国内通信第2位のKDDIが狙われている。 東京電力が保有するKDDI株の処分に政府・民主党が介入、国際競争入札による売却の検討に入ったというのだ。 中国政府の後押しを受けて世界中の主要企業に買収攻勢をかけている中国企業などが高値での落札に乗り出し、将来的に日本の 「通信主権」 が脅かされる懸念もある深刻な事態だ。 さらに政府は、“虎の子”のNTT株売却まで視野に入れているという。 民主党政権の売国的なたくらみをジャーナリストの町田徹氏が暴く。       東京電力が売却方針を表明しているKDDI株は35万7541株で、発行済み株式総数の7・97%に相当する。 東電が売却した株式を全株取得すれば、第3位の大株主に躍り出ることができる数だ。 売却の狙いは、福島第1、第2原子力発電所の損害賠償の原資に充てることだ。      東電がKDDI株を保有しているのは、通信業からの撤退を模索した際に、系列通信会社をKDDIに吸収合併してもらった経緯が存在するためだ。      通常、こうした友好関係にある企業が、保有しているパートナー企業の株式を手放す場合、まず保有会社(この場合は東電)が、株式の発行企業(KDDI)に自社株を買い戻す意向がないか打診したり、譲渡先に関する希望がないかを確認するのが常識的な対応とされる。      ところが関係者によると、今回は未曾有の事故によって東電が当事者能力を失っていることから、政府・民主党がこの売却問題に介入。 民間企業同士の常識を無視して、少しでも多くの売却原資を獲得しようと、競争入札に付すことを検討しているという。      KDDIのような大手企業の株が今回のような形で、まとまった規模で売却されるのは、それほど頻繁にあることではない。 保有株式が発行済み株式総数の1%を超えると、株主総会での議題の提案権が得られるほか、同じく3%を超えると臨時株主総会の開催請求権や帳簿の閲覧権も獲得できることから、投資妙味は大きくなってくる。      加えて、もうひとつ大きな問題がある。 実は、KDDIの大株主(上位10社)に名を連ねている安定株主は、京セラ、トヨタ自動車、東京電力、日本郵政共済組合の4社だけ。 そして、この4社の保有株にKDDIが保有している自己株を加えた割合は33・48%に過ぎないのだ。 仮に、友好的でない企業が東電保有のKDDI株を取得すると、KDDIは、安定株主が一致団結しても、全体の3分の1を必要とする拒否権を行使できなくなってしまう事情がある。      換言すれば、東電保有のKDDI株の行方は、わが国第2位の通信会社が防衛策を失い、敵対的な買収から逃れられない危機を呼ぶ端緒になりかねない。      一見すると売却収入を増やすために効果的に見える入札だが、このことが及ぼす副作用の大きさは計り知れないのだ。      取り返しのつかない失策を避けるため、政府・民主党のような “経済の素人” は株式売却問題に介入するのを自重すべきである。  (zakzak.co.jp)            政治家、官僚が脳天気だからな!!  ホントに日本はどこかの国の国旗が掲げられる時が近い将来くるかもしれないな~!!          ツイートこの記事をつぶやく
       博報堂DYホールディグスは2011年8月9日、同社グループ主要3社の2011年7月における売上高速報を発表した。 これで電通が同年8月5日に発表した単体売上高と合わせ、日本国内二大広告代理店の2011年7月次における売上データが出そろった事になる。 今記事では両社の種目別売上高前年同月比をグラフ化し、広告全体及び両社それぞれの広告売上動向を眺めてみることにする。      電通と博報堂では毎月最新の種目別売上高速報を発表している。 種目の呼び名には多少の違いがあるが、区分としては共通のものを利用しており、並べて比較することが可能。 電通は【こちら(PDF)】にあるように単独会社のデータが公開されているが、博報堂は【こちら(PDF)】のように、子会社の主要3社の単体月次売り上げがそれぞれ併記された形。 そこで後者については3社の合計を最新データと1年前のデータそれぞれで計算し、その上で前年同月比を改めて当方で算出。 その結果を反映させたグラフが次の図。        二大広告代理店の2011年7月分種目別売上高前年同月比       ↑ 二大広告代理店(電通・博報堂)の2011年7月分種目別売上高前年同月比        東日本大地震の影響がこの数か月に渡って現れているが、今月はその状況からはかなり脱したようにも見える。 とはいえ、4マス(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)が苦境に陥っていることに違いは無い。      