東電        8月3日、東京の東京電力本社前で、日本の農業組織・農業者で構成される団体 『農民運動全国連合会』 と、国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会 『食健連』 が、大規模な抗議活動を行った。        「人々を路頭に迷わせた東電の居直りは許せない! 8.3東電・政府賠償請求行動」 として、農家を中心に約350人が集結。 東電に怒りの訴えを行ったのである。          その一部始終について、とあるインターネットユーザーが自身のブログを伝えているのだが、4日の投稿内容に驚くべき事実が記されているのである。 その内容とは、キノコ農家の男性が放射能問題でまったくキノコが売れなくなり、700万円以上減収。 その結果、電気代の支払いさえままならないのに、電気の供給を止めるとの通告を受けた。        供給停止も猶予するべきだ、と青年は主張したのだが、東電職員は 「訴えてもかまわない」 と、半ば突き放すような発言をしたという。        この内容は、国家公務員一般労働組合のブログ 「すくらむ」 に掲載されていたものだ。 4日の投稿で、東電・政府賠償請求行動について伝えている。 群馬県のキノコ農家の男性(31歳)の訴えに怒りを覚え、彼の置かれた環境と、東電の対応について明かしているのである。        それによると、この男性は父親の代からキノコ栽培に従事しているという。 キノコの栽培は温度管理が要で、栽培環境を摂氏18度に保たなければならず、電気なくしては生産できないそうだ。 しかし、福島第一原発の放射能事故を受け、キノコはまったく売れず、毎月30万円にもなる電気代を払うことができない。        それにも関わらず、電気の供給停止を伝える通告書が届いた。 この書面には 「供給停止によりいかなる損害が生じても当社は一切の責任を負いかねる」 と書かれており、事故の加害者的な立場であるはずの東電が、農家を脅かす存在に成り代わっているのである。        せめて供給停止を猶予する措置を講じるようにと、主張する青年に対して東電職員は、        「出るとこ出たっていい。訴えるなら訴えてもらってかまわない」(ブログより引用)        と、恐るべき居直りを決め込み、突き放しているのである。 おそらく、このようなケースはこの男性に限った話ではないだろう。          少なくとも、対応した職員に賠償のすべてを判断する能力はないにせよ、このような言動は、農家ならびに国民の感情を逆撫でするものではないだろうか。 「東電賠償支援機構法」が成立し、結局国民が賠償を支えるような格好になった矢先に、この発言は 「ひどい」 の一言に尽きる。 東電には、いま一度置かれた状況について、良く考えて頂きたいものだ。  (rocketnews24.com)        酷いな~~!!   こんな輩のいる会社をなぜ助けなければならないのかという疑問に思うのは私だけでなく国民も同感でなないでしょうか!?       ツイートこの記事をつぶやく
       数日前の日経夕刊の“人間発見”のコーナーにアンチエイジングの処方箋 順天堂大学大学院教授 白澤卓二氏のインタビュー記事が掲載されていましたから紹介します。          アンチエイジング医学は最近流行の学問と言えるかもしれない。 日本でその最先端にいるのが順天堂大学大学院教授白澤卓二氏。 「サクセスフルエイジング」(若々しく幸せに年を重ねること)をテーマに 『100歳までボケない101の方法』 (文春新書) などの著者で注目されている。        僕は内科(呼吸器科)から出発したんです。 千葉大学の大学院に行く時に、免疫学を専攻しました。 手法的には遺伝子分子生物学の研究なんです。 免疫で学位を取ったあと、東京都老人総合研究所(現・東京都健康長寿医療センター)に病理ポストがあって「自由に何でもしてもいいよ」 と言われたのですが、老人研究所だから、老化の研究をしなくちゃいけないと研究テーマを変更しました。       それがアルツハイマー(認知症)の研究でした。 違う分野ですが、分子生物学の同じ方法論が使えるというアルツハイマーの原因遺伝子の研究者になった。 それは1990年のことでした。        アルツハイマー病の最大の要因は年を取ることだから、基本的に若い人にはない。 言い方を変えると、年をとらなければアルツハイマーにならない。 普通、研究者というのは年をとらないことは想定しないし、あり得ないと思う。 歳を取ればアルツハイマーのリスクは必ず来ると考える。      7年後に転機を迎える。 僕が注目したのは、年をとらない 『虫』 だった。 遺伝子構造が人間と75%同じ線虫の寿命が遺伝子操作をすることによって実験で寿命が2倍になるということを証明した。 