2011,07,30

メルセデス・ベンツの新型小型セダンをスクープ。

       ベンツ小型        メルセデス・ベンツが新たな小型セダンの投入を計画していることがわかった。 イギリスの自動車メディ ア『AUTOCAR』 (http://www.autocar.co.uk/)が、アメリカでテスト中の姿をとらえたスクープ記事を掲載している。        メルセデスが現在開発中の新型車は、BクラスをベースにつくられるFF(前輪駆動)の小型4ドアセダン。 またAMGモデルの設定も予定されており、それはかつての190E 2.5 16Vのようなホットなキャラクターを持つクルマになると予想されている。        同モデルは、コードネームC117としてプロジェクトが進められており、車名はCLCと名付けられる模様。 このMFAプラットフォームと呼ばれる車台からは、次期Aクラス、Bクラス、CLCのほか、小型オフローダーの“GLC”が作られる計画もあると記事は伝えている。        エンジンは1.6リッターから1.8リッタークラスのターボチャージャーユニットが搭載され、AMGバージョンには300ps近いパワーを誇る2リッターターボが積まれるという。        CLCのデビューは2013年後半になるとみられている。 (asahi.com)         ツイートこの記事をつぶやく