63アマゲー        ドイツ・メルセデス・ベンツは、Cクラスクーペの高性能版 “C63AMGクーペ” をベースに、さらに性能を高めた “C63AMGクーペ ブラックシリーズ” を、F1 ドイツGPの開催にあわせた7月23日、ニュルブルクリンクでお披露目しました。        C63AMGクーペ ブラックシリーズは、“究極のAMG” ともいうべき “ブラックシリーズ” の名を冠するコンパクトメルセデスだ。 同シリーズは2006年に登場した “SLK55 AMGブラックエディション” を皮切りに、AMGモデルのなかでも特にスポーツ度の高いモデルを素材に設定されてきた。         今回のC63AMGクーペもコンパクトなCクラスクーペに、チューンした6.2リッターV8が搭載され、“史上最強のC” を誇る内容に仕上がっている。        まずエンジンは、C63系でお馴染みの6.2リッターV8 NAの “M156” をベースに、専用チューンしたものを搭載する。 ピストンやコネクティングロッドなどのメカニカルパーツにはSLS AMG譲りの部品が使われ、最高出力517hp、最大トルク620Nm(63.2kg-m)を発生。 ベース車を60hp&20Nm上回るパワー&トルクを獲得している。 これにあわせ、AMGスピードシフトMCT-7トランスミッションも冷却性を高めるなどの改良が施されている。0-100km/h加速は4.2秒(暫定値)とされる。          シャシー系の注目は、トレッドがフロントは40mm、リアは79mm拡大され、ロードホールディング性が高められていること。 サスペンションももちろん専用品で、リアアクスルにはトラクション性能を高めるデフロックを標準で搭載。 アンチスピンデバイスのESPには、ある程度のパワースライドを許容する “スポーツハンドリングモード” が設けられるなど、コントロール性を重視した仕上げとなる。        内外装もブラックシリーズ専用につくられたものが採用され、フロントグリルやエアロパーツ類、ワイドフェンダー、ホイール、ミラー、シート、内装トリムなどがよりスポーティなものに変更されている。        このC63AMGクーペ ブラックシリーズは、ヨーロッパでは2012年1月に発売が開始され、価格は11万5430ユーロ(約1300万円)に設定される。 (asahi.com)         ツイートこの記事をつぶやく
    なでしこ悪口          法政大学の現役大学生H君が 『なでしこジャパン』 の選手・熊谷紗希さんと飲み会をし、その一部始終をインターネット上に書き込みした件をご存じだろうか?        大学生H君がインターネット上に 「熊谷さん、日本サッカーについて熱く語り出したなう。監督このままじゃダメらしいよ」 や 「なでしこJAPANの裏話くそ面白いぞw 腹黒JAPAN」 などと書き込みしたため、世間の人たちに 「熊谷さんが監督を批判している」 と思われてしまったのだ。        この件は大学側が謝罪し、さらに熊谷さんも謝罪したことにより落ち着くと思われたが、この騒動はまだまだ終わりそうにない。         大学生Hクンが公式に謝罪していないことや、大学が大学生Hクンに対してどのように処分をするのか発表していないため、インターネット上ではまだまだ炎上が続いているのである。         この騒動に対して怒りを隠せない国民たちがインターネット掲示板やブログに、以下のような怒りの気持ちを書き込みしている。          ・インターネット上の声    「どれだけの人間に迷惑かければ気が済むんだ」    「すぐに謝罪していれば他の人に迷惑かからなかったのにね」    「熊谷にも落ち度はあるけれども可哀想だな」    「大学まで通わせてもらっているのにHは親に申し訳ないとか思わないのか」    「ちょっとした若気の至りだろ?」    「日本代表に迷惑かけて恥ずかしくないのか」    「俺はこの事件とは無関係だけど。法政大学、サッカー部、バイト先に電凸するなよ」    「ゾイド板幹部だけど俺に出来ることはないか?」    「メディアが報じない以上、我々の手で正義を勝ち得るぞ!」    「大したことしてない学生を追いつめるなよ。もうやめろ!」    「知り合いっぽい人いるけど本人は何で謝罪しないんだ」    「Hが反省しているのが全く見えない」    「ブログも削除キターーーー」    「削除して完全逃げに徹することにしたんだな」            「Hが反省しているのが全く見えない」  「本人は何で謝罪しないんだ」 などの声が出ているように、この炎上状態は大学生Hが公式に謝罪をするまで続きそうである。 また、大学生Hが自身のブログを削除したことに対しても 「削除して完全逃げに徹することにしたんだな」 と怒りの声が再加熱している。  (rocketnews24.com)          なんというのか!? モラルの低下というか!? 社会常識の欠如というか? 人としてやってはいけないという罪悪の欠如?            こんな人物に未来の日本を任せられないよな!!                ツイートこの記事をつぶやく