虫の世界とかモデル動物の世界ではありうるわけです。      人間は平均寿命が80歳で、最大寿命が120歳という動物です。 しかし、寿命をコントロールしている遺伝子があって、それに変異が有ったり遺伝子操作をしたりすれば、もしかしたら150歳まで生きられるかもしれないのです。      仮定の話ですが、最大寿命120歳の人生で70歳ぐらいで発症してくる病気が、最大寿命150歳になったら100歳とか110歳で発症することになる。 もしそうなれなほとんどのアルツハイマーは問題にならなくなる。 というのはアルツハイマーの発症時期が遅くなり、それ以前に他の病気で亡くなる可能性が高い、と考えられるからです。        要するにアルツハイマーは治療するのではなくよぼうするということが明確に出来れば、治療法が解明されなくても解決すると考えました。 それで 「寿命の研究」 に突入することになる。 ちょうど遺伝子操作をしている動物の寿命が延ばせるかもしれないという課題が出てきたときでした。            2003年夏にアメリカの海洋研究所のセミナーに短期留学すると、そこにSir2(サーツー)遺伝子(寿命を制御する長寿遺伝子)世界的発見でレオナルド・ガレンテ教授(マサチューセッツ工科大学)がいた。 1ヵ月間、一緒に実験し交友を深めた。        彼は遺伝子の研究でブールやパンでも使う酵母菌を使っていました。 この単細胞の酵母菌は何回か分裂すると分裂できなくなる。 それを彼は寿命と定義しました。 一方、何回も分裂しても子供がつくれる株がいて、非常に長生きの株を彼は発見しました。 2000年から2001年の間だと思う。 長生きの秘密はなんだと調べていくとサーツー遺伝子という長寿の遺伝子だった。      最初はその酵母だけの特別な話だと考えていましたが、線虫というミミズみたいな虫にもサーツー遺伝子があって、この遺伝子を余計にいれてあげると、その線虫の寿命は1.5倍になった。 とすれば他の動物でもありうることではないか。 さらに研究を進めていくと我々哺乳動物にも同じような遺伝子があり、それを 「サーチュイン」 と名前をつけた。 これが世界を騒然とさせる発見となる。      ガレンテ教授と僕とは全くかけ離れたことをしているように見えます。 でも、彼が実験室で長寿遺伝子の探索をしている時に、僕は長寿に至る予防医学の世界に深く足を踏み入れていた。 それはお互いの共通点を両サイドから深めて行くことになるのです。            東京・御茶ノ水の白澤卓二教授の研究室に入ると、入り口から画廊かと思うほどみごとな数十の油絵が飾ってある。        これは全部、父・実が描いたものなんです。 父は群馬県館林市の産婦人科医で赤ちゃんが生まれると色紙2枚にその子の絵をデッサンして、1枚を赤ちゃんに、1枚は自分で取って置いたんです。 ちょうど1000枚くらいになった時、東京・銀座であかっやん展を開いて話題になった。 僕が医学部の2年の時に講義が終わって家に帰ってテレビをつけると親父が出ていたんです。       「エーッ、こんなことやっているんだ」 と驚いた。      館林は夏はアスファルトの上を歩くと45度くらいある暑い街です。 そこに僕が住んでいたのは小学校だけで、中高は横浜の母の姉の家に預けられて聖光学園に通っていました。 だからあまり家のことは詳しく知らなかったのです。      結局、父はそのあとも描き続けて3000枚くらいたまると、診療所横に美術館を建て、自分の油絵を飾るとともに、空いているスペースに赤ちゃんの色紙を30枚くらいずつ飾り、その赤ちゃんに招待状を出した。 生まれて20年くらいたって、いきなり葉書が来て、行くと自分が生まれたところで、その時のデッサンがある。 生まれた子がお母さんになっていると3世代にわたっている。 2週間ごとに入れ替えて一巡するのに4年かかりました。      そういうことを地域医療の中で美徳としていた。 医者として自分がやるべきこと、子供の成長を見届けるという心のサービスを父は続けてきたのです。 いまそういう美風はなくなりましたね。          白澤家は代々医者の家系。 父は15人兄弟の末っ子で内科医の長兄に触発されて医者になり、その長兄と婦人科医の母と3人で1959年開業の医院を支えてきた。        その父は、この6月13日に亡くなり、母は、1人じゃもうできないとリタイアした。 白澤医院は、51年の歴史に幕を閉じ 「産婦人科、婦人科、小児科、内科」 の看板を下ろしました。 私は2人兄弟で兄は基礎ウイルス学を専攻し千葉大学の教授として研究の道を進み、私も時折、週1回は医院の手伝いに行っていたのですが、とうとう継がなかった。 私の息子が医学部の5年生で、後2年で医者になれるというところ。 どうしてもそこにつなげたいというにが父の夢でした。      