また今月は先月から転じて 「博報堂より電通の伸び率が良い(あるいは下げ率が低い)」 項目が多数存在する状況となり、しかも影響力が大きい4マスでは、全項目で電通が優勢という結果となった。 興味深い動きとして注目したい。        両社合わせると前年同月比でプラスなのは全部で5項目。 具体的には 「その他」 以外では 「インターネットメディア(電通)」 「OOHメディア(電通)」 「クリエーティブ(電通、博報堂)」 という次第。 いわゆる 「4マス」 が両社あわせてもプラスがゼロなのは、状況の軟調さを物語っている。      「雑誌」の下げ方が厳しいのは、【日本出版取次協会、出版物の店頭配布の遅延を発表】【ファミ通、薄っ通】などにあるように、震災以降、流通の混乱や紙・インクの不足などで出版そのものが間引きされたり印刷数が少なくなったり、部数は変わらなくとも1冊あたりのページ数が減ったことで広告も減少したのが原因と考えられる。 さらに先日から【少年・男性向けコミック誌の部数変化をグラフ化してみる(2011年4月~6月データ)】などで雑誌の印刷部数の直近データを追いかけているが、そちらでも多くの雑誌で逓減状態が確認されており、マイナススパイラル状況にあるのが見て取れる。      4マスの中でテレビはもっとも早い復調が確認されている。 ただ、金額が他の3メディアと1ケタ違うテレビの勢いが戻らないと(プラスにならないと)、4マス全体、しいては広告そのものの盛り上がりが欠ける状況が継続する感は否めない。 一方具体的項目では4マスと共に注目を集める「インターネットメディア」だが、今月は電通が堅調、博報堂が不調という結果になった。      グラフの棒部分の長さが気になる 「その他」 項目だが、博報堂は元々額が小さめで比率の上では 「ぶれ」 が生じやすい(今月は3社あわせて7億円に達せず)ため。 電通は72億円強と金額は大きく、ここまで大きく下落したのが気になる。 そこで比較対象となる一年前を調べると(【電通と博報堂の種目別売上高前年同月比をグラフ化してみる(2010年7月分)】)、この月はワールドカップ効果によるものと思われる大躍進(2010年7月時点での「前年同月比」が400%近く)が起きていたことが分かる。 つまり今回の 「電通の 『その他部門』 の大幅下落は、1年前のワールドカップ効果の反動」 であり、憂慮すべき範ちゅうの事象ではない、ようだ。      一部誤解される方がいるので改めて説明しておくが、上記グラフはあくまでも個々の会社の前年同月比に過ぎない。 インターネット分野の額面は他の分野と比べればまだ小さめ、そして個々分野を会社毎に比較した額面上では電通の方が上。 例えばインターネット分野なら、電通34.81億円、博報堂は21.10億円(3社合計)という数字である。        電通・博報堂HDの2011年7月における部門別売上高(億円、一部部門)        ↑ 電通・博報堂HDの2011年7月における部門別売上高(億円、一部部門)        今回7月分は、東日本大地震の影響を丸ごと一か月受けた4か月目の月となる。 震災の直接的な影響を受けた数字の変動はすでにピークを過ぎ、予定調和内の動きに戻りつつある。 とはいえ、「4マスがさんさんたる有様」 「ネットがかろうじてプラス」 という状況に変わりは無く、今回の値が 「ぶれ」 「誤差」 でないことが分かる。      電力供給不足は最低でも今夏、そして今冬以降も続く可能性が高い。 以前懸念した 「デジタルサイネージ」 についても、【池袋駅のデジタルサイネージ、その後】で報告しているように地震直後のような 「すべて全面オフ」 という状況からは立ち直りつつあるものの、積極的な節電下における運用のためか、以前と比べていまいち勢いに欠ける感は否めない。 表現を代えるのなら 「申し訳なさそうな意思表示」 という感じで、広告本来のありようとはやや違っている。 ならば電力消費をほとんど伴わない、従来型野外広告にもう少し注目が集まってもよさそうなものだが、その気配は広告費動向からは 「さほど」 見受けられない。 やはり心理的な面で、自粛ムードが浸透したままになっているのだろうか。        今後は東日本大地震前以上に、予算の上だけでなく電力消費の観点からも、(無意味な)慣習にとらわれることのない、コストパフォーマンスの高い広告手法が求められることになる。 その分知恵を振り絞った、発想に優れた広告が待たれ、受け入れられ、消費者の目に留まることになるのはいうまでも無い。  (garbagenews.net)         ツイートこの記事をつぶやく
