韓流コンテンツを強く推すテレビ局を批判し、所属事務所を退社することになった俳優の高岡蒼甫さんが2011年7月29日、個人ブログを開設し、自身のこれまでの俳優人生や、騒動の経緯を説明した。          高岡さんは2011年7月28日、ツイッターに 『スターダストプロモーションから自分は離れる事になりました。 一つの呟きからの大きな波紋により、事務所の関係各位にはご迷惑をお掛けしました。 当然の結果だと思っております』 と投稿。 経緯を聞かれ、『自分からは切り出してはいません。けれど覚悟があり発信したことです』 とし、事実上の解雇だったことを示唆した。                    高岡さんのブログ          高岡さんのブログ        高岡さんの以前の公式ブログは29日までに消滅したが、29日夕方、ツイッターに 「ブログ更新しました」 と報告。 新たに、個人で開設したと見られるブログを紹介した。          タイトルは 「高岡蒼甫 本人ブログ」。 29日の記事は 「事実に基づく真相」 というもので、今回の騒動の経緯を書いている。          05年に公開された映画 「パッチギ」 のキャンペーンで韓国に行った際、韓国メディアの取材で自分の言ったこととは違う文章が掲載され、日本のマスコミやネットから 「反日思想」 のレッテルを貼られた。          その後、妻・宮崎あおいさんと結婚した際も、「反日」 からの流れで再び叩かれ、「完全にマスコミ嫌い」 になっていたという。 「マスコミなど全員くたばれと心底思っていた」 とまで書いている。          パッチギの撮影終了後に、仕事関係の悩みなどから自殺を図り精神病院に通っていたこともあると書いているが、本当の自分が理解されないことから 「鬱状態も再発」。  病気が中々治らず、「生きた心地がせず毎日に疲れ果てていた日々」 が何年も続いていたという。            俳優業を辞めようと思っていたが、2011年に三島由紀夫の 『金閣寺』 の舞台に出演。 そこで与えられた 「前向きな役」 に自分がリンクし始め、地方巡業を続ける内に気付いたら 「安定剤の存在も忘れるくらいしっかり立ってる自分がいた」。 「これでもう大丈夫。 芝居が楽しい」 とまで思えたという。              その矢先に東日本大震災が起きた。 「今度は自分が前向きにさせる番だ」 と思ったが、「国民に伝わらない情報が多すぎたり、的外れな外国のドラマ、朝のニュースでは偏った報道。 この国を心底疑った」。 今回のテレビ局批判もその流れだとし、「いい加減我慢が出来ないところまできていた。 溜まっていたものがどんどん噴出した」 と書いている。        
この国の一大事な時にどさくさ紛れに、欺いて偏りをみせてる今の体制がすごく気持ちが悪いと思った。 誤解を与えてしまった皆さんには申し訳ないと思いますがどうか今回の事はご理解していただけたら嬉しいです。 決して自分は韓国に対する批判はしてはいない。 日本を引っ張っていってる人間たちに対する抗議の意味だと理解をして欲しいです。 このままじゃこの国はダメになる」        
   コメント欄には 「応援しています!」 「大丈夫、あなたと同じ思いの人間は沢山います」 といったコメントが1時間ほどで500件以上寄せられている。 (j-cast.com)                ツイートこの記事をつぶやく
       著者は都内で人気の居酒屋を運営する楽コーポレーションの社長。 著者の店で働き、やがて独立した飲食店経営者は100人を超えたという。 本書は飲食店の独立開業に欠かせない知恵や心構えを明快に説いている。        店作りの基本から、立地選びやメニュー作りの極意、接客の仕方に至るまで、ちょっとした気付きやアイデアを列挙する。 個人経営店が模倣できるような事例も随所にみられる。        例えば、デザートにアイスクリームをサービスする際には、キッチンの中で盛りつけるのではなく、お客様の目の前で盛りつける。 大雨の日に来店してくれたお客には雨でぬれた体を拭くタオルと同時に、足を拭くための乾いたタオルも渡す。         何気ない一歩が、ファンを増やす一歩につなげるようだ。        著者は言う。 「農家の人は美味しいトマトを作るために、畑を耕したり、天候と戦ったりしている。 ビールだって、すごい数の人が研究を重ねて、立派な工場を建てて、美味しい製品を作り上げる。 そんな一生懸命時間をかけて作り上げたものを、お客さんに飲み食いしてもらうための努力なんて努力のうちに入らない」と。      さらには 「どんな店だったら自分が楽しいか」。 つまるところ 『客』 ではなく 『自分』。 これがお客を喜ばせるための極意のようだ。 と日経MJの“身につく読者”のコーナーに紹介されていました。           ツイートこの記事をつぶやく
