国内でスマートフォンの普及が進むなか、独自の工夫を凝らした 「格安モデル」 を武器に 「スマホ戦争」 に名乗りを上げるベンチャーが出てきました。        スマートフォンを扱う通信会社は多くの場合、利用者と2年契約を結ぶことで端末料金を割り引いている。                         インターネット網使った『モバイルIPフォン』 

         モバイル

                        写真は「イデオス」        例えばソフトバンクモバイルが販売する米アップルの 「アイフォーン4」 は、16ギガモデルの端末代は月々480円だ。 これに通話料やデータ通信を合わせると、毎月の支払いは安ければ6000円台が目安となる。          これに対して、破格の値段でスマートフォンを提供する事業者がある。 日本通信だ。 自前の通信網を持たず、NTTドコモの3G回線を借りて 「bモバイル」 の名称でデータ通信事業を手掛けている。 2011年1月に発売したスマートフォン 「イデオス(IDEOS)」 は、通話料とデータ通信料を合わせて 「月額3000円」 をうたう。 中国メーカー「華為技術」の製造モデルを採用し、基本ソフト(OS)は米グーグルが開発した 「アンドロイド」 を搭載している。          セールスポイントは通話料の安さだ。 「イデオス」 はインターネットを利用した 「IP電話網」 を使って通話する。 基本料490円で、それ以後は相手が固定、携帯電話を問わず30秒10円と、他社の半額に抑えて差別化を図った。          ただし、通信速度は上り、下りとも最大で300kbps程度にとどまる。 動画コンテンツをスムーズに閲覧するには苦しいスピードだ。 単純に比較はできないが、MMD研究所が2011年9月5日に発表した3G回線スピードの調査結果を見ると、「アイフォーン4」 は東京・新宿駅東口で上り1165kbps、下り2186kbps、KDDIの 「アクオスフォン」 は同地点で上り1819kbps、下り3056kbpsを計測している。 多少の違いはあるが、他の観測地点でも数値は似たり寄ったりで、「イデオス」 より速い。        とはいえ、大手キャリアの半額程度でスマートフォンが使えるのは魅力が大きい。 容量の大きいデータをやり取りしないと割り切るような使い方をすれば、「費用対効果」 は十分望めそうだ。          少々 「風変り」 なのが、イー・モバイルの 「Pocket WiFi S」 だ。 この端末は、ノートパソコンをはじめ無線LANに対応する機器を外に持ち出した際に、アクセスポイントが近くにない場合でも3G回線につないでネットに接続させるための 「ポケットルーター」 なのだが、同時にアンドロイドOSを搭載しているためスマートフォンとしても使えるのだ。        モバイル端末を 「親機」 として、「子機」 であるパソコンや携帯端末などをネット接続させることを 「テザリング」 と呼ぶが、最近はテザリング可能なスマートフォンが増えてきた。 例えばNTTドコモでは、NECカシオ製の 「メディアWP」 や 「エクスペリア・レイ」 (英ソニー・エリクソン製)など複数のテザリング対応モデルを出したが、この機能を使った場合データ通信料が月額1万円を超える料金プランとなるため、通常の 「パケット定額制」 に比べてかなり高額だ。        これに対して 「Pocket WiFi S」 は、テザリング機能を利用しても追加料金はかからない。 2年契約を基本に、データ通信とテザリング、通話を定額にして月額4980円に抑えている。        使い道や料金面でユニークな 「イデオス」 や 「Pocket WiFi S」 は、機能や洗練されたデザイン、「軽さ」 といったハード面で優れた大手各社の最新スマートフォンとは違った角度から、消費者にアピールする。  (j-cast.com)        問題は通信速度ダナ!!  サクサクこないとイライラするからな~~!!        ツイートこの記事をつぶやく
      コカイン        フェイスブックやツイッターに代表される 『ソーシャルメディア』。 FBやツイッターによる情報を介してイギリスで広まった記憶にも新しい先月の暴動や、日本でもツイッター上で芸能人のプライベートな行動を漏らしたり、民間企業による不謹慎な発言が問題視されるなど、ソーシャルメディアが社会に及ぼす影響は計り知れません。        それもこれも、個人がソーシャルメディアに依存しているから。 欧米はもちろん、東南アジアの各メディアでも 『フェースブック中毒』 に関する特集が組まれるなど、ソーシャルメディア依存は世界でも問題視されるところとなっています。          海外サイト 「9GAG.com」 では、社会生活をダメにするものベスト3を30年前の1981年と2011年現在で対比させたチャートを掲載しているのでご紹介したいと思います。        