チキンマフィン        「チキンマフィン」 はムネの一枚肉を使用した柔らかいチキンパティを、ほのかなバターの風味が香るイングリッシュマフィンでサンドした新メニュー。          クリスピーな食感が特徴のチキンの衣と、レタス、レモン風味の効いたマヨネーズタイプのソースがマッチした一品だ。          “朝マック”のメニューとしては約2年ぶりの新商品となるが、マクドナルドは昨年6月以降、バーガー類とドリンクのセット 「コンビ」 を販売するなど朝食時間帯の利用機会拡大に力を入れており、「チキンマフィン」 はそうした取り組みの一環として投入される。        販売店舗は全国の朝マック販売店舗約2,200店舗(一部店舗を除く)。 セットは 「チキンマフィン+プレミアムローストコーヒーS もしくは ドリンクS」 のコンビが250円(税込み)、「チキンマフィン+カフェラテS」 のコンビが300円(同)、「チキンマフィン+ハッシュポテト+プレミアムローストコーヒーS もしくは ドリンクS」 のセットが440円(同)。   (narinari.com)          これでまたまたマックの優位は変わらないか!?                  ツイートこの記事をつぶやく
       日本では古くから、鏡を丁寧に扱う習慣がある。 鏡には不思議な力が宿っていると信じられてきたのである。          銅鏡        神社へ参拝した時に、綺麗に磨かれた銅鏡が、拝殿の奥の祭壇に置かれている姿を拝見したことがある。 何故、鏡が神社に祭られているのか、不思議に思われた方も少なくないのではないだろうか。鏡の持つ力について探って行きたいと思う。      古墳時代、当時は銅鏡が大陸から持ち込まれ、当時の豪族など有力者達によって所有された。 当時は服飾品としての用途の他にも、悪霊を寄せ付けないという信仰があったと言われている。 また、有力者の墓には死亡した有力者と共に銅鏡が埋葬された。 その理由には、銅鏡には死後もこの被葬者を守る力があると信じられていたからである。        日本神話の中に、天照大神が洞窟内に隠れてしまうという 「天岩戸隠れ」 という有名な話がある。 天照大神の弟神である素盞鳴尊(すさのおのみこと)との確執から、天照大神は天岩戸と呼ばれる洞窟に身を隠し、表には大きな石を置いて洞窟を塞いだ。 天照大神は太陽の化身であり、その為に地上から太陽の光が消えてしまい、地上は暗黒の世界となってしまったという。        その後、神々は会議を開き、再び太陽の光を戻すために、天照大神を呼び戻す計画を立てた。 その時、石疑姥神(いしこりどめのみこと)が直径46センチ前後の巨大な銅鏡を作り、洞窟の前に作られた舞台の上に置かれたという。        神々はその洞窟の前で宴を開いた。 洞窟内で篭っていた天照大神をおびきだすために最後に出たのが天鈿女神(あめのうずめのみこと)である。 この女神は舞台の上で舞い踊った。 神々の大きな歓声に興味を持った天照大神が入り口の石をどかしてその光景を伺おうとしたそのとき、天手力男神(あめのたぢからおのみこと)が天照大神の腕を掴んで、天照大神を洞窟内から強引に引きずり出したという。        その時、石疑姥神によって作られた銅鏡が、後に八咫鏡(やたのかがみ)と言われ、天皇家の三種の神器の一つとされた。 以来宝物として、伊勢神宮に大切に保管されてきた。          また、天孫降臨の際に、大国主命の国譲りの場に降りてきた神は天照大神ではなく、孫の邇邇芸尊(ににぎのみこと)であった。 そのとき邇邇芸尊が降臨の際に、天照大神から自分の身代わりとして持たされたのが八咫鏡であったという。      その後鏡は太陽神の化身として、神宝や御神体とされて神社に祭られるようになったという。 現在でも鏡は多くの信仰の対象となっており、神社に収める銅鏡を製作する専門の鏡師が存在している。   (npn.co.jp)                      ツイートこの記事をつぶやく