      ガヤルド最終      
 9月13日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー。 同ショーでランボルギーニが初公開する新型車の内容が見えてきた。      これは8日、英国の自動車メディア、『AutoEXPRESS』 が報じたもの。        同メディアによると、ランボルギーニの新型車は 『ガヤルド』 のファイナルバージョンの可能性が高いという。      この最終モデル、ガヤルドのワンメークレース、「スーパートロフェオ」 用マシンのノウハウを応用。 最大出力570psを引き出す5.2リットルV型10気筒ガソリンユニットを、110kg軽量化したボディに組み合わせると見られている。      販売台数は、世界限定30台程度。 この報道が事実とすれば、ガヤルドの有終の美を飾る究極の進化形といえそうだ。 (response.jp)        
ツイートこの記事をつぶやく
       韓流を強く推すテレビ局を批判し、大騒動となっていた俳優の高岡蒼甫さんが2011年8月10日、ブログを更新し、突如謝罪しました。          タイトルは、「沢山のご意見を下さった方々へ」。                     高岡さんのブログ。                        高岡さんのブログ。        
「今回の一連のtwitterでの発言により、自分を今まで支えて下さった沢山の方々、そして何より一番近くで支えてくれている家族に迷惑をかけてしまったことについて、一人の責任ある社会人として、発言に対する配慮にかけていたことを深く反省し、お詫び申し上げます」      
と謝るとともに、「沢山の激励のお言葉を下さった方々、本当にありがとうございました」 と感謝。          今後については 「一人の人間として、言葉の持つ影響力への理解を更に深め、一人の表現者として、一人でも多くの方に表現の素晴らしさを伝えていけるように、日々精進していきたいと思っています」 と書いている。            高岡さんは7月下旬、ツイッターに 「TV局の韓国おし無理。 けーPOP、てめーの国でやれ」 などと投稿。 ネットで大きな話題となり、韓流ドラマやK-POPを多く流していたフジテレビ前でデモが起きるほどの騒動となった。          その後も 「人権擁護法案」 に反対するなど、ツイッター上で政治的、社会的な発言を続けていたが、8月5日に突如更新がストップ。 同日のブログには、「最近なんか方向性が明らかに違う気がする。言ってない事まで捻じ曲げられ飛躍してる。 思うままにいきたいけど最近は違和感が上回ってる」 「このままじゃ着地点が一向に見えないので一回休憩に入ります」 と書いていた。          今回の突然の謝罪に対し、「発言は後悔せずに高岡さんらしく、これからも行って下さい」 「今回、デモに発展していますが遅かれ早かれいずれそうなっていたと思います」 といったコメントが600件以上寄せられている。  (j-cast.com)          これは・・ 女房の宮崎あおいの今後の仕事を心配しての発言!?         ツイートこの記事をつぶやく
      スタバ1        みなさんは好きな人に告白するとき、どんなシチュエーションで想いを伝えますか? 学生なら校舎の裏? 社会人なら社内の給湯室や雰囲気たっぷりのバーなどでしょうか?        海外では、カジュアルに告白するのが今風らしいです。 それは、スターバックスコーヒーの使い捨てホット用カップに書かれた 「注意書き」 に少々手を加えるというもの!        その注意書きはカップの下の方に書かれています。        「Careful, the beverage you’re about to enjoy is extremely hot.(容器の中の飲み物は非常に熱いのでお気をつけください)」 という英文。 日本のスタバで購入するホット容器にも、ちゃんと記述されているのでご安心を!        スタバ2          このある部分を消すと、なんと、ナンパ用語ともとれる告白メッセージに早代わりするというのです。 その部分とは……?          「Careful, the beverage ~ about to enjoy is ~.」の部分。 ここをペンで黒く塗りつぶします。 するとあるメッセージが!         なんと、「you’re extremely hot.