1981年:第1位コカイン、第2位アルコール、第3位ニコチン        2011年:第1位ツイッター、第2位フェイスブック、第3位Google+          30年前は物理的なものによる 「中毒」、現代は 「ネット中毒」 がトップ3を占めていることが分かります。 中毒と言うものはどの時代にも存在するものなのかもしれません。 ネット上の社交場として、またコミュニケーションツールとしても欠かせないソーシャルメディアとは、上手に付き合っていく方法を見つけていきたいものです。  (youpouch.com)        30年後は、何が中毒になっているんだろうか!?       ツイートこの記事をつぶやく
       560-(7×親の年齢)=?        仮に親が60歳だとすると、答えは140になるが、実はこれ(盆と正月に実家に帰省して、年に7日間親に会うこと、親が80歳まで生きることを仮定として)、あと何日親に会えるか という日数を表したものです。        「年に1回くらいしか会わないわぁ」 という人なら、必然的に会う日数は激減していく。        あれ、あれれ、おれって20代なのに母親とあと140日しか会わないの?      そう、自分の人生はまだまだ長くとも、親に会う日数として考えると、実はものすごく回数は限られているのだ。        果たして私たちは、あと何回親の肩を揉んでやれるだろうか。        「石に布団は着せられず」と言うが、まさに後悔先に立たずである。 (getnews.jp)        これは親孝行しないといけないね!!             ツイートこの記事をつぶやく
       日米欧7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は9日、世界経済の減速に協調して対応することで合意しました。 ただ、市場の懸念鎮静化に向けた具体的な行動は打ち出さなかった。      G7は、9日の会合後に声明を発表しました。 ドイツ政府の関係者によると、議長国のフランスが共同声明の発表を望んだのに対して、他国から異論が出たため、協議は夜遅くまで長引いた。        声明は 「経済成長や財政赤字、ソブリン債務問題といった新たな課題の中で今回の会合は開かれた。 世界経済には減速の兆候がはっきりと表れている。 われわれはこうした課題に対して、力強くかつ協調した対応をとることにコミットする」 と表明しました。        また 「健全で安定した国際金融システムへの関心と、市場が決定する為替相場への支持をあらためて確認した」 とし、「為替市場での行動については緊密に連絡を取り合い、適切であれば協力する」 としている。        その上で 「為替相場の過度の変動や無秩序な動きは、経済、金融の安定に悪影響を与える」 との見方を示した。        声明は、オバマ米大統領が景気対策を打ち出したこと、ユーロ圏が7月21日(ユーロ圏首脳会合)の決定を実行しようとしていることなど、各国の取り組みを列挙。日本については 「中期的な財政健全化へのコミットメントを維持しつつ、震災からの復興への財政措置を実施している」 と指摘した。        財政健全化への取り組みについては、その必要性を強調する一方、景気への配慮も示した。 国ごとに異なる状況を考慮し、経済活動を支援しながら健全化を進めるという微妙なバランスが必要との認識を示した。        声明は 「中央銀行は必要に応じて、銀行に流動性を供給する用意がある。 銀行システムと金融市場の強固さを確保するため、必要なすべての行動をとる」 とした上で、「この文脈において、バーゼルIII(新たな銀行自己資本規制)へのコミットメントを再確認する」 としている。  (reuters.com)       ツイートこの記事をつぶやく
       羽田空港の50歳代の男性主任航空管制官が、インターネット上の個人のブログサイトに、米大統領専用機 「エアフォースワン」 などの航空機のフライトプラン(飛行計画)の画像を掲載していたことが9日わかりました。    
 管制室内の画像も含まれており、国土交通省は、国家公務員の守秘義務違反にあたる可能性もある重大な流出事案として、この管制官らから事情を聞いています。      同省の発表によると、流出が確認できたのは、航空機の離着陸場所や飛行ルート、高度などの情報が細かく書かれた飛行計画を映し出した画面2枚や、航空機の飛行ルートなどを表示したレーダー画面3枚、管制塔内の仕事の様子を撮影した画像など計12枚。 ブログ上に画像の説明文はなかった。 すでに削除されている。          政府関係者によると、記載された機体識別番号などから、流出画像には、昨年11月12日に、アジア太平洋経済協力会議(APEC)出席のため、ソウルから来日したオバマ大統領が乗ったエアフォースワンの飛行計画が含まれていた。 また、米軍無人偵察機 「グローバルホーク」 の情報も掲載されていた。 グローバルホークは東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、原発周辺の上空をたびたび飛行し、情報収集している。 国交省で流出した情報の内容を詳しく調べている。        この50歳の管制官の資質が問われるし、危機管理がなっていないな~!!              ツイートこの記事をつぶやく
