大人ならば懐かしく感じ、子どもならば心がなごむ歌、それが童謡である。 特に有名な童謡に 『シャボン玉』 という作品がある。 野口雨情(のぐちうじょう)先生が作詞した名曲で、著作権が失効した今もなお、多くの人たちに親しまれている童謡である。        実はその 『シャボン玉』、死んでしまった子どもへの鎮魂歌だという説があるのをご存じだろうか。 子ども向けの童謡が鎮魂歌? ちょっと信じられない話だが、まずはその 『シャボン玉』 の詩をお読みいただきたい。           ・童謡『シャボン玉』  シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ    屋根まで飛んで こわれて消えた        この歌詞だけを読むと、そよ風が吹いている庭先で子どもたちがシャボン玉で遊んでいる風景が目に浮かぶ。 非常に情緒あふれる表現の童謡に感じるのだが……。 いったいこの歌のどこが、亡くなった子どもの鎮魂歌だというのだろうか?        シャボン玉消えた 飛ばずに消えた    産まれてすぐに こわれて消えた      風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ        作詞をした野口先生は、痛ましいことに2歳の娘・恒子ちゃんを亡くしている。 歌詞のシャボン玉とは死んでしまった恒子ちゃんのことを意味しており、「産まれてすぐにこわれて消えた」 という歌詞は、まさに恒子ちゃんの死を意味しているという説があるのだ。          「風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ」 という歌詞には、生まれてきた大切な命が障害を受けることなく育ってほしいという気持ちが込められているのだろう。        しかし、恒子ちゃんが亡くなった時期と作詞をした時期が違うため、「子どもの死に対する鎮魂歌」 である可能性は高いものの、対象は恒子ちゃんではなく、近しい人の子どもの死を嘆いた歌なのではないかと言われているのも事実だ(野口先生の亡くなった長女・みどりちゃんという説もあるが真相は不明だ)。          そういう背景があると知ってからでは、『シャボン玉』 に対するイメージがガラリと変わって、より深いものを感じるのは記者だけだろうか。 とにかく、世界中の子どもたちが 「強い風」 に負けることなくすくすくと育ってほしいものである。  (rocketnews24.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
     東北や関東などの浄水場や下水処理場で発生した放射性物質を含む汚泥の処理が、ほとんど進んでいない。          14都県の浄水場で発生した汚泥だけで10万トンを超え、下水処理場発生分を含めると115万トン近くに達すると見られるが、7月28日の厚生労働省のまとめでは、浄水場の汚泥の約9割(9万1900トン)が再利用や埋め立て処分をされないまま保管されている。          政府は6月16日、汚泥処分にあたっての基準を示した。 汚泥や焼却灰1キロあたりの放射性セシウムが10万ベクレルを超えた場合は、放射線を遮へいできる施設で保管するとし、8000ベクレル超10万ベクレル以下は「(汚染物質が土壌に漏出しない)管理型処分場に仮置きできる」、8000ベクレル以下は、居住地や農地に使わなければ 「埋め立て処分できる」、200ベクレル以下は 「肥料として再利用可」、100ベクレル以下は 「セメントなどへの再利用可」 などとしている。            だが、実際には、各自治体は 「ひたすらため込んで保管するだけ」 (自治体関係者)。 厚労省によると、浄水場の汚泥は従来ほとんどがセメント原料などに再利用されていたが、今回の調査では、放射性セシウム濃度を測定済みの4万9300トンのうち、1キロ当たり100ベクレル以下にとどまったのは1万3700トンで、実際に再利用されたのは4400トン。            調査対象14都県のうち東京都がほぼ全量を埋め立てたが、13県では大半の汚泥が処理されていない。 ある自治体は「管理型処分場を確保できるのは、東京湾に埋め立て処分場を持つ東京都など一部に限られる」と指摘する。              浄水場などの汚泥だけではない。福島県では小中学校や幼稚園、保育所などの校庭などの汚染された土を除去する作業が進んでいる。 汚染土の除去により、ある小学校では校庭の放射線量が毎時3マイクロシーベルトから0.3マイクロシーベルトに10分の1に下がるなど、成果ははっきり出ている。          ここでも問題は汚染された土。 全県で出る土は18万立方メートルに達する見込みで、この処理のめども立たず、校庭の片隅に深さ2~3メートルの穴を掘って埋めたままというところが多く、最終的のどう処分するかは決まっていない。            