孫格言        ソフトバンクグループの代表 孫正義氏は、東日本大震災にともなう原発事故以来、Twitterを通じて活発な発言をしている。 そんな同氏の格言的な言葉が話題となっている。      それは、突然のつぶやきから始まった。      孫正義氏は 「夢が未達でも落ち込む必要はない。 追い求め続けている間は達成に近づいている。」 と、自身のTwitterでつぶやいた。      このつぶやきに対して、下記のコメントが付いている。    「ありがとうございます(^-^)/勇気とやる気を頂きました。」   「初めまして…心にグッとくるつぶやきで…胸に刻んでおきたいと思いました。ありがとうございますm(__)m」    「夢を追うのもいいですが、ショートメールが届かない、メールの遅延を改善してからでお願いします。タイムラグがありすぎてキャリア変更もせざるを得ない状況です。」    「あんた、相変わらずええこと言うよねぇ。 あんたがいるから俺は今ソフトバンクショップで働いてる。前職はすぐやめちゃったけど、あんたのためなら働ける。まぁ代理店だけどね。応援してるぜ!」    「そんな…、15の夜~~~~~♪」    「これ、いいコトバだなぁ」    「思考、行動、大抵のことは分からない時間やもがく時間、準備の時間が必要ですよね。」    「一歩ずつでも進めば良いのですね」    「日本のツイッター登録者数は1千万以上。 その中であなたが誰かと相互フォローしたりリプし合う確率は、雷の直撃や、隕石の衝突レベルです。あなたのTLは奇跡の結晶なのです。 さらにフォロワーさんの誰かを「好き」と思えたなら、それは1万年と2千年レベルの素晴らしいことなんじゃないですかね。」    「この言い訳ツイート、辞める宣言とみなして宜しいか?藤沢数希の言った通りシラっと辞め出したな。 結局、自分の欲望の為日本を不必要に振り回し被災者に大迷惑を掛けただけになりますが」    「メガソーラ縮小に対するコメントかな?まあ、記事への真相はいずれ明らかになるでしょうが。」    「夢に向かって前進するのが人生そのものだ。」        孫正義氏の格言的な言葉に感動している人もいるようだ。              ツイートこの記事をつぶやく
      レクサス新型GS        レクサスが8月に米カリフォルニア州ペブルビーチでワールドプレミアした新型 “GS” に、高性能バージョンの “F” モデルが設定される可能性があることがわかりました。        海外の自動車メディア 『WORLD CAR FANS.com』(http://www.worldcarfans.com/) が伝えています。        記事によると、レクサス自体は “GS F” の登場を認めているわけではないが、Fモデルが2014年に登場する可能性がある、としており、また他メディアも「BMW M5に対抗する5リッター・スーパーチャージャーエンジン(550hp)+8ATを搭載する後輪駆動モデルがレクサスから登場する」と報じているようだ。        どうやらこうした記事の大きな根拠となっているのは、トヨタの豊田章男社長の発言であるようだ。 同氏は 「レクサスをもっとも洗練されたユーザーに選ばれるブランドへと育てていきたい」 としたうえで、高性能バージョンの展開について、「レクサスから高性能モデルであるFスポーツやFモデルがなくなることはない」 と明言したという。          どうやら豊田社長のこの 「Fモデルを今後も続けていく」 と取れる発言が、次なる 「GS F」 登場の噂へと発展したようである。  (asahi.com) ツイートこの記事をつぶやく
      パタゴニア        季節が移り行くのは早いもので、もう9月です。 皆さんはこの夏どこかへ旅行に出かけましたか?        今回はそんな方のために見るだけでこの夏をバカンスで満喫した気分になれる、パタゴニアの美しい湖の写真を海外サイト 「funnydoom」 よりお届けします。          パタゴニアは、アウトドアブランド名としても有名ですが、南アメリカ大陸の南緯40度付近を流れるコロラド川以南の地域の総称です。 アルゼンチンとチリの両国にまたがっているこの地域には広大で美しい自然が広がっており、その中でも有名なのがブエノス・アイレス湖(アルゼンチン名)、またはヘネラル・カレーラ湖(チリ名)と呼ばれる広大で美しい湖です。             パタゴニア1      湖の面積は1850平方キロで、そのうち970平方キロがチリ、残りの880平方キロがアルゼンチンに属しています。深さは586メートル。 チリ最大の湖でもあり、アルゼンチンでも四番目に大きな湖となっています。 日本の琵琶湖と比べると面積はその2.7倍、深さはなんと5.6倍となっています。 この深さが目も覚めるエメラルドグリーンの色を作り出しているのでしょう。        湖の中央部には天然の大理石でできたマーブル・カテドラルと呼ばれる洞窟があり、この場所で水浴びをしたならば、どんな病でもたちどころに治ってしまいそうな神々しい空間を作り出しています。        またこの湖ではサケやマスも釣れるそうですが、それらを口にすれば不老不死になれるんじゃないかという気までしてくる程、湖は美しく透き通っています。        いかがでしたか?        こんな美しい場所でゆっくりとお昼寝をしてみたいものです。この世に生を受けたものならば死ぬまでに一度は見てみたい景色のひとつではないでしょうか。 (rocketnews24.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      ピーチジョン        『AKB48』 が現在CMしている女性下着メーカー、ピーチジョンの新宿店に男性が殺到するというツイートがされていた。 