ソニーが今秋、タブレット型端末の発売を予定している。 グーグルが開発した基本ソフト(OS)、「アンドロイド」 の最新版を搭載し、アップルの 「iPad」 をはじめとする先行組を追撃する。          新型機のひとつの目玉となりうるのが、プレイステーション事業を抱えるソニーならではのゲーム機能だろう。 だが、タブレット型端末でゲームを楽しめるようになれば、家庭用ゲーム機の需要に影響を及ぼすのではとの心配も聞かれる。                   9月にも発売のうわさがあるソニータブレット                9月にも発売のうわさがあるソニータブレット          現在開発中の 「ソニータブレット」 は、2011年4月26日に開かれた 「ソニーITモバイルミーティング」 で2種類の試作機が発表された。 ひとつは 「S1」 というコードネームで呼ばれる、9.4インチサイズの画面をもつモデルだ。 もうひとつの 「S2」 は折り畳み式で、5.5インチディスプレー2つを搭載する。 発表の席で、ソニー業務執行役員の鈴木国正氏は、ジャケットの内ポケットからS2を取り出し、持ち運びの便利さをアピールした。          「S1」 では、映画や音楽の視聴に加えてゲームを楽しむための操作性にこだわったという。 実は 「ソニータブレット」 発表の3か月前、プレイステーション(PS)を手掛けるソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、アンドロイドOSを搭載する携帯型端末でPSのゲームができるようなプラットフォームを発表していた。 さらに、アンドロイド端末からアクセスしてゲームコンテンツを購入できるマーケットの新設も予定していると明かした。          「ソニータブレット」 は、アンドロイド用のPSゲームプラットフォームを持つタブレット型端末第1号となり、初代PSの複数のゲームが楽しめるようになるという。 「モバイルミーティング」 では、タブレットの画面上に操作ボタンが表示され、ゲーム機と同じ要領でプレーする様子が披露された。            例えば今後、開設予定のオンラインマーケットで最新版ゲームを 「ソニータブレット」 にダウンロードできるようにすることもありうる。 PS事業で培った経験やノウハウを効果的に生かせれば、独自のゲーム事業を持たない米アップルや韓国サムスン電子といったメーカーのタブレット型端末と差別化できるかもしれない。 だがそうなれば、ゲーム機としての需要がタブレット型端末と家庭用ゲーム機に分割され、家庭用ゲーム機の需要に影響することも考えられる。            似たような話がある。米マイクロソフト(MS)が、「ウィンドウズ」 OSの次世代版 「ウィンドウズ8」 に自社のゲーム機 「Xbox360」 の機能を搭載するのではないか、という話題だ。 仮に実現すれば、ウィンドウズOSを搭載するパソコンでXbox360のゲームができるようになる。 このため 「Xboxはいらなくなるのではないか」 との意見も出た。 ただし現時点では憶測レベルに過ぎない。 ハードウエアの処理能力の面を見ると実現は難しいだろう、との指摘も出ている。          だが 「ソニータブレット」 の場合、PSのゲームができるようになるのはまず間違いない。 ソニー広報に 「ゲーム専用機の需要に影響が出るのではないか」 と聞いたところ、      
「ソニータブレットの場合、手軽にゲームを楽しめる点がポイントになると思います。 一方、ゲーム専用のPS3やPSPは、ゲームへの没入感をはじめ、(パソコンなど)汎用の機械とはユーザーが体感できる質が違います」
      と話し、ゲームをどう楽しむかで「すみ分け」ができるとの考えを示した。               現時点では、ソニータブレットの完成版はまだ発表されていない。 米国のIT系オンラインニュースでは、その発売時期について 「2011年9月の最初の2週間」 と報じたが、ソニー広報は回答を避けた。  (j-cast.com)          ツイートこの記事をつぶやく