これに加え、福島第1原発では、高濃度放射能に汚染されたガレキ、ごみなどに加え、汚染水の浄化の本格化に伴い、高濃度の汚泥などが今後、一段と増える。 例えば、米キュリオン社製の放射性セシウム除去装置ではセシウムを吸い込んだ吸着剤がドンドンたまる。 仏アレバ社の除染装置では沈殿させた高濃度放射能で汚染された汚泥が発生し、最終的には2000立方メートルにもなる見込みとされる。これらの高濃度廃棄物の処理は、法律的には明確な定めがなく、「工程表」でも「処理の研究」と書かれているだけだ。            こうした汚染物質の処理に関係者が頭を痛める中、関係者が注目するのが、民主党の 「原発事故影響対策プロジェクトチーム(PT)」 (荒井聡座長)が8月初めにまとめた提言。 最大の柱は、原発周辺の土地の国による収用。 「1万本以上の使用済み核燃料を放置したうえで、近隣に人の居住を認めるなどあり得ない」 と、核燃料の処理が長期間にわたることを指摘し、「土地収用を行い、住民には移住を促し、支援策を講じる」 よう提案している。            提言は、メルトダウンしている核燃料処理の長期化を理由にしているが、「放射能汚染された多量の汚泥などの”捨て場所”も福島原発周辺しかない」 (与党関係者)という指摘があり、土地収用には、汚染物質の処分場確保の狙いもあると見られている。 ノンフィクション作家の溝口敦氏も日刊ゲンダイのコラムで、原発跡地を高レベル放射性廃棄物の処分場にするよう提案した。          ただ、避難を強いられている周辺住民の多くが帰宅を望んでいることから、「現在は『福島を処分場に』とは誰も言い出せない」 (同)。 そんな住民感情に配慮しながら、実効ある対応策をいかに進めるか、政府の責任は重い。   (j-cast.com)             ツイートこの記事をつぶやく
     英国のミッチェル国際開発相は17日、深刻な飢饉(ききん)に見舞われているアフリカのソマリアについて、国際社会が対応を強化しない場合、子ども40万人が餓死する恐れがあると警告した。                 ミッチェル          国連食糧農業機関(FAO)は今月に入り、深刻な干ばつが続いているソマリア南部で、飢饉(ききん)が新たに3地域に拡大したと発表。 同国では過去数十年間で最悪の干ばつに加え、紛争や食糧支援の不足により約360万人が餓死の危険にさらされている。          ソマリアを訪問したミッチェル国際開発相は、首都モガディシオでの記者会見で 「この恐ろしい飢饉で子ども40万人の命が失われないよう、各国が最善の努力を行うよう求める」 と発言。       その後、ケニアのナイロビでも 「世界の対応は不十分だ。 危険なほど足りていない」 とし、国際社会の支援拡大を訴えた。        また、英国はソマリアに対する追加支援も発表し、干ばつに襲われたソマリア、ケニア、エチオピアへの支援額を計1億ポンド(約126億円)超に増やした。  (reuters.com)             ツイートこの記事をつぶやく
       世界中でつくられているパンの種類は5,000とも6,000ともいわれている。 そのうち数百種類は日本でも手に入り、海外で修行を積んだパン職人も国内には大勢いる。 ここでは、パンの歴史やちょっと意外な情報などを紹介。 これを読めば、普段食べているパンを見る目が変わってくるかもしれない。        

 配合は同じでも形で味は異なる。

     今回はフランスパンについて。私たちが「フランスパン」といっている、あの棒状のパン。 実は、フランスパンといっても何種類もあるのはご存知だろうか。        1つは、フランスの一般家庭でいちばん食べられているという「バゲット」。細長い形をしていて、フランス語で「棒」や「杖」という意味。こちらは外側の皮(クラスト)がバリバリとした食感で、程よい塩気もある。    2つ目は「バタール」。  バゲットに比べると短く、太さがある。丸みのある形のため、中身(クラム)が多くなり、しっとりやわらかな食感が楽しめる。
       バタール002          
 次は「パリジャン」。 本来は 「パン・パリジャン」 という名前のパンで、バゲットより一回り大きく、フランスパンの中では太めで、カットした際の断面が大きくなるのでサンドイッチに向いている。
      パリジャン          
 最後は「フィセル」。 聞きなれない名前かもしれないが、こちらはフランス語で 「ひも」 の意味。 フランスではクラストのバリバリとした噛みごたえを好む人が多く、そうした好みに合わせてバゲットよりも細いフィセルがつくられた。       フィセル          なお、バタールもパリジャンもフィセルも、材料の配合や発酵法はバゲットと同じ。 バゲットと同じ生地でつくられていても、形によってその味わいには大きな違いが出るわけだ。 (mycom.co.jp)             ツイートこの記事をつぶやく