その内容を説明すると、3000円以上購入すると 『AKB48』 の下着ポスターが貰えるのが理由らしい。 そのためにファンは下着を購入するために下着店に殺到し、実際に購入してノベルティを貰ったのだという。          そのツイートには 「ピーチジョンにおっさんが沢山いた…  下着屋さんにあんなにおっさんいたら不審者通報されていいレベル… しかもこじはるが着てるからという理由で普通にハートブラとか買ってた…恐怖」 とツイートしている。        男性一人では確かに入りづらい女性下着屋。 しかし 『AKB48』 ファンはポスターのために3000円以上購入しポスターをゲットしたのだという。 これもピーチジョンの話題作り戦略の一つなのだろうか?         そんな 『AKB48』 はピーチジョンのハートブラのCMに下着姿で出演し話題になった。 『AKB48』 関連となればファンも付いてくるのがお約束となってしまったくらいの恒例行事だが、さすがに女性下着屋におじさんが多数居たら一般女性客が入りづらいと思うぞ。 せめて女の子の友達に買いに行ってもらうとかお願いすれば良いのに。        そしてこれまた恒例なのだが、既に多数のポスターが 『Yahoo!オークション』 に出品されている。 買った下着はどうしたのだろうか……。          下着屋に行って買う勇気の無い人は「ピーチ・ジョン Vol.78」を買って我慢しよう。 表紙は同じく 『AKB48』 だ。  (getnews.jp) ツイートこの記事をつぶやく
       「子どもが東北の野菜や牛肉を食べると健康を害する」 とテレビで話した武田邦彦・中部大教授の発言が波紋を呼んでいる。 名前を挙げられた市の市長が武田教授へ抗議メールを送り、教授が反論メールをインターネットで公開する騒ぎになっていると先日紹介しましたが。          武田教授発言は、2011年9月4日放送の 「たかじんのそこまで言って委員会」 (読売テレビ=大阪市)であった。 子どもからの質問に答える形で、東北の野菜や牛肉について「できるだけ捨ててもらいたい」 などと指摘した。                   そこまで言って        出演者の中からは、厳しい口調で 「言い方がおかしい。 取り消すべき」 との反論も出たが、武田教授は 「取り消しません」 と応じなかった。 例として岩手県一関市の名前に触れながら、「(子どもが食べれば)健康を壊します」 などと繰り返した。          もっとも、武田教授は、農家が1年間休業しても大丈夫なように国が補償をした上で、土壌を除染した後に農作物の生産を再開すべきだとも訴えた。          一関市の勝部修市長は9月6日、「首長として強く抗議します」 とするメールを武田教授に送った。 「農家の感情を逆なでする非常識な発言である」 とのコメントも発表した。          一方、武田教授は7日に反論メールを送り、「市長の了解を得て」 ブログでも公開した。          反論はかなり長めだ。 結論としては、「恐縮ですが、事実ですから取り消しはいたしません」。 農作物は産地表示のみで、具体的に 「何ベクレル」 と表示がない問題点などを指摘しつつ、国が設けている農作物などの暫定基準値も 「設定が高すぎる」 と問題視している。          一関市によると、武田教授の反論メールを受けて勝部市長がどう対応するかは、9月8日午後現在、まだ分からないという。          また、市長のメールでの抗議について、数百件のメールが市に届いているが、多くは市長抗議に対して厳しい意見だ。 「武田教授が言っていることの方が正しいのでは」 という声が少なくないそうだ。          一関市のある関係者は、「(農作物などは)検査されており、暫定基準値を上回れば出荷されない。 市場に出回るものは安全なので冷静に考えてほしい」 と戸惑っていた。          農林水産省などのサイトをみると、8月5日に検査した一関市の 「きゅうり、トマト、なす」 は、いずれも放射性セシウムは 「検出せず」 だった。          一方、岩手県は9月8日、一関市の農家から出荷された肉牛2頭から国の暫定基準値を超す放射性セシウムが検出されたと発表した。 流通しないよう廃棄処分にする。 8月25日に岩手県産肉牛の出荷が再開されてから国の基準値を超えたのは初めて。          武田教授は、資源材料工学が専門。 地球温暖化論など幅広い分野で定説と異なる自説を展開し、著書やテレビ出演で注目を集めている。          武田教授発言をめぐっては、放送した読売テレビも番組サイトで見解を9月7日に公表した。 「意見が分かれるテーマではありますが、国全体で広く議論されるべき大切な問題が提起できると判断して、今回の放送に至りました」 としている。  (j-cast.com)        これは、将来を背負っていく子供のことを考えると武田教授の言い分の方が正しいような気もするが・・・ 。                       ツイートこの記事をつぶやく
       韓国の李明博大統領は8日、テレビ対談に出演し、日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)を李大統領が訪問することを求める声が韓国国内で出ていることについて 「行きたければ年内でも訪問できる」 と述べました。        ただ実際に大統領が訪問すれば日韓関係の冷却化は避けられないため、発言は国内向けに原則的な立場を示すとともに、日本をけん制したものとみられる。  (kyodo.co.jp)        李明博大統領が竹島に訪問したら日本政府はどうするんだろう!?  抗議するだろうが、抗議したからって訪問した事実は覆らないんだから領土問題は何とも歯がゆいというか・・・ 。        事実上韓国に占領されているからな!! 困ったものだよ!!           ツイートこの記事をつぶやく