東京・西荻窪にある人気パン店 「リスドォル・ミツ」 では、4月18日以来、福島県出身のパン職人が働いている。 福島第一原発から16kmの地点にある、福島・楢葉町でパン店「アルジャーノン」を営んでいた八橋真樹さん(39)だ。        八橋さんは、原発事故のため3月12日に緊急避難を余儀なくされた。 当初は “すぐに戻れる” と思っていたが、結局、一度も戻ることができないまま避難所や親戚宅などを転々としていた。        4月初旬、そんな八橋さんの元に1本の電話がかかった。 「うちで働いてみないか」。        その電話の主が、「リスドォル・ミツ」 のオーナー・廣瀬満雄さん(60)だった。 八橋さんは8年ほど前、廣瀬せんが講師を務めたパン作りの講習会に参加したことがあり、廣瀬さんも八橋さんのことが気がかりだったという。        こうして「リスドォル・ミツ」では、八橋さんを含めてふたりの被災者が働くようになった。八橋さんは当時の心境をこう振り返る。        「1か月ぶりにパンの生地に触れたときは本当に嬉しかったです。 福島に戻りたい気持ちは強いけど、現実と思いはつながりません。 いまは、働けることに喜びを感じています」          しかし、多くのお客さんが励ましてくれる一方で、心ない言葉をぶつけられることもあった。たまたま来店したある客が八橋さんのことを知り、        「このパンは福島の人が作ったの? 怖いからまたにしとくわ」        といって何も買わずに帰ってしまったのだ。 八橋さんはこの話を聞いたとき、目に涙をため声を詰まらせた。        「悔しいです。 ただそれだけでした。 ぼくたちは本当に普通に、普通に生活していただけなんです。それなのに…」          廣瀬さんがいう。      「1000人にひとり、1万人にひとりかもしれませんが、こういった人がいることに大きな憤りを感じます。 私は後から報告を受けたんですが、もしその場にいたら蹴飛ばしてましたよ」        もちろん、被災者の人が被曝していたとしても、それがパンに移ることなどありえないことだ。 廣瀬さんはこの一件をあえてフェイスブックに書き込んだ。 そして、その反応を八橋さんに見せた。        「“頑張れって応援してくれている人も数多くいるんだ。 だから放射能なんかに負けるんじゃない。 風評被害や差別に負けるということ自体が、もう放射能に負けていることになるんだ”そういって彼を励ましました。 彼は号泣していました」(廣瀬さん)  (news-postseven.com)         ツイートこの記事をつぶやく
      ツイッター自分        今や現代人の生活において欠かせない存在となったTwitterやFacebook。 これらのソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)のユーザーは増えていく一方で、現在Facebookには写真や動画、そして自分の想いを他人と共有するために7億5千万人のユーザーが登録しているという。 しかしそんななか、SNSに関するある懸念が浮上してきた。        その懸念とは、SNSが常に自分の日常へのフィードバックを求める 『自分を見て!構って!』 世代を作り出しているというもの。        この考えを提唱したのは、オックスフォード大学の薬理学教授バロネス・グリーンフィールド氏で、彼は拡大するネット上での友達の輪、そしてコンピューターゲームの利用が人々の脳に多大な影響を与えていると主張している。          こういったネットの動きはユーザーの集中力を低下させ、安易に得られる快楽への欲求を高め、そして会話中のアイコンタクトなど非言語能力を下げると言われている。        また頻度の高いSNSの利用は、ユーザーの 「自己認識の危機(identity crisis)」 をもたらすらしく、このことについてグリーンフィールド氏は次のように話している。          「なぜ他人が朝食に食べたものを気にしないといけないのでしょうか? これは私に幼児が 『僕を見て、ママ!僕、これをしているんだ』 と言っているのを思い出させます。 彼らはまるで自己認識の危機にあるようです。 ある意味、このような行動は彼らの脳の時間を止めているとも言えます」          この他にも、一部のFacebookユーザーは毎日他人から見られ、賞賛される 「ミニ有名人」 にならなければならないと思っており、彼らは自分を知る他人こそが自分のアイデンティティーを定義するものだと考えているとグリーンフィールド氏は言う。          