       アディダスのスポーツシューズ 「adizero(アディゼロ)」 のプロモーション動画が、ネット上で人気を集めている。 「けしからん」 との声も多いが、本当の意味で 「けしからん」 と怒っているわけではなさそうだ。            動画は 「adizero VSミニスカート」 というタイトルで、adizeroのランニングシューズを履いた男性ランナーが、走ったときの風力で 「スカートめくり」 ができるか実験する、という内容だ。                 「adizero」履いた男性に女性は要注意?                 「adizero」履いた男性には要注意!?            ミニスカートを穿かせた何体ものマネキンが一直線に並べられ、その横をadizeroのシューズを履いた白人男性が駆け抜ける。 走る速度が上がるにつれ、色とりどりのスカートが徐々に大きくめくれ始める。            多くの男性が 「ただのマネキンか」 と落胆し始めたであろう動画の後半、列の最後になんと、ワンピースを着た本物の女性が1人登場する。 走りは最高速度に達し、女性のスカートが大きくめくれ上がる。 スロー再生になった映像では 「パンチラ」 がアップで映しだされる。            女性が恥ずかしがりながらスカートを押さえると、画面には英語で 「勝者はadizero」 とするテロップが出る。 勝ち誇った様子の男性に対し、女性もまんざらでもなさそうな表情を浮かべている。              動画は2011年8月1日から、adizeroの公式サイトのほか、動画サイト 「Youtube」 で公開されている。 17日現在、Youtubeでの再生総数は約37万回。 コメント欄には 「俺これ履いて街中駆け巡るよ。 まっとれミニスカ女子たち」  「男のロマン」  「実にけしからんですな」 といったコメントが数多く寄せられている。 ツイッターでも大きく話題となり、「超かっこいいスカートめくり」 「ちょっとアディダス行ってくる」 など絶賛の嵐だ。            ユニークなアイデアのほかに、登場する日本人女性についても、「かわいい」 「最後の顔がエロい」 などと注目が集まっているが、一部ユーザーにとっては見覚えのある人物のようだ。          女性がパンチラを見せるのはこれが初めてではなく、全世界で約12万ダウンロードを記録したiPhoneアプリ 「PUFF!」 でも、同じようなパンチラを披露している。      そのadizeroの動画は    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=x8QX5Ni3aS0   ここからご覧ください。        このアプリは、スカートを履いた女性が映し出された画面上を指でなぞると、スカートがめくれ上がるというもので、過激な内容からか、2009年10月の配信開始から5か月ほどで削除されてしまった。 現在はAndroid版のみ公開されている。 登場した女性の中でも1番人気とされたのが、今回アディダスの動画に登場したグラビアアイドルの黒澤ゆりかさんだ。            これに気づいたユーザーからの反響に対し、黒澤さんはツイッターで、「見つけてくれてありがとうございます」 などとコメント。 「詳しいお知らせはまだ」 と、後日ブログで詳細を報告するとし、「スカートめくられのプロになります」 とまで発言している。 (j-cast.com)           こういう動画って子供心をくすぐるというか男って好きだよな!!??                    ツイートこの記事をつぶやく
    まんべ管理会社          北海道山越郡長万部町のイメージキャラクター・まんべくんが、インターネットコミュニケーションサイトTwitterで 「どう見ても日本の侵略戦争が全てのはじまりです」 と書き込みし、まんべくんを管理していたエム社社長が謝罪した件で、新たな展開があった。        社長は自社サイトとTwitterで謝罪文を掲載し、発言に対してお詫びした。 しかしその後 「反省はしてますが、おとなしくしてればいいと思ってません」 や 「批判する人は飽きっぽいのでそんなのはほっといて、私はまんべくんファンのみなさんにつぶやいていきたいと思います」 と、新たにTwitterに書き込みをはじめたのである。            ・謝罪後のエム社社長のTwitter書き込み      「批判する人は飽きっぽいのでそんなのはほっといて、私はまんべくんファンのみなさんにつぶやいていきたいと思います」    「まんべくんのいない毎日が辛いです。