       鉢呂吉雄経済産業相が東京電力福島第1原発の視察を終えた8日夜、東京都内で報道陣の一人に近寄って防災服をすりつける仕草をし、『放射能をつけたぞ』 という趣旨の発言をしました。 鉢呂氏は9日午前の会見でも福島第1原発の周辺市町村を 「死の町」 と発言し、同日午後にこの発言を撤回して陳謝した。        原発を所管する担当閣僚として不適切な言動との批判が出るのは必至で、政府・与党内からは 「辞めざるを得ないのではないか」 との見方が出ている。 閣僚の一人は 「こういう話が続くと厳しいかもしれない。 救いようがないかもしれない」 と語った。        報道陣は、鉢呂氏の福島第1原発視察の見解などを聞くため、8日午後11時過ぎに東京・赤坂の議員宿舎で取材していた。 10人程度の記者が鉢呂氏を取り囲み、鉢呂氏はたまたま近くにいた毎日新聞記者に近寄り、防災服をすりつける仕草をした。 鉢呂氏はすりつける仕草をした後、報道陣に 「除染をしっかりしないといけないと思った」 などと語った。        鉢呂氏は8日、野田佳彦首相に同行して、福島第1原発や原発から半径20キロの警戒区域を視察した。 その後、帰京し、防災服を着替えないまま、議員宿舎に戻り、報道陣の取材に応じていた。        鉢呂氏は9日夜、報道陣に対し、「放射能をつけたぞ」 との発言について、「(記者に)近づいて行って触れることもあったかもしれない。 そういうこと(放射能をつけたぞ)は言っていないと思う」 と釈明した。        鉢呂氏は9日午前の閣議後会見で、8日に福島第1原発などを視察した際の印象について 「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない、まさに死の町という形でした」 と発言した。 野田首相は9日、訪問先の三重県紀宝町で記者団に 「不穏当な発言だ。 謝罪して訂正してほしい」 と要求。 これを受け、鉢呂氏は9日午後、「被災地に誤解を与える表現だった。 軽率だった。 被災をされている皆さんが戻れるように、除染対策などを強力に進めるということを申し上げたかった」 と釈明した。        藤村修官房長官は9日の会見で、鉢呂氏が佐藤雄平福島県知事に謝罪の電話をしたことを明らかにした。 「ただちに(経産相としての)適格性につながるとは思わない」 と閣僚を辞任する必要はないとの認識を表明。 一川保夫防衛相の 「素人だが文民統制」 など問題発言が続いていることを踏まえ、近く各閣僚に発言に注意するよう求める考えを示した。      一方、野党からは鉢呂氏の自発的な辞任や更迭を求める声が相次いだ。 自民党の石破茂政調会長は 「経産相としてではなく人間として不適格で、間違いなく辞任だ」 と批判。     公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は 「大臣として不適格で自ら辞意を表明すべきだ。 首相の任命責任も問われる」 と語った。 鉢呂氏は衆院北海道4区選出で当選7回。 大蔵政務次官や民主党国対委員長などを歴任している。  (mainichi.jp)          “馬鹿に付ける薬無し” っていうのはこういうことを云うんだな!?  民主党議員って大臣に相応しい人間がいないということだな!! 一般から公募したらどうだい!?          ツイートこの記事をつぶやく
       読売テレビ(大阪市)の番組で、武田邦彦・中部大教授が 『東北の野菜を食べたら健康を壊す』 などと述べ、その際に岩手県一関市の名を挙げた問題で、勝部修市長が送った抗議メールに、9日までに武田教授から返信メールがあった。       勝部市長は「これ以上言っても平行線をたどるばかり」と問題に区切りをつける考えを示した。        武田教授は返信で「発言を取り消すつもりはない」と述べた。 同教授は番組の中で、放射性物質による汚染問題を 「畑に青酸カリがまかれた」 と例えたが、その点については 「できるだけわかりやすく説明しようとした」 と回答した。        勝部市長は 「青酸カリを持ち出し、一関市の名を挙げることはいかがなものか」 としたが 「教授は発言を取り消さないと言っているので、この問題を終わりにしたい」 と語った。 (asahi.com)                   ツイートこの記事をつぶやく