2011,09,08

アメリカ・ヤフー、バーツCEO解任で次期CEOは誰に?

       アメリカ・ヤフーのキャロル・バーツ最高経営責任者(CEO)が解任されたことが明らかになった。 次期CEO― ヤフーの言葉で言うならば新しい「チーフ・ヤフー」―として誰が選ばれるのかに注目が集まります。       ヤフー          バーツCEOは5日、ロイ・ボストック取締役会会長から電話で解任を伝えられたという。 暫定CEOにはティム・モース最高財務責任者(CFO)が就いた。        新CEO候補者には、有名なメディア関係者やIT関係者の名前が挙がっている。        ・新聞発行一族の御曹司で、サンフランシスコ・エグザミナー紙の発行人を務め、現在はベンチャーキャピタルのKleiner Perkins Caufield Byers(KPCB)に属しているウィル・ハースト(Will Hearst)氏。          ・ニューヨーク・タイムズ紙の編集長を最近辞め、フルタイムの記者業に専念しているビル・ケラー(Bill Keller)氏。        ・ニューズ・コープのグローバル・マーケティングのエグゼクティブ・バイス・プレジデントを務め、現在はタイムワーナーに所属するゲイリー・ギンスバーグ(Gary Ginsberg)氏。 報道と広告宣伝の両方を経験している。        ・ネットコンテンツ・プロバイダー、アカマイのポール・セーガン(Paul Sagan)CEO。 アカマイのデイビッド・ケニー社長はすでにヤフー幹部を務めている。          ヤフーはスタンフォード大学の学生だったジェリー・ヤンとデビッド・ファイロが立ち上げたものだが、法人登録の際、2人は「チーフ・ヤフー」と名乗り、CEOにはならなかった。 ヤフーの初代CEOはティム・クーグル氏で、同社のIPO前に就任。 その後、ヤフーCEOはテリー・セメル氏、ジェリー・ヤン氏が勤め、2009年にバーツ氏が就任した。        バーツCEOの時代、ヤフーはマイクロソフトに多くの技術情報を譲渡し、その技術がMSの検索サイトBingに利用されている。 マイクロソフトが提案した440億ドル規模のヤフー買収計画は、破談に終わった。  (ibtimes.com)         ツイートこの記事をつぶやく