復活させたいです」    「何やっても批判の的ですが、お詫びはします」    「反省はしてますが、おとなしくしてればいいと思ってません」    「私はまんべくんが大好きです。好きな気持ちは誰にも負けない自信があります」    「長万部も本当に思ってます。私は長万部のためには死んだっていい。地元愛も誰にも負けるが気がしません。日本一長万部が好きです」    「まんべくんのことをすべて知っていただきたい。ただ悪い部分だけを見て批判しないでほしい。twilogで遡ってはじめから今に至るまでのすべてのツイートに目を通していただきたい。心を汲み取ってほしい」    「今まで長万部に来られたたくさんの方々に感謝してもしきれません。まんべくんをこのような形にしてしまい申し訳ありません」    「まんべ会にお越しいただいた皆さんにも一人一人本当に毎日感謝しております。でも本当に申し訳ありません」    「どうしても、一企業が町のことに携わるといくらもらってるのかと言われてしまいますが、弊社は町から1円もいただいておりません」 (引用ここまで)          確かに、Twitterでまんべくんに 「どう見ても日本の侵略戦争が全てのはじまりです」 と言わせたのは、内容が内容だけに問題かもしれない。 個人としての見解としては自由だが、それをまんべくんに言わせるかたちになったのは、批判の的になっても仕方がないといえる。 しかし、実際に社長と交流したことがある記者はこう語る。          「エム社の社長は本当にまっすぐな人で、裏表がなく非常に熱い人なんです。 長万部を心から愛している人物だし、なによりもまんべくんと長万部の事を考えて活動している人です。 誰にも知られず埋もれていたまんべくんを掘り起こして日本屈指のゆるキャラクターにしたのも、その情熱からなんですよ。 今回の騒動は社長に非があるけれど、個人的には、すでにじゅうぶんな制裁を受けたと思います」        またその記者は 「正直、エム社以外でまんべくんを展開しても、うまくいかないでしょうね。 彼だからコントロールできて、ここまで有名なゆるキャラにできたんです。 コントロールできないからこういう騒動になったと言われれば言い返せませんが、こんなことは二度はないでしょう」 とも語っていた。          今回の騒動、あなたはどう思っているだろうか? まんべくんは消えずにそのまま存続していくと思われるが、どこの機関や会社がまんべくんを運営していくのか不明なままである。エム社が展開してきたまんべくんは非常に人気があり、日本中に多くのファンがいるだけに、長万部町の判断に注目が集まっている。   (rocketnews24.com)            ツイートこの記事をつぶやく
       北海道・長万部町のキャラクター 『まんべくん』 がツイッターで 「どうみても、日本の侵略戦争が全てのはじまり」 なとど発言して炎上した問題で、余波が広がっている。            ツイッターの運営が中止なるだけでなく、各地で開かれる予定だったイベントが中止に。 過去の問題発言も蒸し返され、謝罪文が掲載された観光協会のブログも炎上状態だ。            ツイッターの運営中止は2011年8月16日に発表された。 長万部町は、まんべくんのツイッターを運営する会社に 「政治と宗教の話題には注意するように」 などと事前に指示していたものの、これが守られずに炎上。           町役場に苦情の電話が多数寄せられたこともあって、ツイッターは中止に追い込まれた。 翌8月17日の10時33分に 「まんべくんのツイッターは中止となりました」 と書き込まれたのを最後に更新されていない。            だが、その余波は続いている。 8月から9月にかけて、東京・秋葉原、名古屋、福岡で 「まんべ会」 と呼ばれるイベントが企画されていたが、いずれも中止が決定。 8月18日からは、チケットの払い戻しが行われる。          また、ツイッターを運営している会社はぬいぐるみなどの関連グッズも販売しているが、長万部町が同社への使用許諾を取り消したことから、グッズも 「お蔵入り」 になる可能性もある。           さらに、過去の発言を蒸し返す動きもある。例えば、7月には特定の声優を名指しして    
「盗撮しにいくか…」   「精神的に追い詰めるか…」   「ストーカーするか…」      
 と発言したことや、寄付先を決めずに被災地への義援金を募っていたことを問題視する声が続出。            謝罪文が掲載された長万部町観光協会のブログには、      
「戦争発言だけではなく色々と問題起こしてますよね これだけ長い時間かけて未だに事態を理解されていないのですか?」     「正直この対応だけでは、怒りがおさまりません」      
 などとするコメントが1000件以上寄せられており、炎上状態だ。          ただし、その中には    