      ファック        英語には「ファック(fuck)」という言葉があります。 これは卑俗な意味を持つ単語で、もともと 「性交 」という意味を持っているのですが、攻撃的な意味合いを含んでおり、公共的には歓迎されていません。        海外のテレビ放送などを見ると、たとえばミュージシャンがステージで観客を煽るときに用いたりしますが、放送規制がかかり 「ピー」 という代替音が流れることもありますよね。        英語圏で容易には使ってはいけない言葉のひとつなのですが、最近中国のテレビ放送で、同様の意味を持つ言葉 「ファッキング(fucking)」 と書かれたTシャツを着て、テレビに出演したお天気リポーターが物議を醸しています。 とても美しいリポーターなのですが、このTシャツに中国のインターネットユーザーも驚いているようです。          これは浙江省の温州電視台(WZTV)の総合ニュースで起きた出来事。 天気図の前に立つリポーターが、「ファッキング」 と書かれたTシャツを着て出演している様子が、中国のネットユーザーの間で話題となっています。        リポーターの女性は明るい笑顔で、天気について報じているようなのですが、トラのキャラクターの描かれたTシャツには大きくアルファベットで卑俗な単語が。 おそらくこの女性は言葉の意味を知らず、また番組の制作関係者も知らなかったようで、誰一人Tシャツをとがめる人はいなかったようです。 彼女のTシャツについて中国ネットユーザーは次のように反応しています。            ・お天気リポーターの 「ファッキング」 Tシャツについての中国ネットユーザーの反応    「これは不勉強だろ」    「すげえかわいい子」    「宣伝広告として着てるんじゃないの?」    「図太い神経の持ち主だ」    「無学というのは本当に恐ろしいな」    「ファック!」    「髪の毛は長く、経験と知識は短い(浅い)」    「まあ、かわいいから許す」    「言葉を知らないということほど、恐ろしいものはない」    「まあ、田舎(温州)だからな」    「無学無能な輩」       ……など、かなり厳しいコメントが寄せられています。 英語圏でないとはいえ、この言葉はかなり過激な意味の込められたものなので、今後他の国のネットユーザーの間でも、取り沙汰されることになるのではないでしょうか。 大変美しい女性であるだけに、中国ネットユーザーは驚きを隠し切れないようです。  (youpouch.com)         ツイートこの記事をつぶやく
        レクサスGS      
 レクサスはアメリカ時間18日、米国カリフォルニア州で開催された “ペブルビーチ・コンクール・デレガンス” において、次期GS350を世界初公開した。        次期GSは、大人4人が高速で快適に長時間移動できるグランドツーリングセダンとして進化。 2代目となる新型では、“所有する喜び”、“操る楽しさ”、“感性に響くラグジュアリー性”  の実現がテーマに掲げられた。        デザイン面では、フロントまわりを一新。 レクサスの独自性を継承した逆台形のアッパーグリルとロアグリルを一体化した “スピンドルグリル” を新たに採用した。 これは今後のレクサスフェイスの方向性を示す役割も担う。 ボディサイズは、全長4850mm×全幅1840mm×全高1455mm、ホイールベースは2850mm。全幅が20mm、全高は30mm広がったが、ほぼ従来モデルと同サイズだ。        エンジンは、3.5リッターV6エンジン“2GR-FSE”を搭載。 最高出力306hp/6400rpm、最大トルク38.3kg-mを発生する。 トランスミッションは6速ATが組み合わされる。 パワートレインは3つのモード選択が可能で、“ECO”、“SPORT S”、“SPORT S+” をドライバー嗜好や様々なシーンに応じて選択できる。        プラットフォームは新設計のものを採用。走る・曲がる・止まるの基本性能の飛躍的な向上が図られた。 サスペンションも新開発され、上質な乗り心地とハンドリングの向上が追求されるとともに、後部サスペンションタワーの室内への張り出しが減らされ、クラストップレベルの荷室空間と積載性が目指された。        今回のコンクールデレガンスでは、GS350の発表とともに、ハイブリッド車やスポーツバージョン “F SPORT” が設定されることがあわせて発表された。        次期GS350の日本での発売は、2012年初頭が予定されている。 (asahi.com)        
ツイートこの記事をつぶやく
       フジテレビの 「韓流偏重」 に抗議するデモは、日の丸やプラカードを掲げた参加者で埋め尽くされた。 動画サイトによる生中継には、デモ開始前から2万人の視聴者が集まり、ツイッターでも刻々とコメントが寄せられる。          人数は、主催団体代表に聞いたところ約6000人。「これほど大勢集まるとは」と驚くほどだ。フジテレビ前に着いたデモ隊は、口々に抗議の声を上げた。                    デモ隊の列は長時間途切れることはなかった               (デモ隊の列は長時間途切れることはなかった)          2011年8月21 日午後。 東京・お台場の青海北ふ頭公園に長蛇の列を作ったのは、フジテレビの抗議デモに参加する人たちだ。 主催者がマイクで 「多くの人が集まってくれてありがたいです」 と感謝すると、拍手が沸き起こった。            集合場所にはメディアの姿も見られた。その一つ、韓国テレビ局SBSの記者に聞くと、「今回の動きは気になる」 と憂慮していた。          13時半過ぎ、デモ隊はフジテレビに向けて歩き出した。      