医学は 「健康になる」 という目的がありますが、「人を幸せにする」 という最終地点を見つめなくてはいけないと思います。 その意味で父の医者としての生き方は私に少なからず影響を与えています。 その、もっとも大事なことを今の医療の現場は忘れているんじゃないかということに気づいてんです。 健康は幸せの条件の一つにすぎません。 仮にガンでも人生の喜びや笑や遊びがあってその人が幸せなら、それで医学は目的を果たしていると僕は考えています。       医学部を出て、ここに来て良くわかったのは、教育の100%は治療医学で、予防医学というのは皆無に等しいということだった。 今病院でやっていることも予防医学が全くない。 終末医療なんかにも、この考え方が採り入れらないといけないのに、医学部の中では、とことん治療する教育をしているにので、間違った終末医療がなされていると考えられています。          『百寿力』 『長寿遺伝子をオンにする生き方』 『ずっと若く生きる食べ物』 など長生きのための書物は30冊を超え、7月から9月末まで10冊の本が加わるという。 アンチエイジング医学や加齢制御学が今まで医学が忘れてきた 「幸せ」 の部分を提供できるという信念が、教授を駆り立てる。        僕は遺伝子の発見よりも、どういうふうに国民の日常生活とか行動パターンを変えるということの方が、より国民の健康を作るという点において、インパクトの大きい仕事だと思っている。      今年10月4日に100歳を迎えられる聖路加国際病院の日野原重明先生は、アメリカ的な物の考え方を導入して、いままで 「成人病」 といわれてきた病気を 「生活習慣病」 であるとしてきた生活スタイルを変えることの重要性を国民に示してきた。 そういう予防医学の概念を確立するということをやってきた先生で、どうすれば貢献してきたか計り知れません。           ツイートこの記事をつぶやく
       携帯電話の電波利用料の値上げについては書いたことがありますが、ここへ来て本格的に値上げの動きが出てきました。 東日本大震災の復興財源をめぐり、与謝野馨経済財政担当相が電波利用料の値上げを打ち出している。 主にターゲットになっているのが携帯電話で、数千億円規模の新たな歳入を見込む。 携帯電話会社からは、「テレビ局も値上げすべき」 といった声もあがっており、与謝野氏も同調。 値上げの動きが広がりそうです。          発端は、与謝野氏が7月22日に出演したBSフジの番組の中で、たばこ税や、携帯電話の電波利用料を臨時に引き上げることを検討すべきだと表明したことにある。            7月26日の閣議後会見では、      
「なるべく広く国民から復興財源をいただいたほうがいいと思っている」      
とした上で、      
「携帯電話にも今電波料を250円、実は皆さん方は払っているが、これはアナログ放送が地デジに移行するための色々な費用に使われている。 日本人は携帯電話を1億1,000万台持っているので、1台1日5円とか10円いただいても、すぐ数千億の規模になる」      
と皮算用を披露した。           20 09年度に政府が徴収した電波利用料の総額は642億5000万円。 そのうちの大半を支払っているのが 「包括免許等」 (285億4200万円、44.4% )「広域専用電波」 (328億6400万円、37.1% )といった区分の免許を持つ事業者だ。 具体的に該当するのは、携帯電話、衛星電話、MCA無線(業務用無線)といった種類の会社で、携帯電話会社が、事実上電波利用料の大半を負担していると言っても良い。              それにもかかわらず、さらに負担を要求される形で、さすがに携帯電話業界からも異論が出ている。 ソフトバンクの孫正義社長が7月28日の決算説明会で、スマートフォンの普及で、トラフィック(データ量)が今後5年で40倍に増加するとの予測を念頭に、        
「ますますこれから電波が必要になる。 一方、一番沢山電波を使いまくっているのは、テレビ局とラジオ、その他事業者、防災無線とか色々ある。 電子タグとか、(末端の)ユーザーがほとんど使っていないにもかかわらず、一部の事業者のために、そういう電波が非効率的に割り振られている。 それってちょっとおかしくないか」        
と、不公平感を訴えた。その上で、        
「色々な電波に税金をかけるとすれば、電波を利用している各業界に、等しくかけていただきたい。 その上で、無駄に使われているところについても見直していただきたい」        
と主張した。              なお、放送局が2009年度に支払った電波利用料は30億6000万円で、電波利用料全体の4.8%に過ぎない。           孫社長の電波利用料についての主張には、与謝野氏も異論はないようだ。 7月26日の会見では、        