「町長が町のことを考えるのであれば、まんべくんというコンテンツは保護すべきだと思います。適切な担当者をつけて適切な運用を期待します」   「臭いものにフタをして終わりですか?本当に謝罪する気持ちがあるのならばこのまま続けまんべくん自身がしっかりと謝り、そしてひどすぎない範囲で今までと変わらず発言を続けるべきです」   「これまで、長万部についてのイメージは『懐の大きなやさしい場所』というイメージでしたが、その懐の広さでもカバーできない舌禍だったのでしょうか?」      
 と、ツイッターを中止した町役場の判断に疑問を呈するものも少なからずある。 (j-cast.com)                       ツイートこの記事をつぶやく
       フジテレビの 「韓流騒動」 は収まる気配が見えず、ビートたけしさんら様々な有名人やタレントもこの問題について持論を展開するようになってきた。 そうしたなか、ミステリー作家・深水黎一郎さんの発言内容が 「わかりやすく的を射ている」 などとネットで絶賛されている。          深水さんは2011年8月13日から 「ツイッター」 でこの問題に連日触れ、今回の騒動は 「反韓流」 からではなく、フジテレビ自体に問題があることが起点であり、「韓流が嫌いなら見なければいい」 などの理論は通用しない、などとつぶやいている。            このところ有名人や芸能人のフジテレビ問題についての発言が増えている。 タレントで映画監督のビートたけしさん(64)は、東京スポーツの11年8月16日付けで 「韓流フジテレビ批判する方がおかしい」 と書いた。 ある程度の視聴率が取れるからフジは韓流を放送している。        
有料テレビなわけでもないし。 いやなら見なきゃいいじゃねーかってだけだけどな」        
   文句を言っている人はフジの株を持っているとは思えないし、フジはジャニーズばかり出演させた前例もあるから、デモをするほど騒ぐのはおかしい、というのだ。          「ナインティナイン」 の岡村隆史さん(40)も2011年8月12日放送のラジオ番組 「オールナイトニッポン」 で、フジを 「ツイッター」 で批判した俳優の高岡蒼甫さんに触れ、        
「見なかったら見なかったでいいのよ。 それだけのことやのに、それをなんでみんなに(ツイッターで)言う必要があるのかと思ってまうねん」        
などと語った。              ミステリー作家の深水さんの 「ツイッター」 での発言は、これらの意見を真っ向から否定するものになっている。 まず        
嫌なら見なければいい、という論理は通用しない」        
 と切り捨てた。 そもそも今回の問題の本質は、韓流を多く放送していることではなく、マスコミのあるべき姿が問われているのだ、という。            国から放送免許を受けたテレビ局が、フジや子会社のコンテンツを宣伝するため、公共の電波を利用しているようにも見える。 これが事実だとすれば        
違法であることは子供でも分かる」        
とつぶやいた。              これまで他のテレビ局でも 「偏向放送」 はあったが、ある程度は許容範囲といえた。 しかし今回、デモが起こるまでの騒動に発展したのは、        
多くの視聴者が、それが洗脳レベルに達していると感じたから騒ぎになっている」        
 と解説した。 韓流を差別しているという意見も出たが、むしろ差別されているのは日本人であり、「フジは人種差別をやめろ」 とデモで訴えたいくらいだ、という。              深水さんが懸念しているのは、今回の騒動がレイシズム(人種主義)運動とレッテルを貼られること。 決して他国や他国のコンテンツを非難するために始まったのではない。 そのため 「ノーモア韓流」 でなく、「ノーモア偏向放送」 にすべきではないか、と提案している。 そうすることによってフジが放送倫理に違反している、という訴えが総務省にも届き、調査に入ってもらえるのではないか。 深水さんはそう考えている。  (j-cast.com)            ツイートこの記事をつぶやく