      ふらんす亭        『ふらんす亭』 や 『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』 などの人気飲食店の社長・井戸実さんが、客から届いた「まずい」というクレームを無視していることが判明した。 これは井戸社長が自身の公式ブログで告白したもので、「一切の対応をしません」 と断言している。        井戸社長が経営している飲食店には、肉が固い、ソースの味がしょっぱいor薄い、カレーが不味い、ハンバーグが美味しくないなどのクレームが入ることがあるという。 その声によって 「きちんと商品提供が出来ていたかの確認」 をするとのこと。       飲食店としては正しい対応といえるだろう。 しかし、井戸社長はこうとも語っている。          ・井戸社長のブログコメント      しかし根本的な部分、例えば肉材そのものだったり、ソース類の味、カレーのルー(調理過程のレシピ)、ハンバーグのパティの具合等の基本部分に改善は考えません。 「不味い」 と言われるクレームについては、そのお客様の嗜好の問題。 と割り切って一切の対応をしません。 なので 「不味い」 と言うクレームを頂戴してもこちらから積極的にクレーム応対はしないのです。 極端な話で言うと 「口に合わないんだから来なければ良い」 と、このスタンスでいる事が究極大事なんだと思います。        利用客の立場としては 「口に合わないんだから来なければ良い」 というのはちょっと乱暴に聞こえなくもないが……。 確かに、美味しくないと感じたら二度と行かなければいいだけの話かもしれないし、すべての人に受け入れられる味を作ることは無理だとは思うが……。 と、そんな声が出ている。        この件に関して外食産業に携わる人物C氏に話をうかがったところ、次のように語っていた。 「確かに味の部分は個人個人の好みがありますし、まずいと感じたら二度と行かなければそれで解決です。 でも日本人は民族性からなのか、相手に誠意や真心を求めるものなんですね。 ですので、まずいと感じたお客さんにもまた来てもらえるように努力している飲食店のほうが好感が持たれます。 多少まずくても店が好きだから行くというお客さんもいるんですよね」 と語っていた。        また 「まあ、たとえそういう方針でもブログに書いたり言ったりしないほうがいいと思います。 でもそれを書くのが井戸社長のキャラクターといいますか、良くも悪くも性格なのかもしれませんが」 とも語っていた。          井戸社長は非常にガッツと温情のある人物という印象がある。 焼肉レストラン 『焼肉酒家えびす』 が食中毒問題を発生させた際は、従業員の再雇用を名乗り出たこともある。 しかし、ブログやTwitterでは物議を醸す発言をすることがあり、反発を受けることがあるのも確かだ。                ツイートこの記事をつぶやく
       先日、芸能界引退を発表したタレントの島田紳助。      本業のお笑い以外にも本の執筆も精力的にこなし、総著作数は実に20作を超える。 そんな彼の最後の著作となったのが、「島田紳助100の言葉」(ヨシモトブックス)。                    島田         いままでの本は別のライターが書いたものがほとんどであったが、今回だけは 「自分で自分の思いを文字にして、伝えたかった」 とし、“100%島田紳助が書いた本”として発売されたものだった。      この 「島田紳助100の言葉」 は今年2月に全国販売されたものだが、実はこの本には数ヶ月後の 「切腹引退」 をほのめかすような記述があったのではないかと一部で話題になっている。      特に多くの指摘を受けているのが、「24の言葉 大きな使命もなく」である。    この項目のテーマは 「自分の生まれてきた理由」。 『我々は特に大きな使命も無く生まれているのだから、せめて楽しく生きよう』 というのが紳助の主張であるが、なんと最後に「島田紳助の引退」について語っているのだ。      文中には 「現に私が引退しても、誰も困りません。 急に辞めるから困るだけで一年後に辞めると言ったら何も困りません」 (P32より一部引用)と書かれている。        紳助はこの文章通り急に辞めることになったため、多くの関係者に迷惑をかけてしまったのだが、この文章が不気味なのは 「仮に」 ではなく 「現に」 と既に起こった事実として述べているところである。 前述の通り、この本は 「100%紳助の書いた本」 だけに 「あの引退劇は予定調和なのでは?」 と見る動きもあるが、もっともこれは「2004年の謹慎事件の経験から感じたことでは?」 という意見もある。      なお、この本のキャッチコピーは 「今どうしてもあなたに伝えたいことがある」 と読者に訴えかけたものであり、「最後の著作」 としてこれ以上無いキャッチだったこともこの噂にリアリティを与えているようである。  (npn.co.jp)              ツイートこの記事をつぶやく