最後にグリーンフィールド氏は「考えてみて下さい。 自分が自分のことをどう思うかより、他人が自分のことをどう思うかを心配する社会が、何を意味するのかを」と述べ、今の社会が抱える問題を提示した。 様々な懸念の声が上がるなか、めまぐるしい速度で成長するSNS。 これを機会に今後SNSとどう向き合っていくのか、じっくり考えてみるのもいいかもしれない。  (rocketnews24.com)            以前にも書きましたが、ツイッターんなんて独り言というかぼやきに近いかな!?                    ツイートこの記事をつぶやく
       先日、田所商店本店の味噌ラーメンが食べたくなって京葉道路幕張インターから下りに入って次の武石インターで下りて左折道が混んでいなければ10秒?で田所商店本店に到着です。        この田所商店本店に行くには、京葉道路下りの武石インターからしか行けないんですよ!! 武石を下りて57号線に出るのですが、反対方向から来ると57号線に中央分離帯があってUターン出来ないんですよ(。>д<。)!!  だから、食べたいときは幕張インターから武石インターで下りないと駄目なんです。  面倒くさいですが!!          面倒くさいがここ田所商店本店の味噌ラーメン美味いんです!!                        DSC_0539        この日食べたのは、九州味噌ラーメン、トッピングで味玉                DSC_0532             九州ということで    DSC_0534   「さつま揚げ」 九州では「天ぷら」と言ったけ!?  魚のすり身のほんのり甘さがイイね!!  このさつま揚げもう1個食べられてかも?          味玉は最近の定番   DSC_0533   半熟の煮玉子。  トロトロで美味しいですね。  半熟卵をラーメンに初めて取り入れたお店って何処??          早速検索してみると 『ちばき屋』 さんだそうです。  店主の千葉さんが澄んだスープに以前は卵の黄身がポロポロとこぼれてスープが濁るのが嫌だったから考えつたそうです。         なるほど納得の話です。        沢山の野菜の上には   DSC_0535   玉ねぎのフライドオニオン(パリパリ) この玉ねぎがスープに浸ると柔らかくなって玉ねぎの香りが立ってきます。          これアイデアだね!        麺は中太麺   DSC_0537   麺が惜しいんだな!!  イマイチ美味しくないんだ!  餓鬼の頃食べていた道産子の味噌ラーメンのイメージが強いのか“麺を食べてる”ってパンチが欲しいな。          スープは   DSC_0538   こってりはしていないのですが甘みがあり旨みがある美味しいスープ。          また近いうちに、ちょっと面倒ですが幕張インターから武石インター経由で次回は信州味噌を堪能しようかな。           ツイートこの記事をつぶやく
             古賀さん囲み取材の様子      
  あれだけ沢山いたマスコミはどこへ行ったのか?
       ニュースバリューがあるけれども、マスコミが積極的に取り扱わないネタがある。 例えば、東電改革論者 「古賀茂明」 さんが経産省からクビ宣告された問題、経産省の東電救済法案「根回し文書」 問題、そして原発機構法全般の問題。 これら全てに共通するキーワードは 「東京電力」 だ。 そしてその背後に見えるのは東京電力により利益を得ているステークホルダー(利害関係者)の力だ。        
ステークホルダー(利害関係者): 東電問題の場合、直接的には「銀行」「株主」がそれに相当する。さらに東電や関連企業から”広告”を得ている「マスコミ」、支持や政治資金を得ている「政治家」「国会議員」「政党」、資金や便宜供与を受けていた「学者」「研究者」、東電及び関連企業より仕事を得ていた「経済界」「取引先企業」、そして天下り等によって恩恵を得ている「経済産業省」をはじめとする各省庁、例えば「原子力委員会」「資源エネルギー庁」「原子力安全委員会」「原子力安全・保安院」等と、天下り先となる関連企業そのものも利害関係者に相当する。実に広範囲にわたり、その実態や利益供与の流れは不透明な部分もある。そしてこれらが不透明なまま巨額の税金がここに投入されようとしている。(関連: Wikipedia「ステークホルダー」 http://bit.ly/oVGqjx [リンク])        