       今日で建築家 妹島和世(せじまかずよ)氏を紹介するのは3回目です。           日本女子大学大学院を修了し、伊東豊雄設計事務所に入る。 6年間の修業時代は 「怒られてばかり」 だった。    最初に設計助手を務めたのは、映像作家の萩原朔美さんの住まいです。 伊東事務所で新しい建築のあり方を考える勉強会を開いて、私はそのまとめ役を務めていました。 その案が雑誌 「クロワッサン」 で紹介されたところ、萩原さんが 「建ててみたい」 と連絡をくれたのです。      1週間で1回、伊藤さんに設計や構造、設備などの進み具合を見てもらうのですが、その数日前になると食事が喉を通らないほど緊張しました。 伊東さんは 「ああしろ、こうしろ」 と言わない方。 自分なりに必死に関げて案を持って行っても、つまらないものだと 「見る必要もない」 という感じで、打ち合わせが成立しない。 本当に怖かったですね。 数か月やり取りを重ねるうちに、ある時ポンと伊東さんの世界に飛躍するのです。      ある日、設計図を見せたところ 「隠れるので大丈夫です」 と答えたところ、「それじゃ駄目だ」 と怒られたことがあります。 建築の接合部分を原寸で描くなど細部を詰める大切さを学びました。      実は、独立してからも迷った時には、頭の中に “仮想・伊東” を置いて、「伊東さんならどう言うだろう」 と考えたものです。 それを踏まえて 「自分ならどうするか」 と発展させていきました。               事務所を卒業するように30歳で独立。 なかなか仕事が決まらず事務所をたたもうと考える。        独立したのは1987年、男女雇用機会均等法が施行された翌年で女性にもチャンスという機運に満ちていました。 展覧会などから声が掛かり、友人から 「僕も女性の名前でデビューしようか」 とからかわれたほどです。        仕事はいつくか紹介してもらえました。 ところがなかなか契約まで至らない。 設計を提案しても会社が倒産してしまったり、連絡が取れなくなったり、今思えばバブル崩壊の前兆だったのでしょう。        世の中子景気に沸く中で、「この100万円であと1年半どう暮らそうか」 と頭を悩ませました。 それでもつづけられたのは、夢があったから。 今自分で考えられるもので、とにかく新しい建築を作りたかったのです。 テレビCMのセットの設計や家具のスケッチといった仕事も受けながら、なんとか事務所を維持していました。        2年でとうとう運転資金が尽きてしまいます。 スタッフと事務所解散旅行をしようとタイ格安ツアーに申し込みました。 そうしたら思いがけず、熊本県の再春館製薬女子寮の設計が決まりました。              1991年に竣工の再春館製薬女子寮。 大胆な空間が話題を呼び、建築界にデビューを果たす。          女子寮は、80人の新入社員が研修を兼ねて共同生活をする場。 「みんなの家」 を作ってほしいという要望でした。         数カ月プレゼンを繰り返し、巨大な空間にベットを点在させ、2階に共有のリビングやお風呂が浮いているような案にほぼ固まりました。 ところが詰めの段階で 「病院みたいで駄目だ」 とひっくり返さた。 もう降りようと思いましたが、出来ることをやろうと思い直しました。        最終的には幅9メートルの巨大なリビングルームをつくり、寝るときだけ4人一部屋の小さな寝室に入るようにしました。 大きなリビングには洗面所を5カ所に離れて配置しました。 朝洗面所に向かう時、皆が一方向に向かうのが嫌だったのです。 設計をするときは、「どう使ったら楽しくなるか」 と考えます。 人と交わりあうけど、自分がどのように過ごすか選択できる。 そんな空間を作りたいと思っています。        すんなりと発想がわき出ることは、ごくまれです。 準備体操をするように模型を作りながら、イメージを膨らませます。 建築全体や原寸大の部分模型、街全体をふかんするものなど。 再春館でも大小100以上作りました。          今では模型を作っては議論を重ねる。 運河に面した750平方メートルの倉庫をオフィスにしていますが、至るところ模型の山です。 決して効率的とはいえませんが、地道な作業の中ならアイデアが生まれてくるのです。                    ツイートこの記事をつぶやく
       Googleは8月17日、日本を含むアジア太平洋地域で同社の提供する広告配信プラットフォームDFP(DoubleClick for Publishers)スタンダードが、モバイル広告に対応したと発表しました。        DFPスタンダードは、広告配信を管理する広告配信ソリューションで無料で提供されている。 純広告やAdSense、アドネットワークなどの広告配信機能、広告収益の最適化機能、レポート機能などを備えている。
 
       DFPしくみ          
       今回のモバイル端末への対応で、モバイル端末への広告配信やトラッキング、在庫予測、レポート機能などが利用できるようになる。          
DFPプラットホーム
   
       DFPソリューション          また広告のバックフィルとして同社のモバイルコンテンツ向けAdSenseとAdMobを配信することも可能となっている。  (mycom.co.jp)           ツイートこの記事をつぶやく
Page 10 of 23« First...«89101112»20...Last »