       女優、宮崎あおいさんの夫の俳優、高岡蒼甫(そうすけ)さんがツイッターで、韓流コンテンツを多く放送しているとしてテレビ局を批判し、ネット上で波紋を広げている。          高岡さんは1日に数十回も投稿するなど、以前からかなり積極的にツイッターを使っていて、政府のエネルギー政策を批判したりと芸能人らしからぬ内容もたくさん投稿していた。            そして2011年7月23日に、突如 「正直、お世話になった事も多々あるけど8は今マジで見ない。  韓国のTV局かと思う事もしばしば。 しーばしーば。 うちら日本人は日本の伝統番組求めてますけど。  取り合えず韓国ネタ出て来たら消してます」 と投稿。            「8」とは、関東地方での8チャンネル、フジテレビのことではないかと思われる。 韓流コンテンツがテレビで放送されない日はない昨今だが、フジテレビも平日昼間に3時間に亘って韓流ドラマを放送するなどしている。          高岡さんはその後も 「日本だからねここ 日本の番組をやって欲しいわな。 歌もさ」 と投稿。       「ここはどこの国だよって感じ 気持ち悪い!」      「TV局の韓国おし無理。  けーPOP、てめーの国でやれ」 とまで呟き、相当我慢がならない様子だ。            高岡さんの投稿はネット上で大きな話題となり、「韓流ごり押しほんとに気持ち悪いと思う」 と賛同するものも多い一方で、韓流ファンからは 「需要があるから供給がある」 といった声も出た。 「日本の芸能人にとって韓流芸能人は商売敵だから」 という見方もあった。            もっとも、高岡さんが強く批判しているのは韓流ではなく韓流を強く推すテレビ局のこと。 「戦後最悪なこの時代に韓国おしって、誰が望んでるんだって話し。 もっと伝えるべき事が沢山あるだろうってね」 「韓国人が自国に誇りを持つ様に日本人も国に誇りを持ってる人もいるんだよ」とも投稿している。 東日本大震災で日本がまだ意気消沈している中、外国の文化ばかり強く推す姿勢に納得がいかないのかも知れない。          また、妻の宮崎あおいさんともこういう話をするのかと聞かれ 「うーん。 勿論してるけど。 一緒の思想」 と返答していた。          ただ、あまりにも反響が大きくなってしまったためか 「沢山の人を傷つけたなら謝る。 (中略)俺は日本がよくなって欲しい。 惑わされずに良くなってほしい。 とにかくそれだけ。 だから売国は絶対にNOなんだよ。 過激に聞こえるかもしれないけどこれが自分の言い方です」 と改めて説明した。          また、高岡さんは06年に朝鮮日報のインタビューで竹島問題について聞かれ、「個人的には日本という国はあまり好きではない。 韓国に対し、日本は卑劣なように思える」 と答え、ネットで大バッシングを受けたことがある。 今回、そのときのことについて問われ、        
「竹島問題についてどう思いますか?って聞かれて、その時ははぐらかして答えた。 てかめんどくさくて答えなかった。 (中略)卑劣だなんだなんて言ってない。 あちらさんの書き方」        
と釈明している。 (j-cast.com)            高岡蒼甫さんの考え方も一理あると思うな!  韓国の教育を考えれば日本は韓国を侵略した悪者と教育されているのに日本人は韓流ドラマ・歌手・俳優にに熱狂してして大騒ぎして日本に出稼ぎに来ては外貨を持って帰る。戦略にたけているよ。 馬鹿にされているのも知らずに日本人は貢いでいるんだ。         結局は視聴率が取れてスポンサー受けして収益が上がればそれで良しとしとどのつまりが金・金・金・金・金!!           なんなんだろう?? 日本という国には夢とか希望とか見出せないのだろうか!? 日本人の誇りを持って何かに打ち込めるものが無いのは確かかもしれない!!            日本はお終いだといって日本を離れて海外に移住した友人も2人いる。  確かにこの国は断末魔のような気がしてならないが・・・ 誰か変えてくれないとと思うがこの日本を救ってくれる人物が見当たらないな~~          政治家も官僚も目指しているときは希望に満ち溢れているのだろうけど現実をみると“呆れて”やる気が無くなるんだろうな!!  きっと。  官僚でも中には古賀茂明氏のような改革を推し進めようとしている方もいるのだけれど、話しを聞くところによると日本のために奮闘していると思うのだが、『辞めろよ!』 と辞職勧告されているそうな。 既得権で生きている人間がやりづらいからだろうな!!                      ツイートこの記事をつぶやく
