで食事をしている人を目撃したことはないが、周囲から 「ランチを一緒に食べる人がいなくてどうしよう」 と悩む声を聞くそうだ。        「ランチcom」ではひとりぼっち解消のため、ツイッターと連動して、相互フォローをしているユーザー同士で同じ大学に通っている人に 「この人とランチしては」 という 「お勧めサービス」 を提供する。 ただし1対1で会うのには抵抗があるという学生向けに、「グループでランチ」 という選択肢も加えて紹介の幅を広げている。 「ツイッターを見るとよく 『ひとりで昼食はイヤだな』 という呟きが見られます」 と藤塚さん。 そのツイッターを活用して一緒にランチをとる相手を見つけてあげようというのがねらいだ。          本当にトイレで食事をしている学生がどれほどいるかどうかは不明だが、少なくとも 「ひとりランチはしたくない」 と頭を抱える若者が少なくないことは確かなようだ。 「友達づくり、友人関係の構築は本当に深刻な問題」 と、藤塚さんは指摘する。  (j-cast.com)          私も経験があるが、大学に入学したての時は学食でも確か一人で食べていたようなきがするな!? 仲間名出来てくると 「明日、何時に学食に集合」 なんて時間を決めて仲間と集まったのもだが・・・ 。  トイレではいくらなんでもモノを食べるという発想はない・無いよ!!              ツイートこの記事をつぶやく
      福島応援ソング        東日本大震災から半年。 被災地では徐々に復興が進んでいますが、今でも多くの人が避難所で暮らしたり、ふるさとを離れたり、不安な日々を過ごしています。 なかでも福島県は、震災による原発の影響で、風評被害など大きな苦しみを抱えています。        そんななか、福島で開催されるロックフェスティバル 「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」 連動企画として 「福島の叫び」 がホームページ上に公開されました。 「福島の叫び」 は、読んで字のごとく、福島県民の叫びを伝えるというもの。 福島の現状と地元の皆さんの切なる願いが動画でアップされています。        「早くふるさとに戻りたい」 「早く福島が平和になってほしい」 「浪江町に戻れるように頑張ります」 「ふるさとの伝統を守っていきたい」 「正直むかついているけれど、もがきながら進むしかない」 「全国からの支援を励みに笑顔で頑張りたい」 などなど。        大きな悲しみや苦しみ、怒りを抱えながらも、福島を元気にして、福島で一生懸命生きていきたいという強い想いが言葉の端々から感じられる内容。 福島の皆さんの心の叫びが伝わってきます。皆さんもぜひ「福島の叫び」に耳を傾けてみてください。        このホームページを開くと、BGMで聞こえてくるのが、福島のミュージシャン・だっぺズとナンバーザの 「予定〜福島に帰ったら〜」。 ふるさと・福島に帰ったらすることや食べるもの、行くところなどが地元の名産品、名所とともに歌われるという曲です。        ふるさとに帰るとなると、誰しも 「あれを食べよう」 「あそこに行こう」 と当たり前のように思うものですが、今、福島の皆さんはその当たり前のことさえできない場合もあるんですよね。 この曲はウェブ上で配信されていて、売上はすべて原発で苦しんでいる福島県に寄付されることになっています。  (youpouch.com)        こちらもぜひ耳を傾けてみてください。       ツイートこの記事をつぶやく
       仲間うちの単なるおふざけが、最近はネットを介して世界的なブームとなるケースが少なくない。 代表的なところでは、変わった場所に寝そべって写真を撮る遊び 「プランキング」 がFacebookなどを通じてブレイクし、世界中の若者の間で流行したのが記憶に新しいところだが、今年5月にはベランダで挑んだ男性が7階から落下して命を落とす事故がオーストラリアで発生。 以来、世間の目も厳しくなり、ブームは沈静化しつつある。 しかし、このほど米国の大学生が次なる 「プランキング」 風の遊びを考案。 新たなブームを起こすかもしれないと、欧米メディアの間で注目を集めている。     バットマン       この遊びはインディアナ州にあるパデュー大学の4人の男子学生が考案した 「バットマンニング」。  どのようなものかは、YouTubeに8月29日付で投稿された「Original Batmanning Video」 (http://www.youtube.com/watch?v=50xynq4xmCw)で確認することができる。        遊び方は至ってシンプルで、建物の壁、門、標識、木の枝など、さまざまな場所に足の甲をかけ、頭を地面に垂らしてコウモリのようにぶら下がり、それを写真に収めるというもの。 まさに文字通りの “バットマンごっこ” だ。  動画の投稿から10日間ほど経った9月9日現在、再生回数は47万回を超え、「バイラルになっている」(米放送局ABCより)、「すでに新たなブームになった」 (米ニュースサイト・ハフィントンポストより)と伝える欧米メディアの報道も手伝い、数字の伸びは勢いを増している。      また、Facebookにも 「Batmanning」 のファンページが登場。  9日現在、すでに4,865人が参加し、数時間おきに世界各地から “バットマンごっこ ”をしている写真が投稿されている状態だ。     バットマン1        しかし、「プランキング」 での事故が記憶に新しいとあって、どのメディアも話題性を伝えると同時に、この遊びが 「危険で無鉄砲」 (英紙デイリー・メールより)と危惧する向きも。 確かに “バットマンごっこ” の場合、一歩間違えれば頭から地面に落下する危険性があるのは、誰でもすぐに気が付くところだ。 動画に出演した学生の1人、クリス・ガンツさんも「僕らは仲間が足を掴んで、降りるのを手伝っていた」 (ABCより)と話し、真似をする人に安全への配慮を呼び掛けている。      そうした懸念を抱いているのは、動画を見たネットユーザーも同じ。 YouTubeのコメント欄には 「面白い」 「大好き」 と好意的な意見もある一方で、「こんなことやっていたら、誰か死ぬぞ」 といった批判的な意見も多く書き込まれている。 日常では見かけない “下らなさ” があるからこそ面白い遊びも、反面、危険性を判断できずに行動して重大な事故を起こしてしまえば、それこそ下らないというもの。 賛否さまざまな論議を呼ぶ中で注目を集めるこの“バットマンごっこ”、皆さんはどう思う?   (narinari.com)     ツイートこの記事をつぶやく