(キミって本当にいけてるよね)」 という意味に大変身!  日本語ではできない言葉マジックです。         スタバ3            え? 告白したい相手が英語苦手であれば意味が伝わらないし、そもそも気づきもしないだろうって?        大丈夫! 渡すときに、より目立つように文字の部分を、相手の目の前に差し出しましょう。 それでも色々不安であれば、日本語で 「ココ! ココ読んで」 と前もって記述しておくのもありです(※クールさは台無しになりますが)。        これを、どのようなシチュエーションでやればいいのかって?          まず、告白したい相手のために、ホット・ドリンクを持ち帰り用で購入。 商品を受け取ったら、すかさずカウンターの横あたりで余計な文字をゴチャゴチャと消しましょう。 相手が英語がまったく読めない場合は、日本語訳もお忘れなく。 そして相手に渡すときは、その部分が目立つように渡します。 このとき、大げさにしすぎてドリンクをこぼさないように!        とまあ、こんな感じでいいかと思われます。      話を弾ませるきっかけにもなるので、ネタのひとつとして覚えておきましょう。 歩み寄りの第一歩として重宝しそうですね!           さあ、恋するみなさん早速やってみてください♪   (youpouch.com)         ツイートこの記事をつぶやく
          水道代            とあるインターネットユーザー宅に、驚くべき金額の水道料の通知が届いたようです。 このユーザーが伝えるところによると、平成23年8月の請求金額は、なんと1,736,607,441円。        17億円という想像もつかないような金額なのです。        この金額は、一般家庭30万世帯分に相当します。 個人宅の水道使用量とは到底思えません、これは本当なのでしょうか?        この通知によると、このお宅の8月4日検針分の使用量は5555万5555立方メートル。 前回(6月3日検針分)は85立方メートルなので、爆発的に使用量が伸びていることになります。          しかし、この数字はあまりにも不自然です。 後に検針係の方も、間違いに気がついたようで、玄関に置手紙があったそうです。 そこには、次のように書かれていました。          「御迷惑お掛けして真に申訳ございません。 以後十分に気をつけて参りますので、何卒、お許しください」          お詫び          と、お詫びを伝える内容と共に、正しい請求書が置いてあったそうです。 ちなみに正式な金額は6,205円でした。 さすがに17億円は無茶と言わざるを得ません。 今後このようなことがないように、気をつけて頂きたいものですね。  (youpouch.com)          “えええぇぇぇ・・・”って思う前に17億円の請求を見たら笑ちゃうかも!?          ツイートこの記事をつぶやく
    ネットマイル        掲載された 「SNSにおける弊社社員による不適切な書き込みについてのお詫び」 では、まず、「このたびは、弊社社員が採用面接に関する不適切な書き込みをSNSで行いましたことを、心よりお詫び申し上げます」 と謝罪。        そして 「弊社社員の言動に、多くの方々が不愉快な思いをなさったことと存じます。 また、弊社にご応募くださった皆様におかれましては、弊社の個人情報の取扱について不安を抱かれたこととお察しいたします。 誠に申し訳ございません」 と重ねてお詫びしている。      ただ、社内調査の結果、問題の “面接の実況中継 ”については 「架空のものであることが判明」 したと説明。          「当該社員は弊社の採用面接に関わる人事部門には属しておらず、これまで一度も面接を行ったことはなく、応募情報を目にする機会もまったくありませんでした」 と、事実ではないことを強調している。      この騒動は同社の社員が、Google+に 「30歳の年齢で専門学校を今度卒業に来る人が新卒の面接に来た…どうしようw」 「噛みまくりだよww そして声が小さいよ」 「職歴と学歴にある5年のブランクは不問にしてるwwどうせニートだろうからww」 など、面接の実況中継とされる書き込みをしていたことが発覚。 ネットで炎上状態となっていた。 (narinari.com)        当該社員は弊社の採用面接に関わる人事部門には属しておらず、これまで一度も面接を行ったことはなく、応募情報を目にする機会もまったくありませんでしたって説明、言い訳!?してるけどこっれって本当なのって疑いたくなるよな!?          コンプライアンスもあったもんじゃないね!?  情報発信がお手軽になったことと罪悪感が社員にないという事故の典型だな・・・ 。                 ツイートこの記事をつぶやく