「テレビというのは、払ってないのです、ほとんど。 東京にあるメジャーの民放が払っているのは年間数億円で、嘘だろという水準です」        
と、テレビ局の負担が少なすぎるとの認識を示しており、7月29日の会見では、テレビ局が支払う電波利用料の値上げについて      
「それは半ば当然」      
と発言。 改めてテレビ局に負担を求めていく考えを強調している。  (j-cast.com)          テレビ局の電波使用料については以前書きましたが売上高の平均で0.14%しかし払っていません。         例えば日本テレビは  電波利用料(A):3億7600万円 事業収入(B):2777億円 Bに占めるAの割合:0.14%です。  普通、あり得ない低さです。                 ツイートこの記事をつぶやく
     フリージャーナリストでコメンテーターの木村太郎(73)が、今年の2月にある番組で 『問題発言』 を残して以来、仕事が激減。 年齢に加えての心労からか、体調を崩し激ヤセしているという。    問題の発言は今年の2月26日、フジテレビ系情報番組の 「Mr.サンデー」 内にて報じられた 『K-POPにハマる女たち 韓流男子にひかれるワケ』 という企画に対して述べたもの。       番組内で、司会の宮根誠司が日本でヒットを目指す韓流アイドルが徹底したレッスンを受けていることに触れた際に、木村は 「レッスンだけじゃないんですよ」 と述べ、韓国政府の国家ブランド委員会について触れると、「K-POPをブランド化しようと力を入れている」 「広告会社に言って、YouTubeなどに載っている動画の再生回数を増やしている」 と主張した。      後に、「Mr.サンデー」 側はこの木村太郎の発言について 「誤解を招く表現があった」、また韓国の国家ブランド委員会からも 「特定の映像に対して再生誘導を依頼した覚えはない」 との指摘を受けたとして謝罪する事になった。      この一連の騒動以降、木村太郎のメディア露出が激減、『干されている』 といっても過言ではない状況が続いている。 体調も思わしくなく、恒例である事もあり、周囲の皆が心配しているという。      実は、司会の宮根誠司は韓国の観光親善大使であり、本人自身もそのことを2008年9月12日付けのオフィシャルブログにて 「実は韓国観光大使です。」 と銘打ってブログの記事にもしている。 そんな宮根の番組で上記の発言をしてしまったため、上から圧力が掛かったのではとする説が各所で囁かれている。      もともと木村太郎は正義感が強く曲がったことの嫌いな性格。 91年に 「吉田照美のやる気MANMAN!」 に出演した際、番組内のネタのくだらなさに激怒。 「俺のノリとテンポに合わない」 との理由で出演を拒否し、本番直前に帰ってしまう事件を起こしていた。        今回も、その性格が災いしてしまったのだろうか。 幸い、昨今の世論にも推され、ネットを中心に擁護の声も増えており、木村太郎の元には 「ガンバレ」 というエールが届いているという。  (npn.co.jp)         ツイートこの記事をつぶやく
おとたけ          『五体不満足』 や 『大人になるための社会科入門』 などの著者で知られる乙武洋匡さんが、コミュニティサイト 『Twitter』 で、他人からの暴言に対する見解をコメントしています。        乙武さんは一般人から 「乙武さんはTwitterで幾度となく心無い発言に対しても大らかな対応をしていますが、例えば訴訟とか、本気で怒る事ってないんですか?」 と質問され、「命にかかわること、家族に対する暴言については、いつもと異なる態度を示すつもりです」 と返答したのです。        乙武さんは、『Twitter』 で他の人たちから傷つくような言葉を投げかけられることがあるのですが、そこで怒ることなく、むしろそれをギャグにしてサラリと受け流すことが多いのです。       なのでインターネット掲示板 『2ちゃんねる』 では、「乙武さんかっけー!」 や 「さすが大人の対応」 と言われ、尊敬される存在となっています。          ですから 「乙武さんは本当に怒ることがあるのかな?」 と思っていた人がいてもおかしくありません。 今回 「本気で怒る事ってないんですか?」 と質問した人も、そんな疑問を持っていたのでしょう。          乙武さんに暴言のスル―力があるのは確かですが、だからといって暴言は言うものではありません。 乙武さんの 『Twitter』 は読んでいてとてもおもしろいので、読んだことがない方は見てみるとよいでしょう。  (getnews.jp)                  ツイートこの記事をつぶやく