「フジテレビは韓流をごり押しするな」   「我々は韓国のドラマなんか見たくないぞ」      
 とシュプレヒコールを上げる。 俳優の高岡蒼甫さんの 「韓流批判発言」 に端を発した今回の抗議活動。 8月7日にはお台場に2500人(主催者発表)が集結し、「韓流やめろ」 の声を上げた。 この時はデモの許可を得ておらず 「散歩」 と称していたが、21日のデモは主催者が、東京都公安委員会からのデモ許可証をネット上にアップして 「正当性」 を強調、参加を広く呼び掛けた。            動画配信サイト 「ユーストリーム」 ではこの日、複数の生中継が実施され、開始直前には視聴者が 「万単位」 に上るものも見られた。 ツイッターには 「正直ここまで盛り上がるとは思っていなかった」 との声もあり、大多数は 「デモ支持」 の内容を書きこんだ。            フジテレビの社屋前に達すると、一段とヒートアップ。通行人や、フジテレビが開催しているイベントに遊びに来ていた人たちに向け「偏向報道に反対している」とデモの趣旨を訴えていた。先頭グループは14時15分ごろに最終地点に到達したが、その後も第2、第3の隊列が続き、1時間以上たっても流れが途切れなかった。              J-CASTニュースがデモ主催団体の代表に取材すると、「1000人集まってくれれば成功だと思っていました。 これだけ大勢の人に共感してもらえるとは」 と驚きを隠さない。 一方で 「デモはあくまでフジの 『偏向報道』 や韓流のごり押しに対する抗議。 『反韓』 『嫌韓』 という主張ではありません」 と、改めて明確にした。            実は主催者側は、デモに先立ってフジテレビに 「偏向報道」 に関する抗議文を提出しようとしたという。 ところがフジに接触したところ、「抗議されるいわれはない」 と文書の受け取りを拒否されたのだ。主催者代表は、「近日中に、公開質問状という形でインターネット上にアップする予定です」 と話す。            今回のデモで実行委は解散するため、次のデモは予定されていない。 代表は 「これでフジが変わってくれれば」 と願うが、フジテレビはどう受け止めるだろうか。  (j-cast.com)                 ツイートこの記事をつぶやく
      太陽光発電          アメリカ・ニューヨークに住む13歳の少年が、今までにない画期的な太陽光発電のモデルを発表して注目を集めている。 従来の発電パネルは平面のものが一般的だったのだが、彼が発表したのは、木の枝葉をモチーフにした発電モデル。        これにより従来型のものよりも20パーセントも効率的に発電できるという。 冬の日の短い時期には、50パーセントも発電効率がアップするというのだ。 この発表を行ったのは、エイダン ・ダウヤーさん(13歳)。        現在7年生(中学1年生)の彼は、自然からヒントを得て効率的な太陽光発電のモデルを思いつくにいたった。 彼は木の成長過程に着目し、成長するにつれて葉っぱはどのように光を浴びているのかについて考えたそうだ。        その結果、木の枝葉はお互いに光を遮らないようにできており、そのメカニズムは 「フィボナッチ数列」 に基づいているものであることを知った。 そこで、それを元に太陽光パネルを配置し、自ら作った平面パネルと比較して実験を行ったところ、発電効率は木のモデルの方が20パーセント優れており、さらに1日の発電時間も2.5倍長く稼げることがわかった。 さらに冬の時期になると、発電効率は50パーセントも上回っていたのである。       太陽光          このことから、砂漠のような広大な敷地でない限りは、彼の考え付いた木のモデルが活躍する可能性がある。        ちなみに、ソフトバンクの孫正義社長は 「電田プロジェクト」 を推進しているのだが、エイダンさんの発想に習って 「電林」 を目指すのも良いのではないだろうか。 (rocketnews24.com)           ツイートこの記事をつぶやく