       全国都道府県議会議長会が、「菅総理の退陣を求める緊急決議」 を賛成多数で採決しました。 議長会事務局によると、同会が総理退陣要求決議を出すのは初めて。 まさに異常事態だ。 東日本大震災の被災地のうち、一部の県の議長に怒りの声を聞いてみた。          退陣要求決議が採択されたのは、2011年7月27日の定例総会だ。 前例がないことから慎重論も出たが、最終的に賛成が多数を占めた。 被災地の岩手、宮城、福島の3県議長が共同で提案したものだ。                  菅首相は決議をどう受け止めるのか。               菅首相は決議をどう受け止めるのか。             決議文には厳しい文言が並んでいる。          「大震災の復旧・復興に向けての明確なビジョンの提示もないスピード感に欠けた対応や、原子力発電所の再稼働のあり方に関する場当たり的な対応」 について、「国民の政治に対する信頼を著しく損ない」 「被災地域の住民の意欲を失わせる」 と批判している。          さらに、「(菅首相が)退任の意向を表明したのにもかかわらず、未だその時期を明確にせず」 「復旧・復興の足かせになっているというような風評が出ている」 事態になっていることについて遺憾だとしている。          菅首相の存在が 「復旧・復興の足かせ」 になっている、というのを 「そういう風評もある」 という形でにごしてはいるが、議長会内にも 「菅首相が足かせ」 という認識が広がっていることを伺わす文案だ。          各都道府県の議長は自民党所属議員が多いことを考慮に入れたとしても、初の退陣要求決議が議長会から出たことの意味は小さくなさそうだ。          福島県の佐藤憲保議長に7月28日に話をきくと、大震災以来の菅政権の対応について、 「本当に国民の、住民の命を守る、という姿勢が感じられないままだった」 と指摘した。 特に菅首相が 「退陣表明」 した6月以降は、政治の動きが菅首相の進退や政局中心となってしまっており、菅首相の存在はもはや 「復旧・復興対応が進まない原因」 にみえる。          「一刻も早く国全体でことに当たることができるようにしてほしい」 と改めて菅首相に早期退陣を求めた。          宮城県の畠山和純議長も7月28日、「政治は本来、夢や希望を与えるものだが、今の内閣は絶望内閣ですね」 と話した。 復興対策で様々な要望を国にしてきたが 「答えがなかなか返ってこない」。          議長会という立場で国政の政局に関わることについては、これまでは 「政治的空白を生むことにつながっては良くない」 と慎重に構えていた。 しかし、「菅政権の継続自体が政治的空白だ」 との思いが他県にも広がっていることが分かり、今回の退陣要求の共同提案につながったそうだ。          被災者の要望に迅速に対応するには、地方自治体だけでは限界がある。 国を挙げた対応を望んでいるが、「民主党の党内すらまとまっていない現状」 には苛立ちやあせりを感じているようだ。          菅首相の退陣を求める声は、中央・地方政界だけではない。 日本経団連の米倉弘昌会長が何度も菅首相を酷評しているほか、民主党にとっては 「身内」 のはずの労働組合、連合の古賀伸明会長も7月28日、広島市内の会見で 「菅首相には政治空白を積み上げることをすぐにでもやめてほしい」 と改めて早期退陣を求めた。          また、阪神大震災(1995年)発生時に首相(旧社会党所属)だった、村山富市氏も7月26日、共同通信の取材に 「辞めると言ったら早く辞めるべきだ。 辞める人の言うことを聞く人は誰もいない」 「閣内の不統一も目立ち、政権としての体をなしていない」 と批判を展開している。  (j-cast.com)          東北6県(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)で最近騒がれている『道州制』。 繁栄を世界から持って来て納税者のお金を使わずに、世界の中に余っているお金を呼ぶ込み、産業基盤を確立するのが道州制です。          体たらくの日本政府に頼っているようでは何も始まらないと思う。  東北6県で道州制を導入して独立国家を目指すべきだな。         ツイートこの記事をつぶやく
                     先日、ASTON MARTINから 『ASTON MARTIN MAGAZINE』 が届いていて封を切っていなかったのですが封を開けてみました。      すると現れたのが、             110729_122229        ウィリアム王子とケイトさんのロイヤルウェディングの時に使われてDB6  Volante が表紙でした。      表紙の写真の上下は車のカラーに合わせたのか?濃い艶消しのブルーになっています。 なかなかセンスイイですね!!        中のトップページは当然     110729_122441      ロイヤルウェディングの様子から始まり、広告がイイんだ!!               