 例えば、東電救済法の「根回し文書」問題。 これは、電力会社が経産省を動かし、水面下で野党に 「根回し文書」 を配布し 「東電救済法案」 を利害関係者にとって都合のよいものにしたのではないか、という問題だ。 この問題は今メディアを賑わしている九州電力の 「やらせメール」 問題や、四国電力の 「シンポジウム動員」 問題と同等、もしくはそれ以上に根深い問題だ。 しかしながら大手メディアは、九州電力、四国電力の問題は扱っても、東京電力が関わっている可能性がある問題については扱っていない。 この電力会社間の「問題格差」は一体なぜ発生するのだろうか。      
 
 言論はお金で買うことができる
     電力会社は大手メディアに広告を出すことによって 「言論を買っている」 と言われている。 東京電力は実に多くのニュース番組のスポンサーを担当していると言われている。 少し調べてみよう。        「テレビ番組スポンサー表 @ wiki」 というサイトがある。 このサイトは、どのテレビ番組にどういうスポンサーがお金を出しているのか、検索できるという面白いサイトだ 。ここで「東京電力」 を検索した結果が以下だ。      
■「テレビ番組スポンサー表@wiki」を「東京電力」で検索 スーパーJチャンネル チバテレビ テレ玉 テレ朝系昼1200~夕方1700 テレ朝系朝400~昼1200 テレ東系夕方1700~深夜2400 BSフジ CX系夕方1700~深夜2400 CX系朝400~昼1200(「めざましテレビ」など) 群馬テレビ 開運!なんでも鑑定団 FNNスーパーニュース news every. NEWS23 NEWS23X NNN NEWSリアルタイム NTV系夕方1700~深夜2400(「真相報道バンキシャ!」など) NTV系昼1200~夕方1700 NTV系朝400~昼1200 TBS系夕方1700~深夜2400 TBS系朝400~昼1200(「朝ズバッ」など) 報道STATION ※()内は編集部補足   http://bit.ly/pNcMVK [リンク]
       どうだろうか。 あなたが普段観ている報道番組がないだろうか。 実に多くの 「報道番組」 「情報番組」 がヒットするが、あなたがこれらの番組を情報源にしている限り、東京電力、ひいては福島原発の問題について正確なニュースを得ることは不可能だろう。        ひとくちに広告とはいっても、直接東電から出される広告だけではなく、東電の利害関係者、例えば銀行などの広告のゆくえについても注視しなければならない。 広告に依存しているのはテレビだけではなく、新聞等他メディアも検証の必要はあるだろう。 実際、原発批判をした某新聞の広告が激減した、という話もきく。 裏をかえせば新聞は、正義をおこなわないことで広告を守っているということができる。 だとすればおおかたの新聞はもはや真実を伝え、正論を述べる場としては機能しておらず、テレビと同様、バランスのとれたニュースは期待できないといえる。            沢山のメディアが取材に訪れた      
 消えたマスコミの謎
     東電改革の論文を発表したために経産省から不当なクビ宣告をされた 「戦う官僚」 古賀茂明氏は、超党派の勉強会で以下のように語っていた。      
私をテレビに出すということについては、プロデューサーレベルで非常に大きな議論になって(だいたいの場合は)なくなります。 ディレクターレベルで色んな局の人たちが、内々で私のところに来てご出演をお願いします。 という話があって準備をしていると、ほとんど全部なくなります。( http://getnews.jp/archives/128516 )      