       不気味な地震が立て続けに起きている。 週末から週明け25日にかけて福島、岩手などで震度5クラスの強い揺れが襲った。 気になるのは、こうした東日本大震災の影響がいつまで続き、再び大地震が起きないのかということだ。 専門家がいま注目するのが、神奈川県南東部の 「三浦半島断層群」 で、ここを震源とする大地震が起きれば首都圏でも震度7クラスになりかねないと警告する。      就寝中に飛び起きたサラリーマンも多かっただろう。 25日午前3時51分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード(M)6・2と推定される地震が発生し、同県浜通りで震度5弱を観測。 関東地方など広い範囲で揺れを感じた。 23日午後1時34分ごろにも、宮城県沖を震源とするM6・4(推定)の地震が起き、岩手県の遠野で震度5強を観測した。      気象庁では 「今後も規模の大きい余震の可能性がある」 とし、「当面は油断しないでほしい」 と呼びかけている。      その専門家たちが、注目するのが 「三浦半島断層群」 で、政府の地震調査委員会が、震災の影響で地震の 「発生確率が高まった」 と指摘。    ここを震源地とする大地震が発生すれば横須賀市や三浦市で震度7、横浜市や川崎市で震度6強、東京23区でも震度5強の強い揺れが想定されるという。        震災以降、東日本では東へ引っ張られる地殻変動が続き、全国の主要活断層を評価した結果、地震が起きやすくなるように働く力が、三浦半島断層群で一定値(大気圧の約半分)を超えているというのだ。      確率が何%上がるという算定はしていないが、これまで同断層群は最大でM6・7程度の地震が予想され、30年以内に地震が起きる確率は最大11%とされてきた。      あの日の悪夢がよぎるが、武蔵野学院大特任教授(地震学)の島村英紀氏は、神経質になりすぎるのもよくないとアドバイスする。      「備えは必要だが、実は最近の家屋、建造物は強い。 阪神・淡路大震災では建築物の全壊はわずか2%だったとのデータもある。 傾斜地や埋め立て地は別として、横浜などの大都市が壊滅的な被害を受けることは考えにくい。 東北の津波被害があまりに大きかったためパニック状態になっているが、ぜひ、落ち着いて考えてほしい」  (zakzak.co.jp)                ツイートこの記事をつぶやく
       7月22日、内閣府が更新した 「避難所生活者・避難所の推移」 によると、震災発生から4ヶ月経過した時点での避難所生活者は約5万9千人。 40万人近かった発生1週間後のピーク時からみれば約7分の1まで減少したものの、いまだ多くの人たちが不自由な生活を強いられている。      加えて、去る7月11日には政府の地震調査委員会が、東日本大震災の影響により神奈川県の三浦半島北部の 「三浦半島断層群」 で地震発生率が高まったと発表。 大震災後の地殻変動で活断層帯に新たな力が加わったためであり、これにより首都直下地震の発生の可能性が上昇したと考えられる。      もし今、首都直下地震が発生したら東京はどうなってしまうのか。 災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏は、首都直下地震と東日本大震災ではまるで状況が違うとしてこう話す。      「これだけ人口が密集している首都は世界的に見ても珍しい。 そんな東京で大地震が起きれば最も大きな被害をもたらすことになるのは建物倒壊ではなく火災です」      内閣府の中央防災会議が平成17年に発表した 「首都直下地震対策専門調査会報告」 でも、想定される死者1万1千人のうち、6200人が火災によるものとしている。 和田氏は続ける。          “この報告書の予防対策用強震動の分布特性の震度分布を見ると東京の中心部は震度6を示しています。 恐ろしくなります。”        「環6(山手通り)、環7の周辺はドーナツ状に木造住宅が密集していて、火災も集中的に起きるエリア。 これは“炎の壁”ができるのではないでしょうか。 東の荒川周辺も同様です。 関東大震災のとき、上昇気流が発生して、炎がくっつき、どんどん大きくなっていくという、いわゆる“火災合流”と呼ばれる現象が起きた」      さらに、高層ビルが立ち並ぶ首都圏では、東日本大震災では見られない避難民が発生する可能性があると指摘するのは、『高層難民』の著者で、防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏だ。      「東京都の被害想定では、電力の復旧まで1週間とされています。 当然、エレベーターも動かない。 地震発生直後の、行政の水や食料の配給はすべて地上で行なわれるわけです。 高層の住人に物資を届けることはない。そうすると住人は自ら1階におりなければならないが、地上で配給を受け取り、また階段で高層まで上がるというのは現実的に無理でしょう。 そういう状況下で高層マンションに住む人は行き場を失う」      耐震・免震構造により大きな被害は無くとも、部屋に戻れず避難所生活に。 そんな“高層難民”の数は「数十万人という単位になるはずです」(渡辺氏)という。 (shueisha.co.jp)                   ツイートこの記事をつぶやく