110729_131529               110729_131429               110729_125931                          110729_122644        この最後の宝石を背負ってアフリカの大地を歩いている広告。         カッコイイ!!          MAGAZINEの内容は、                 110729_122813                 110729_122917                 110729_122953                 110729_123035                 110729_123109                 110729_123222          と盛りだくさんで、ファッション、食、ホビー、住宅、レース、メンテナンス等々、もちろん現行のモデルの紹介もありましよ。        読み応え十分ですし、雑誌の世界に浸っていけるというか!? なんか優雅が気分になれる雑誌です。        次回も楽しみダナッ( ´,_ゝ`)y-~         ツイートこの記事をつぶやく
       小谷真生子(46)のテレビ東京 『ワールドビジネスサテライト』 降板が確定的になった。 テレ東は 「聞いておりません」 (広報部)と口を濁すが、早ければ今年9月にもWBSから姿を消すことになりそうだ。      小谷のネックは2つある。 ひとつは出演期間の長さ。 初代キャスターの小池百合子と、2代目の野中ともよが共に4年。 ところが、5代目としてバトンタッチした小谷はすでに14年目になる。        もうひとつは高額の出演ギャラ。 当初は1回あたり推定70万~80万円で、年間2億円近い金額だったという。 ここ数年で半額近くまでダンピングしたが、それでもテレ東局内では 『高すぎる』 という声が強いという。        「小谷のギャラは年間契約で、選挙特番なども含めた “パック料金” といいます。 でも、今のテレ東で 『選挙の顔』 といえば池上彰だし、小谷の代わりに局アナを使えば費用は10分の1程度で済みます。 テレ東は12年3月期決算で約11億円の最終赤字を見込んでいる。少しでも余計な出費を抑えたいのでしょう」 (マスコミ関係者)        最近のWBSは視聴率2~3%をウロウロしていて、NHKが昨年始めた同時間帯の 「Bizスポ」 に負かされることが増えている。 それでも財界のオヤジ人気が高い小谷の番組にはCMがつきやすく、“長期政権” が続いてきた。       数字がイマイチでもカネを稼げれば、局としても文句はない。 しかし、この不況と震災で、ついに限界を迎えたようだ。        後任候補の具体的な名前も挙がっている。 NY支局で特派員の経験がある局アナの佐々木明子(41)だ。 現在は夕方の経済ニュース 『NEWS FINE』 のキャスターを担当している。 2年前に外資系金融マンと結婚しているが、かつては写真誌に狙われた美人アナ。 中高年のファンも多い。          初代は政治家になり、2代目はメーカーの会長になった。 5代目は……前者かも。 (gendai.net)        WBSは、情報収集には良く観ている番組ですが、小谷真生子の出演料が1回あたり70~80万円から半額の出演料になったとはいえ凄い出演料だな!! 高額所得者が庶民感覚でのコメントを言っていることが良く見受けられるがなんだか説得力に欠けるな!!       ツイートこの記事をつぶやく
      スマートフォン          年々形を変え、進化を遂げてきたスマートフォン。 そして今回、さらに私たちの常識を超えるスマートフォンのデザインコンセプトが発表され、話題を呼んでいる。        その驚愕のスマートフォンとは、紙のように薄く、そしてグネグネ曲げられる超薄型スマートフォン。 これを発表したのはデザイナーのユ・ヘヨンさんで、サムスンの 「Galaxy Flexi Skin Android Smartphone」 として今回のスマートフォンをデザインした。        このスマートフォンは上部と下部が硬い部品でできており、中間の部分がとても柔らかくなっている。 このおかげで、自由に折り曲げることができ、映画を映し出すプロジェクターや音楽を流すスピーカーに変形させることができる。        まさに未来のスマートフォンのあり方を描いた今回の超薄型スマートフォン。 こういった技術が進んでいけば、スマートフォンが小型化されていく一方で、その存在感はますます大きくなっていくことだろう。   (rocketnews24.com)          すると、こんな使い方       使い方1        や、       使い方2          こんな、       使い方3        ことも、       使い方4        可能で、更に       使い方5        こんな使い方もできる。        スマートフォンが腕時計に       使い方6        変身してしまいます。          サムスン恐るべし((。・д・)oダナ!!           ツイートこの記事をつぶやく