       年の離れた結婚にはどんなメリットがあるのか。 堺正章や加藤茶が相次いで若い女性と結婚したことから、話題の言葉を解説する 「けさ単!」 コーナーで 「年の差婚」 取り上げました。        解説の井上貴博アナによれば、「年の差婚とは一般的には10歳以上年が離れたカップル」 のこと。 井上が司会のみのもんたに聞く。                   許せないね    
「みのさん。 若いころ、夫婦の年齢差はどれぐらいと思っていましたか」
        みの「両親を見ていると、男性が7歳くらい上かなと思っていた」          今回の年の差、それどころではない。 井上が示した一覧表によると、堺正章(65)が22歳の差、加藤茶(68)が45歳の差。 過去の例をみると、山本文郎(73)が30歳、三田村邦彦(56)が26歳、石田純一(55歳)が21歳。 松本人志(45)が19歳差と続く。 女性が上の場合は大地真央(51)が12歳差。           「【年の差婚】の正体」という本を書いた明治大学の諸富祥彦教授は、「堺、加藤さんの2人の結婚で社会的承認が得られ、ますます増えるだろう」 とみている。          男性が年上のメリットを上げると(1)経済的安定性。 同世代より給料が高い(2)精神的安心感。 同世代は頼りない(3)婚活による恋愛事情の変化。 早く結婚したいので年の差は気にならない。 こういったことが背景にあるのだという。          逆に妻が年上のケースは、働く女性が増えて、パートナーに癒しや尊重されることを求め、年下の夫を希望するのだそうだ。          井上 「私は独身なので、経験豊かなみなさんにお伺いしたいのですが。 萩谷さん、いかがですか」          弁護士の萩谷麻衣子が少々照れ気味に、「なんか、愛情より生活の安定ばかり重要されているみたい。 私は20歳上ぐらいでも全然。 むしろ、年が離れている方が意見の対立が少なくていいかもしれない」            これにみのが反論。    
「でも、男が上だと70歳、80歳になった時、男が辛くないですか。 女性は元気で丈夫じゃないですか。 堺さん、加藤さんの2人はこれから地獄をみるんじゃないですかねぇ」      
   実は 「朝ズバ!」 でも、お馴染の気象予報士・森朗(52)の奥さんは20歳年下という。 「あらっ、許せないね」 とみの。        本人に聞いてみると、「体に気をつけるようになった。 昼食に何を食べたか毎日妻に報告している」といい、天気に例えると「小春日和」だそうだ。  (j-cast.com)           ツイートこの記事をつぶやく
       サッカー元日本代表の故・松田直樹選手の通夜で、現地から中継したフジテレビが 『放送中に不手際があった』 として謝罪しました。        問題となっているのは、8日に放送された同局 『FNNスーパーニュース』。         現地からの映像の切り替えが乱れた際に、レポートにあたった梅津弥英子アナウンサーが 『(中継が)入ってないの? うっそーん」 などとスタッフと談笑する姿が映し出されてしまった。        これに対し、ネット上の掲示板は放送中から紛糾。 「人の不幸を笑うとは許せない」 「普段からこういうノリで仕事をしているんだろう」 などの批判が書き込まれ、大きな騒ぎとなっていた。          9日になってフジテレビは、改めて 「昨日、一部の地域を除いて、松田選手のお通夜の中継で不手際がありました。 たいへん申し訳ありませんでした」 と同番組内で謝罪。 事態の収拾を図った。        「フジテレビ局内も、ネットの声に対して相当過敏になっているようですね。 今回の中継ミスは、通常なら改めて番組内で謝罪するようなケースではないはず。 折しも同8日にはネット上で 『8月8日フジテレビの日、不視聴運動』 が呼びかけられ、前日には局周辺でデモ行進が行われるなど、ネット上での同局に対する風当たりは日増しに高まっています。 フジ側としても、この騒動の落とし所は見えていないのではないでしょうか」 (テレビ局関係者)        俳優・高岡蒼甫のTwitterでの発言に端を発した今回の“フジテレビ批判”騒動は、いったいどんな形で収束を見るのだろうか。  (cyzo.com)         ツイートこの記事をつぶやく