 「報道機関がそんなことをするなんて、本当か?」 とか 「国民の知る権利とか言っていつも取材してるのは何なの?」 とかいうご意見はあるかと思うが、これが、現在の日本の報道機関の、生々しい現実だ。        ひとつ、わかりやすい事例を。以下の動画を観て欲しい。 官僚である古賀茂明さんが、前代未聞の 「大臣との直接会談」 を行った直後の動画である。 経産省内、部屋から出てきた古賀さんをメディアが黙々と追いかけている。 最後は古賀さんが乗り込んだエレベーターにマスコミ関係者がどんどん乗り込み、重量オーバーのブザーが鳴っている。 庁舎内が非日常的な状態になっている様子がわかるだろうか。       http://youtu.be/sZE9eFe85XY        この後、経産省の1階フロアで古賀氏の緊急会見がおこなわれたのだが、取材にきたメディア関係者の数は、ざっと数えて30名ほど。 スキャンダル報道と比べれば少ないだろうが、みなさんそれぞれカメラやICレコーダーを手に古賀氏の話にききいっている。 ここまでは普通の風景だろう。 なにしろこのニュース、東電改革の論文を発表したがために経産省からクビ宣告された官僚という、これだけでも法的根拠が皆無の、想像するだけで恐ろしくなってくるような話なのに、さらにその官僚が現役大臣と直接対決、サシで会談をおこなったという、まさに前代未聞のニュース。 現場で取材にあたる記者の人達は、「これはニュースだ」 と直感し、これだけの数が集まったのだろう。            警備員に撮影中止を求められ、庁舎内は緊張感が漂った      
 現場の記者の判断では「ニュース」でも、なぜか配信されない
       しかし翌日、この出来事は殆ど報じられなかった。 TBSがこの話題に触れた、という情報と、翌日朝のモーニングバード!に古賀氏が電話出演したという情報。 東京新聞の長谷川氏がいくつかこの件について執筆されており、ウェブでは 「ゆかしメディア」 という富裕層向けニュースサイトが報じた、という情報のみ。 あまりにも少ない。      以下は、Googleニュースでの、この件に関する検索結果だ。 http://bit.ly/q5Pm6P [リンク] ……たったこれだけ。
 日本のエネルギー政策の将来を占う重要法案の報道がほとんどおこなわれない
       「原子力損害賠償支援機構法案」 についてもそうだ。 この法案は 「東電救済法案」 とも呼ばれ、「機構」 というものを作ることにより、東電の利害関係者(ステークホルダー)を救済し、国民負担を増やすものとして批判されている。 また、この法案が成立することにより、将来的な電力自由化や電力改革の道が絶たれ、電気料金は高くなったままで自由競争の可能性もなくなると言われている。 このように重要な法案なのだが、この採決が8月2日におこなわれ、3日に成立する、ということをどのだけの人が知っているだろうか。 衆院通過から参院まで、スピード採決で進んできたこの法案についての最近の報道は、淡々と事実を述べる短信ばかりで、それがもたらすものについて解説がおこなわれているものはない。 実はこの法案について、6月あたりまでは政官財を巻き込んでの熱い議論がおこなわれていたのである。 しかし何故か議論は急速にトーンダウンし、遂には水面下で民主党と自民党が手を結び、あまり注目もされない状態で事実上明日決着をする。          ちなみに、この法案の現状に関連するニュースをGoogle ニュースで検索すると、6件ヒットした。     http://bit.ly/onQBsh [リンク]      一般的によく知られているニュースをGoogleニュースで検索すれば、通常は100件近くの関連ニュースがヒットする。それを考えればあまりにも報道が少ない。        ニュースの価値のはかりかたは、媒体によって違うだろうが、現状は偏りがあると言わざるを得ない。現状の報道は、きちんとニュースバリューを評価していると言えるだろうか。        ……編集部が停電になってしまっては困るのでこれ以上は書かないが、みなさんも 「ニュース」 の重み付けがきちんと行われているか、考えながら報道に接してみて欲しい。 そしてもし 「ニュース」 の重み付けに偏りがあるようであれば、そのメディアからは決別して欲しいと思います。  (getnews.jp)                   ツイートこの記事をつぶやく
     中国浙江省の高速鉄道事故で、広東省の有力紙、南方都市報は7月31日付の紙面で当局を 「くそったれ」 とののしる記事を掲載した。        当局が事故をめぐり報道規制を強める中での同紙の記事に、ネット上では称賛の声が相次いでいる。        記事は 「このような悲惨な事故と、鉄道省のひどい処理に対しては、次の言葉しか思い付かない―『くそったれ』」 と罵倒。        ネットユーザーら6人の 「人命をないがしろにする態度は許せない」 などの声を紹介した。 (kyodo.co.jp)           ツイートこの記事をつぶやく