       民主党代表選が2011年8月27日に告示された。 注目は結局、小沢一郎・元代表派VS反小沢の構図に集まっている。 繰り返される 「数合わせ」 の政争について、野党のみならず民主党議員からもインターネット上で批判の声があがっている。          立候補したのは5人。前原誠司・前外相、馬淵澄夫・前国土交通相、海江田万里・経済産業相、野田佳彦・財務相、鹿野道彦・農林水産相だ。党内最大勢力の小沢グループが海江田氏支持を決め、「反小沢」 だった現執行部の流れをくむ前原氏との対決姿勢を強めている。            自民党参議院議員の三原じゅん子氏は、8月26日のブログで物言い。      
「小沢氏と鳩山氏が『海江田氏』と言ったら決まり! これで良いの?」     「民意とは全く遠い結果が出そう」
      と懸念している。              自民党は2010年に初めて参議院議員会長を選挙で決め、中曽根弘文氏が谷川秀善氏を破って当選し、派閥政治からの脱却を示してみせたとして、三原氏は、「政権を取り戻さなければ!」 「こういう体制を許したら駄目だよ!!」 と熱くなっている様子だ。            同じく自民党の石破茂・政調会長も、26日に代表選についてブログで言及した。 「野田財務相を除くほとんどすべての候補者が小沢元代表に詣でているのは実に面妖(めんよう)な光景」 とし、「政治手法も、政策も異なるにもかかわらず、ただ小沢氏の配下にある票が欲しいというのは、国民の論理や感情からは大きくかけ離れています。」 と批判している。          民主党内部からも疑問を呈する声が出ている。 「誰かの判断でなく自分の基準で投票を決める」 と自身のTwitterに投稿している参議院議員の有田芳生氏は、      
「『小沢はアカンよ』と昨年の代表選挙で菅さんを推した議員が今度は『海江田の推薦人になってくれないか』と昨日、今日。 『そんなおこがましい』とお断りした。 『海江田?ダメですよ』と言っていた議員たちも今夕(26日)には小沢判断で支援にまわった。これが政治というよりも政局だ。 勉強になりました!」      
と皮肉たっぷりに実情を語っている。  (j-cast.com)       ツイートこの記事をつぶやく
     在日外国人からの献金について27日に記者会見した前原誠司前外相は、2005~10年の6年間に受け取った外国人関連の献金の合計が計59万円に上ったことを明らかにしました。 前原氏は3月、京都市の在日韓国人女性から25万円の献金を受けたことが発覚して外相を辞職した際、献金について調査、公表すると約束していた。        政治資金規正法は、外国人からの献金を禁じているほか、外国人が過半数の株式を保有する会社からの献金も原則禁止している。          前原氏の説明によると、献金を受けていたのは 「まえはら誠司後援会連合会」 と、前原氏が代表を務める 「民主党京都府第2区総支部」 の二つの政治団体。        同連合会は、辞任の原因となった25万円以外に、この女性の息子2人から昨年1万円ずつ献金を受けたほか、別の在日外国人からも08、10年に計3万円を受けていた。 前原氏はこの女性ら4人が外国人と知っていたが、献金の事実は知らなかったという。        また総支部は、在日外国人が社長を務める京都市内の建設会社から08年に12万円、09年に17万円と計29万円の献金を受けていた。 前原氏は献金を受けたことは知っていたが、社長が在日外国人とは知らなかったと説明している。 この社長は取材に対し、在日外国人だと認めたうえで 「別の政治団体の会費として支払ったもので、献金という認識はなかった」 と話している。      前原氏は27日の日本記者クラブでの記者会見で 「やましいことはない。 ミスは正していかなくてはいけないが、自ら手を汚して何かをしたことは一切ない」 と述べた。        何か、前原の言い訳には納得がいかない。 こんな人間がこの日本の首相候補なのか? 政治家の神経って一般常識から逸脱している!?  普通じゃ政治家にもなれないし異常じゃにと首相候補にもなれない!?        まともじゃないな!!                  ツイートこの記事をつぶやく